2017年 05月 31日 ( 2 )

上向きのオダマキ クレメンタインホワイトの開花





珍しい上を向いて咲くオダマキ クレメンタイン
正確にはアキレギア ブルガリス クレメンタインシリーズのホワイト
・・かなり面倒な名前だ。汗

開花を待っていたお気に入りのオダマキ
c0365716_20443468.jpg

蕾のうちは若干下を向くが蕾が膨らむにつれて横向きに
そして開花の頃には上を向くオダマキ
多くのオダマキのように下を向く淑やかさも良いと思うが上を向いて花を見せてくれるのは嬉しい
c0365716_20444147.jpg

そしてついに待っていた美しい開花が始まる
c0365716_20432190.jpg



まだ多くの蕾、そして少しの開花、この頃の初々しい感じがとても好きだ
c0365716_20431252.jpg

少しグリーンがかった白がとても美しい
c0365716_20430611.jpg

ピントが合っている花は少し花弁が少ないが奥の花のように菊咲きになる花も有る
ビシっと真っ直ぐ上を向くわけではくしなやかに上を向くのも良い所だろう
c0365716_20425984.jpg

草丈は一般的なブルガリスと同じくらいだろう、50~60cm程度
c0365716_20425024.jpg


このオダマキは以前記事の中で応募を募って種をプレゼントしたものだが
無事に発芽しただろうか、もしも駄目でも気にしたり報告する必用はありません
無事に育って花が咲いた方はどうだつきいろ!と言わんばかりにどうぞ大いに自慢してください(笑)
c0365716_20424283.jpg
クレメンタインホワイトはこれからが開花本番

少しの間記事が書けないので今日は連投した
出来ればこのオダマキの最盛期にもう一度撮影したかったが間に合うだろうか・・・


記事をご覧下さり有難うございました
お帰りの際はバナーを押して頂けると記事を更新する励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたします。

 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by tsukiiro2613 | 2017-05-31 21:52 | 宿根草 | Comments(8)

朝日の中で (今の庭から)





朝日に包まれた庭から
c0365716_20434257.jpg

薔薇は蕾に色が見え始めた
(写真はルイーズオディエ)
c0365716_20433571.jpg

周りより短いステムで埋もれながらブルヘッドのレディエマハミルトン
今年もさび病だけがほんの少し出ている・・これについてはまた今度書こう
近くの公園からポプラの綿毛が沢山飛んできて庭の植物に付いている
c0365716_20442915.jpg

朝日が当たって一番輝くのは東側の庭
c0365716_20442038.jpg

昨年入れた白にほんの少しだけ薄紫の絞りが入る風鈴オダマキ
c0365716_20451102.jpg


真っ白で良かったがたまたま絞りが入っていた
c0365716_20440977.jpg

元から植栽していた風鈴オダマキ
これは新しい株、このオダマキだけは繁殖力が弱いので毎年積極的に種まきしている
c0365716_20440257.jpg


花弁が丸く愛らしいミヤマオダマキ
c0365716_20454454.jpg


こちらは紫の物
ミヤマは白だけで良いので途中で株を取り去ったつもりだが毎年元気に出てくる。汗
c0365716_20451819.jpg

でもこれはこれで沢山咲くと綺麗だ
c0365716_20452863.jpg

オダマキはあまり上向きにならないがたまに開花終わりに斜め上を見上げている
c0365716_20445933.jpg

ミヤマオダマキはそろそろ終わり頃
c0365716_20445287.jpg


下は少し前のものだが
上を見上げ何かを待っているかのようでちょっと切ない感じがする
他のオダマキの葉が写っているがミヤマの葉は少し青みがかっているのが判るだろうか
c0365716_20453733.jpg


菊咲きのタリクトラムが開花した
c0365716_20432865.jpg


朝日を浴びて美しいのは宿根草の花だけじゃない
飾り萼の付いた薔薇の蕾もまた朝日に美しく輝く
c0365716_20435270.jpg
ガリカの薔薇、まあ隠していてもしょうがないので言ってしまおう
これは暫く前に人気ブログランキングでアンケートを取った際に素晴らしいと教えていただいた
ガリカのデュセスダングレーム、まだ一度も開花を見てないので今年楽しみにしている



最後は一番最初に載せた写真ヤマオダマキ
色の付いた蕾の距(角のような部分)の透明感が美しい

c0365716_20434257.jpg
期待から喜びに、そして儚く終わる
それを繰り返しながら庭の時は進んでゆく



記事をご覧下さり有難うございました
お帰りの際はバナーを押して頂けると記事を書く励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたします。

 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by tsukiiro2613 | 2017-05-31 21:18 | 宿根草 | Comments(6)