2017年 06月 08日 ( 1 )

アキレギア ブルガリス クレメンタインホワイト

6月8日

レーヌデヴィオレット開花
今日の雨は大したこと無かった、明日は24度と晴れて暖かくなるようだ

c0365716_20223551.jpg
昨年自立型誘引を試みたレーヌデヴィオレットだが
大きくなった、この薔薇は。汗
株が充実してきたようで花もかなり大きく厚みが出てきた
やはりオールドの熟成には時間が掛かる・・・なんかウィスキーみたいな書き方になってしまった(笑)
今年は枝垂れさせるだけでなく枝を輪にしてみたり普通に横にしてみたり色々と複合した誘引にしてみた
でも結局場所さえ有れば横にシュートを倒すのが一番花付きが良いようだ(自立型は省スペースの為なので当たり前)


先日紹介したジェキルのフライングの花
c0365716_20354649.jpg

かなり開いたがジェキルらしからぬギュウギュウの花弁で違う薔薇のようだ
これはこれでなかなか良いが
c0365716_20222863.jpg


真っ黒の蕾、フランシスデュブリュイ
購入した挿し木株だが今年も一輪咲きが多い、でも花は大きいようだ
子供の真夜は全てがブラインドで焦って切り戻した
ウッソー!びっくりした?と言わんばかりに今ステムを旺盛に上げてきている、一安心(ため息)
c0365716_20222200.jpg


クレマチスのミケリテが大きく腕を上げてエックス?いやバツ?
これは何を暗示しているのか・・・
c0365716_20221607.jpg
・・・こ、これはもしかして
土曜の天気の事か?天気予報で土曜は大雨、雷、強風、竜巻に注意と言っていた、オイオイそんな極端な。大汗
今日も実は午前中まで結構な突風が吹いていた
大きな被害が出るほどではないが、一部ステムが乱れている薔薇が有った
ミケリテの場所も風当たりが強いのでこれ以上は無理ということか・・・(違うに決まっている)






先日開花したばかりのオダマキのクレメンタインホワイトを紹介したが
見頃を迎えてそろそろ終わり頃なので見頃の様子を紹介しておこうと思う
c0365716_20323312.jpg

何の説明も要らない美しい開花
c0365716_20325080.jpg


洋風なようで和風な感じにも見える不思議なオダマキ
c0365716_20322245.jpg


花期の長い宿根草が結構有るが、正直このオダマキは開花の長さと言えばそれなりかも知れないが見頃はとても短い
それでも許される美しさを持っていると僕は思う
c0365716_20323861.jpg


昨年種のプレゼントはしたものの自分は蒔かなかったので今年はばら蒔きしようと思う
c0365716_20321605.jpg


このオダマキは唯一主庭に入れているオダマキだ、他は前庭に有る
c0365716_20320828.jpg


下が一応全景の写真
下の方の葉が隠れてしまっているが実際は更に下に葉が25cm程度ある
c0365716_20324408.jpg


今年も無事にクレメンタインホワイトの開花を見ることが出来た

c0365716_20325652.jpg
来年もどうかこのオダマキの開花が見られますように




記事をご覧下さり有難うございました
お帰りの際はバナーを押して頂けると記事を更新する励みになりますので
どうぞよろしくお願い致します。


 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by tsukiiro2613 | 2017-06-08 21:29 | 宿根草 | Comments(6)