二種の芍薬



前回の記事でお伝えした通り今回は
今、庭で主役の二種の芍薬を取り上げたいと思う

c0365716_21023077.jpg

一つは白の芍薬
赤いスポットが入る品種で香りが有る
c0365716_21030782.jpg

もう一つはカップ咲きでシベの見えるピンクと紫を混ぜたような色合いの品種
c0365716_21025955.jpg


ひっそりとした早朝の庭
c0365716_21014359.jpg

どちらの芍薬も眠りについたように花弁を閉じている
c0365716_21015045.jpg


白い芍薬が花弁と閉じた姿はまるでディープカップ咲きの薔薇のよう
c0365716_21015612.jpg



日が昇ると共に花弁を開き始める
c0365716_21020848.jpg

芍薬は牡丹とも薔薇とも違って冬季地上部は無くなってしまうのが良い
数年前に枝を組んだ支柱を作ったおかげで雨で倒れたり通路にせり出して邪魔になることがなくなった
c0365716_21021858.jpg
c0365716_21021459.jpg


花弁を悠々と広げ見事な開花を見せる
c0365716_21020302.jpg

やはり芍薬だけあって手のひら一杯の大きな一輪
ちなみに僕は全く咲かなそうな蕾は摘蕾するが
小さくても咲きそうな蕾はそのままにして最後は飾ってもらうことにしている
c0365716_21013205.jpg


朝から雨の日曜、午後から晴れて日差しが花弁に差し込む
c0365716_21025332.jpg


写真に収めてないがミツバチが一生懸命に花の中に出たり入ったり
c0365716_21023077.jpg


こちらはシベを見せる半八重だが日差しが強く当たると開きすぎて
カップを保てず逆反りしてしまうのが残念なところ
c0365716_21023649.jpg

しかし白い芍薬は完全に開くとさらに美しくなる
c0365716_21024714.jpg

芍薬の八重咲きは花弁に切れ込みが入るものが多いが
切れ込みと花弁の開き具合、そして光を透す加減がとても美しい
c0365716_21024159.jpg


まるで花は蝶の集合体で、今にもパッと飛び立ってしまいそうに見える・・・のは自分だけか(笑)
c0365716_21022578.jpg
もう少しの間芍薬が主役の庭、そしてその後は薔薇に



記事をご覧下さり有難うございました
お帰りの際はバナーを押して頂けると記事を更新する励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたします。

 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by tsukiiro2613 | 2017-06-13 21:44 | 宿根草 | Comments(17)
Commented by pecorinoniwa at 2017-06-13 23:46
つきいろさん こんばんは

シャクヤクの記事 楽しみにお待ちしてました!
まんまるのツボミを見ているだけで 咲く前からテンションが上がりますよね
でもそれはバラでも宿根草でも結局同じなんですけどね(笑)
先日の “フランシスの開花” のラストのお写真 
シャクヤクの横顔と そして植栽場所がとっても美しかったです

チラッと見えた 枝で組んだ支柱… 
私も枝拾いの旅に出ようかなぁと思うほど素敵でした(*‘ω‘ *)
Commented by まぁこ at 2017-06-14 12:31 x
つきいろさん、こんにちは。
芍薬とても大きいですね。つきいろさんの手の平に収まらない位あります?
すごいなぁ〜。生き生きしているし、嬉しそうに咲いていますね。
・・・冬場に地上部がなくなることで、いつも庭を掘り返している私には凶と出て、今年は芍薬が出てきませんでしたよ(汗)目印もあったはずなんだけど・・・再挑戦しようかな。

つきいろさんの日向の写真も素晴らしすぎて、毎度ジェラシーです(笑)日向の写真はすごく難しいです。私は目で見たようには全然撮れません・・・orz
Commented by mimiha at 2017-06-15 07:20 x
実はワタシ、隠れ芍薬マニアpp それにしても、やはりそちらは早いです! 我が家は牡丹が咲いて、終わったら芍薬が開くので、まだまだ固い蕾です。芍薬、これが咲くと、幸せになりますよね^^ 色が美しく、豪華で、潔くって、芍薬は本当に良いデスね^^
Commented by miyabiflower at 2017-06-15 14:01
芍薬がお庭に咲く・・・素敵ですね。
花屋さんでは少し前によく見かけましたが
やっぱり青い空の下で咲く花が一番美しいですね。
つぼみがたくさんある光景もかわいかったでしょうね。
Commented by JJ at 2017-06-15 15:55 x
芍薬との至福の時間を共有させていただきありがとうございます。特に早起きが苦手の私にとって早朝の芍薬のお写真は、その場に居合わせような空気感を感じました。
「・・花は蝶の集合体で・・」光の中の白の芍薬を、言いえて妙でした。
以前、ターシャの庭の番組でも芍薬をこよなく愛すターシャを見て、いつか薔薇以外に育てられるなら芍薬にしたいと思っていました。いつになるのかなあ(遠い目)。
枝を組んで支えていらしゃるんですね。極力人工物を入たくないのですが、ついつい通販に頼りがちな私は、目から鱗でした。やっぱり今回もお勉強させて頂き感謝いたします。

Commented by YAN at 2017-06-15 16:57 x
こんにちは(^^)/

綺麗ですね(^^)今日みたいな雨の日に芍薬は倒れ易いので支柱に工夫がいりますね。薔薇もそうですが、長く使えて自然な支えというのはなかなか難しいなあ、と試行錯誤の日々です^^;僕はお寺で見た牡丹の仕立てからヒントをもらって、マダムプランティエの自立を補助する雲梯を斜めにした台の様な物(説明が難しいです)を作って乗せてます。強度は充分ですがかなり大げさです(^^ゞ

この寒さで全く薔薇の開花が進みません~(ToT)
Commented by 白椿 at 2017-06-15 20:06 x
こんばんは。
動画のチェロver.の楽章、とてもゆったりとしたテンポで、優しくて、せつなくて、美しいですね。チェロver.は初めて聴きました。

tsukiiroさんの芍薬、ピンクと白の2色の対比がとても綺麗です。一方がもう一方を引き立てていますね。
白の芍薬は La Tendresse という品種に似ているような気もしますが、何と言う花名でしょか?(個人的に白系の花に興味が尽きません。)
我が家の芍薬(昨年秋に植え替えた)は、今日この雨の中、ピンク系が2輪開きました。
明日も雨予報なので早速切花にして室内に飾りました。
Commented by tsukiiro2613 at 2017-06-15 22:10
> pecorinoniwaさん こんばんは。

そうだったんですか?有難うございます(^ω^)
ですよねチュッパチャプスのような蕾、薔薇ではヴァリエガタディボローニャがチュッパチャプスのようですけどね(笑)
写真をよく見てくださっているんですね、有難うございます
この芍薬の開き方結構好きだったりするんですよね、数多くの品種が有るので心が揺れ動きますけどね(笑)

枝で組んだ支柱は毎年雪に埋もれていて今年は壊れるかな?とドキドキなんですが
作ってから何年も冬を越してくれて助かっています、積雪地帯ではある程度頑丈なものが必要ですしね(^ω^)

Commented by tsukiiro2613 at 2017-06-15 22:17
> まぁこさん こんばんは。
芍薬大きいですよ~!牡丹ほどじゃないですけどね
そうです手に収まらない程の大きさが有ります(^ω^)
芍薬は凶ですか・・・そう言えばこの間おみくじで人生で初めて凶を引きました!全く関係無いですが(笑)衝撃です。
芍薬は柔らかいけど樹木のように根が張るので移植すると花が咲かなくなるし掘り返しはまさに凶ですね。。

じぇ、ジェラシー?汗
日向は確かに難しいです順光は特に難しいですね、滅多に撮影しません
僕も写真は目で見たとおりに紹介したい気持ちが強く以前はそのように撮影しようと心がけていました、それ以上は逆に嫌で避けていたんですがこの頃は遊ぶようになってきました(笑)
あ、でも見たとおりには撮影出来ないことは僕もザラに有りますよ、落ち込まないでくださいね(^ω^)

Commented by tsukiiro2613 at 2017-06-15 22:21
> mimihaさん こんばんは。
そうだったんですか!隠れなくてもいいのに(笑)そうじゃないですね(^ω^)
そうですか?ミミハさんの記事を見ていたら薔薇がよく紹介されているのですぐに追いつくのだなと思っていたらそうでも無いという事なんですね。
芍薬は見応えが有って広い庭だったらもっと植えたかった植物です、色々な色を一箇所ではなくコンセプトに合わせてそれぞれに配置したかったです
あまり見ないようにしてますが芍薬も沢山の魅力的な品種が有って心揺さぶられますね~(笑)
Commented by tsukiiro2613 at 2017-06-15 22:24
> miyabiflowerさん こんばんは。
有難うございます、なんとか毎年庭で見ることが出来ています
確かに花屋さんでは芍薬を置いていますよね、妻の母にプレゼントしたのを思い出しました
確かに庭好きとしては空の下で咲く姿に癒されます
でもアレンジでしか見ることができない組み合わせもとても素敵だと思いますよ。
まん丸の蕾もとても可愛かったです
またそちらに伺おうと思っておりますが、どうして出てきたのか20代目の朝顔がとても気になります(^ω^)
Commented by tsukiiro2613 at 2017-06-15 22:33
> JJさん こんばんは。
こちらこそ記事を楽しんで頂き光栄に思います
最近はブログを始めた頃よりは早く起きられなくなりましたがそれでも早起きしています
この時期になると記事を書くのも他のブロガーさんのところに言ってコメント書くのも段々出来なくなってきます。汗
早朝の空気をすこしでも感じ取ってくださったのならとても嬉しく思います
蝶の集合体、解ってくださいますか!近づくとパーっと飛び立ってしまいそうな光を纏った美しい花弁でした
確かにターシャもピオニーを大事にしていましたね、芍薬は雨で株が乱れてしまうのが悩みの種でした
イギリスなんかでは細い枝を拾って草花の支柱にする事が多いようですが、なにせ豪雪地帯なので枝を組んで少しゴツイものを作ってみました
数年重い雪の下で持ちこたえているので上出来だったと思います
芍薬はとても魅力的でここだけは薔薇を植えまいとしています
ただ、今のところ花、香り、葉、花と葉のバランスなどなど含め薔薇を越す植物は僕の前には現れていません。

Commented by tsukiiro2613 at 2017-06-15 22:39
> YANさん こんばんは。
YANさん知ってましたか?実はコメントって結構見られているようなんですよね
僕もそんな意識はなかったのですが、YANさんは結構人気が有るようです(笑)
せっかく紹介してくださってよく判らない事も多いので出来れば何処かで紹介するのが良いのにな~といつも思うんですけどね(^ω^)
・・・まあ僕とYANさんのやり取りが面白いらしいですが・・汗
僕が作った枝の支柱は雪の下ではすぐに折れてしまうかなと思っていましたが作ってから何年も雪圧に耐えて冬を越しているので上出来だったと思います、まあそろそろ寿命かな~とは思いますけどね、ただ枝だと処分するのも簡単なので。

確かにこの雨の多さと寒さはちょっと辛いですね、天気予報もコロコロ変わるのでアプリを見ていても予報じゃなくて事後報告みたいになっているし困った物ですね。。

Commented by tsukiiro2613 at 2017-06-15 22:52
> 白椿さん こんばんは。
ヴァイオリンと迷いましたがこの芍薬の記事にはチェロの方が合っていたのでチェロを選びました、わりと最近人気になったcellloのアーティストですよ
ただ前に芍薬を紹介した時も同じ曲を使ったと思います、曲の数も多くなってきたのでこの品種にはこの曲と決めた場合は同じ曲を使っている事もあります。

この二種の組み合わせは僕も気に入っているんですよ
芍薬の品種に関しては実は貰い物で品種名は判らないのです、ごめんなさい
でもかなり古くからある品種だと思います、白い方は甘酸っぱい香りが有ります
白に赤いスポットの入る品種は結構あるようで、見た感じ氷点が一番近いかな?と思います
白椿さんの所ではピンク系が二輪開きましたか、確かに芍薬に雨は辛いですねグッタリしてしまいますね
芍薬を切花にするとそれは見事でしょうね。

Commented by YAN at 2017-06-15 23:26 x
エッ、そうなんですか?僕の長い話を聞いてくれる人がいるんですか・・・うちにはいません(ToT)
今日はめずらしく「こんにちは」だったんですが、歯医者さんからコメントしたんです、奥様によると歯の治療中は静かで良いらしいです(^^ゞ

アストランティア良いですよね、うちでも開花が始まりました。後ろのサレットももうすぐです。サレットは咲く前からなんだかいい匂いがします、オータム・ダマスクの変異種ですから、ダマスクの血のせいでしょうかね。ERみたいに連続開花するとても良い薔薇です。本家オータム・ダマスクももう少しです、ウサギの耳みたいに長~い萼が可愛いです(^^)このあたりはいいんですが、今年は良いものと調子が良くないものの差が激しい感じです。去年良かったピエールドゥロンサールが良くないんですよ、多分80輪前後でしょう、去年の3割減です(ToT)

開花と言えば、謎のクレマチスが咲いたんですが、なんと白のカザグルマなんですよ、フェアリーブルーはどこに行っちゃったんでしょうか・・・
と言うより、僕の母は何を植えていたんでしょうかね(^^;


Commented by YAN at 2017-06-15 23:31 x
ごめんなさい、「変異種」って書いちゃいましたね、「由来」です、情報は正確に!訂正しときます(^^ゞ
Commented by tsukiiro2613 at 2017-06-19 21:42
> YANさん こんばんは。
う~ん正確に言うと聞いている人と聞いてない人がいます(笑)
ご当地の話に耳を傾ける人とコント的な部分に反応する人って感じでしょうかね(^ω^)
それはそれは歯医者さんからコメント有難うございました、興味ある本が置いてあったらついつい読み込んでしまったりしますけどコメントに時間を費やすのも良いかもですね。

そうですか、サルが開花しましたか、サレットと呼ばないと怒られますね(笑)
YANさんはマニアックですからね~ブログで紹介してくれると喜ぶ読者が多いだろうに惜しまれます(^ω^)
今年はピエールが良くないですか、確かにこの越冬後の今年は妙な年だと僕も思います
春からは全体的に例年と違う印象の年でした

クレマチスは白のカザグルマですか、カザグルマはいっぱい有りますからね・・僕はカザグルマはよく知らないので・・・

<< 薔薇の開花を待つ花たち 6月11日 フランシスの開花 >>