立ち姿の良い




今日の紹介は黄花カタクリ
エリスロニウム’パゴタ’

c0365716_20072861.jpg

日本のカタクリとは違い生命力が強く繁殖力も高い
球根植物で見た目はほぼ同じだが非常に育てやすい花だ
今現在開花はほぼ終わっているが今年はGWが終わるまで楽しませてくれた
c0365716_20072270.jpg

ユリ科の植物という事もあってか歩く姿、ではなく立ち姿が淑やかでとても美しい
c0365716_20071298.jpg
意外にも葉には毒々しい模様が入る
日本のカタクリはマダラ模様のようだがこれは葉脈が浮き出るように模様が入る



開花すると花弁を大きく反り返らせ近くで見るとオニユリやカノコユリのような花の形をしている
c0365716_20070628.jpg

通常カタクリは茎一本に対して花一輪だが
この黄花カタクリは園芸種で一本の茎から数輪の花が咲く
c0365716_20065318.jpg

咲き揃うとこんな感じに
c0365716_20065942.jpg
何かを移植する度に分球して植え込んだようになって庭の奥ではかなり増えている
ただ邪魔にならないし綺麗なので逆に嬉しいくらいだ


花は下向きに咲く
上から見ても非常に美しいラインの花だと思う
c0365716_20064780.jpg

ちなみに前回の記事の白い花は白花のカタクリ
これも西洋カタクリで日本のカタクリの変種とかではない
日本のカタクリはおそらく広葉樹林の下なんかの木漏れ日程度で涼しい気候を好むのだろうが
洋種は環境の適応性が高く日差しにも強い、というより日差しがある程度ある方が生育が良いと思う
黄花は主庭の南側に植栽しているが白花の方はまるで山の中のようなパーゴラの下で北東側なのであまり増えてこない
こちらも花弁は反り返るが雨の重みで釣鐘型になっている
c0365716_20584332.jpg
ちなみに白花と一緒に写っているのはブルンネラ、今現在もブルンネラのブルーの花は咲いている
カタクリは終わったがこれからは花が途絶えること無く咲き続けてくれることだろう
薔薇の開花までまた草花の紹介、庭の紹介をしていきたいと思う



記事をご覧くださり有難うございました
お帰りの際はバナーを押して頂けると記事を書く励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたします

 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by tsukiiro2613 | 2017-05-13 23:14 | 宿根草 | Comments(2)
Commented by miyabiflower at 2017-05-14 01:23
こんばんは、ご無沙汰しています。
キバナカタクリ、初めてしりましたが かわいい花ですね。
俯いて咲く花に惹かれます。
一輪だけ、というのも風情がありますが
たくさん咲いている姿はなんだかうれしそうに見えます。
そちらはこれから春なのですね。
Commented by tsukiiro2613 at 2017-05-15 21:26
> miyabiflowerさん こんばんは。
お久しぶりです
黄花カタクリ初めてでしたか、日本のカタクリよりもずっと強健で育てやすい可愛い花ですよ
茎がスっと立ち上がって首を俯かせる咲き方は日本的な美しさを感じるものですよね、洋種ですけど。(笑)
こちらは春真っ盛りです、あっという間に夏が来て、夏が来たと思ったらすかさず秋が来る、そして長い冬というサイクルです(笑)
<< 気付いて欲しい Raindrop >>