菊咲きのカラマツソウ



今日はかなり久々に宿根草の紹介
今日の紹介はタリクトラム
c0365716_19240274.jpg

これはタリクトラム・アキレギフォリウム・アルブム
毎年紹介している宿根草だが勘違いしてサンギネウムと紹介していたがサングネウムはゲラニウムだった、訂正しておきます。汗


タリクトラムは開花期が品種によって違う
このアキレギフォリウムは札幌では5月中旬以降に開花が始まり
6月の初旬には開花が終わってしまう、丁度バラの開花と入れ替わる感じだ

c0365716_19241526.jpg
上の写真は6月に入ってすぐの庭、宿根草は冬を乗り越え暖かさの中で待ちに待った開花
薔薇の蕾が無数に上がり活力に満ち溢れた緑が美しい庭だ


枕木の間を抜けて右側に見えるピンク色の花はタリクトラムのもう一つの品種
タリクトラム・アキレギフォリウム・プルプレウム

c0365716_19235109.jpg

ブロッコリーのような菜の花のようなまん丸の集合体の蕾が面白い
c0365716_19223542.jpg

上はピンク色のプルプレウムで下は白花のアルブム、同じ品種の色違い(色が違うと品種も違うことになるけど)
花の色素のせいか蕾だけではなく茎の色がプルプレウムとアルバでは違う
c0365716_19224110.jpg


花は小さく1cm強といったところだろう、このタリクトラムは花火のような菊咲きの品種

c0365716_19224714.jpg

c0365716_19225651.jpg
宿根草は薔薇と違って学名での紹介が多いので難しいが調べてみると意外と簡単な意味だったりする
尖った葉とか斑入りとか紫、白とか単純な意味
タリクトラムはカラマツソウ属のアキレギフォリウムはアキレギアはオダマキ属でフォリウムは葉
プルムレウムとかプルプレア(パープレア)は紫,深紅という意味なので
紫の花のオダマキの葉を持ったカラマツソウ という事になる
アルバとかアルブムは白という意味
最近調べたところではピンクのような紫のプルプレウムは学名には記載されずただのタリクトラムアギレギフォリウム
白花のみ’Album’になっているので栽培品種名がアキレギフォリウム’白’という事になる
植物の表示方法は二名法になっていて属名と小種名が記載されることになっている
その他に変種・亜種・分類上の品種名などが記載され意味は思ったより簡単でもややこしいのである(笑)

アルバという言葉は薔薇でもよく出てくるので知っている方も多いだろう
ちなみにヴァリエガータディボローニャのヴァリエガータは斑入りの意味


庭の奥から撮影したところ、花も綺麗だが緑が本当に美しい時期だ
c0365716_19230342.jpg

白花のアルブムの方が後に入れた品種だったが充実してきたようだ
ただモコモコに咲くよりも花と花に隙間が有った方が美しく見えるだけど・・・
c0365716_19231019.jpg

花色をピンクと書いているが殆どピンク色に見えるが紫色が入っており
自然のアザミの花の色によく似ているのがこのプルプレウム、実はもう1株同じものを植えているが
そちらはもっと紫色が強いこのタリクトラム以外に該当する品種が無いのでおそらく個体差だろう
c0365716_19231617.jpg

カラマツソウに多く言えることだが名前もそうだが同じキンポウゲ科のオダマキに似た葉をもっている
オダマキよりも更に爽やかにしたような感じ、自然で見るアキカラマツの葉が好きだが
このアキレギフォリウムも好きな葉を持っている、しかし充実すると共に密に茂り段々株がゴツくなってきた
フワッと涼しく茂って欲しいのだが、嬉しいような悲しいような微妙な気分だ
c0365716_19232717.jpg


薔薇の開花前の庭を華やかにしてくれる面白い花を持った品種だが
タリクトラムのデラバイならもしかしたら薔薇と同時に開花するのかも知れない
大型のシキンカラマツは盛夏から夏の終わりに開花する
c0365716_19232133.jpg

特に何を気にするでもなく丈夫に育っているが
おそらく夏暑すぎる地域では半日陰の方が良いのだろう
c0365716_19233959.jpg

どちらも直立性で葉張りはそれ程でも無いが1m程度の大きめの宿根草だ
我が家では花後に花穂ともう一節多いくらい下に切り詰めている
我が家では花殻を付けている事が無いので種がどんな風に出来るのか分からないが
オダマキのように親株を更新させた方が良いのかも判らない、今のところとても元気だが
株が弱ってくるようなら種を実らせた方が良いだろう
c0365716_19234683.jpg

もうこれまでの写真で色を覚えたと思うので下の写真を見てもどこに生えているか判る事だろう(笑)
c0365716_19235109.jpg

そして今度は奥からではなくそのまま近づいてみる
こうやって見るとどちらもわりと大きめの宿根草だと判ることだろう
・・それにしても通路が年々狭くなってゆく。汗
c0365716_19235627.jpg

このタリクトラムに限らず僕はカラマツソウ属の葉と小さくても存在感のある花の感じがとても気に入っている
あまり主張するタイプではないが個人的にお勧めしたい宿根草だ


記事をご覧くださり有難うございました
お帰りの際はバナーを押して頂けると記事を書く励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたします。








 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by tsukiiro2613 | 2017-04-10 21:49 | 宿根草 | Comments(2)
Commented by 白椿 at 2017-04-14 18:22 x
こんにちは。タリクトラムの花 白もピンクもとても綺麗ですね。まとめて植えると とても見応えがあります。
ところで、アルバは白という意味なんですね。我が家にはマルバ モスカタ アルバという宿根草がありますが、
花びらは純白なので、アルバ=白と聞いて なるほど!! と思いました。
それと、8枚目の写真に芍薬がありますね。ウチにも株がいくつかありますが、昨年秋に植え替えたばかりなので、
今年は花はお預けにして、株を充実させることに専念しようかなと思っています。
Commented by tsukiiro2613 at 2017-04-16 20:17
> 白椿さん こんばんは。
タリクトラムは宿根草の中でも好きな種類です
元々日本のカラマツソウとかも好きなんですけどね
宿根草の名前は一見難しく覚えにくい物が多いですが、意味は意外に単純な物が多いんですよね
アルバと付く物は植物の中には多いですね、白花のことなので当たり前といえば当たり前なんですけどね
芍薬も美しい花を咲かせますよね、色々見たくなりますが我が家はこれで限界です
白と紫っぽいピンクの二種を咲かせています、芍薬の根は大きく張るので移植するとちょっとの間花がお預けならいいですが付かない可能性もありますね
今年はやはり株に力を付けさせることに専念する方が良いと僕も思いますよ。

<< Rose of The Yea... 庭の近況 >>