2017年 11月 17日 ( 1 )

Jacqueline du Pré



今日は紹介が途中になっていたジャクリーヌデュプレの後編

c0365716_16401026.jpg


ジャクリーヌを何処に植栽したかというと

c0365716_16404390.jpg
枕木の間を抜けアーチの足元



下の枕木の横にチラ見えした感じがなかなか良い

c0365716_16401532.jpg
ジャクリーヌの奥にはクナウティア アルベンシスそしてシャリファアスマと続く
ただどう見てもクナウティアが大きすぎる。汗
本来なら見えているジャクリーヌとシャリファの半分から三分の二くらいの高さで留まる予定だった
それがなんのその1mを超えるかという草丈で薔薇に覆い被ってくる、花期が長く綺麗だがこの時期以降も巨大化を続け
残念ながら移植。。。



アーチにはウィリアムとフォールスタッフが植栽してあるが長く伸ばして使っているうちにどうしても足元が寂しくなる
まあ実際にはちょこちょこ咲きはするがちょっと寂しい、それならば別のバラを使って足元を飾ろうと思ったのだ
株元はアーチよりもずっと左側に有り、それを横に這わせている
c0365716_16405648.jpg

昨年は花が貧弱ですぐに焼けてしまったり雨でダメになったりで評価が低かった、迎えて失敗したと思ったくらいだ
今年は小さいながらも景観作りに貢献してくれたので一気に価値が上がった
c0365716_16395301.jpg


黄色い花粉が着いた状態も愛らしい
c0365716_16400356.jpg


しかし早く花粉が落ちてくれないかとつい思ってしまう
c0365716_16394191.jpg

やはりこの花粉が落ちた状態がジャクリーヌの本当の顔という感じがする
c0365716_16405060.jpg


この薔薇は香りの薔薇にタグ付けしなかった、麝香(ムスク)の香りだそうだが
どうしてもこの薔薇は僕にとってはパセリの匂いしかしないのだった。大汗
c0365716_16395767.jpg

今年は例年と気候が違う事を察し薬剤散布の回数が多いので耐病性の事は書けないが
昨年育てた感じはわりと強かったように思う、黒点には少しなったかな
c0365716_16393078.jpg
花もちはそこそこなものの入れ替わり開花しこのくらいの花付きで暫く楽しませてくれた
夏花は見なかったがこの薔薇は夏に咲かせて秋薔薇を見た方がよかった
摘蕾を続けていたものの結局秋まで蕾が上がり続け、秋に咲いた花は日差しと雨でダメだった
摘蕾する度に蕾を上げてくるのであまり成長しなかったのがちょっと残念だが
それでも今年よりは来年の方が少しは良くなる事だろう、来年も楽しみなバラ。


記事をご覧下さり有難うございました
お帰りの際はバナーを押して頂けると記事を更新する励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたします。

 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by tsukiiro2613 | 2017-11-17 19:33 | ジャクリーヌデュプレ | Comments(6)