カテゴリ:レーヌデヴィオレット( 2 )

レーヌデヴィオレットの自立型誘引



レーヌ デ ヴィオレット 1860年フランスの薔薇

c0365716_19034750.jpg


春の記事で村田氏の自立型誘因について紹介した、覚えている方もいらっしゃるだろうか?
枝が柔らかく伸び方が中途半端(ショートクライマーくらい)で
小~中輪サイズの花の薔薇を省スペースで収める事が出来る誘引法として紹介されていた
そこで白羽の矢が立ったのがまさにそれ、レーヌデヴィオレットだった
下はそれを施した写真(汚くてすみません)
c0365716_12365354.jpg
後に一番上のシュートは更に引き下げたがそれぞれのシュートを斜めしたから真下に引き下げて誘引してみた
引っ張って下げられない短いシュートは上向きになるので養分が逃げないように切り取ってしまった


しかし何のその、それを無視するかのように中の方からどんどんステムが上がってきた。大汗
c0365716_19033232.jpg

しかしちゃんとシュートの先、一番下の方まで蕾が上がってきた
成功かと思いきやイジっている最中や管理の際に引っ掛けて芽を飛ばしてしまった・・・涙
先に蕾が付いているのに途中には葉も蕾も無い。汗
シュートを下に向けても蕾は上がるもののやはり一輪咲きになるようだ
c0365716_19034229.jpg

下はある程度開花した様子
よく見えないが後で沢山吹いたステムが上部に固まっている
上部は房咲きが多く養分が貯まるので蕾が集中して付いている
c0365716_19025277.jpg
今回の反省点はまず使うシュートが少なかった事、これは株の充実と共に解決出来ると思う
もっと密に枝を配置できなければ全く見応えが無い
誘引する際などその後に芽を無くしてしまった事、これは自分のせい(笑)
レーヌデヴィオレットは花はわりと短命な上に早咲き
早咲きの開花の頃は雨風が一週間続き
花が通常より早く傷んだり吹き飛ばされたりばかりで余計見ごたえが無くなってしまった・・・残念。
今回手応えは有ったので株が順調に育てば来年は更に良くなるだろう
c0365716_19031256.jpg

さて、株はもう少しだが花はこれまでになく充実したので
美しく咲く菫色の女王を紹介
c0365716_19031687.jpg


花弁がかなり多い花で若干ボタンアイ気味
c0365716_19023030.jpg

今年は開花期の気温が低めなせいか色が安定して濃く良い感じだ

c0365716_19023662.jpg


花弁の裏はシルバー、オールドにはこのリバーシブルが多いように思う

c0365716_19024387.jpg

花は充実して8~10cmは有るだろうか意外に大きめだが
迎えて始めての花は見た目よりも小さく感じる花が多く
せんべい咲きで淡い色合いで咲いたと思ったら暑さであっという間にバサっと散ったのだった
うっ、これは要らないかもと思ってしまった薔薇だった

アホなことばかり書いているがコチラも見ていただけたら花の充実具合が判ると思います
2014年のヴィオレット
もしかしたら昔の記事を見ても判りにくい方も居るかと思うが存在感が全然違う
c0365716_19020051.jpg

我が家ではこのレーヌデヴィオレットのように濃くも薄くも無い紫色の花はこれしか無いのでちょっと貴重だ
香りはほんのり良い香りがする程度
レーヌデヴィオレットは返り咲きとあるが夏頃まで少し咲くかなという程度であまり期待しない方が良いだろう
c0365716_19014004.jpg

今回は自立型誘引に使える品種として紹介したが
この自立型誘引というのは細い枝の小~中輪ならどれでも出来るかと言えばそうでは無いようだ
基本的には一季咲きの枝を切り詰めると咲かない品種に有効な手段
しかしどの品種がそれに向いているかは判らない、他にスヴニールドゥドクトールジャメインなんかも出来るようだ
咲いて重みで垂れ下がって咲く事は有るが最初に下げて誘引して咲くのとは大きな違いがある
オールドに有効なものは結構有りそうだがERなんかだと殆ど出来ないだろう
しかし見ていて出来そうな品種も有るので来年辺りちょっと試してみようかと思う
失敗したとしても途中からステムが出るのでリスクは殆ど無いのが良いところだ
c0365716_19013438.jpg

レーヌデヴィオレットはまだ開花を続けているがもうそろそろ終わり頃
ほぼ一季咲きなので最後の花までゆっくり楽しみたいと思う
c0365716_19034750.jpg

先週は雨風が強く酷かったが、今週に入って天候は安定
気温も20度台前半と開花には最適だったが
今日になって急変、まとまった雨が降ったかと思ったらまたもや強風
かなりの花が吹き飛ばされたり傷んだり最悪だ
どうやら明日も雨らしい・・・
しかも来週は最盛期だと思われるが出張(涙)
今年は天候が慌ただしく変わるが僕も忙しい、最後までゆっくり見れるといいのだけど・・・


記事をご覧くださり有難うございました
お帰りの際はバナーを押して頂けると記事を書く励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたします
 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by tsukiiro2613 | 2016-06-25 21:34 | レーヌデヴィオレット | Comments(12)

菫色の女王 



今日は菫色の女王 Reine des Violettesの紹介

作出1860年 フランス




c0365716_17472733.jpg

トゲが殆ど無い枝で扱いやすく、ライトグリーンの葉がORらしい
よく記載されているのを目にするが、非常に色の移り変わりの激しい薔薇で
紫色を帯びたピンクから上の花のような紫色の花まで、紫色の色合いの中で移ろい多彩な顔を持つまさに菫色の女王である
まあ色彩で菫色と言えば一色なのだろうが・・

c0365716_17460607.jpg

色の移り変わりは褪色して最後は紫というわけではないようで、その花によって変わる
淡い紫色で終わる事もある
実はもっと淡い紫色になる時も有るのだが、自分の好みの色の花ばかり撮影していたようで
後で確認したら似たような花色の写真ばかりが残っていた(汗)


c0365716_17460067.jpg



系統はハイブリッドパーペチュアルだが花の形がガリカローズを彷彿させる、と勝手に思っている(笑)
ハイブリッドパーペチュアルを育てていると言う感覚よりも、一季咲きの古いオールドを育てている感覚になる薔薇だ



c0365716_17462666.jpg


花経は我が家では6センチ~8センチ程、殆どの花が8センチ程度だと思う
香りは強香と中香と両方記載されているが、鼻に近づけて嗅ぐと香る程度の香りだと思う


c0365716_17461292.jpg


この薔薇は完全な衝動買いのバラで、珍しくH・Cでオールドの新苗が沢山販売されていて
しかもこの辺では珍しい品種がチラホラ入っていたのでツイ連れ帰ってしまった品種だった

c0365716_17463307.jpg


栽培してすぐに花が咲いたがチンチクリンの花だったのですぐに摘み取ってポイっと捨ててしまった
翌年(昨年)はちゃんと開花がしたがせんべいのような花を見てガクっと来た
何故なら僕はカップの深いバラが好きだったからだ
しかし、見ているとこの薔薇はなかなか面白い

c0365716_17463881.jpg

ここはよく日が当たるが、よく見えない場所だ
残念ながら写真を上手く撮すことが出来ない。汗
現在1.5m程度で枝が柔らかいので支柱に縛って立たせているが、もう少し背丈を伸ばすとよく見えるだろう
主庭の中ではかなり早咲きの部類、庭の薔薇が賑やかになる頃には終を迎える
c0365716_17465282.jpg


この薔薇は開きかけの蕾が非常に愛らしい
外側の白っぽくて内側のこの絶妙な色合いがたまらない
c0365716_17473926.jpg


派手な巨大輪に疲れたらこんな薔薇も良いと思う
色は派手なようだが非常に落つていてあっさりしている

c0365716_17473311.jpg


開いた花の横に見える小さな小さな蕾からこんなに大きな花になる
c0365716_17465903.jpg


個人的にはこんな感じの色合いで全ての花が咲いてくれても良いのだが実際はもっと淡い紫色の花が多い

c0365716_17464544.jpg


どちらかと言うと日が当たる花よりも影の花の方が花色が濃く出ていたように思う
c0365716_17470566.jpg

確か返り咲き品種だったと思うが、夏には少し返り咲くが秋にはまだ咲いてない
c0365716_17471101.jpg
レーヌデヴィオレット、年を追う毎にどんな開花を見せるか楽しみな薔薇だ
c0365716_17471832.jpg

記事を最後までご覧くださり有難うございました
お帰りの際はバナーを押してくださると嬉しいです
記事を書く励みになりますのでどうぞよろしくお願いいたします。




 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by tsukiiro2613 | 2015-07-05 20:24 | レーヌデヴィオレット | Comments(6)