カテゴリ:ジャクリーヌデュプレ( 2 )

秋のジャクリーヌ・デュ・プレ


昨年迎えたジャクリーヌデュプレ
昨年中は鉢植えで育成させた
春の開花の後、夏に開花したが開花を確認後ほかはすぐに摘蕾、秋まで成長させ開花させた

c0365716_00015863.jpg

セミダブルでシベの特徴的な薔薇だ
c0365716_00015344.jpg



秋の花は真っ白ではなく蕾は淡いピンク
c0365716_00014833.jpg

迎えた時は4号鉢だったが8号鉢に鉢増しした、だがちょっと小さかったようだ(汗)
土の上に置いていたが結構地面に根が張っていた
出来るだけ根を切らないようにして今年は地植えに転向することにした

昨年は秋までにシュラブらしくフワッと1.2mくらいにはなっただろうか・・
殆どの枝先に数輪の房で蕾を付けたものの
咲く頃になって度重なる大粒の雨と雹で全てのステムがダルンダルンに俯いてしまった。涙

c0365716_00014407.jpg

我が家にはシベの見える薔薇も有るが
この一重に近い咲き方でこれ程までにシベが目立つバラは無いので
これからは目立つ存在になるだろう

c0365716_00012904.jpg


薬剤散布はしているものの耐病性は高いようで多少よれてはいるが秋になっても葉は綺麗だ
葉は半照り葉で濃いグリーン
c0365716_00013997.jpg

淡いピンク色で開くジャクリーヌ
先に書いたように蕾の頃までは良い感じで開花に期待していたのだが
雨の重みで枝が垂れ下がり開花しては雨や雹で花が駄目になり散々だった(ため息)
c0365716_00012484.jpg



僕はシベの花粉が無くなった状態のこの感じが一番好きだ
最初から黄色い花粉が無ければいいのにと思うくらい(笑)
c0365716_00013484.jpg



この状態になると何処からどうやって撮影するか悩んでしまう(笑)
このバラはムスクの香りがするらしいが、僕はどうもこのムスク香というのがよく判らない。(汗)
c0365716_00011808.jpg

ジャクリーヌデュプレを見て母がそれはハマナスかと聞いてきたが
ちょっとムッとして違うと答えた(笑)
まあ判らなくもないが、ルゴサと言えばハイブリッドルゴサとも言える
DAのミセスドリーンパイクなんかどんな薔薇か気になる
関係ないが最近レディソールズベリが凄く良さそうな気がする
2011年はウォラトンオールドホールに人気が集まっていたが
2010年2011年辺りはイングリッシュローズらしい花よりも
どちらかと言うとオールドローズにより近い薔薇に重点を置いているように見える
レディソールズベリやクイーンアン
ウィリアムアンドキャサリン、スーザンウィリアムアンドエリス
などなどどうも紹介写真ではあまり魅力的には見えない
しかしオールドと同じようにそのものの育ち方と合わせて見て初めて
その真価を知れるような薔薇が多いのではないかと最近になって思っている
キャリアドなんかもしっかり育つと良さそうな気がする
耐病性が高く自然で四季咲き性の良いバラを求めた結果だったのか
よりオールドに近い容姿を持って生まれたバラを世に送り出したが
その読みは僕から見ると外れている、それを裏付けるように今になっても
今になっても上記の薔薇の情報が殆ど出回ってない
そんなバラに限って開ききった花のアップのみの掲載で開き加減の花はない
どうせなら株全体でこんな成長をすると紹介した方がファンは飛びついたのではと思ってしまう

・・・でジャクリーヌデュプレだった、横道に反れすぎてしまった。汗

c0365716_00011380.jpg

多少淡いピンク色が出るが基本は白バラのジャクリーヌデュプレだが
シベのピンク色が有る事で白いバラでも特別な感じに見せてくれる
c0365716_00010717.jpg

越冬後枝先が30cm程枯れ込んだが今順調に成長している
地植えにしたのでこれからどんな変化を見せてくれるか楽しみにしている薔薇だ。
c0365716_00010228.jpg


記事をご覧くださり有難うございました
お帰りの際はバナーをポチっとしていただけると記事を書く励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたします。

 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by tsukiiro2613 | 2016-05-11 20:51 | ジャクリーヌデュプレ | Comments(2)

ジャクリーヌ デュ プレ 天才cellistの薔薇


Jacqueline du Pre ジャクリーヌ デュ プレ
イギリスの天才チェリスト
そしてその名前を命名された薔薇


c0365716_21092083.jpg

ジャクリーヌ デュ プレは天賦の才に恵まれ
幼くして始めたチェロは10歳には国際的なコンクールで入賞し
16歳にはチェロ演奏家として国際的な名声を得る、その後も活躍を続け賞賛を受けるが
彼女の華々しく早すぎた栄光はたった12年で終わりを告げる
16歳でプロデビューし、28歳には多発性硬化症と言う病気で指先が上手く動かなくなり引退
42歳には多発性硬化症の悪化により死去

何とも数奇な運命である

ちなみに1950年代、子供時代の彼女のチェロは1673年製のストラディバリウスだというから驚きだ



c0365716_21093853.jpg


そんな彼女の名前を命名された薔薇ジャクリーヌデュプレ
1988年ハークネスの作出、シュラブの薔薇
写真は二番花の様子、一番花が開花している時に我が家に迎えたが
今のところ株が充実してないせいか、一番花と大差無い開花を見せている

写真は開き始めだが、ダブルないしセミダブルの花と言ったところだろうか
バラの家の説明ではセミシングルと記載されていたが・・・
花弁とシベに特徴の有る愛らしい薔薇だ
c0365716_21093243.jpg

しかし最大のチャームポイントは花粉が落ちたときに見せる赤いシベの姿だろう
香りはムスクとあるが、今のところ香りは有るがパセリのような香りしかしない。汗
ムスク=パセリなんだろうか?

c0365716_21092523.jpg


実は以前のブログでシベを見せる薔薇は好みじゃないと書いたことがある
しかし、これまで沢山の薔薇を見てきて開花するとシベを見せる品種
アイスバーグは好きだしセプタードアイルなんかとても愛らしく大好きなバラだ
この事から本当に自分はシベを見せる薔薇が嫌いなのか考えてみた所、開花した時のシベの見せ方に違いが有る事に気がついた
シベを見せることが美しい薔薇も存在するのだと


皆同じだと思うが、自分のバラの好みは絶対だろう
薔薇は好きだが自分の好み以外の薔薇には見向きもせず、好みじゃない薔薇は見ていると疲れてくる程だ

僕は八重咲きの薔薇が好きで八重咲きしかない我が家には異色の薔薇だが
それが逆に新鮮で良い
多くの薔薇を見てきて八重だから、花弁の枚数が多いから良いのではなく
花弁の重ね具合が美しい薔薇や本質的な美しさを持った薔薇ならば良いのだと今は思う

ジャクリーヌはお勧めされた薔薇であった、前から気になっていた薔薇でもあった
こんな薔薇が一本有るとオシャレだろうとは思っていた
しかし迎える気持ちにはならなかった

そして記事で紹介したところ非常に反響の大きかったバラだった
しかし誰も所有してないという妙な部分もあった(笑)
この事とお勧めされたこともあり、この薔薇を育て自分の目で見てみようと思った


c0365716_21091003.jpg

上の写真のように
上の二輪は良い開き方だが、下の花のようにベラ~ンとする花も多く出現するので
この辺は株が充実すれば印象が変わってくるのだろうと思う
今現在は植裁予定地に鉢増しして置いてある
二番花は万遍なく花が付き、返り咲き、花付きはなかなか良いようだ
三分の一くらい開花したら全て摘み取って生育させることにした


c0365716_21091318.jpg

シベの美しい薔薇
これからが楽しみだ





記事をご覧下さって有難うございました
お帰りの際はバナーを押してくださると嬉しいですm(_ _)m
記事を書く励みにもなりますのでどうぞ宜しくお願いいたします。



 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by tsukiiro2613 | 2015-07-28 22:18 | ジャクリーヌデュプレ | Comments(10)