カテゴリ:マダムピエールオジェ( 3 )

それは恋のような



今日の紹介はマダム ピエール オジェ
1876年作出 ブルボン系のオールドローズ
c0365716_20030393.jpg

マダムピエールオジェの植栽場所
下の画像では判りにくいかもしれないがブログ名を入れた場所の右側、小ぶりなコロンとした薔薇
c0365716_20044728.jpg
本当はポールの下に植栽しておりポール仕立てにするつもりだったが今はつるアイスバーグがその場所を占拠し
それだけでは物足りず横の樹木にまで誘引している
本当ならピエールオジェの左側にコンラッドフェルディナンドマイヤーが咲くはずだったが今年はブラインドで涙を飲んだ。。
マダムピエールオジェはポールから立ち上がって途中で90度曲げて(実際には曲線だが)誘引している


c0365716_20033549.jpg
マダムピエールオジェは白に近いシルバーピンク
花弁に日が当たった部分は頬を染めたように濃いピンク色に染まる珍しい薔薇だ


ここは上にアイスバーグが有るので日があまり当たらない半日陰
日が当たりすぎない方がこのバラの魅力を堪能出来ると見た事有るが確かに半日陰の方が美しく咲いているように思う
ただ花付きはボチボチ、やはり日当たりには敵わない
c0365716_20025728.jpg

オールドだがブルボンなので耐病性はまあまあというところ、うどん粉にはわりとなりやすい
c0365716_20031691.jpg

直立性の柔らかいシュートを持ちステムも短い
我が家ではここ数年でやっと樹勢が付いてきた感じだがアーチで使うのにも向いているだろう
四季咲きと紹介されることもあるが返り咲きで夏までは返り咲くが秋は殆ど開花しないタイプの薔薇
c0365716_20024977.jpg

ブログを見返すとこの薔薇を迎えたのはもう6年も前の事だった
c0365716_20030393.jpg
当時カップ咲きの薔薇を知ったばかりの僕はカップ咲きの薔薇に夢中だった
そんな僕の前に現れた(見つけた)がシルバーピンクに頬を染めたように色付くなんとも可愛らしい夢のようなこの薔薇だった
当時の僕にはまさにドンピシャに好みの薔薇だった

c0365716_20031245.jpg
当時この薔薇を見つけた時はどうしても手に入れたくて恵庭市のえこりん村の花の牧場まで探しに行ったのを覚えている
今となればネットで購入する事の方が多いが当時はまだ車を走らせて自分の目で見た株を購入する事の方が多かった



c0365716_20030867.jpg
花の牧場にマダムピエールオジェは僕を待っていたかのように(待ってない)1株だけあった
そしてその横にはレーヌヴィクトリアが!どうするつきいろ!どうするんだ!?
せっかく恵庭市まで来たんだから2株連れて帰っちゃえばいいじゃないか、と悪魔の囁き
実はこの時点で既に今とは違うタイプの沢山の薔薇を所有していた
そして今と変わらず植える場所は後から考えればいいさぁ~と両手に薔薇を抱えてホクホク帰っていた来たのだった



そして今はというと
c0365716_20035288.jpg
マダムピエールオジェもレーヌヴィクトリアも良いバラだが何故だか2株は寄せ植えしてあり
マダムピエールオジェの方を優遇して植えたのでレーヌヴィクトリアの方はあまり伸びてない
下は一輪だけ顔を見せたレーヌヴィクトリア

c0365716_20034638.jpg
当時の僕らはまだ若かった(いや六年前・・マダムピエールオジェはマダムだし百数十歳)
迎えてからは形の良いカップ咲きと繊細な花色にとても感動しマダムピエールオジェに満足していた
しかし少し経つと当時の僕にはちょっと小さめの花だと感じるようになった
それに可愛らしい薔薇だが大人の魅力には欠け、物足りない気がしてしまった・・・

今現在はと言うとあんなに愛したマダムピエールと僕は別れ彼女は今コンラッドフェルディナンドマイヤーと付き合っている

・・・あ、なんだか話の主旨がおかしな方向に(笑)


c0365716_20024329.jpg
まあ迎えた当時は少し花が小さく感じたがイングリッシュのように大きな中輪ではなく普通に中輪サイズの薔薇だ
栽培が長くなるとまた好みや許容範囲が変わってくる、今はまたこのサイズ感も良いと思っている



早咲き種で他の薔薇はあまり開花してないがこの時期はゆっくりと開花が楽しめる良い時期だ
c0365716_20023709.jpg


ダマスクの薔薇らしい香りと共に開花する美しいマダムピエールオジェ
よく伸びたので来年は違う使い方にしようかと思っている
c0365716_20022947.jpg
来年も恥じらうように頬を染める姿を見られるのが楽しみな薔薇




記事をご覧下さり有難うございました
お帰りの際はバナーを押して頂けると記事を更新する励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたします。

 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by tsukiiro2613 | 2017-12-14 21:07 | マダムピエールオジェ | Comments(7)

the etarnal triangle



The etarnal triangle

c0365716_20472896.jpg

下の写真はコンラッド フェルディナンド マイヤー
1899年ドイツの薔薇
コンラッド(コンラート)フェルディナンド マイヤーはスイスの作家・詩人
c0365716_20475970.jpg

ハイブリッドルゴサの薔薇でルゴサはハマナスの事でその交配種がハイブリッドルゴサ
コンラッドはティーローズの交配である為その特有の耐病性が無くなったと書かれていた。汗
無くなったとはちょっと言い過ぎかと思うが、強健ではあるが耐病性は少し弱くなっているようだ

ティーローズが交配されただけあってキリっとした高芯咲きで男前のコンラッド
(前に高芯咲きが他にないと書いたがよく考えるとポンパとエモーションが有った。汗)
c0365716_20475640.jpg


男前のコンラッドフェルディナンドマイヤー
我が家のはちょっと調子が良くない、昨年は三輪程度、今年はその倍はあったと思ったが・・・
しかし今年の開花は男前で美しかった、ピンクの色温度もなかなか好きな色合い
c0365716_20475223.jpg

コンラッドに想いを寄せるのがこのピエールオジェ(あえてmmeは付けず(笑))
この薔薇はどう見ても(僕からみて)乙女な薔薇である
可愛らしいコロンコロンのシルバーピンク
自身が輝くような淡いピンク色、その清らかな色合いに赤く頬を染める薔薇
c0365716_20474822.jpg

ブルボンのオールドローズだが直立性のシュラブでよく伸びるようだが
こちらも我が家ではわりと緩慢な成長を見せていた、樹高は1.2m~程度だっただろうか
しかし昨年あたりからシュートをよく伸ばすようになってきた
よく伸びたシュートを少ないが横に這わせてコンラッドとコラボしてみることにした
c0365716_20474185.jpg

憧れのイケ面コンラッドとのコラボで頬を染めるピエールオジェ、なんて愛らしい(笑)
c0365716_20473867.jpg

しかしそれが面白くない薔薇が居た
同じブルボンの薔薇、ライラックピンクの美しい女王ヴィクトリア
実はピエールオジェはラレーヌヴィクトリアの枝変わり、同じ容姿の色違いの薔薇なのだ
この薔薇もコンラッドに想いを寄せコラボを楽しみにしていた
c0365716_20473336.jpg
ピエールオジェとラレーヌヴィクトリアは寄せ植えにしてあり
よく伸びたピエールオジェに対してあまり伸びなかったヴィクトリアは薄暗い半日陰に置いてけぼり
ヴィクトリアは嫉妬に狂った
あんな小娘にこの私が劣っているはずがない!私は女王!!
あんな小娘始末しておしまい!!
c0365716_20472896.jpg

正気を失ったヴィクトリアの呪いで毒(雨粒)が花弁を痛めつける
しかし皮肉にもピエールオジェではなく先にコンラッドがヴィクトリアの毒牙にかかり少ない花に終を告げてしまった。。。
c0365716_20472466.jpg

驚くピエールオジェ
何度もコンラッドを呼んでみるがコンラッドがその呼び声に応える事は無かった。
c0365716_20472031.jpg


思惑は外れたが失意のピエールオジェを見て高笑いする女王
c0365716_20471612.jpg

そして笑いすぎて咳き込む
怒りに任せて毒を降らせたがその毒は自身にも降りかかっている事に今頃気がついたのだった
c0365716_20471293.jpg

項垂れるピエールオジェ・・・よく見たら左にコンラッドの亡霊が。大汗
c0365716_20470820.jpg

あまりにバカバカしくて自分で笑ってしまったがおふざけは良いとして
僕はマダムピエールオジェが欲しくて苗を見に行ったが
迎える時どうせならとラレーヌヴィクトリアも見たいと迎えることにした
ポール仕立てにしようと思ったが北海道では思ったほど伸びず新しいシュートの先は枯れ込んでしまった

この薔薇ではポールを埋める事は出来ないとツルアイスバーグを引っ張ってきて誘引していた
そうするとそのうちに長いシュートを伸ばし始めた
長く伸びたシュートを早めにピンチをしたり対策をしていたら越冬するようになった
半日陰なので樹勢は強くないものの今年も長いシュートを出してきている

c0365716_20410131.jpg

カップ咲きが好きだった僕はこの色合いと花弁が少しピンク色に染まる所が気に入ってピエールオジェを迎えた
僕が思っていたよりも小さな花で6~7cm程度イングリッシュのような大きなカップ10cm程度と比べると見劣りする気もするが
この薔薇の色合いと愛らしさは他に無い
ヴィクトリアもライラックピンクのカップは愛らしいが大人色の薔薇
ピエールオジェもヴィクトリアもどちらも女性が好きそうな乙女な薔薇という印象が強い
ブルボンやHPは古いオールドと違ってうどん粉になる事が多いが苗の内に極端に弱らせず樹勢をつければ
後は病気になってもそれ程心配する事は無いだろう
c0365716_20405844.jpg

ピエールオジェとヴィクトリアとコンラッド、どれも我が家での花付きはイマイチだが
良い場所で育てれば沢山咲く薔薇なはずである
我が家ではどれもゆっくりだが着実に成長している
コンラッドは違う問題も有りそうだがちょっと実験していて、上手くいけばそれを克服できるかもしれない
初年度三輪が今年六輪、では来年は9輪か?いや12輪か(汗)いやもっと咲くはず
c0365716_20405465.jpg

長く伸びたシュートを誘引しているピエール本体は写真のずっと奥の方、ピンクの濃いのがラレーヌヴィクトリア
実は本体の方は今別の薔薇が前に茂っていて上手く撮影出来ない。汗
c0365716_20403774.jpg
The etarnal triangle
恋のライバル ピエールオジェとヴィクトリア
そしてイケ面のコンラッド、この恋の三角関係
来年はどんな結果になるか楽しみしている(笑)

c0365716_20404128.jpg

記事をご覧くださり有難うございました
お帰りの際はバナーを押して頂けると記事を書く励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたします。



 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by tsukiiro2613 | 2016-08-26 22:55 | マダムピエールオジェ | Comments(4)

マダム ピエール オジェ



マダム ピエール オジェ
 1878年作出ブルボンの薔薇、コロンとしたカップ咲きの花が愛らしいORとしては有名な薔薇だろう

c0365716_11164929.jpg

蕾の状態からもうまん丸だ

c0365716_11153593.jpg



白、またはシルバーピンクとも呼ばれる色合い
薔薇自身が光っているかのような色が魅力的だ

c0365716_11152340.jpg


花経は6~7センチ程、いや開くともう少し大きいかな?でも花弁が反り返らないので見た目に小さく感じる

c0365716_11154350.jpg


香りは典型的なローズ香で強くは香ってないがよく香る

c0365716_11154868.jpg


何とも清楚な花
蕾の内の濃いピンク色はそのまま残るが
花弁の中は白っぽいピンク、シルバーピンクと呼ばれる色合い

c0365716_11152777.jpg


花弁が光を浴びると白っぽい花弁はピンク色に染まる
この薔薇の最大の特徴だろう
ただ今年は曇り空が多くあまり色が出てないが、どの道綺麗にピンク色に染まるのはなかなか難しい

c0365716_11155393.jpg

朝日を浴びるマダムピエールオジェ

c0365716_11161189.jpg

あまり日の当たらない場所なので花付きはそれなりだが、ちゃんと開花してくれる優秀な薔薇だ

c0365716_11161501.jpg

最近たまたまこの薔薇にソックリな薔薇を見つけた

エアシャースプレンデンス

詳細がよく判らないが小輪咲きの原種のようだ、伸びすぎないランブラーのようにも使えると見た
花弁が少なく、マダムピエールが中輪なのに対しエアシャーは小輪だが
色の感じとカップ咲きの感じが似ている
それとマダムピエールはあまりトゲが無いが、エアシャーは鋭いトゲがそれなりに付いているようだ
ERのミルラ香はベルイシスからコンスタンススプライに受け継いだものらしいが
一番最初のミルラ香の薔薇はエアシャースプレンデンスだろうとD・A氏が言っていたんだとか
しかし香りがあまり感じられないとの記載もあり定かではない。汗

c0365716_11162425.jpg


実は伸びると思ってポールを傍に立て込んだのだが
思ったほど伸びずポールに縛り付けるのみの冬囲いをしたら、枝先が少しだけ凍害に遭っていた


c0365716_11162934.jpg

この薔薇がここでは伸びない事が判ったので、ずっと奥からつるアイスバーグのつるを引っ張ってきた
マダムピエールの上にぐるぐる巻きにしてある
この事により更に日陰になってしまったので、マダムピエールはいつもよりも手前に枝垂れさせた
写真でマダムピエールオジェが何処か判りにくいと思うが、品種名を記載した上の花がマダムピエールオジェ

c0365716_11163497.jpg

角度を変えるとこんな感じ
こちら側の低い日差ししかマダムピエールには日が当たらない
つるアイスバーグはまた追って紹介するが、横のシャラの木の奥に根元がある(笑)


c0365716_11164067.jpg

今現在はマダムピエールは2m近くまで成長し二番花の蕾が出来ている
そしてつるアイスバーグは誘引を解いてまた木の奥に戻してある・・トゲは少ないものの結構大変だった。汗

c0365716_11164593.jpg


我が家はここをカバーしてくれればそれで良いのだが
良い場所で育てれば大株になり花付きも良いのだろう
c0365716_22013553.jpg

マダムピエールオジェ、コロンとしたカップ咲きの愛らしい薔薇来年も楽しみにしている・・取り敢えず二番花か(笑)
c0365716_11164929.jpg



記事にお付き合い頂き有難うございました
お帰りの際はバナーを押してくださると嬉しいです
記事を書く励みになりますので宜しくお願いいたします。




 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by tsukiiro2613 | 2015-07-14 21:06 | マダムピエールオジェ | Comments(9)