2017年 07月 06日 ( 1 )

フェア ビアンカ開花 薔薇もそろそろ終盤




フェアビアンカが開花した
c0365716_21150147.jpg

シャローカップだがその美しい花弁の並び、色合い
そして懐かしいビアンカの香りを久しぶりに堪能した
c0365716_21145732.jpg

え?と思った方もいらっしゃるだろうか
フェアビアンカは癌腫になって破棄したのだった
今育てているウィリアムアンドキャサリンはこれまで探した中で一番ビアンカに似ていて好感の持てる薔薇だが
それはそれ、これはこれ、やはりビアンカは手元に置いておきたかった
c0365716_21144782.jpg
フェアビアンカは僕が存在を知ったときはもう廃版でパテントすら切れているような品種だった
何本も挿し木していたが間違えて全て譲ってしまっていた。汗
親株が有るので気にもしてなかったし癌腫になってもきっと手に入るだろうと思っていた
しかしいざ手に入れようと思うともう何処も扱ってなかった。。。
まあ厳密に言うと無いことも無かったがこれはご好意で頂いた挿し木苗
それが無事に開花したのだった。




庭の方はというと
主庭の薔薇は度重なる悪天候に花弁が腐り、急な日差しで傷み強制終了が続きあっという間に終わってしまった
後は遅咲き種が残るのみ、今はとにかく片付けが忙しい(汗)これは始まるともう止まらない
ヴァリエガタディボローニャがそろそろ終わり頃
赤紫の絞りだったが薄くなり今は赤またはローズピンクになっている
c0365716_21151253.jpg

パレードがどんどん咲いている、かなり派手な薔薇だが房の中に入る退色した紫色の花との対比が良い
c0365716_21152884.jpg


今年もまだ少しツルの長さが足りず(と言っても写真は2.5~3.0m位の場所)景観には入っていないがブルーマゼンタが咲いている
段々と花が増えて長いシュートも出ているので来シーズンは期待が持てる
c0365716_21151997.jpg




あっという間に散るのでなかなか咲きそろってくれないが
アランティッチマーシュもよく咲いている
紫がかったピンクとゴロンとした見事な花だ
c0365716_21153541.jpg




フェアビアンカとはまた違った混じりけのない純白のロングジョンシルバー
この薔薇は小屋に這わせていたがステムが異様に長いので今年で最後にしようと思っていた
だが花はとても好みの薔薇だ、他に代え難い美しい花を房で咲かせる
花経も程よい大きさの中輪
c0365716_21154685.jpg
開花序盤を見てステムが長すぎてここには合わないので辞めようと思ったのだが
今年の開花を通して見ていてツルなのだからここで使わなければ良いという事に気がついた
苦渋の決断だったが解決策を見つけてちょっと安心した
そう、ガーデナーは開花期からもう来シーズンの事を考えてしまうのだった(笑)

今日もかなり暑かったが今週は明日から連続で真夏日だそうで開花もどんどん進む事だろう
あともう少し、一年に一度しかないこのシーズンを忙しいながらも楽しみたいと思う


記事をご覧くださり有難うございました
お帰りの際はバナーを押して頂けると記事を更新する励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたします。
 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by tsukiiro2613 | 2017-07-06 22:34 | 2017年の庭 | Comments(10)