カテゴリ:ジャックカルティエ( 2 )

Cartier




今日の紹介はジャック・カルティエ
1868年のオールドローズ系統はポートランド フランスの薔薇

c0365716_09563254.jpg

ジャック・カルティエはファッションブランドのカルティエではなく探検家でありカナダの名付け親という歴史上の人物

挿し木苗を購入し暫く鉢植えで育てている
挿し木のせいなのかとても緩慢な成長を見せていたが
最近やっと樹勢が付いてきたようで昨年はそれなりに沢山開花して楽しませてくれた

c0365716_09432611.jpg
赤い蕾からピンク色になって開いてゆくが
赤い蕾はまるで蝋細工ように固い印象を受ける本当にこれが開くのか不安になるが
気が付くとちゃんと繊細な花弁を見せてくれる

今のところ背丈もとてもコンパクトで40センチ程度だろうか
全体的にとても詰まった株という印象で
この薔薇はコンパクトなだけでなく花首は殆ど伸びず葉のすぐ上に蕾が付く薔薇なのである
庭植えでは1mくらいにはなるらしいが考えてみればステムが長い薔薇よりも鉢植え向きなのかもしれない


c0365716_09432131.jpg
花首が伸びないので葉が少し下の方に有る蕾を隠してしまう
毎年開花期には葉をむしって下に隠れた蕾を出してあげるのが恒例になっている

c0365716_09431253.jpg
非常に花弁の多い薔薇
この花の下にすでに蕾が3っつくらい隠れている(笑)

c0365716_09430864.jpg
開くと殆どの花がボタンアイ+グリーンアイになる
強香種なようだが香りはどうたったか・・・
この時期他の大きな薔薇に気を取られてしまっていたのだろう、香りはまた今年確認する事にしよう



c0365716_09425530.jpg
最初に開いた花はあまり綺麗に開けなかった、残念


c0365716_09431601.jpg
また順繰り開花が始まってゆく


c0365716_09424976.jpg
まるで三兄弟のように開花が重なった
上が長男で一番下が三男と開花が順番に訪れている


c0365716_09424416.jpg
上の写真から開花が進んだところ


c0365716_09422813.jpg
そして長男が居なくなりやっと次男が顔を出したと思ったら既に花が傷んでおり
結局三男に視線が集まるという結果に。涙

c0365716_09430363.jpg
綺麗なボタンアイにならなかったジャック
これも悪くはないがやはり綺麗にボタンアイが出た花に感動する
ちなみに葉が傷んでいるのは強風のせい
葉と言えば葉はオールドらしい照りの無いマットな葉で色は深い、形は細長く尖るタイプ



c0365716_09423435.jpg
冒頭で紹介した花と同じものだが、昨年はこの花と三男がおそらく一番綺麗な開花だったと思う
昨年はわりと蕾は多かったが花は例年より小さめだった


c0365716_09421939.jpg


ジャックは耐病性は良く手間の掛からない薔薇という印象が有る
オールドだがポートランド系で繰り返し咲く
しかし一番花以降はそれ程多く開花せずあまり良い花は咲かせてない

c0365716_09421377.jpg

オールドローズは古いバラだが僕はイングリッシュを育ててからオールドにも興味を持った
お互いに似ているようで相手には無いものを持っていると思っている
今年の開花も楽しみ・・・

鉢植えで思い出したが、そろそろ鉢植えの資材を揃えなければいけない。汗
とは言うものの昨日一昨日と気温が下がって久々に纏まった雪が降った、日当たりは日中すぐに溶けてしまうが
二日間で20cm以上は降っただろう、しかし今は日がとても長い
北海道の三月は一ヶ月で1時間半近くも日照時間が長くなる時期らしい
ガーデナーとしてはこんなに日が長いのに植物に日差しが当たらないなんて勿体無い!なんて思ってしまう(笑)
しかし今年は雪解けに時間がかかるのでゆっくり用意する事にしよう




記事をご覧下さり有難うございました
お帰りの際はバナーを押して頂けると記事を書く励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたします。

 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by tsukiiro2613 | 2017-03-25 11:08 | ジャックカルティエ | Comments(6)

ボタンアイの薔薇





開く花のほぼ全てボタンアイで咲く薔薇
ジャック カルティエ
1868年フランス 系統 ポートランド

c0365716_19412772.jpg




ここまでどの花もボタンアイで咲く薔薇は我が家ではこのジャックカルティエの他には無い
ポートランドのオールドローズとしてはコンテドシャンボールと並んで有名な薔薇だ
c0365716_20415116.jpg
直立性のシュラブだそうだが我が家では全く伸びない薔薇
挿し木苗を購入したもので、もう三年にもなるだろうか 鉢植えで育てている



(写真は開花の進み方を追って 下は綺麗に開花したところ、右は開きかけ)


c0365716_20415842.jpg
花弁は細かく多い、大きな花で10cmくらいだろうか
(下は上の写真のほんの少し後)
c0365716_19412343.jpg




かなり小さな苗だったがその後の成長もとてもゆっくりで今年やっとそれなりに花が見れ
株が逞しくなってきたのでやっと花だけ紹介できるようになった
株はまだ40~50cm程度でまだまだ小さい
ちょっと伸びるとすぐに蕾を付ける、ジャックの紹介を見ると1m以上の樹高で記載されている事が多いが
本当に1mを超すようになるのだろうか?我が家のは丈が伸びず茎だけ太くなってきた
今年やっとベイサルシュートが上がったと思ったら土から10センチ程度で蕾を付けた(笑)
株は元気そうだがこんなに伸びないものだろうか?汗



(左の花は褪色してきた、右の花は雨が溜まって傷んでしまった)

c0365716_19411725.jpg

葉はマットで大きく先が尖っている、ガサガサと茂ってちょっと無骨な印象を与える
しかしこの薔薇の一番の特徴はステム(花首)が異常に短い事、葉のすぐ上に花が咲いている(笑)
切花には全く向いてないだろうが非常に面白い薔薇だ

(更に白っぽく褪色している、ボタンアイは開くことなくそのまま散ってしまう)

c0365716_19411130.jpg

株の下の方で開花した花
わりと沢山咲いていたがなにせステムが伸びないので枝葉の中に隠れたまま。汗

オールドローズらしい繊細な花弁を持ち、ローズ香も有している
これまで病気になってないので耐病性は良いと思う


c0365716_19405954.jpg

ジャックカルティエは一番花の後、少しも伸びずに蕾を付けだした
ベイサルシュートの蕾も含め摘蕾したが、またすぐに蕾を付けてしまった
その後は摘蕾するのを諦めてしまった、9月に咲いてくれると嬉しいが
c0365716_19412772.jpg
ジャックカルティエはこれからも鉢で栽培を続けていこうと思っている


記事をご覧下さり有難うございました
お帰りの際はバナーを押してくださると記事を書く励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたします。m(_ _)m



 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by tsukiiro2613 | 2015-08-27 20:40 | ジャックカルティエ | Comments(6)