益虫か害虫か?



皆さんハナムグリという甲虫を知っているだろうか?
コガネムシによく似ているが一回り大きな甲虫
正直ハナムグリという甲虫は僕自身山の中で二度くらいしか見た事がないような馴染みのない甲虫だ
ご存知ない方もいらっしゃるのではないだろうか?
そこら辺でよく見るというような記事も目にするが、はっきり言うとそのへんには居ない甲虫だと思う
それはきっと自然豊かな場所に居住されている方なのだろう
c0365716_20030702.jpg

基本的にはコガネムシの幼虫は植物の根を食い荒らし、成虫は植物の葉や我らが薔薇の花を貪る憎い存在
今日も僕の庭で悪さを続けている真っ最中だ。汗
しかしハナムグリやカナブンなんかの幼虫は腐葉土などを好み植物の根は食わないようだ
成虫は花粉や蜜を食料とし、受粉を助ける益虫として知られている。
c0365716_20031298.jpg

雪の画像に少し涼しくなったでしょうか?おそらく冬の終わり頃に撮影したもの、結局紹介しないままの写真
今となれば何故これを撮影したのかすら覚えてない(笑)

さて、ハナムグリの話をしたが益虫とは人類の役に立つ虫の事
害虫とは人の生活に害となる虫、花などを食って景観を悪くしたりするのも勿論害虫
見た目が気持ち悪くて嫌な虫も不快害虫と呼ばれこの辺は結構テキトーだったりする
結局嫌だったらなんでも害虫という事になる(笑)
しかし基本的な考え方は農作物に利益をもたらすか否かの捉え方が強いだろう
人間に関わってしまったが為に益虫か害虫に区別されてしまい虫もいい迷惑だ

園芸の小さな枠の中で考えるのなら
その虫は益虫で良い子だから殺さないで~!涙
なんて善人ぶるのはどうかと思ってしまう、僕は益虫が他の虫を捕らえるところを面白がって見ていたりするが
それもまた悪趣味なこと
結局益虫も害虫も薬で皆殺しにする事が多い、言い方が悪いが庭に殺虫剤を散布すれば自ずとそうなる
園芸の中の小さなカテゴリで更に虫を人に例えると
肉食の人は自由に生かしておく、しかしベジタリアンは見つけ次第惨殺されてしまう
その殺し方も様々、水責め、圧迫死、ギロチン、薬責め、袋に閉じ込め後に焼却
ベジタリアンだっただけでこんな惨たらしい仕打ちが待ち構えているのである
全てが人間中心の考え方で成り立っている益虫害虫の概念だが
広い考え方をすれば殆どの虫は地球のバランスを保っている益虫なのだろう
あの最強の悪魔のカミキリムシですら基本的には弱った樹木に卵を産み付けるらしい、生命に終りを告げるさながらシシ神のような存在なのかも
では人間は地球にとってどんな存在?という結果に陥る

くだらない前置きが長くなってしまったが何故こんな事書いているのかと言うと
益虫で知られているハナムグリ、実は数が多すぎると薔薇の花にとって害虫になってしまう事実を紹介しようと思ったからだ
ここからは虫の画像が続いて、その後とんでもない衝撃映像が出てくるので虫嫌いの人はこの辺で。汗




c0365716_19560900.jpg
花弁が茶色くなっている部分はハナムグリによる被害


c0365716_19561429.jpg
コガネムシよりも一回り大きな身体で体色はグリーンか茶で白い斑点が有るのが特徴
コガネムシのように花弁を食害しているというよりも花弁を齧って傷つけているように見える
ただし食べてようがいまいがこれだけ花が傷むと観賞価値が無くなってしまう
c0365716_19563552.jpg
ハナムグリに好かれるバラの花は皆こんな感じになってしまうそうだ
冒頭で述べたように僕はハナムグリを二回しか見た事がない、しかも一匹ずつ
この画像は受粉を助ける益虫と呼ばれ、薔薇には無害な甲虫と知られている甲虫ハナムグリ
しかしその被害に毎年悩まされている方が情報提供してくださったもの

c0365716_19560295.jpg
我が家のアイスバーグに群がったコガネムシも気持ち悪いが
ハナムグリは大きいので更に気持ち悪い。汗


で結局捕殺
c0365716_19555514.jpg
大きいものは光沢が強く見えるのでドウガネブイブイのようにも見えるが大きいハナムグリ
詳しい方は判ると思うが羽の付け根の三角の部分でコガネムシとカナブン、ハナムグリの区別ができる

別に楽しんでこんな事している訳ではないだろう、虫にだって出来れば触りたくないはず
しかし見る見る傷んでゆく花を前にこうするしか無いのだろう
山の麓に居住する方から情報を提供してもらったが、この虫はあっという間に鳥が持って行ってしまうそうだ
惨いように思える画像だが鳥の生活の役に立っている




イナゴの大群(正確にはバッタ)が異常発生するとあらゆる植物を全て食い尽くすように
アリが異常発生すると黒い絨毯となって動植物を全て食い尽くすように・・・あれは映画か(笑)
いや真面目な話、度を越した数が発生すると益虫も害虫に変わってしまうようだ
この地域に関しては異常発生ではなく元々山麓で毎年同じように大量に出没し花弁をボロボロにされる被害に悩まされるのだとか
c0365716_19554921.jpg

例えばバラが実を食用とするもしくは観賞する植物ならハナムグリが来たら受粉を助ける彼らは益虫であり大歓迎だったのだろうが
今回の場合は益虫ではなく紛れもない害虫になっている
c0365716_19554486.jpg
人間と甲虫、双方生き残る道は無いのか!
と言いたいところだがこれだけ居ると無理だな、僕自身コガネが酷くて本当うんざりだ。


記事をご覧下さり有難うございました
お帰りの際はバナーを押して頂けると記事を更新する励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたします。

 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by tsukiiro2613 | 2017-08-01 21:57 | Comments(12)
Commented by pecorinoniwa at 2017-08-01 23:26
つきいろさん こんばんは

なんとこれはハナムグリって言うんですね!
私の庭では “そこらへんで見る虫” です(笑)
というか正確には でした  です
なんといってもオルラヤレースフラワーが大好きみたいで いっつも花にいましたし
プロスペリティもやはり花の中に潜られてました…
コガネムシを一回り大きくして、ピカピカを剝がされた感じのマットな緑に点々のアイツですよね!!!
ああ もうついつい言葉が荒くなりますねー 
今年は本当にビックリするほど虫にやられています… (~_~;)
Commented by mamirin412 at 2017-08-02 01:13
これを読んでいたら私がコガネムシだと思っていたものはコガネムシじゃないような気がしてきました。
我が家に来ているコガネムシと思っていたヤツはもっと大きいかも?
あいつはなんなんだろう(笑)
いろいろ画像検索したら、ますますわからなくなりました笑笑
益虫だったら殺したら悪いですよね。
ていうか最近退治する気にもならずに放置しているのですが、そんなに多くいないのですよ。
つきいろさんのお庭にはたくさん飛来しているのですね、大変ですね。
花や植物を増やしたら、着実に庭の虫も増えていて、
虫が増えているからか鳥も多く来るようになりました。
考えてみたらそれは当たり前の事なのに、
花だけ植えて殺虫剤を撒く人間は自然界のルールを破壊しているのですよね。

Commented by YAN at 2017-08-02 18:21 x
こんばんは(^^)/

「役に立てば善だってさ
 役に立たなければ悪だってさ
 誰が断を下したんだよ」

とは古い歌の文句ですが

僕としては以前から主張している様に、自然界の一部を選んで愛しています。今日もルリタマアザミに蝶と蜂が仲良く並んで蜜を吸っているのを見て恐い顔がほころびました(^^ゞがカミキリムシには北斗神拳です(笑)世界の平和の前に僕の不動産の平和なのでこれで良いと思ってます。もちろん人によって考え方は様々で、いずれ散る花だと達観した人もいるでしょう。僕はまだまだ解脱には遠いです(^^ゞ

ですがヒアリも生態系の中でバランスしている生き物なので保護しましょう、とはいかないので結局人間の都合で良し悪しを決めるのはある程度仕方がないのでは。もちろん人間は愚かしい事も一杯する訳で、マイクロチップを埋め込んで買い物が便利、などというのは原発再稼働ぐらい頭のおかしな話でしょう。

コガネムシもカミキリムシもアブラムシも、全て必ずこれに集まる、というのがあれば庭の隅に植えておくんですけどねえ。誰か売って下さい(笑)
Commented by tsukiiro2613 at 2017-08-03 21:26
> pecorinoniwaさん こんばんは。

そうなんです、我が家の庭では一度も見た事ない山の中でしか見ない甲虫です
そちらではそこら辺で見ることが出来る虫なんですね(笑)
ん?でした?もう出現してないという事なんでしょうかね
そうそうマットなボディに白いドットのお洒落な彼です(笑)
そちらもハナムグリで被害が有ったのでしょうかね?通常単体で飛来するくらいでは特に被害は無いようですが団体で御来園してくれると花が紹介した画像のように悲惨なことになるらしいです。。
今年は我が家でもコガネがとても多くてそのまま薔薇を食料にされるのが悔しくて全て摘蕾してしまいました、元々もう少しで夏剪定の時期だったので一週間ほど早めにしただけですけどね(笑)



Commented by tsukiiro2613 at 2017-08-03 21:34
> mamirin412さん こんばんは。

ペコリさんがおっしゃっていたように艶が無くマットで緑か茶色に白い斑点の入るのがハナムグリです、コガネムシのように食い荒らしはしないですが数が多いと花弁を傷つけてまわって悲惨な状態になるようです
我が家は薬剤散布を行っているので夏場は益虫に任せることも有りますが基本的には益虫も害虫も一緒に駆除してしまいます
そちらは甲虫はあまり出ないのですね、我が家は例年と比べ物にならないくらいコガネムシが多いです、いまだに咲いた花の殆どにコガネが入っているので・・・それにスリップスが酷いので綺麗に咲いても綺麗に感じません。汗
確かに植物、特に背の高い物を入れると鳥がよく来るようになりますね・・でもヒヨドリは困るのでは?(笑)
自然界のルールですか、そういう観点から見ると個人の庭は人間が作った環境で自然ではないですし、植物を植えて使うかどうかは住人次第なので自然のルールを無視しているかどうかは問われないと思いますよ(^ω^)
ただ元々自然だった場所に僕らが居住しているのは紛れもない事実ですけどね。

Commented by tsukiiro2613 at 2017-08-03 21:38
> YANさん こんばんは。

この記事は僕が世間に向けて何かを説いたわけではないので
どうしようが個人の自由ですよ、益虫と知られている虫の一面を紹介したまでです
ただ自分の庭で被害が出たわけではないので豪語するのもおかしい、だから書き方が回りくどくなりました事お詫びします
どうぞヤンさんの庭は好きなように愛でるものを愛でてください(^ω^)
ちなみにヒアリは外来種ですので日本の生態系と一緒にするのはどうかと思います。
Commented by YAN at 2017-08-03 22:13 x
「地球の生態系」って意味です^^;

どんな害虫もその産地(笑)ではある程度の数に留まって圧倒的に増えたりせずバランスしています。そうじゃなければ南米はヒアリで滅亡している訳で、そこには僕等には分からない自然の摂理があって、だから人間が科学とか産業とか余計な事をするとバランスが崩れて困った事になるんだろうなあ、でも自分の庭でそこまで厳密にやらなくてもいいだろう、薔薇は綺麗な方がいいし、と思っただけなんですよ(^^ゞ

今、僕のところではコガネムシがあんまり出ていません。6月には沢山いたんですがどこかに行きました(笑)
Commented by ミカ at 2017-08-04 18:05 x
つきいろさん、こんにちは^ ^
虫だけではないですが、過ぎたれば何とかってことでしょうかね。
我が家の場合害虫の被害という被害はほとんど無く、せいぜい青虫に葉っぱを食べられるくらいですが(その時は夫がこまめに潰してます 汗)、その代わりに蟻がすごいです>_<
以前鉢の中に巣を作られたこともあって、特に蟻自体はあまり悪い影響はないと聞きますが、何せ巣となるとものすごい数が鉢の中でひしめき合って、更に卵がウジャウジャ~(書いてるだけで蕁麻疹出そうです 汗)、それ以降疑いがあるものは一晩鉢を丸ごと水に浸水して窒息死して頂いております>_<
そしてちょうど今朝テラスに出ると、昨夜蟻同士の抗争(笑)があったようで、テラス中に蟻の死骸とそれをどこかに運ぶ蟻でごった返していました^ ^;
お互い殺し合ってくれれば助かるわ~と喜んでつぶやいたら、夫に「サディスティックだな!」みたいな顔でふっと笑われ、自分のことながらすごい台詞だなと(苦笑)
Commented by tsukiiro2613 at 2017-08-06 08:24
> YANさん おはようございます。

そうでしたか、記事中にバランスのことは書いてましたが
きっと僕の書いている内容が解りにくいのだと思いました(^_^;)
庭の中の話ですからねしかも薔薇が多い(笑)生態系などバランスよくできるわけ無いですね
我が家は殺虫剤を使っているので一瞬でバランスなどなくなります
コガネムシは最近になって急に減りましたね、多ければ鳥やこの間のスズメバチなどが飛来して数を調整するのでしょうね、庭の中でのバランスは無くても自然の中ではちゃんとバランスが取れているものなんですね。(^ω^)
Commented by tsukiiro2613 at 2017-08-06 08:32
> ミカさん こんにちは。
そうなんですか、そちらは虫が少ないけどアリが酷いんですね、まさに乾燥地って感じですね
鉢の中でひしめき合うアリ、想像しただけでゾッとしますね
たしかに卵とかが沢山有ると気持ち悪いですよね
全く違う地域だと別の問題が有るものなんですね
記事中でも書きましたが虫が虫を食べる姿を見るて楽しむのも趣味の良い行いでは無いですよね(笑)
僕もつい見てしまいます、おおよくやったと思って
見て楽しめるのには自分が生態系で絶対的な力の差が有るからなんでしょうけどね、自分ももしかしたらやられるかもと思ったらそんな気持ちでは居られないでしょうしね(笑)


Commented by larosebleue at 2017-08-06 21:41
つきいろさん、こんばんは!
これってハナムグリって言うんですね、、
知らなかった、、、恥ずかしい。。
こういうの(←なんて適当)は全て
コガネムシって呼んでたかもしれない、、汗
それにしても、黄色いバケツの中。。
恐ろしい光景ですよね。。
ぞっとしました、、、
Commented by tsukiiro2613 at 2017-08-07 20:50
> larosebleueさん こんばんは。
そうなんですよ、でも自然豊かな場所にしか居ないので知らなくても恥ずかしくは無いとおもいますよ(^ω^)
コガネムシとハナムグリやカナブンは性質が違うようですね
たしかにとんでもない量が出没するようですね、我が家もコガネが大量でゲンナリでしたけど(笑)

<< 二年目のThe Ancient... 何色でもない薔薇 >>