カテゴリ:ジェントルハーマイオニー( 2 )

ハーマイオニーの心変わり



ジェントル ハーマイオニー
2005年のイングリッシュローズ
c0365716_18165338.jpg

雨の中開花が始まる
雨粒を纏って美しく蕾を開くハーマイオニー
c0365716_18165084.jpg

ここまで見てジェントルハーマイオニーを知っている方なら え?色が違うんじゃないか?と思っただろう
今年はどういうわけかこんな濃いめのピンク色で開花した
c0365716_18164692.jpg

淡いピンク色で咲き終わる頃には白に近くなるハーマイオニー
今年は「私、今までの自分でいるのもう辞めたの」
と言わんばかりに違う薔薇になったかのような色合いで咲いていた
これはこれで魅力的だったが、今までの自分で居ることが嫌になったのだろうか
もしかして恋?(笑)
c0365716_18164363.jpg

僕はこの薔薇はずっとミルラを貴重としたクセのある独特な芳香だと思っていたが
D・A社の説明ではミルラを思わせる温かみのある典型的なオールドローズの濃厚な香りと有る
ええ?と思ってバラの家の香りの説明を見るとティーとフルーツ香と有る
・・・ええ!?(余計に混乱)
この薔薇の香りはハッキリと鼻の奥に残る香りが思い出せるほど香りが記憶に残っているが
はて僕は各社の説明のような香りだとは思わなかったが・・・

c0365716_18163924.jpg



下の方の花、まるでツリーの飾りのよう(笑)
c0365716_18163421.jpg



色はいつもと違うが開き始めは暫くカップを保ち愛らしい
c0365716_18163189.jpg


日差しを受けるハーマイオニー
アプリコットが少し入り優しい色合いに
c0365716_18162772.jpg

ハーマイオニーは物置の窓の下に誘引してある
数年前までよく日が当たる場所だったが今は手前の薔薇が大きくなり日があまり射さなくなった
狭くなったので写真すら上手く撮影できなくなってしまった。汗
それでも毎年ちゃんと花を咲かせてくれる
c0365716_18162340.jpg

よく見えないと思うが窓の下に誘引したハーマイオニー
今年は写ってないところに勢いの良いシュートが出てちょっと乱れてしまった
c0365716_18161967.jpg

ジェントルハーマイオニーはシャローカップ咲きとなるようだが、そんなに浅い花という印象も無い
見ているとクォーターロゼットじゃないかと思ったが
あるサイトでこの花は4つではなく5つに分かれており
星型が綺麗に出た時が一番美しいんだとか、じゃ我が家のはまだまだってことだな。汗
c0365716_18161553.jpg

やっと色が淡くなっていつものハーマイオニーに近くなってきた
c0365716_18161183.jpg

カップアンンドソーサーで咲くハーマイオニー、とても美しい

c0365716_18160740.jpg


僕はこの薔薇結構好きなんだがこの薔薇はハダニに弱い
わりと病気に強い薔薇としての紹介は多いがハダニに弱いのは判らない
ハダニは環境の要因が大きいがそれだけではなくハダニが好む品種があるように思う
今年は例年のように乾季のような時期が無いし冷夏なのでハダニそれ程でもないが
一昨年気を抜いていたらハーマイオニーはハダニで弱ってしまった
ハダニは暑く乾燥した環境で大発生する、専門薬じゃないと駆除が難しくオチオチしていると株がかなり弱るので注意が必要
しかも初期は肉眼では見えない事が多いので、目の悪い方は辛いだろう
葉がカスカスになったり葉色が変わってから気が付くことが多い、そうなるともうかなり蔓延しているのだ
c0365716_18160442.jpg

この花だとシャローカップの薔薇という感じだ
c0365716_18160007.jpg

例年ならこのくらいの色合いから開花が始まる
c0365716_18155790.jpg

開花も終盤になり咲き方が変わってくる
c0365716_18155335.jpg


もういつものハーマイオニーの色に戻ったようだ
さてはふられたな(笑)
と、撮影を終えて戻ろうとすると誰かが引き止める・・
振り返るとハーマイオニーが殆ど無い刺で僕を引き止めていた
ハーマイオニーお前もしかして、僕に・・・鯉?

痛っ!

と思ったら仕返しか(大汗)
c0365716_18154942.jpg


完全にシャローカップで咲くハーマイオニー
しかしこのタイプで咲く花はかなり稀で下の方の充実してない蕾くらいだ
c0365716_18154510.jpg

いつもの色に戻ったようだがこれまで咲き終わりに白に近くなっていた事を考えるとやはり今年は色は濃いめだったようだ
c0365716_18153355.jpg

ハーマイオニーは数日花が咲いていると思うがこの頃になるとドンドン花びらが散り始める
c0365716_18153098.jpg


散る寸前の最後の撮影 手にはギュッと握り締めたほかの花の花弁(笑)
c0365716_18152637.jpg


記事をご覧くださり有難うございました
お帰りの際はバナーを押して頂けると記事を書く励みになりますので
よろしくお願いいたします。


 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by tsukiiro2613 | 2016-07-27 20:43 | ジェントルハーマイオニー | Comments(13)

淡く優しく



本日二つ目の記事です
書けるうちに書いておこうと思います
よろしければひとつ前の記事もご覧になってくださいね

今年は初のERのです
今年最初のERはジェントルハーマイオニー2005年作出の薔薇

記事の題名にも有るように非常に淡い色合いの優しい雰囲気の薔薇
c0365716_22004502.jpg

開き始めはごく淡いアプリコット色の花
花弁の先が尖っていてそれが少し花をギザギザにした印象にさせる
照り葉のように見えるがマットな葉だ
新しい葉は明るいが基本的に暗緑色の葉を持っている

c0365716_22011440.jpg


いつも主張せず、オールド色の濃い薔薇だと思っていた
しかしオールドローズを見慣れてくると、逆にこのバラの個性をよく感じるようになった
この薔薇はERそのものだ、花の形、大きさ、香り、葉の感じ
全てがイングリッシュローズオリジナルだと感じる

c0365716_22010805.jpg

よく有りそうな薔薇かと思っていた
しかし今考えるとオールドにもイングリッシュにもどちらにも似たような薔薇は無いだろう
このバラの良さを解るまでこんなにも時間が掛かるとは自分自身思ってもみなかった。。
c0365716_22010229.jpg


かなり薄い花弁だが極端に日差しに弱いわけでもなく、雨でダメになるような事もあまり無い
c0365716_22005731.jpg


ミルラを含む香りだが、この薔薇はどのバラにも似てない独特の香りがする
これだけは好みが分かれるだろうと思うが
c0365716_22005235.jpg


最後には殆ど白に近い色合いになるが、ここまでくるといつ散るか今か今かと構えてしまうが
元々淡い色合いなので暫くこの状態でいる、でもいきなり散ってしまう(笑)
極端に散るのが早いことは無いが、花の寿命は数日だろう

c0365716_22003915.jpg

元々物置の窓の下をカバーするように誘引していた
耐病性が高く病気にはあまりならない、そして樹勢も良いので最初はあっという間に伸びたが
ハダニに非常に弱い品種で、夏ころになると樹勢を落としてしまう
今年は弱らせないようにしなければ。汗

今年はなぜこんな誘引なんだろう?と自分で首を傾げるくらい変な誘引の仕方で全景を写せなかった。汗

c0365716_22003457.jpg


開花が進むと淡いアプリコットから淡いピンク色の薔薇になる

c0365716_22001863.jpg


蕾からもう淡い色合い
c0365716_22002875.jpg


今までとは自分の好みが変わったのだろうか
c0365716_22001318.jpg

我が家では希少なかけがえのない薔薇だと今年思った
儚げで非常に美しい
c0365716_22000618.jpg

花弁の質感を例えるのは非常に難しいが、なんだろう絹のような感じと言えば良いだろうか

c0365716_21595990.jpg

一番花の最後に小さく咲いていた花
夏にも少し、秋も多くないけど咲いてくれる
D・A社のカタログによると非常に返り咲くと有るので我が家のようにハダニが付かないともっと咲くのかも知れない

c0365716_21594781.jpg

ジェントル・ハーマイオニー、毎年花が見たいと思える品種だ


記事にお付き合い頂きありがとうございました
お帰りの際はバナーを押してくださると嬉しいです
記事を書く励みになりますのでどうぞよろしくお願いします。





 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by tsukiiro2613 | 2015-07-19 22:41 | ジェントルハーマイオニー | Comments(4)