カテゴリ:イングリッシュヘリテージ( 2 )

最後はイングリッシュヘリテージで




これが年内最後の記事になると思います
最後はイングリッシュローズの名花イングリッシュヘリテージで

c0365716_20382845.jpg

イングッシュヘリテージは赤いノムラモミジの左横に植栽している

c0365716_20404867.jpg

判りにくいと思うので今回初めて線で囲ってみた
そう言えばこういうのってよくブログでやっているのを見るけど自分はした事が無かった
文章で説明する事が多いけど、全然分からないだろうと思ってのことだが
実際は株の育ち方や花の美しさを見に来る人が程んどで何処に植栽しているかなんて
あまり興味のない事が多いのではないかと自分では思っていたのでこれまで線で囲う事など無かった

c0365716_20424752.jpg


下の画像ははまだ開花前の上の画像の裏側

c0365716_20384624.jpg


昔はここがスカスカで外から丸見えだったのだ
やはり人通りがそれ程無くても見え過ぎるのは落ち着かないものである
スクスクと大きくなったヘリテージは植栽当初の予定通り
樹木と樹木の間の空間を塞ぎ目隠しとしての役割を果たしてくれている

c0365716_20451590.jpg




開花始めの頃

c0365716_20382006.jpg


この開花が始まった頃の充実した花が僕は一番好きだ
何とも言えない美しいカップ咲き

c0365716_20384160.jpg


短命で知られるイングリッシュヘリテージはあっという間に褪色
気温が高い時には一日で花は終わってしまう

c0365716_20383750.jpg



とても美しく繊細な花と素晴しい香りの有る薔薇なので花が短命なのは気にならないが
後で思ったのは道路に面している場所では咲き揃う薔薇の方が見栄えが良いという事
花が短命な為入れ替わり開花を続ける
強風で強制終了させられたりも有るが株全体としての見応えに欠けていると思った

c0365716_20381140.jpg


この薔薇も南風の影響をモロに受けるどちらかと言うと防風樹のような役割になってしまう薔薇だ
上の画像では風で中の方に押し込まれてしまった花が見えるが
下の美しい花の下の方に不自然に横切るシュートは風で乱れたもの

c0365716_20383214.jpg


不特定の人に観せるという観点から言えば違うバラでも良かったような気がするが
やはり僕は自分の植えたい、自分の感動する薔薇を植えたいという思いが強い
ブログで紹介するようになって全景の物足りなさを感じたが
これまで育ててきてイングリッシュヘリテージに物足りなさを感じたことなど無かった
c0365716_20382465.jpg
上はセプタードアイルに似ているヘリテージの花

実は今年のイングリッシュヘリテージはさび病に苦しんだ
これまでさび病は昔ジメジメした風通しの悪い場所に植栽していたピエールドロンサールに毎年出ていたが
ピエールを辞めて以来二度と見る事は無かった
しかし今年風通しと日当たりの良いヘリテージから突然さび病が始まって
風下へ伝染しだした、ヘリテージは薬剤で一旦回復するものの再発
秋までにはかなり良くなったが結局シーズンを通してさび病が完全に消えることは無かった
どうやら今年は気候的にさび病が出やすかったらしく
バラ園にいってもよくさび病の株を見た、だからいつもの防除では防げなかったのだろう
元々さび病の防除を考えていたことも無かったくらいなので今年はとても焦った
元気だと思ったいたが春からさび病が出て今年の一番花は蕾も少なく小さい花が多かったように思う

しかしそんな事が画像で伝わるわけでもないので美しい開花を続けて紹介していこう(笑)


朝日を待つヘリテージ
c0365716_20375589.jpg


花はアプリコットピンクからピンク色へ、そして白っぽくなりバサっと散る
c0365716_20364398.jpg


花に朝日が差してくる
c0365716_20365322.jpg


一輪の中心に木漏れ日が差し込む
c0365716_20365743.jpg


まるで自身が灯っているように
c0365716_20371403.jpg


開花が終わりに近づいてくる
風で株がかなり乱れてしまった

c0365716_20371014.jpg

最初の花と印象が違うがこれもこれで美しい
今年からクレマチスミケリテとのコラボしている、ミケリテは今年は無事に成長し
木の葉型の自作トレリスを覆って開花してくれた、それはまた後日にでも(笑)
c0365716_20370547.jpg


僕は欲を言えば開花始まりの頃の花が終盤まで続いてくれると嬉しいのだが
終盤は愛らしいコロンコロンの小さめのカップ咲きが多い
c0365716_20380487.jpg
c0365716_20380007.jpg


今年はさび病、そして花が咲き揃わないなど色々と書いたが
この薔薇は基本耐病性は強く活力の有る健康的な伸び方をするとても信頼できる薔薇だと思う
あ、もちろん花もとても美しい
c0365716_20364896.jpg


残念ながらここでは凍害が出るのであまり長く伸ばして使う感じではないが
ある程度切り詰めても十分楽しめるバラだと思う
よくよく考えると今年は何時もよりも凍害が強く出た年だった
樹勢を落としたり後遺症を感じたことが無かったので気がつかなかったが
春からの病気といつもと感じの違う開花は凍害のせいという可能性も無いこともないだろう

c0365716_20363694.jpg
c0365716_20363252.jpg


今年の一番花の時期は低温であったため
こんな褪色した花も割と長く楽しめていた
c0365716_20362713.jpg
c0365716_20362394.jpg

開花始めの花は10センチ弱くらいは有ると思うが開花終わりの頃は5~6cm程度
c0365716_20361992.jpg

最後にはシベの見える花も

c0365716_20361404.jpg

今年のイングリッシュヘリテージの一番花は満足いかなかった思いが強かったが
こうして写真で見ているとそんな事も忘れてしまうくらい美しく懐かしい
夏の花は見なかったが秋にはまた美しく咲いてくれたイングリッシュヘリテージ

こうやって冬になっても一番花の紹介を続けているが
今となってはこの暗く長い冬に一番花を思い出し紹介出来る事は
自分にとっても癒しになっている
ただお気に入り品種が一つまた一つと紹介が終わる度に少し寂しくなっていたりして(笑)
読者の方々はアレはどうした?と思っている方も居るかと思うが
完全に出し惜しみです(笑)

それでは代わり映えしないですが、また来年も引き続き庭の植物の紹介を続けてゆこうと思います
どうぞよろしくお願いいたします
c0365716_20384160.jpg



記事をご覧くださり有難うございました
お帰りの際はバナーを押していただけると記事を書く励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたします。

 ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by tsukiiro2613 | 2016-12-29 22:34 | イングリッシュヘリテージ | Comments(18)

イングリッシュローズの真髄


今日の紹介はイングリッシュ ヘリテージ2015年一番花


c0365716_19022796.jpg


僕はよくイングリッシュヘリテージを褒めているが、殆ど庭の全景には登場しないバラである
イングリッシュヘリテージの植栽場所は、赤い葉のモミジの隣ハコネウツギとの間に植栽してある

c0365716_19015177.jpg

以前はここから庭の中が丸見えだった、ここをヘリテージで埋めたいと記事に書いたことがある
それから時が経ち、当初の計画通りイングリッシュヘリテージで隙間を埋めることが出来た
c0365716_19020961.jpg

先日紹介したグラハムトーマスと共にアイスバーグの血を引いたヘリテージは
毎年健康的にグングン成長し、この写真では判らないが今年沢山の蕾を付け(特にこの写真の裏側)春はホクホクだった
誰かにこれが咲いたら凄いよ!と言ったと思った、そのくらい蕾の上がりも良かった
しかしそうならなかったのだった。汗
開花が進むと同時に妙な寒さがやってきてそのまま経過した
一斉開花せずにところどころでボチボチ開花し、結局何時満開だったのか判らない状態になってしまった
今年は異常な寒さで多くのイングリッシュローズにそんな株が出てしまった
上の写真までは満開前の記録として撮ったが、その後株全体の記録を撮ることをやめてしまった。。。
いくら涼しい国の薔薇だったとしても ある程度の気温で咲かなければ 一斉開花しないということがよく解った年だった

c0365716_19022216.jpg

しかしそれでも美しい開花は楽しむことは出来た
株の全景はもう無いが、イングリッシュヘリテージの開花の様子を紹介したいと思う

c0365716_19021551.jpg

イングリッシュローズとしては殿堂入りしたグラハムトーマスやメアリーローズと並んであまりにも有名な品種
やはり有名になる品種と言うのは株自体も健康的に育ち、安心感の有る薔薇であることが多いように思う

c0365716_19020270.jpg

花の前に立つとその場から暫く動けなくなるくらい美しいヘリテージの開花

c0365716_19015786.jpg
c0365716_20492874.jpg


上の頃までの開花が特に好きだが、これ以降の花は少し印象が変わってくる
一回の開花期間にいくつもの顔を見せる薔薇でもある
奥に房が見えるがこんな房が沢山でそれは開花を楽しみにしていたのだった・・・

c0365716_19014078.jpg

イングリッシュヘリテージの花を表すとき よく貝を並べたような美しい花弁 と表現されるが
下の写真では波に洗われ砂に削られて半透明になった桜貝を並べたようにも見える

c0365716_19013138.jpg

イングリッシュヘリテージはその繊細で美しい花弁
四季咲き性の良さ、イングリッシュローズに多いミルラを含むフルーツ香
健康的に育ち優秀な四季咲き性を有した薔薇
まさにイングリッシュローズの魅力そのもの,イングリッシュローズの真髄とも呼べる薔薇だと僕は思っている


c0365716_19010299.jpg

イングリッシュローズはオールドの容姿に四季咲き性持たせ 香りも楽しめるバラ と言うコンセプトがあると思うが
正直言ってしまうとイングリッシュローズのような容姿のオールドローズは無い
イングリッシュローズはイングリッシュローズそのものの容姿を持っていると僕は思っている
だが、それが魅力的で皆惹かれるのだろうと僕は思っている
時折オールドローズに有りそうな品種が作出されるが、意外にそれは人気が出ず
イングリッシュローズにしかない容姿の薔薇に人気が集まる傾向があるように思う


c0365716_19005536.jpg

やはりオールドにはオールド独特の魅力が有る
イングリッシュローズはオールドローズに求めるものと同じもの
いやかなり近い次元でそれを有しているのだと思っている

ん?違うか(汗)

繊細な花弁の薔薇の美しさに魅入られた栽培者の求める多くのものを両者が持っている
と言うのが正解かな

オールドやイングリッシュは花弁が繊細で傷みやすい事が多い、下手をすればうまく咲かないことだってある
イングリッシュヘリテージに関しては気温が高めだと花は一日で終わってしまう
だがこういうバラが好きな人は求める所はそこではないと思う
c0365716_19004801.jpg

花持ちが良いことに越したことはないが
花弁の厚い薔薇には到底真似できない美しさがそこに有る
透けるような花弁、その花弁が光を透すその様を鑑賞することは
僕が薔薇を育てる大きな理由の一つでもある

イングリッシュヘリテージはその美しさを有している
オールド好きにしてもイングリッシュ好きにしても花持ちや花弁の傷みを覚悟しても
その美しさを求め育てているだろう

c0365716_19004412.jpg

房の花が開き始める
花は最初よりも一回り小さめ

c0365716_19003956.jpg

ただ僕はイングリッシュローズのファンだが、全ての品種を好きなわけではない
花持ちが悪くなんだか花に目が行かずいつの間にか終わっている品種もあった
しかしこのイングリッシュヘリテージは花持ちが悪いが存在感が有り惹きつけられる魅力が有る
もちろん好みにもよるが。汗

c0365716_19003340.jpg

褪色すると白っぽくなる
この花はアプリコットが中心に出ている
イングリッシュヘリテージはアプリコットピンクにもなるが、今年は気温のせいか花色の変化が大きかった
c0365716_19002753.jpg
c0365716_19001905.jpg

ジギタリスとコラボ

c0365716_19000820.jpg


開花も終盤
咲き方は更に柔らかく変わってゆく
c0365716_19000112.jpg
c0365716_18595623.jpg


かなり淡いピンク色に
c0365716_18595026.jpg
c0365716_18594509.jpg

樹勢は強い方で毎年ベーサルシュートを何本も出して旺盛に伸びている
シュラブもしくは這わしてショートクライマーのようにしても使える薔薇だろう
我が家では目隠しに使っているので長く伸ばした枝と少し切り詰めた枝と両方使っている
ただ僕は開花序盤の花の感じが好きなので、来年はもっと切り詰めて使おうかとも考えている
c0365716_18593815.jpg


また開花が始まるとアプリコットが強く出てきた
小さめのウィリアムモリスのような花だ
c0365716_18593369.jpg
c0365716_18592895.jpg

この頃になるともうイングリッシュヘリテージの花では無いように見える
しかしとても美しい繊細な花弁の花だった

c0365716_18592399.jpg

イングリッシュローズはわりと花がもつ品種も有るが
全般に花の命は短い、特にこのイングリッシュヘリテージに関しては花持ちの悪さばかりが目立ってしまっているように思う
しかしこのイングリッシュヘリテージが好きな人は本当のイングリッシュローズ好きだと僕は思う
イングリッシュローズとして 薔薇としての沢山の魅力を持っているバラである
わざわざイングリッシュローズを育てて文句をいう必要はない
花持ちが良い薔薇が良ければ他のブランドの薔薇を育てれば良いだろう
優秀なバラは沢山作出されている

c0365716_18591503.jpg

ただそれは小さな株や鉢で小さく育てているとそう言いたくなるのも理解できる
やはりイングリッシュにしてもオールドにしても多くの品種はガーデンローズなのである
鉢で育てるのなら大きな鉢で大きく、もちろん庭では大きく育て沢山の花を咲かせられなければ
一度も美しい姿を見ることもなく開花期が終わってしまうことも有りうるだろう
ただ鉢で育てている場合は、雨や強い日差しを避けて育てることができるので
置き場を変えてあげると美しい開花を楽しめるだろう

半分散ったヘリテージ

c0365716_18591018.jpg

繊細な花弁のバラは
雨や強い日差しに弱く花持ちが良くない事が多い
もちろん僕もそんな薔薇の花持ちが良ければと思うことは多いが
それは両立できない宿命と思うしかない
ただただ神秘的とも言える美しい開花、それが見たいが故に育てているだけ

c0365716_18590444.jpg

イングリッシュヘリテージの耐病性はアイスバーグと同じくらいか
それよりも少し強いくらいだと僕は感じている

c0365716_18585961.jpg

一番花以降 夏の蕾は摘蕾し、いま秋の開花の真っ最中であり
度重なる悪天候に蕾は沢山有ってもまばらな開花だが楽しんでいる


c0365716_18585277.jpg
さて、開花も終わり
イングリッシュヘリテージは花持ちの悪さで有名だが
それにわざと対抗して記事を書いてみたがいかがでしたでしょうか?(笑)
全ての品種が花持ちが悪ければ確かに嫌かもしれないが
こんな薔薇も一本有っても良いのでは?と言う提案でもあります
きっとそこにはそれまで無かったバラの世界が広がるはず
c0365716_19022796.jpg

長い記事をご覧くださり有難うございました
お帰りの際はバナーを押して下さると記事を書く励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m



 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by tsukiiro2613 | 2015-09-21 22:12 | イングリッシュヘリテージ | Comments(12)