薔薇の管理を楽にしたい!





昨年の事
ブロ友さんがグリーンの麻紐を紹介していた
バラ用ではなく宿根草などの草花を強風から守る為に括るのに良いかもと思いAmazonで購入
ブロ友さんが紹介していたのは良い物で高価だったが僕は麻紐にそんなに良い物を使おうと思えなかったので安物を購入
これは幾らだったか・・2つで500円くらいだったかな?
c0365716_12222548.jpg


茎がしっかりした草花は何もしなくて良いがフワッと茂って柔らかい茎の草花は強風や雨でグッタリしてしまう事が多い
よって毎年ヨレヨレになる草花には小細工をしているのだが
写真ではあまり判らないだろう、草花を括る時は支柱を付けるときは見えない位置に
そして紐を括る高さは株の3分ノ1か5分ノ2くらいの低めの位置に括る
たまにギューッと絞ってしまっているのを見かけるがそれではあまりに格好悪い
ただそれでも麻紐の色が目立つので来年用にグリーンの麻紐を用意した、これでもう少し見栄えが良くなるだろう
c0365716_12223238.jpg


昨年の事ネットを徘徊していたらメアリーさんがこの本を紹介している記事をたまたま目にして購入してみた
鈴木満男氏の本だが管理の方法やオールドの系統だけでなく品種毎の剪定の説明がそこそこ載っていて面白い本だった
c0365716_12223502.jpg
この本を読んでいて一番納得が行ったことがある
僕を含め薔薇の誘引をしている方は麻紐を使っている事が多いのではないだろうか
麻紐は細く柔らかいので手袋をしていては結べず素手で縛る
手に傷を作りトゲが刺さるのを耐えながら行っている事だろう、もちろん僕もそんな一人だった

しかし今までそれが当たり前だと思って全く気がつかなかったがプロはどうしているんだろう?と思った
大量の薔薇を手袋をせず麻紐で誘引しているんだろうか?とフと思った
本を見るとアラ?麻紐じゃなくてシュロ縄を使っている!汗
おそらくこの本だけではないのだろうが考えてみると小さな株でシュートが細ければ麻紐でも十分だろうが
太いシュートや暴れる多くのシュートを括るのにはある程度の太さが有る紐の方がずっとやりやすいだろう
冬囲いでも細過ぎる縄では手袋を付けて縛れないがある程度コシの有る太い縄だと手袋をしていても縛ることが出来る
それに多少紐が目立ったとしても後に花や葉で一杯になって紐なんか全く見えなくなってしまう
ある程度の太さ4~5mm程度の紐を使えば例えば↓のような手袋をしたままでも問題なく誘引したシュートを縛ることが出来るだろう

c0365716_17282117.jpg
なんでこんな簡単な事に気がつかなかったんだろう?と今になって思うが
気がついたからには今年は手袋をしてシュロ縄かPPロープの黒でも使ってやってみようかと思う


それともう一つは脚立
昨年庭用の三脚を購入した、それまで高さの微妙に足りない四本足の脚立を使用していたのだが
四本足の脚立は基本的に平らな面で使うための物
三脚は庭用に作られた物なので全く使い勝手が違うのだった、ずっと欲しかったが指をくわえて見ていただけ
c0365716_17564644.jpg
一応秋の葉毟りの時の画像が有ったので載せておくがこれではよく見えないので
リンクを載せておきます、こんな感じ↓
これは庭用だけあって本当に便利!
何故早く購入しなかったのか後悔ばかり(笑)
僕が購入したのは6尺だがいま使っている高さで十分なら同じ高さの物を使えば良いだろう
あまり大きいのは動かすのが大変なので高ければ良いというわけではない
これの利点は上り面の二本足だけ平らな場所に設置すれば後は一本支柱なので草花や薔薇の株の間に支柱を差し込める
その上支柱の長さをワンタッチで調節できる優れもの、四本足の脚立だと作業したい場所の近くに立てられない事が多いが三脚だとすぐ近くに立てられる事が多い
脚立のように細い足ではなく三脚は足1つの面積が広く土に埋まらない上に土にくい込むような爪が付いているので三本足なのに庭では驚く程脚立よりも安定している
四本足の脚立は凹凸の多い庭では四本全てを地面に接して使うのが難しく、一本少し浮いたまま使おうものなら登るとグラグラ足はプルプル、いきなりガクっと動いたりして怖い思いをしている方が多いのではないだろうか?三脚ならこの問題を多くの場面で解決出来る
だからと言って過信は禁物、脚立と同じだが横方向に引っ張ったり、三本足なので斜め前に強い力で引っ張ったりすると倒れるので注意が必要
とは言っても植物が一杯植えてあって脚立が立てられなかったり傾斜している場所でいつも苦労している方には絶対におすすめ出来る道具なのでした、これは庭の高所作業には必須アイテムだと僕は思う。



記事をご覧下さり有難うございました
お帰りの際はバナーを押して頂けると記事を更新する励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたします。


 にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
[PR]
by tsukiiro2613 | 2018-01-06 13:14 | Comments(10)
Commented by まぁこ at 2018-01-06 15:12 x
つきいろさん、こんにちはー。

園芸用三脚!それ欲しいです!
前に三脚のことを書いておられたときに、三脚ってなんだ?と思いながらもスルーしてしまっていたので(汗)、脚立をまだ買っていない内に解決してよかったです(笑)

それと、おばちゃんゴム手(笑)でのシュロ縄結び、ぜひ実践レポートお願いしますね(^^)
それから先日購入した村田さんの本に「ゆるんだりしないように2回転させて片結びに」とあったのですが(それさえも私には理解の域を出てるのですけど)、つきいろさんはどうやって結んでおられますか?
言葉での説明はかなり難しそうなので、いつか写真付きでお願いします(笑)
Commented by tsukiiro2613 at 2018-01-07 11:32
> まぁこさん こんにちは。

園芸用三脚とても素晴らしいですよ(^ω^)
出来れば脚立が庭でどれだけ使いにくいかを実感してから購入してほしかったですが(笑)
四本足だと一本地に付かないだけでグラグラで登ると足はプルプルするしで本当つらいです
一本足が少なく足が地面に刺さらないだけでこんなに違うのかと思います
大きすぎる物を買うと取り回しが大変できっと後悔するので丁度良いサイズを使ってくださいね
1番上の天端には乗ってはいけないのですが、乗っている人が多いですね僕も乗ってしまいますけど。汗
自分は最高でどの段に乗って作業するかと自分の身長プラス手の長さくらいで最大の高さを考えると良いかも知れないですね、ちなみに一尺(一段)は約30cmです

オバちゃんゴム手は失礼ですねこんなお洒落なものつかまえて(笑)
プロはだいたい革手でやっていますね、僕もこのゴム手がダメなら普通の革手にしようかと思っています(^ω^)
これまで思い込みで麻紐を使うのが当たり前と思っていましたがよく考えたら殆どをシュロ縄かPPロープの色目立たない物を見つければそれでいいんだと思いました、ちょっと紐が目立ちすぎる気もしますが茂るとどうせ何も見えないので(笑)
もちろんこれまでも株ごと寄せたり極太シュートを寄せたりするのはシュロ縄なんかを使っていたんですけどね

片結びですがおそらく解けない事が前提なので片結びは誤字で固結びではないかと思いますよ、縄だと一回よりを入れて締めるだけでも締まりますが後で解けるかも知れないので引っ張った紐を今度は逆の方向によって締め込むだけです
きっと結び方の問題ではなく解けないように結びなさいという事だと思います、自分のやりやすい結び方で良いと思いますよ、どうせ一回きりで切ってしまいますしね(^ω^)
ちなみに僕は固結びが1番楽なのでそれにしています、固結びは知っていますよね?




Commented by 白椿 at 2018-01-07 14:28 x
こんにちは。
文章を読まずに1枚目と2枚目の写真だけを見て、つきいろさんは薔薇の貴公子だけでなく、編み物の貴公子(?)でもあったのか
と一瞬思いました~。麻紐がうぐいす色の毛糸に見えてしまって・・・。
この麻紐いい色ですね。同系色にコーディネイトされた手袋もクールです。
三脚は、なるほど!使い勝手が良さそうです。
Commented by まぁこ at 2018-01-07 14:48 x
つきいろさん、こんにちは。

脚立はシェッドを組み立てるときに使ったことありますよ〜(借り物ですが)
グラグラするのは実感済みなので三脚を購入してもよろしいでしょうか?(笑)
何尺を購入するかは要検討ですね
つきいろさん、危ないところに乗らないでくださいね(汗)

それと片結びですが、固結びではなさそうなのですよ。
調べてみたら(←初めから自分で調べなさいってね)、輪っかが一個できる結び方のようで、今日バラ苗を引き取りに行ってきたのですが、その苗を袋に入れいて結んでいたのがまさに片結びのようでした。プロはこの結び方するのかな?
片方引っ張れば解けるけど、しっかり結ばれてるのですよ。
何にせよ、つきいろさんのおっしゃる通り、自分のやりやすい結び方でいいですね(^_^;)
Commented by tsukiiro2613 at 2018-01-08 10:33
> 白椿さん
こちらにも有難うございます
確かに大きく写っているので毛糸のように見えますね、カラーの麻紐はあまり無いですから
でもさすがに編み物はやりません(笑)同系色の手袋はたまたまなんですがそう言われるとそうですね(^ω^)
三脚の使い勝手は本当に良いと思います、方々で脚立で大変そうな記事を拝見していて是非皆さん使って欲しいと思っていました
別に高所作業を勧めているわけではないですが、かなりストレスが軽減できるアイテムだと僕は思っていますよ。
Commented by mamirin412 at 2018-01-08 10:42
シュロ縄ですかー
そういえば鈴木さんの本にはシュロ縄で縛ってあったかもしれません。
どんな結果だったかまた教えてくださいね!

ところで以前の記事のブログ容量の件ですが
私はとっくに容量がいっぱいなのですが
新しいブログを作るのが面倒なので有料会員になってしまっています。
月の費用は数百円でも積もり積もればもったいない気もするのですけどね(;^ω^)
Commented by tsukiiro2613 at 2018-01-08 11:05
> まぁこさん こんにちは。

そうですよね、脚立を使ったことが無い人の方が珍しいですよね
まぁこさんはお嬢様なのでもしかしたら脚立なんか見たこともないかと(笑)
もちろん三脚購入OKです・・・なんの確認ですかね(^_^;)
脚立で1番上に乗っているなら三脚でも一緒なんですが、一応使用上の注意は書いておかなければと思った次第です確か脚立も三脚も上から二段目か三段目くらいまでしか登っちゃダメなはずです仕様はね。

結び方についてですが、コメントをする前に片結びを知らなかったので前回コメント頂いたときに実は調べていたんですがリボン結びの片方だけ輪っかになっている結び方ですよね
利点は後で解けることですね、だから梱包されているものなど後で解く物にはそういう結び方をしていたんだと思います
誘引でこれをする利点を考えましたがもしかしたらキツく結んだ事でシュートが太く成長し紐がくい込む事が有るのでその時ハサミだと上手く切れずシュートを傷つける事があります
そういう場合は片結び、片輪結びだと傷を付けずに外すことが出来ると思いました
しかしこれを全てに?と思った時に誘引は壁面なら結構身体の自由が効きますがアーチやパーゴラだとかなりキツイ体勢で行うことも多く結ぶ数の多さなどを考えたら片結びはちょっと面倒かなと思いました、何よりシーズンが終われば解くよりも切ったほうがずっと早いのです
解く場合は手を縛った場所まで持っていかなければならないのでハサミを枝葉の間に差し込んで切った方が良いと思います
もしも片結びをやりたい場合は固結びや本結びでも片側を輪にして引き込む事で後で外すことができますのでこちらの方が便利かと思います、片結びも同じですが解く時の引き紐を長めに切っておかなければ後で外すことが出来なくなるので注意が必要ですね
でもっていろいろ考えた末、これはきっと執筆した時の誤変換じゃないか?と思った次第です
コメント欄故の説明不足ですみませんでした(^_^;)




Commented by tsukiiro2613 at 2018-01-08 11:16
> mamirin412さん こんにちは。
ちょうどコメントの返信していたところでした(^ω^)
シュロにしようかPPロープの色付きにしようか迷っていますが結果がご報告しますね
プロでも麻紐で縛って紹介しているものは目にしますが、どうも腑に落ちない部分が多いのですよね。。。だってあの細い紐はとてもやりにくいですから。。

え?そうなんですか!マミリンさん有料会員なんですね、やりますね~!
なんだか僕凄い貧乏人みたいになってますね(笑)
僕も有料会員で続けようか考えたことは有るのですが、いつかは辞めると思っているので
ブログを辞めて有料会員を辞めたらその後ブログがどうなるのかとか、ズボラなので支払いが継続したまま忘れちゃうんじゃないかとか考えてしまいます。(^_^;)
ほかのブログサービスだと無料のまま今の更新頻度と容量を考えると一生続けられるくらいなので他に移ればすぐ解決なんですけどね
ブログ内が大容量だと段々見づらくなってしまうしエキブロはその点で良い意味で区切りを付けられるのかなと思ってみたりもします
でも有料会員も考えようかな~・・いややっぱり僕は無料で(笑)
Commented by メアリー at 2018-01-13 19:31 x
つきいろ様こんにちは\(^o^)/
ランキング板で記事のタイトルが目にとまって遊びにきたら
本文中に登場してて大汗 ( ̄▽ ̄;)ハハ
最近はいろいろバラ本も充実していますが
当時は、この赤本くらいしか詳しい本がなくて
ずいぶん、くらいついて読みました~。

麻ひもも、その昔、梶みゆきさんが
「冬のバラの作業のスタートは
ヨモギを煮て麻ヒモを緑に染めることから…」
と書かれてて、かっこいい(≧∇≦)! 
と思っていたことを思い出しました。
今は、便利な時代になりましたねぇ~(シミジミ)

それにしても脚立の記事、すごく納得!
ベランダはたいらじゃないか、と思われると思いますが
微妙に傾斜がついてるし
手入れしたい場所に手を伸ばそうとすると
排水路に片足入れないといけなかったりして
グラグラするんです~
(脚立じゃなくて幼児用のイスなんですが)

カメラの三脚は足の長さを変えられるので
ちゃんと水平に立ちますもんね!
そんな便利な脚立があったなんて!!
さすがにベランダ用に買いはしませんが
なんだかとっても良いこと教えてもらった気分です♪
Commented by tsukiiro2613 at 2018-01-14 08:50
> メアリーさん おはようございます。

すみません、勝手に名前出してました。(^^;;
何処のメアリーさんとは書かなかったですが、この世界に詳しい人なら一発で分かりますね。笑
随分前の記事なのは知っていましたがなかなか面白そうだったので昨年ポチッとして購入してました、勉強になる本のご紹介有難うございました。(^-^)
冬は庭仕事がないのでまた他の本をポチッて勉強してます、鈴木氏の同じ系統でも品種ごとの剪定の説明が有るといいですよね、剪定誘引大辞典とかあれば絶対購入するんですけどね。笑

確かにベランダでも水を流すための勾配は付いているでしょうし平ではないですよね、よ、幼児用の椅子?は。。どうしたらいいでしょうね。。何か薄い板とかを下に挟まるしかないかな?
そうです基本カメラの三脚と同じです、三本の長さの調整は出来ませんが支柱一本が調整出来るだけで全然使い勝手が違います
ただ脚立のように足がゴムで覆われてないので傷がついて困る場所の使用は避けた方が良いと思います。

最近またバラの記事をアップされているので喜んで拝見しております、是非どんどんアップしてくださいね(^-^)
<< 庭で1番の男前 JUDEとドライブ >>