父の愛した薔薇




今日の紹介はレディ オブ シャーロット2009年作出のイングリッシュローズ

c0365716_10171434.jpg

植栽場所はと言うとこのブログをよくご覧になっている方ならご存知かと思うが
庭で一番目立つ位置、写真中央のオレンジ色の薔薇がシャーロットだ
c0365716_10190636.jpg


薔薇では珍しい色とただオレンジなだけでなくその繊細な色合いに実際に見た多くの人が心奪われる薔薇

c0365716_10181893.jpg


今年は庭の手前側の薔薇の開花があまり良くなかったがその中にここのシャーロットと優良品種として鉄板のアイスバーグも入っている
アイスバーグはまさかのブラインドが多数出た、シャーロットはというと上手く言えないがいつもとは開花の様子が違った
シャーロットは一番花以降の蕾の上がりが早い方なので夏に結構咲き秋もわりと咲くが今年は四季咲き性もあまり良くなかったように思う
c0365716_10181038.jpg


シャーロットは中輪の薔薇だが一番花はわりと大きな花を咲かせる
下の写真は細いステムに咲いた一輪咲きの花、細いステムの花は中輪サイズで咲いているが
概ね10cm程度の大輪サイズで咲いている事が多いように思う
c0365716_10182998.jpg


DA社の色合いの説明書きとはちょっと違った印象を僕は受けている
この薔薇はゴールデンイエローと言うよりオレンジ色の薔薇だ、時に黄色っぽく咲いている時も有るが
全体の印象としてはオレンジ、そして蕾の頃の花弁、開いた時の外側がピンク色に染まっている
c0365716_10183487.jpg


c0365716_10182455.jpg
c0365716_10181417.jpg


葉は少し小さめで濃いグリーン
c0365716_10180090.jpg


この薔薇は僕がブログを初めて以来かなり人気の高かった薔薇だと思った
僕自身はこんなに庭の中で目立たせるつもりが無かったのでちょっと複雑な気持ちだったが(笑)


c0365716_10175630.jpg


シャーロットは僕が向かい入れた当初はツルの紹介は無く1.2m程度に伸びるシュラブとして紹介されていた
それがどうしたものか極太のシュートを出してグングン育った、その後すぐにツルの紹介に載せられていた・・・
ツルの紹介になる前にこれはあまり小さく育てるような薔薇では無さそうと大きく育てたのだが、この薔薇がこんなに大きいと庭が派手な印象で僕としてはちょっと不本意だった
だが今となってはここにシャーロットが無いと寂しいと思っている(笑)
.
c0365716_10174882.jpg


毎年写真を撮影している方角から強風が吹き付けるのでどうしても良い位置が穴になってしまう
一番花の頃はこのくらいの花付きで入れ替わり開花し続けている
c0365716_10173766.jpg



毎年剪定の仕方を色々と変えているが今年はちょっと長すぎてせっかく沢山咲いたマサムイサークプレールが見えなくなって失敗だった
もっとポールにキュッとシュートを括って仕上げた方良さそうだ
それと凍害が少し出る薔薇なので残ったシュートを勿体無く思い古いシュートを残しすぎた
結果開花しないシュートが結構有ったのだった
来年はこの課題をクリアして行こうと思っている、ちなみにこの問題と全体の不調とはまた別だと思っている

下は更に寄って撮影したもの、アイスバーグがちょぼちょぼの開花で切ない。涙

                   
c0365716_10173198.jpg


香りは軽いと紹介されているが僕には強香種以外は香りを感じる事ができない、たまに中香でもよく香る薔薇もあるが
本当に香っているのだろうか?と不思議に思うくらいDA社では詳細な香りの説明がされていて鼻が利くって羨ましいと思う
c0365716_10172486.jpg


ステムは長いが四季咲き性が有る薔薇なら伸び過ぎる程の長さではないだろう
c0365716_10172049.jpg


このレディオブシャーロットと他にレディエマハミルトンとオレンジ色の薔薇を所有している
僕はオレンジ色の薔薇を迎える気がなかったがただ色の好ではなく繊細な色合いと花弁の美しさが色の好みを越えて傍に置きたいと思わせる良い色合いを持った素晴らしい薔薇だと思った

c0365716_10165447.jpg



耐病性はそこそこ高く樹勢良く育てやすいバラだろう
c0365716_10164705.jpg

シャーロットは父の好きだった薔薇だ
リビングからもよく見えるこの薔薇は父が咲く度に綺麗だと褒めていた薔薇だった
他の薔薇も沢山咲いているのを喜んでいたがこの薔薇だけは花の美しさを褒めていた
c0365716_10171434.jpg
特にシャーロットと父にドラマチックなエピソードが有るわけでもないが
他界した父は花が好きな人でも無かったが晩年薔薇の咲き誇る庭を喜んだ
花そのものを褒めたことが無かったが何故だかこの薔薇だけは咲く度、飾る度にこの薔薇は凄く綺麗だとえらく褒めていた
きっとシャーロットの美しさが彼の心を捉え惹きつけたのだろうと今になって思う


記事をご覧くださり有難うございました
お帰りの際はバナーを押して頂けると記事を更新する励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたします。

 ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
# by tsukiiro2613 | 2017-12-16 15:12 | レディオブシャーロット | Comments(1)

それは恋のような



今日の紹介はマダム ピエール オジェ
1876年作出 ブルボン系のオールドローズ
c0365716_20030393.jpg

マダムピエールオジェの植栽場所
下の画像では判りにくいかもしれないがブログ名を入れた場所の右側、小ぶりなコロンとした薔薇
c0365716_20044728.jpg
本当はポールの下に植栽しておりポール仕立てにするつもりだったが今はつるアイスバーグがその場所を占拠し
それだけでは物足りず横の樹木にまで誘引している
本当ならピエールオジェの左側にコンラッドフェルディナンドマイヤーが咲くはずだったが今年はブラインドで涙を飲んだ。。
マダムピエールオジェはポールから立ち上がって途中で90度曲げて(実際には曲線だが)誘引している


c0365716_20033549.jpg
マダムピエールオジェは白に近いシルバーピンク
花弁に日が当たった部分は頬を染めたように濃いピンク色に染まる珍しい薔薇だ


ここは上にアイスバーグが有るので日があまり当たらない半日陰
日が当たりすぎない方がこのバラの魅力を堪能出来ると見た事有るが確かに半日陰の方が美しく咲いているように思う
ただ花付きはボチボチ、やはり日当たりには敵わない
c0365716_20025728.jpg

オールドだがブルボンなので耐病性はまあまあというところ、うどん粉にはわりとなりやすい
c0365716_20031691.jpg

直立性の柔らかいシュートを持ちステムも短い
我が家ではここ数年でやっと樹勢が付いてきた感じだがアーチで使うのにも向いているだろう
四季咲きと紹介されることもあるが返り咲きで夏までは返り咲くが秋は殆ど開花しないタイプの薔薇
c0365716_20024977.jpg

ブログを見返すとこの薔薇を迎えたのはもう6年も前の事だった
c0365716_20030393.jpg
当時カップ咲きの薔薇を知ったばかりの僕はカップ咲きの薔薇に夢中だった
そんな僕の前に現れた(見つけた)がシルバーピンクに頬を染めたように色付くなんとも可愛らしい夢のようなこの薔薇だった
当時の僕にはまさにドンピシャに好みの薔薇だった

c0365716_20031245.jpg
当時この薔薇を見つけた時はどうしても手に入れたくて恵庭市のえこりん村の花の牧場まで探しに行ったのを覚えている
今となればネットで購入する事の方が多いが当時はまだ車を走らせて自分の目で見た株を購入する事の方が多かった



c0365716_20030867.jpg
花の牧場にマダムピエールオジェは僕を待っていたかのように(待ってない)1株だけあった
そしてその横にはレーヌヴィクトリアが!どうするつきいろ!どうするんだ!?
せっかく恵庭市まで来たんだから2株連れて帰っちゃえばいいじゃないか、と悪魔の囁き
実はこの時点で既に今とは違うタイプの沢山の薔薇を所有していた
そして今と変わらず植える場所は後から考えればいいさぁ~と両手に薔薇を抱えてホクホク帰っていた来たのだった



そして今はというと
c0365716_20035288.jpg
マダムピエールオジェもレーヌヴィクトリアも良いバラだが何故だか2株は寄せ植えしてあり
マダムピエールオジェの方を優遇して植えたのでレーヌヴィクトリアの方はあまり伸びてない
下は一輪だけ顔を見せたレーヌヴィクトリア

c0365716_20034638.jpg
当時の僕らはまだ若かった(いや六年前・・マダムピエールオジェはマダムだし百数十歳)
迎えてからは形の良いカップ咲きと繊細な花色にとても感動しマダムピエールオジェに満足していた
しかし少し経つと当時の僕にはちょっと小さめの花だと感じるようになった
それに可愛らしい薔薇だが大人の魅力には欠け、物足りない気がしてしまった・・・

今現在はと言うとあんなに愛したマダムピエールと僕は別れ彼女は今コンラッドフェルディナンドマイヤーと付き合っている

・・・あ、なんだか話の主旨がおかしな方向に(笑)


c0365716_20024329.jpg
まあ迎えた当時は少し花が小さく感じたがイングリッシュのように大きな中輪ではなく普通に中輪サイズの薔薇だ
栽培が長くなるとまた好みや許容範囲が変わってくる、今はまたこのサイズ感も良いと思っている



早咲き種で他の薔薇はあまり開花してないがこの時期はゆっくりと開花が楽しめる良い時期だ
c0365716_20023709.jpg


ダマスクの薔薇らしい香りと共に開花する美しいマダムピエールオジェ
よく伸びたので来年は違う使い方にしようかと思っている
c0365716_20022947.jpg
来年も恥じらうように頬を染める姿を見られるのが楽しみな薔薇




記事をご覧下さり有難うございました
お帰りの際はバナーを押して頂けると記事を更新する励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたします。

 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
# by tsukiiro2613 | 2017-12-14 21:07 | マダムピエールオジェ | Comments(5)

The King of the Elves



今日の紹介はロードリーオベロン
1983年に作出されたER(イングリッシュローズ)
今となっては廃盤の品種、しかし最近はカタログ落ちする品種が多く
これまで人気品種だと思っていた品種もカタログから姿を消し少し戸惑っている
c0365716_15224574.jpg

ロードリー・オベロンはウィリアム・シェイクスピアの戯曲夏の夜の夢の登場人物で妖精王として登場する

我が家でのオベロンはというと最初は地植えしていたが鳴かず飛ばずでヘナヘナの花を咲かせ植栽場所が合わなかったのかと鉢上げした
鉢上げしたのが功を奏したか昨年辺りからやっと充実した花を見られるようになってきた

c0365716_15233784.jpg
花は充実すると花弁の先にはランダムな切れ込みが入る
淡い色合いに非常に繊細な花弁を持つ薔薇

c0365716_15225278.jpg
本年中はよく成長したが一番花はブラインドが多く株の全景は無い
挿し木の株が成長してきておりそちらの株の方が良い花が上がった

c0365716_15223968.jpg



繊細な花弁と何とも言えない淡く美しい色合いは格別のものがある
c0365716_18052854.jpg
しかしそれ故に花弁は日差しや雨で傷みやすくどの道株が充実しても地植えにはあまり向かない薔薇だと僕は思う
色の淡い花は鉢を日陰に移すのが遅くなって傷んでしまったが鉢で育てていると強い日差しを避ける事が出来る利点が有る
c0365716_15230193.jpg




昨年から比べると今ひとつ充実しかたが足りない開花が多い気がするがブラインドしたのと関係があるのだろう

c0365716_15235186.jpg


耐病性は思ったほど悪く無い、他の普通のERと大差ない印象
香りはあまり強くないが上品な香りが漂う
c0365716_15234360.jpg

これは挿し木の鉢の花だが今年は挿し木の方が良い花が咲いていた
c0365716_15241532.jpg


ロードリーオベロンは充実して咲いている花と充実の足りない花の区別がはっきりしていて
充実しない花は下のように花弁の切り込みが無く花弁数は少なめ
c0365716_15232555.jpg


こうして見るととても美しい開花だが正直こう咲くと誰だか判らなくなってしまう
夏秋共に花数は少ない、そしてどちらの季節も花弁の切れ込みの無い花が咲く
c0365716_15233197.jpg


日差しを浴びるロードリーオベロン
c0365716_15230774.jpg


僕はこのシルキーピンクとかパウダーピンクと言われる淡いピンクと白の何とも言えない優しい色合いのグラデーションで尚且つ花弁が非常に繊細な薔薇が好きだ、人間に例えると清楚なお嬢様的な薔薇だろうか(笑)・・・男性の名前だけど。。
c0365716_18053772.jpg
c0365716_18053306.jpg
こういう薔薇に限って花弁が傷みやすくなかなか庭では使いにくいのが欠点でもある
ただファンタンラトゥールやデュセスダングレームなどは花弁が繊細でも酷く傷みやすいという事は無い、オベロンの場所には今はファンタンラトゥールを植栽している
勿論オールドの方がERよりも花弁が傷まないという簡単な結論ではなく品種によりけりだろう


c0365716_15232010.jpg
ロードリーオベロンの事を書いているブロガーの記事を少し調べてみたが、画像検索ではそれなりにヒットし沢山咲かせている人が多く感じるがよくよく見てみると上手く育っているなと思ったのは全体の二件くらい、他に京成バラ園に大株が有ったようだが今でも有るのだろうか?
ヒットする件数はもちろん少ないが元々認知度の低いバラであった事だけでなく、やはり何処でも手放しで上手く育つわけでは無いのだろう、それがオベロンの廃盤の理由だと僕は思っている
たまたま株の出来と環境がオベロンにマッチした場合によく育ったのだろうと推測している
調べた中に花もちが凄く良いと書いた記事を見つけた、記事に書いてあったのはちょっと大袈裟だと思ったが確かに他のERと比べると花もちは良いように思う、数日して見てみるとアレ?まだ散らない??そしてまた次見た時にも散ってない、おそらく持ち堪えられる花は一週間くらいは花が咲いた状態をキープ出来ている、花弁が繊細なのに花もちが良い珍しい薔薇だ
c0365716_15241021.jpg
非常に美しい妖精王ロードリーオベロン、来年の開花も楽しみにしている



記事をご覧下さり有難うございました
お帰りの際はバナーを押して頂けると記事を更新する励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたします。

 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
# by tsukiiro2613 | 2017-12-12 22:25 | ロードリーオベロン | Comments(0)

薔薇のオーナメント





クリスマスまであと半月、街がクリスマスムードで賑やかになってきた

今日の紹介はチャールズ レニー マッキントッシュ1988年作出のイングリッシュローズ
c0365716_09024365.jpg

小さなシュラブで樹高は1m程度
こういう薔薇を見ているとコンパクトなシュラブというのはよく解る
クイーンオブスウェーデンなんかはシュラブと言われてもン?と最初は不思議に思うがチャールズの場合は
枝張りが柔らかく華奢なステムに項垂れがちに開花する様はシュラブそのものだろう

今回のチャールズレニーマッキントッシュで今回植え替えした一画の薔薇は全て
ちなみにチャールズは小さいので鉢上げして我が家に有る


c0365716_19285471.jpg
もう一度植栽位置をおさらいしておこう、チャールズは手前のチャと書いた場所
他にイングリッシュヘリテージ、ガートルードジェキル、クイーンオブスウェーデンと紹介してきた
この一画の四株は今は全て違う薔薇が植えてある


チャールズレニーマッキントッシュはER(イングリッシュローズ)には珍しいライラックピンクの薔薇
他にシスターエリザベスやライラックローズなんかもライラックピンク色のイングリッシュだ、ライラックローズは廃盤だったかな
c0365716_09020899.jpg

よく咲くが咲きすぎると言われる程は咲いてない
土の問題と半日陰に植栽しているせいもあるだろうか
前半は雨が多くグッタリ項垂れっぱなし、手でこちらを向けている花以外は全てグッタリ
c0365716_09021376.jpg


決して整っている方の花では無いが魅力的な開花である
c0365716_09022058.jpg


c0365716_09024750.jpg

どの花もコロンコロンでこんなツリーのオーナメントが有ればバラ好きは心躍るかもしれない(笑)
c0365716_09023618.jpg


この記事では藤色に近く見えるが実際にはもう少しピンク色のバラの印象が強いだろう
実際の開花期でもピンク色の強く出る花も咲くしライラックピンクが強い開花も有る、開花序盤はピンク色に近い事が多い
他のピンク色のバラに比べると明らかに紫色を帯びているのは確かだ
c0365716_09020158.jpg


香りは残念ながら僕には感じられないが中香とのこと
耐病性は普通、昔耐病性は普通ってなんだ?と不思議に思ったが
今となっては僕もこの言葉を使いたくなる
僕の基準としては大まかに言うと

とても強い=何もしなくても病気にならない
強い=環境が悪いと病気になることが有るが病気より樹勢が勝るのであまり気にならない
弱い=薬剤散布などの手を抜くと病気になる、放っておくと弱る
特に弱い=シーズン中には何をしてもだいたい必ず病気になるので薬剤の計画散布が必要、最悪枝枯れが起り終いに株が枯れる

普通はこの中間に当たり、薬剤散布をしなければ病気になる事が多いが環境が良ければ病気にならない
薬剤を使わず病気になってもその時は弱るが株自体が弱って枯れるような事はほぼ無い、が僕にとっての普通だ

栽培を始めたとき、耐病性普通というのは理解不能だった
しかし薔薇の世界ではまず病気になること自体が普通だと後で知ることになる、ただこの耐病性基準には品種自体の樹勢も大いに関係しており、病気になっても樹勢が有れば生育を阻害される事をカバー出来るし樹勢が無ければ最終的に光合成が出来ず弱ってゆく
そして栽培者の対策の仕方によっても株の成長は大きく異なると予想する、病気になっても大丈夫だからとそのままにしておけば株の成長は病気に阻害されながらもゆっくりと進んでゆく、薬剤で病気を防いでおけば成長を邪魔されず伸びてゆく事だろう(植栽場所の土や日当たりは別の話で)

今では海外なんかは無農薬で栽培できる事が品種を発表する条件のようになってきているが日本では意識はしているもののまだまだ薔薇が病気になる事は普通の世界のまま抜け出していないだろう

c0365716_08540470.jpg



チャールズレニーマッキントッシュはわりと咲いていたが景観として目立つ事はなかった
しかし気に入っていたのでそのまま植栽していても良かったのだがどうせ土を入れ替えるのならと掘り上げることにした
コンパクトな株なゆえに鉢植えで育てられることも多い、僕もこれからは鉢植えで楽しむことにした
c0365716_08535893.jpg

最後は色が淡くなり褪色したチャールズで
c0365716_09022672.jpg

記事をご覧下さり有難うございました
お帰りの際はバナーを押して頂けると記事を更新する励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたします。

 ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
# by tsukiiro2613 | 2017-12-10 11:39 | チャールズレニーマッキントッシュ | Comments(6)

時間を戻せるのなら






時間が戻せればいいのに

c0365716_20235748.jpg
そんな事を思った事はありませんか?
良かったあの頃に
撮り溜めた写真を見て夢のようなあの頃を思い出す
しかしそれは本当に夢だったのでは?と今となっては思ってしまう




庭にはまた雪が降り積もった20cm以上
c0365716_20231924.jpg
12月も末になるとどんどん降り積もってくるがさすがにこの時期には早すぎる積雪
これから沢山降ってくるというのに今の時点でこの積雪だと先行きが不安だ


前回紹介した12月6日の庭
c0365716_16153346.jpg
そして12月8日の庭
1日2日晴れたと思ったらドカッと雪が降ってくるのが最近のパターンになっている
明るいが実は夜の写真
そろそろ囲いが雪で上まで埋もれそう
c0365716_20232502.jpg

9日の今日は晴れていたので良い被写体が無いか庭に探しに行ってみた
大した物は無かったが小さなツララ
c0365716_20235113.jpg

すっかり生気のある植物の葉を見ることが出来なくなったが雪があまりかからない場所でコモンセージが少し顔を出していた
c0365716_20240004.jpg

よく見るとモコモコの葉
久しぶりにハーブの香りに癒された
c0365716_20234781.jpg


これだけでは少し寂しいので記事に使おうと思って忘れていた写真を一緒に紹介
c0365716_20242771.jpg
後ろのホスタとのコラボが良い感じのジャクリーヌデュプレ



そして木漏れ日に咲くデュセスダングレーム
c0365716_20234085.jpg


今回はどんな越冬になるだろうか、冬はまだまだ続く
c0365716_21241310.jpg
そしてまた時間は進んでゆく



記事をご覧下さり有難うございました
お帰りの際はバナーを押して頂けると記事を更新する励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたします。

 ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
# by tsukiiro2613 | 2017-12-09 21:59 | 2017年の庭 | Comments(4)