気になる存在


今日はマダム イサーク プレールの紹介
ブルボンのオールドローズで1881年の薔薇
薔薇を多少知っている方はアレ?1867年以降に作出された薔薇はモダンローズのはずなのに?と思うかも知れないが
ハイブリッドティーローズ誕生以降でもオールドの同系統の交配はそのままオールドローズと呼ばれている
どのみち2018年を生きる僕からすれば130年以上も前の薔薇は相当古いバラに違いないのだけど(笑)
c0365716_11152289.jpg
さてマダムイサークプレール、このブログをよく見てくださっている方は何処に植栽してあるか判るかもしれないが
景観のメインの部分、上の写真で枕木の入口左上の濃いピンク色に見える薔薇がマダムイサーク
この時期は超早咲きと呼んでいるかなり早くから咲くバラが満開で他の薔薇の開花はこれからなのだが景観的に見るとこのくらいが全体に開花が見られるので全景としてはこの庭の見頃なんだと思った
僕としてはレディオブシャーロットがガンと沢山咲いてくれると嬉しいのだが、栽培技術のせいか溢れるほどには咲かず
残念ながらそれなりに咲き揃うのは花持ちの問題もあり一瞬の事
庭の同じ区画で花期が全くズレてしまうのはちょっと辛い、しかし全て一緒に咲いてほぼ同時に終わってしまうのも寂しいだろう
他のバラが殆ど咲いてないのに早く見頃を迎えたり、殆ど開花が終わってから見頃を迎えるような品種だとちょっと辛い
薔薇の見頃が一ヶ月も二ヶ月も続くのなら問題は無い、開花期はそれなりに長くても見頃となると本当に短いものだ



さて写真のマダムイサークプレールの開花はまだまだこれから言うところ
毎年ベーサルシュートを発生させる薔薇だがここまで北海道で伸ばすには古枝を使わなければ難しい
太い主幹から出る細いシュートに咲きそうな気配を感じたので使うことにした、一昨年冬囲いの方法を変えたことも有ってやっと夢にまで見たイサークを大きく伸ばして咲かせるという事に成功した
この薔薇を大きく咲かせるのは北海道のような厳寒地では結構難しいと僕は思う。

c0365716_11150779.jpg


この薔薇実は昨年この場所で5年目、夏にH・Cで見つけた薔薇なのでその年は殆ど伸びなかったが
それでもまる四年以上は経過している、長かった・・・

c0365716_11144936.jpg
上部は古いシュートなので一輪咲きが多いが下部は新しいシュートなので房で蕾が出ている



この薔薇は色々な意味で魅力的な薔薇だと僕は思う
手放しで綺麗に育たないが弱いわけでもない
樹勢は有るが病気になる、シーズン中はうどんこ病と戦い、新たに出たシュートは厳しい冬を越せるのか心配になる
凍害に関しては札幌で育てるにはちょっと低いが全く育てられないわけではない
何が言いたいのかと言うとそれなりに手をかける事でそれに応えるように育つバラだという事
バラ栽培者の心をくすぐるある意味バランスの良い品種だと思う
バラの栽培者の心理は難しいもので手放しで勝手に育てばあまり気に掛けないバラになってしまう、弱すぎると栽培意欲を失ってしまう、その点でこの薔薇のバランスは良いと思う
ただ前述のとおり毎年凍害が出てシュートを失い切ない思いをしてきた、一昨年の冬囲いの方法を変更した事で凍害は回避出来た

この薔薇は強健ではあるものの手を掛けなければ上手く育たないので毎年気になってしょうがない薔薇なのだ、どんな時期でもこのバラのことを気にしている自分が居る
c0365716_11145979.jpg


もちろん気になっているのは性質のせいだけではない
このディープピンクと紫を混ぜたような独特の色合いと端正な容姿
c0365716_11155449.jpg


この薔薇は販売店の写真を見ると酷く崩れたような花ばかりが載せてあるので首を傾げるが
非常に整った魅力的な花を咲かせる、そして香りも良い
c0365716_11154637.jpg


花だけ見るとほぼ今のモダンシュラブと同じように感じる
しかしこの色合いにして全く嫌味が無いのが素晴らしい、これは写真では伝わらないかも知れないが
c0365716_11153544.jpg


多すぎず少な過ぎない花弁、外側の花弁を大きく反らせ優雅に咲く

c0365716_11155980.jpg
花弁の繊細さを感じるような色合いではないが分厚い印象も受けない
香りは有るが花弁は雨や日差しでも傷みにくいのも良い




開花が進んできた
オールドと言えどもやはり枝葉や蕾の愛らしさは古いオールドの系統の魅力には敵わない
明るめのグリーンでマットな大きめの葉を持ち好印象だがシュートはわりと無骨な伸び方をする

c0365716_11160779.jpg



他のバラと比べても判るようにオールドとしては大輪だ
開き始めは中輪サイズだが大きく開く、ただしイングリッシュなどに比べると中輪サイズだろう
ルイーズオディエなんかと比べると花経は大きいが大きくなり過ぎず枝葉とのバランスが良いのも気に入っている
c0365716_11161631.jpg


少しずつ開花を終わらせながら佳境に入る
c0365716_11163549.jpg


退色し色が淡くなりくすんだピンク色に
花弁を反り返らせるがただ反り返れば良いというものでもない、その点でイサークはとても品の良い咲き方をする
c0365716_11163001.jpg


おそらく下の写真くらいが満開だろう
右下にこれから期待のファンタンラトゥールも写っているがイサークとファンタンラトゥール
どちらもやはりオールド、ステムが短く構造物を覆うバラとしてはとても扱いやすく綺麗に見える
こういうのを見てしまうとステムの長いバラは使い勝手が悪く思えてしまうのだった・・・
c0365716_11164749.jpg

バラの専門家は初めて雑種で作られたブルボンやノワゼットが誕生した1800年こそがモダンローズ誕生と呼ぶべきと言ったらしいが
四季咲きのハイブリッドティーの登場は当時としてはやはり衝撃的だったのだろう
イサークなど伸びるバラは現在でも返り咲きであり、ブルボン系自体四季咲き性が弱かったことから時代とともに栽培数を減らしていったようだ
ちなみにイサークは我が家では夏と秋に少し返り咲く

c0365716_11172371.jpg


2017お気に入りフォトでも使った写真
c0365716_11165863.jpg


何故だかファンタンラトゥールの花殻を握り締めたまま撮影(笑)
c0365716_11164082.jpg


昨年は予定の大きさまで育って上手く咲いてくれたイサークだが
シュートを這わせている枝が庭に面した道路と水平に向いているのだが庭の開口部から見ると少し左を向いているようになっている
沢山咲いているのにシャーロットが邪魔して上手く撮影出来ないのだった
今年は可能な限り撮影している方に向けてみようかと思っている
c0365716_11171097.jpg

毎年気になる存在のマダムイサークプレール、とても気に入っている品種だ
c0365716_11165466.jpg
今年もどうかこの素晴らしい開花が見られますように、問題はシュートが凍害に遭わずに残っているかどうか
結果は春に。


記事をご覧くださり有難うございました
お帰りの際はバナーを押して頂けると記事を更新する励みになりますのでどうぞよろしくお願いいたします。

 ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by tsukiiro2613 | 2018-02-12 21:33 | マダムイサークプレール | Comments(8)
Commented by まぁこ at 2018-02-13 08:22 x
つきいろさん、おはようございます。

2個前の記事の最後で次はこれですと紹介されていた写真を見て、イサーク?と思っていた私でした。
実際に見れば結構違うのでしょうけど、多分どちらも実際に見たことがないのですよね

どちらも素敵ですが、イサークは良いですね〜
超早咲きとのことですが、私の目には十分過ぎるくらい咲き揃っているように見えますよー(^^)
これはオーナーにしか分からないレベルかもですね?
それと、ステムが短いっていうと10cmくらいのことを言いますか?

凍害が出ずに今年の春にまた素晴らしい開花が見られると良いですね(^^)
Commented by tsukiiro2613 at 2018-02-13 21:10
> まぁこさん こんばんは。

確かに写真で見るとイサークとヤングリシダスの色合いは似ていますね、記事は出来るだけ似たような色合いが続かないようにしていたんですが今回は使える時間からかんがえてイサークにしよう!と思ったのでした(笑)意味不明ですね。(^ω^)
そうなんです、実際に見ると全く別のバラです、そこが写真でしか伝えられなもどかしさですね
どちらもある程度再現できていると思いますが写真では色の出にくいバラですから

イサークはかなりお気に入りのバラです、この色合いに引いてしまう人も多いかも知れないですがこの薔薇は良いですよ(^ω^)
あ、超早咲きは別の品種でアーチに咲いている白い薔薇アッシュウェンズデーやジロー男爵、ルイーズオディエ辺りでしょうかね、それが終わる頃にある程度咲いてくるのがイサークですどちらかというと早咲きと遅咲きの中間くらいの時期でしょうか
ただ咲き揃うとなると違いますね~、それはこれから実現させられたらと思っています
アッシュはもっと充実すれば花期が長くなるでしょうし新たに入れ替えたゾーンも充実してくればまた違った景観かつもう少し花が咲いた状態を保てる庭になるはずです(予定)

ステムはさすがに10センチだと短いですね、20センチ前後は有ると思います
ただしERなんかのモダンシュラブは殆どステムが長いので40~60センチはあります場合によってはもっと長いことも有るのですよ、隣のシャーロットと比べると一目瞭然ですね
この構造物に綺麗にまとまって咲いてくれるのがオールドの良い所ですね

本当に凍害が出ず今年もこの開花に会いたいです(^ω^)

Commented by YAN at 2018-02-14 04:51 x
おはようございます(^^)/

素晴らしいですねえ、こんなに咲かせるなんて、まさにつきいろさんの熱意の賜物、本当にお見事です<(_ _)>

鮮やかですが軽さのない色で良い薔薇ですね(^^)何を持ってモダンとするかは今でも議論がある様ですね。品種も本によっては違う系統に入る薔薇があったり、呼び方が違ったりして探す事もありますね。冬は退屈なのでそれも面白いんですが(笑)

まだ咳が出たりするんですよ、オリンピックは楽しいですが早く暖かくなって欲しいですね。
Commented by mimiha at 2018-02-14 13:31 x
つきいろさんのピアニストの好みが、私も内田光子さんとキーシンがすきなので、何だか嬉しす^^
そして、バラが見事に咲き乱れているこの光景。一日中眺めていたい気持ちになりますよね^^ こんな日はお仕事サボりたくなりませんか^^
ファンタンラトゥールとのコラボ。色が良い感じで素敵。
大人のバラだなぁとしみじみ思いました。
Commented by tsukiiro2613 at 2018-02-15 19:35
> YANさん こんばんは。

この薔薇はやっと満足行くだけ咲いてくれたので本当に良かったと思います
結局冬囲いの変更が一番効いていたんですけどね(笑)

そうなんですよね鮮やかだけど深みのある色合いで寒冷地だとより濃く咲いて美しいようです(^ω^)
オールドは不確定な部分が多いですし古くなればなるほど曖昧でもう少し勉強しようかと思っていたんですが推測の部分も多く難しいですね。

咳風邪ですか、インフルも今年は咳だったような?気をつけてくださいね
それに肺炎になっていたりしたら大変なのでひどい時は呼吸器科に行ってくださいね(^ω^)
オリンピック楽しいです。

Commented by tsukiiro2613 at 2018-02-15 19:38
> mimihaさん こんばんは。
ミミハさんも内田光子とキーシンがお好きなんですね(^ω^)
キーシンは実は結構最近ですがやはり上手いですね。
本当にバラの時期はずっと庭に居たいです、仕事なんか行きたくないです(笑)
僕も毎日を追って記事を書いてみたいものです、冬にこの時期の光景を見て思い出し癒されますが残念なことに全ては蘇らないのですよね・・・
イサークとファンタンラトゥールのコラボは本当に凄く良いですよ!!
これは大正解だったと思っています、どちらも大人な薔薇でこれからが楽しみな二人です(^ω^)
Commented by ミカ at 2018-02-16 18:00 x
つきいろさんお久しぶりです^ ^
今日は朝の英語の勉強をさぼってまとめ読みすることに決めて来ました(笑)
あぁ、やっぱり咲き乱れる薔薇は素敵で癒されますね~
我が家の薔薇はどれもまだ小さいのでつきいろ邸のお庭は憧れです。

マダムイサーク、我が家の名前不明の薔薇もこんなキレイなピンクですがだいぶ古株で長い事適当な手入れしかされてなくて昨年初めてちゃんと誘引したのですが不慣れなので微妙でした^ ^;
しかも変なところに植えてあるので毎年どうしたものかと思いつつも、放置でもものすごくたくさん花をつけるのでそのまま。
でも手をかけてあげればきっともっと素敵に咲かせることが出来るのかも知れません。

ところで今年は本当に豪雪ですね。
新潟の家族も毎日の除雪でうんざりしていましたし、こちらはパリでも雪が降って一時交通がマヒしたりと大変でしたが、フランス中が悪天候でも私の住むエリアは相変わらず良いお天気(笑)
それでもやはり2月はまた氷点下の日が増えて、庭に出たくない中、放置していた庭の手入れを少しずつしています。

Commented by tsukiiro2613 at 2018-02-16 21:00
> ミカさん こんにちは(^ω^)

お久しぶりですね、勉強をサボらせてしまってすみません(笑)
マダムイサークはやっと綺麗に満遍なく咲かせることが出来たので昨年はとても嬉しかったんですよ
北海道のような土地では冷え込みにも邪魔されながらなので大変です

ミカさんのお宅の古株のバラもこんな感じのバラなんですね、誘引が微妙でもものすごく咲いてくれるならいいじゃないですか(笑)
でもそうですね、手をかけてあげれば思い通りの景観を作ることも出来ますし何より咲かせる方としても楽しいと思いますよ(^ω^)

雪、そうなんですよね札幌は例年よりも少ないのですが各地で観測史上初の積雪になっていたりします、しかも物凄い豪雪なので大変そうです
新潟も降りますもんね、ご家族大変な苦労されていることでしょう体調を崩さないといいのですが・・
ミカさんの住む土地は氷点下まで気温が下がっていても天気が良いのですね(^ω^)
氷点下の中作業をすると萎えるでしょう、ミカさんもきっとこれから庭から沢山の癒しを貰うようになると思います、そうすればどんな時期にも庭に出たくなると思いますので 今のうちはあまり無理せずに出来る時にこなして、でも放置すると手が手が付けられなくなりますから手を抜き過ぎずに庭と付き合っていくのをおすすめしますよ(^ω^)

<< アンリ・ファンタン ラトゥール Young Lycidas 2017 >>