カテゴリ:レディエマハミルトン( 4 )

エマの為に有った時間 第二部




先日紹介したレディ エマ ハミルトン第二部の紹介です
写真が多いので三部作くらいにしようかと思ったが綺麗なので
意外にしつこくなくサラッと見てしまえそうなので完結にします、前編後編で良かったか。汗
c0365716_18160648.jpg



先日紹介したのは寒さで一気に咲かない一輪咲きがポツポツ開花し殆ど終わってしまった所までの紹介
そして残った房が咲き始める

c0365716_18140614.jpg




第一部でエマの事はほぼ書いてしまったので簡単に書いていこうと思う
c0365716_18143154.jpg

いつもの美しいオレンジで咲き始めたエマ
房咲きの多くが中心の一輪の開花が終わってから周りの蕾が開き始めるが
エマも同様に中心の一輪の開花が終ってから周りの房が咲いてきた
c0365716_18144028.jpg


c0365716_18144644.jpg




昨年は7月の後半まで涼しく、もう夏は来ないんじゃないかと思ったくらいだった

c0365716_18145381.jpg




6月に開花が始まっていたが房が咲き始めたのは7月に入ってから
もう遅咲き種しか残ってなかった中での開花
c0365716_18150167.jpg




見ていると毎年薔薇は綺麗だがその年に特に輝くように美しく開花する薔薇が有る
それ故僕には一番好きな薔薇というのは無い、その年に一番輝く薔薇というのが有るから
それは数多く栽培している栽培者の贅沢だろう
昨年はこの遅く咲いたエマの房が間違いなくその輝く薔薇だったと思う
数多くの蕾は一気に咲かなかったがとても感動的な開花だった

c0365716_18150789.jpg



始めて開花した年には濃厚なフルーツ香に感動したが
その後数年はちゃんと香るものの濃厚に香る程ではなかったエマ
c0365716_18161212.jpg




昨年は開花が進むと同時にこれまでにないくらい濃厚なフルーツ香を放ち美しく咲くエマ
その姿に見惚れその場から動くことが出来なくなった、離れたくなくなったと言うのが正解だろうか
c0365716_18151418.jpg


頬を赤らめるように咲くエマ
c0365716_18152148.jpg




当時は他の薔薇も咲いていたが毎朝エマの前で許せる限りの時間を過ごした
c0365716_18153522.jpg




僕にとって7月上旬の朝はエマの為に有ったと言っても過言ではないだろう
c0365716_18153001.jpg



どんなに素晴らしかったかお届け出来ていると嬉しいが
香りだけは記事に載せられないのが残念だ
c0365716_18154268.jpg




実は僕はオレンジって好きな色じゃないが
イングリッシュの色合いは本当に素晴らしいと思う、そんな事はどうでも良くなってしまう
c0365716_18154727.jpg


c0365716_18160648.jpg



少し全体の色が淡く褪色してきたようだ
c0365716_18161983.jpg




濃いオレンジの頃はよく香るがこの頃になると残念ながら香りは無くなってくる
c0365716_18162413.jpg




しかしエマはここからがまた美しい
c0365716_18163105.jpg



色が淡くなった花弁に赤味が差してくるのだ
c0365716_18164164.jpg


株全体としてはあまり見応えが無かったので景観の写真に写ってなかったが
エマを入れた景観の写真
奥に見えるのはジュビリーセレブレーション、白いクレマチスはアルバラグジュリアンス
c0365716_18164749.jpg




更に赤味を増すエマ
c0365716_18165553.jpg




これはカメラで再現するのはとても難しいが芸術的とも言える変化を見せる
c0365716_18170974.jpg

c0365716_18171659.jpg

自身で薔薇を育てることは開花の一部始終を見る事が出来るのが良い所だろう
イングリッシュは花の寿命は短いものが多いが
日一日と変化が大きい薔薇なのでその変化を見逃さずに満喫できる
c0365716_18172230.jpg

最後まで美しくそして潔い
c0365716_18173083.jpg




まるで夢のような開花を最後まで見守った年だった
c0365716_18173745.jpg



記事をご覧下さり有難うございました
お帰りの際はバナーを押して頂けると更新の励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたします。


 ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by tsukiiro2613 | 2017-02-25 14:00 | レディエマハミルトン | Comments(6)

ぼちぼちのエマ 第一部



レディ エマ ハミルトン
2005年作出のイングリッシュローズ
我が家ではわりと古い方のイングリッシュローズ
僕をイングリッシュローズの虜にしてくれた香り高い薔薇の一つ
c0365716_18121295.jpg


薔薇には珍しく銅葉を持つエマ
開花の頃にはもう銅葉では無くなってきているがステムが黒っぽく見えるのはその為


以前のブログで朝日を浴びると自身がランタンのごとく灯っているように見える美しい姿を紹介した
(その記事は下のリンクからどうぞ)
残念ながら2015年と2016年は良い角度の日差しの時に出会えなかった




c0365716_18122628.jpg

それでもこの薔薇は日差しを透過する姿がとても美しい品種だ
c0365716_18125789.jpg

美しい花容と共に自慢の素晴らしいフルーツ香が朝日で発散される
c0365716_18133072.jpg

どうしてもレディオブシャーロットやパットオースチンと比べられる事の多い薔薇だと思うが
やはりそれぞれに特徴が有る、一番違うのは育ち方の性質だが
シャーロットはよく伸びるシュラブ、パットは花壇の中程~後方に使える高性のブッシュ
そしてエマは背丈の低い花壇前面に使えるブッシュ(DAのサイトでは中程度と説明されていた)
シャーロットは僕には香りが感じられないが、パットは一応ティー系の強香(けどあまり香らないことも多いようだ)
エマはハッキリとした強いフルーツ香、とても素晴らしい香りを持っていると僕は思っている
c0365716_18133323.jpg



花弁の縁が色付いてきた

c0365716_18131137.jpg


樹高は1mくらいだと思うが背丈の低いブッシュの薔薇はやはり花があまり俯かない方が良い
エマは多少俯くがステムがお辞儀してしまうことは無いので花がよく見える
c0365716_18133822.jpg

エマとシャーロットは蕾が赤いこれはパットには無い特徴だと思う
c0365716_18134595.jpg


昨年はとても寒い開花期だった
エマ自体は毎年順調に株を太らせて良い成長を見せている
蕾もそれなりに沢山付いて喜んでいたものの寒さでポツリポツリの開花が長いこと続いた
花の寿命は短めなのに一ヶ月は開花していただろう
見頃を失ってしまったようで残念な思いをしていた、全景の写真もとても少ない

c0365716_18135282.jpg

一輪咲きがポツリポツリ咲いて終わり
7月になってやっと房の蕾が開花し始めた・・・そう言えば昨年も房は7月だったか
c0365716_18135801.jpg

レディエマハミルトン、パットオースチン・レディオブシャーロット
三品種共退職して色が淡くなるのは同じだが
シャーロットは色が淡くなって終わる、パットは花弁の内側に赤味が差す
そしてエマは花弁の表裏両方に赤みが差してくる
c0365716_18141309.jpg
これもレディエマハミルトンの魅力の一つだろう
c0365716_18142472.jpg

この頃には香りは無くなってしまっているがこの姿もとても美しい
c0365716_18171659.jpg

さて、今日は開花が始まって一輪咲きが終わるまでの紹介
昨年中にレディエマの紹介を楽しみにしているとコメントで頂いた事があるが
こんなに遅くなって申し訳なく思っている、一応大まかな開花の順番と贔屓で決めているのだが
やっとレディエマハミルトンの紹介が出来た

昨年は株が充実してきているにも関わらずポツリポツリの開花で残念な思いをしていたが
開花の終わり頃、房が開くとこれまでにないくらい美しい姿を見せてくれたエマ
第二部では房咲きの美しい開花の様子を紹介したいと思っているので楽しみにしてください。






記事をご覧下さり有難うございました
お帰りの際はバナーを押して頂けると更新の励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたします。

 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by tsukiiro2613 | 2017-02-23 19:50 | レディエマハミルトン | Comments(2)

レディ エマ ハミルトン

今日はレディエマハミルトンの紹介

なんとか急ぎ秋バラの記事を更新してきたが毎日記事を更新しても
今年のバラの開花までに秋バラの紹介が終わらない事が判明してしまった。大汗
いや結構前から判ってはいたがちゃんと紹介記事をアップしたかった
しかしこのままではお蔵入りになってしまう事が確実なので、今日からはざっと簡単な紹介でいきたいとおもいます
引き続きお付き合いいただければと思いますのでよろしくお願いいたします。




エマ・ハミルトン
残された絵画を見ると魅力的な美しい女性だが
エマの人生を知ると現代の女性ならこの名前を薔薇には名付ける事は無いだろうと思う
男性からみてもD・オースチン氏は何故この女性の名前を命名したのか不思議に思う
c0365716_22035679.jpg

僕はこのバラはどちらかと言うとセプタードアイルと似たような感じを受ける
どこか少女の愛らしさのような感じを受ける薔薇だ
c0365716_19411051.jpg


高く伸びるベーサルの下で咲く花
ピンチしたベーサルは一回だと高すぎて花の高さが合わない
しかし二回だと開花期が合わなくなってしまうだろう、どうすればよいのか・・・
c0365716_21255740.jpg

やはり雨の多い秋のバラ
c0365716_21254488.jpg

葉はすす病ではなくこういう色の葉
出始めは銅葉
c0365716_21252308.jpg


c0365716_21251925.jpg


c0365716_21251500.jpg


まるでフルーツのような花
この容姿にピッタリな濃厚なフルーツ香が素晴らしい
c0365716_21251096.jpg


色味はレディオブシャーロットと似ているが
比べようもないくらい性質は違う、それぞれに魅力高いバラだ
c0365716_21250688.jpg

下の写真はおそらくミゾレが降った後だろう、花弁が傷んでいる
c0365716_21250176.jpg

エマはモダンシュラブと言われるERの中でもブッシュ樹形なので
花は少し首を傾げる程度で下を向くことは無い
c0365716_21243556.jpg

個人的には咲き始めのオレンジよりも退色して淡い色になり色が複雑に混ざり合う方が好きだ
c0365716_21243015.jpg


c0365716_21242451.jpg


c0365716_21241892.jpg


c0365716_21241433.jpg


c0365716_21241028.jpg


c0365716_21240462.jpg


c0365716_21235857.jpg
c0365716_21234323.jpg
c0365716_21233740.jpg


c0365716_21233200.jpg

秋の開花はどれも日の高さや空気感が写真に出ていて面白い
c0365716_21232057.jpg


c0365716_21225041.jpg


そろそろエマの秋バラは終盤
c0365716_21223391.jpg
c0365716_21222633.jpg




よければポチっとよろしくお願いいたしますm(_ _)m


 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by tsukiiro2613 | 2016-05-18 00:26 | レディエマハミルトン | Comments(6)

銅葉の薔薇


今日の紹介はレディ エマ ハミルトン
2005年作出のイングリッシュローズ
c0365716_19122560.jpg

レディエマハミルトンは半ツル性の多いERの中では
小さいシュラブで木立バラ、フロリバンダのような扱いの薔薇だ

c0365716_18592240.jpg

ハッキリとしたオレンジ色だがどこか優しく
嫌味のない美しいオレンジ色の薔薇だ
バラには珍しい銅葉を持っている、新葉と茎が紫色になる
葉脈が紫色に色付いているのが判るだろうか

c0365716_18593154.jpg


葉は時が経つと緑色になってしまうが茎は暫く色を保っている
どうせならもう少し早い時期の写真も撮っておくべきだったか(汗)
それもこの薔薇独特の魅力の一つになっている

c0365716_19000201.jpg

下の写真では手前のポールにレディーオブシャーロット
そしてシャーロットの左下に見えるオレンジがレディエマハミルトン

c0365716_18594339.jpg

写真ではレディエマハミルトンの方がオレンジ色でレディオブシャーロットの方が黄色っぽく見える
しかし開き始めの頃はどちらも殆ど同じようなオレンジ色で、シャーロットはオレンジが淡くなり褪色するが
レディエマは蕾の頃の色が外側の花弁に残りやすく
赤みが差してから淡くなってくる事も多いので濃い色合いに見えるのだろう

c0365716_18595397.jpg

レディオブシャーロットとレディエマハミルトン
見ての通り使う用途が全く違うバラだ
シャーロットは切り詰めても使えるがツル薔薇としても使える薔薇で
僕は最初に出たベーサルシュートを見てこの薔薇は伸ばして使おうと決めた
c0365716_19001093.jpg
レディエマハミルトンの樹高は春で1m~1.2mくらい
フルーツ香の強い香りを有しており、フルーツ香の薔薇はどんな人にも受け入れやすい香りだと思う
先に記載したように銅葉の薔薇としても魅力高いバラだ
レディエマハミルトンは絶対に欲しい!と思って迎えたバラだった
方やシャーロットの方はよく伸びるバラで香りは僕には感じられない
レディエマが好きだった僕はレディオブシャーロットのハンドブックの花の感じを見て
こちらも見たくなり迎えた、しかしその頃は確か同じ樹高で記載されていた
どちらも良い薔薇で気に入っているが、逆にシャーロットを先に迎える人は何が決めてだったのだろう?
やはり伸び方かな?いや花の美しさか

c0365716_19002267.jpg

株としては充実してきて蕾の上がりも良かった
しかし今年は長く続く寒さのおかげで写真のようにまばらに咲いたまま花が入れ替わり
それを最後まで繰り返し終わってしまった。涙
順繰りちょっとずつ開花し房はいつまでも開かない、暑いとすぐに終わってしまう花だが
ある程度の暖かさが無いと見応えなく終わってしまう薔薇だった、残念無念

c0365716_19004842.jpg

オレンジ色と赤みが差した花弁のグラデーションが美しい
c0365716_19003171.jpg

葉が少しヨレヨレしているのは薬剤のせいだろう、銅葉が美しいが
春に薬をかけた途端に汚くなってしまうことが多い
耐病性は低くは無いが耐病性が高いとも思えない、放置するとそれなりに病気になるだろう

開き始めの元気なオレンジと、褪色した花
c0365716_19011569.jpg


違う角度から
この角度だと奥の建物が見えてしまうので何とかしたい・・
c0365716_19010134.jpg

かなり褪色が進んでいる
c0365716_19013889.jpg



あまり黄色っぽくならない薔薇だが、こんな色合いにも

c0365716_19015018.jpg
c0365716_19020428.jpg

レディエマハミルトンはこの褪色して行く途中の色合いが一番美しいと思う
何色とも呼べない色合い、オレンジでもピンクでも無い微妙な色合い

c0365716_19021416.jpg

これは違う花
c0365716_19024789.jpg


これも今年初めて見たが、あまりこんな感じに褪色が進む事は無い

c0365716_19023346.jpg

花の最後は大体このような感じに褪色して散ってゆく
香りは開き始めが濃厚でウットリするが
花としては褪色途中から終わり頃が美しくて好きだ
c0365716_19025663.jpg

やっと房の花たちが咲いてくる
これは別に後で出たベーサルシュートではない、房の真ん中以外は後で開く薔薇が殆どだと思うが
寒さで取り残されてしまったのだ
c0365716_19030769.jpg

ちなみに全景で見るとこんな感じ
周りの薔薇はすっかり終わっているのにレディエマハミルトンだけ残っている
この薔薇は寒さの影響がモロに出た薔薇であった、元々こんな遅咲きではない
よく見ると塊で咲いている左側にまだ開いてない房の蕾が残っている。汗
c0365716_19041508.jpg

房なのである程度沢山咲いているが、あまりに開花がゆっくりなので秋の花のように
花弁の外側に赤い斑点が・・・
c0365716_19032417.jpg

他の薔薇は殆ど終わったと同時に蕾も全て切り戻してしまうが
この薔薇は房が多く残ってしまったので切り取れなかった

c0365716_19033961.jpg

エマよ、何故7月に一番花を咲かせているんだ
c0365716_19035146.jpg
レディエマハミルトンはこの花の後ベーサルシュートを何本も上げ
今年もまた逞しく育ってくれた、見かけによらず樹勢も良い品種である

気に入っている品種なので開花が見れただけでも嬉しいが
来年はもう少しだけ景観作りの手助けをしてくれる事を願っている
c0365716_19022318.jpg




記事をご覧くださり有難うございました
お帰りの際はバナーを押して下さると記事を書く励みになりますので
よろしくお願い致しますm(_ _)m











 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by tsukiiro2613 | 2015-12-10 21:00 | レディエマハミルトン | Comments(4)