2018年 01月 05日 ( 1 )

JUDEとドライブ




今日の紹介は2017年の一番花イングリッシュのジュードジオブスキュア 1995年作出
言葉で表現するのが難しい微妙な色合いと魅力的なディープカップ咲きの薔薇

c0365716_15471824.jpg


植栽位置は下の写真の中央より右側、黄色っぽく見えるバラがジュード
c0365716_15470423.jpg

この頃はレディオブシャーロットが終わりかけでマダムイサークと入れ替わってきている
ジュードの右隣はセプタードアイルだがセプタードアイルはこれから開花する
ジュードは手前のクイーンオブスウェーデンと同じくらいの背丈だったが途中ポール仕立てにした
しかしジュードは太めのシュートが多く硬く柔軟性のない枝でポールに巻きつけるのは難しい
この薔薇は誘引するよりも自然樹形の方が合っているだろう
今はポールで支えているだけでスタンダードローズのようになっている
写真を見るとジュードとセプタードアいるの下が空いているがここには以前グレイスが植栽してあった
今年はここに鉢で育てた薔薇を入れる予定、上手く行くといいが・・・
c0365716_15465673.jpg


我が家のような庭の作りだと裏側からは見えないことが多い
手間に咲くように誘引しても日差しの関係で裏側に咲きやすいのがとても残念だ
c0365716_15464800.jpg


朝日を浴びるジュード
c0365716_15462443.jpg


この頃から濃厚な香りを発散し出す
c0365716_15461917.jpg


春と秋に2~3度僕はジュードを車に乗せドライブする
特に妻を隣に乗せる時が多いように思う
普段植物に興味のない妻にこの時ばかりはジュードの濃厚な香りと愛らしさを存分に自慢できるから(笑)
この時ばかりはジュードを鼻先から離さない妻、それを見て僕はご満悦
ちなみに夏はスリップス天国なので摘まない、僕が夏薔薇をあまり咲かせないのはスリップスのせいも有る
c0365716_15461142.jpg


ジュードの最後の記憶と言えば昨年11月の冬囲い
シュートの長いツルやシュラブはみな寝かせて雪の下にしているのだが枝が硬いジュードは毎年立てたまま越冬させていた
枝先には凍害が出ていたので今年は寝かせられるだけ寝かせてみよう!と思った
ユックリユックリ株を倒していく、反発が強かったが意外にも結構寝かせることが出来た
あともう少し、グググと少しずつ株を寝かせて行く 
欲張ってあともう少しだけと思った瞬間

パキッ!! 

バタン

え?冷汗  え? え?  ・・・ええええっええーー!!?

ジュードが嫌な音と共にバッタリ倒れてしまったではないか。大汗
もうジュードは力なくブランブラン・・・起き上がる気力ゼロ

僕はジュードを呼ぶ

オイッ!
ジュード!!
ジュード?
ジューードーーッ!!


・・・しかし返事がない・・・
(当たり前)


見た感じ株元は無傷だがきっと土の中の何処かが折れた様子
根元を探ってみたが根は繋がっているようだしどうなったのか判らず
取り敢えず怪我人は下手に動かさない方が良いと言うし地面に横たわったまま越冬させることにした。汗

(ちなみに下の写真は強風で傷付いたジュード)
c0365716_15460287.jpg


春に確認するのが心配なジュードだが僕の予想では大丈夫だと思う・・たぶん。汗
毎年濃厚な香りとこの絶妙な色合いを楽しみにしている薔薇なので絶対に失いたくない薔薇だ
c0365716_15463860.jpg
2017年一番花のジュードでした。

記事をご覧下さり有難うございました
お帰りの際はバナーを押して頂けると記事を更新する励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたします。

 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by tsukiiro2613 | 2018-01-05 20:37 | ジュードジオブスキュア | Comments(6)