カテゴリ:フェアビアンカ( 1 )

唯一無二の薔薇 ポチったイングリッシュローズ




フェア ビアンカ 作出1982年 イングリッシュローズ

c0365716_19523234.jpg

今はもうカタログ落ちしており、そろそろネット販売でも取り扱っているのを見かけなくなってしまった品種である
ウエディングブーケにもよく使われていた品種だそうだが
スプレー咲きで花付き良くミルラの素晴しい香りが備わったフェアビアンカ
フェアビアンカのブーケを手にした花嫁はさぞ幸福に包まれた事だろう

c0365716_19500993.jpg

カタログ落ちしているだけあってちょっと育てにくい薔薇のようだ
樹勢や耐病性よりも、ちょっと調子を崩すと巻き返しの難しい薔薇という印象がある
僕自身のミスだが根を傷めてしまい、そこからみるみる半分の樹勢が衰え枝枯れし
今は全盛期の三分の一くらいまで縮小してしまった
ただ生きている部分は意外と元気でいつまでも花をつけたがる健気なバラだ


c0365716_19500420.jpg

僕は実は白いバラはそれ程好きではない
でも嫌いでもない、なんだかんだ言って白いバラは結構所有している
綺麗だが何か見所に欠ける気がしてしまうのだ、僕は男性では珍しく淡い色合いを好んでいるが
ここが白が好きな人との違いだと思っている、白ければ良いとは思っていない
ほんのり色付いていたりする微妙な色合い、色の差を特に好んでいる
真っ白となると白は白(無)水彩で言うと色を塗ってない部分でしかないと思ってしまうのだ
しかし油彩で言えば白は白にあらず、色々な色合いから白が出来ている


フェアビアンカもそれに似た魅力を持ったバラで、クリーム~アイボリーのような色を含み
中心にはグリーンアイ(緑色ではないけど)そしてミルラの素晴しい香り
それだけではなく、蕾の持つ赤い色合い、花のカップの厚みの具合
全てが唯一無二の素晴しいバラだと思っている、非常に気に入っている薔薇である




c0365716_19495985.jpg

フェアビアンカと言う薔薇
僕は別に絶版で希少価値が有るから好きなわけではない
このバラにしか無い魅力を感じているからである
ERの中で他にも白バラをいくつも見てきたが
花単体で見るとこの薔薇の魅力に敵う物は今のところ見当たらない
しかし他の品種は用途が違うものも多いのであくまで花単体、そしてブッシュとしての魅力での話だが


c0365716_19495436.jpg

この薔薇を迎える際によくオールドのマダムアルディ(ハーディ)と似ていると見たが
実際には木の性質はおろか花さえ全然似てない、もちろんこれもマダムアルディとの優劣の話ではなく
全然別のバラというだけの話

c0365716_19494529.jpg

この薔薇は来春にでも鉢上げする予定だ
それと同時に挿し木でもスペアを取っておこうと思っている
前に挿し木を作っていたが間違えて人にあげてしまって手元にはない。汗

c0365716_19494083.jpg

薔薇をそれなりに多く育てていると、この薔薇はこっちの薔薇が有るからそれで補えるから良いかと
代わりの薔薇が見つかってもおかしくないが、それが見つからないのは本当に好みの薔薇なのだと思う
そういう薔薇はそれ程多く有るものではないが、このフェアビアンカはその一つ

c0365716_19493349.jpg

ガーデンローズとして向いているかと言うとちょっと疑問に思うが
ずっと育てて行きたいと思えるバラである

c0365716_19492755.jpg

しかし、ガーデンローズとして育てられるフェアビアンカが有ればとずっと思っているのも事実
つい面影を求めて品種選びをしてしまっている
実際には同じバラなどある訳無いのだが・・・
実は今年トランクウィリティを迎えていた、タグの花がちょっと似ているというだけだったのだが
実際にはトランクウィリティーは大輪の白バラで
くすんだレモンイエローを中心に含むリンゴの香りを有し、容姿は似ても似つかない薔薇だった
別にそれが悪いわけでもなく、トランクウィリティーは素晴しい薔薇だとおもう
まだ初年度なので感想は来年からかな

そして今回来年に向けてポチった薔薇の一つが
第二のフェアビアンカを見つける旅の第二弾に選んだ薔薇
(品種名は画像にリンクしています)

ウィリアム&キャサリン

かなりの花付きでフェアビアンカを彷彿させる
ネットでよく見てみるとフェアビアンカに似ている気がする(笑)
まあこっちはシュラブだと思うので伸びるんだろうけど。汗
元気なフェアビアンカのような薔薇だったらと期待を込めて

そしてもう一つ
昨年の新品種でかなり人気の高い薔薇

オリビアローズオースチン

販売されてすぐに人気高い薔薇だと思うが
耐病性高く、四季咲き性も良い薔薇のようで世界的に人気が高いんだとか
小さな森さんの話だと人気が高く在庫が少ないようです


そして最後
国バラの情報など殆ど知らなかった僕は最新品種の事はデスデモーナしか知らなかったが
当たり前だが他にも魅力的な品種が発表されていた事に最近気がついた(笑)
見たこともない薔薇だがなんだか妙に惹きつけられた
最新品種は情報が無いので敬遠していたが、ロイヤルジュビリーを育てていた事や
昨年のオリビアが良さそうな事でこの品種を迎えようという気持ちになった

ジ エンシェント マリナー

とにかく写真が美しい事と説明書きが素晴しい!
この薔薇は予約で出てこなくて不思議に思っていたが
D・A社で在庫が確保できず、今年はこの品種とサーウォルタースコットはD・A社のみの販売になるそうだ
と言う事でイングリッシュローズファンにして始めてD・A社で購入してみることにした


皆さんが知りたがっていた僕が頼んだERこの三本でした(笑)

ERに関してはだいたい定植する場所を決めている
(僕は北海道なので苗を送ってもらうのは春になってから)
来年すぐに結果が出るわけではないが、春からが楽しみである



記事にお付き合いいただき有難うございました
お帰りの際はバナーを押して下さると記事を書く励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m








 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by tsukiiro2613 | 2015-10-13 23:02 | フェアビアンカ | Comments(6)