カテゴリ:モーティマーサックラー( 2 )

ゆるフワな薔薇



今日の紹介はモーティマーサックラー2016年の一番花
2002年作出のイングリッシュローズ

c0365716_20554156.jpg

この薔薇は僕が始めて迎えたイングリッシュローズだった
当時は刺が嫌で刺の少ない、いや無い薔薇を探していた
この薔薇は本当に殆ど刺が無い、ツルツルのイボの無い野菜支柱と見間違えるほどだ(笑)
よく伸びるイングリッシュローズでツル扱いが出来るシュラブとして紹介されている
c0365716_20554740.jpg


一昨年中もよく伸びたモーティマー、このシュートをもう少し利用できないかと
通路上にアーチ状にシュートを枝垂れさせてみた
下の写真ではモーティマーの下げたシュートが判ることだろう
この下げたシュートの下には通路が有り、デッドスペースに作ったぶどう棚に抜ける
写真では下げたシュートが低すぎてぶつかってしまうように見えるがこれは少し上から撮影したもので
実際には立ったまま通り抜け出来る高さがある
c0365716_20551514.jpg

この薔薇はよく伸びるがウィリアムモリスと同じように毎年凍害が出て切り詰めている
枝垂れさせるシュートが少し足りなかったが僕の住む地域では3mの高さは出せるので
凍害が出てもさほど気にならない、それ以前にこれ以上伸びてもここでは使い道が無い。汗

c0365716_20554740.jpg

この薔薇は一枚一枚が独立した花弁でパタパタと開く様子が好きだったが
株が充実してきたのか中心の花弁が増えてきてちょっと違う咲き方をするようになった
上は開き始めの頃で下は開ききったところ
フワフワとしていてどこか儚く切ない美しさがある
c0365716_20561341.jpg

題名にゆるフワと何処かで聞いたことあるフレーズを付けてしまったが(笑)
こういう柔らかく咲く薔薇が好きな方も結構多いのではないだろうか
ただこういう薔薇は小輪~中輪の薔薇が多く
モーティマーは中大輪で10cm程度と結構大きい花が咲く

c0365716_20562014.jpg


非常に細いステムに緩くフワッと開く花、妙に細長い葉と深いグリーンのマットな葉
花経を大きくしたランブラーのようでもある
しかし刺が全くないしランブラーのようにシュートがグニャグニャで鋭い細い刺が付いているわけでもなく
枝葉・花とかなり異質な薔薇に見えるが、性質はよく伸びる刺の無い普通のシュラブの印象

c0365716_20553686.jpg

ただ、シュラブの場合柔らかいステムがフワッと俯きながら咲く
シュートは元々斜上し枝葉や花の重みで開花して俯くが
元々シュートを垂れるように誘引すると花が付かなかったり減る事が有る
モーティマーは下の写真のようにシュートを下げても普通に開花しているので
ランブラーのように、と言うとちょっと違うが自律型誘引のような事は出来るのかもしれない
ランブラーと比較したがステムがやたら細く、葉も細く尖っているマットな葉はどちらかと言えば原種に近いような雰囲気がある

今でこそ薔薇にトゲがある事はあまり気にならなくなっているが
狭い場所を大きく立ち上げて高さを出したい、狭いけど広く覆いたいなどの場合は
枝どうし引っかかったり自分に引っかかって大変な思いをする事無く作業できるのはかなりの利点に感じる
もちろん他の植物を選択すればそんな事は思う事もないのだろうけど(笑)

c0365716_20562633.jpg


昨年は開花期の間涼しく一斉開花はせず入れ替わりながらの開花だったが
それでも昨年までに大きく育ちよく咲いた
ただこのアーチ状に下げた枝、アーチというか傘のように開花したのだが
試しにやってみたがこれにより株の下の方の花付きが悪くなり
離れないと花がよく見えないようになってしまったのだった、今年は辞めよう
c0365716_20552225.jpg

モーティマーサックラーは樹勢が強く耐病性も高い、更に香る薔薇で非常に優れたガーデンローズだと思う
よく伸びるが刺が殆ど無い上にシュートが柔らかいので扱いは大きくても意外に作業が楽なのがポイント高い
大きく仕立てた方が見応えが有るが四季咲きなので任意の高さ(長さ)に設定しやすいのも良い
ただ一番花以降は夏と秋にそれなりに返り咲くものの長く伸びたシュートの先に花が咲くのでよく見えない

c0365716_20560533.jpg

今年もゆるフワに咲くこの薔薇の開花を楽しみにしている




記事をご覧下さり有難うございました
お帰りの際はバナーを押して頂けると記事を書く励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたします。

 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by tsukiiro2613 | 2017-01-22 09:53 | モーティマーサックラー | Comments(4)

トゲ無しサックラー




モーティマー・サックラー
イングリッシュローズ2002年作出

c0365716_21094575.jpg




イングリッシュローズ(ER)の中では大型のシュラブでクライミングタイプとして
ツル薔薇としての利用が出来る薔薇

c0365716_21065239.jpg




開き始めは暖色系のピンクだが、開花が進むと少し紫色を含みライラックピンクになる
c0365716_21063589.jpg





整ったカップ咲きの多いERの中で少しルーズな花の形の印象は有り
花一輪を愛でるタイプと言うよりも株全体で楽しむ薔薇な気もするが
花はちゃんと美しい

c0365716_21064356.jpg




植栽場所は庭の一番奥
しかし重要な位置でもある、そこをしっかりとカバー出来る大きさと樹勢、強さを持ったバラだと思う

c0365716_21112173.jpg

モーティマーサックラーはポール仕立てのように見えるが
樹木を立て込み、それに枝を添わせ枝先を沢山作りモーティマー自体も樹木のような仕立てになっている
もちろん枝を横に引っ張っても咲くだろうが、グルグル巻き付けるまでもなく剪定して切り詰めても
ここをカバー出来るくらいの樹勢はある
しかし毎年少し凍害の出る薔薇でもあり、耐寒性はまあまあだ
この写真で3m前後だと思うがここでは凍害が出ても全体には弱らず
2.5m~3m程度はカバー出来るだろう


c0365716_21081872.jpg
この薔薇は僕が最初に迎えたイングリッシュローズだ
ちょっと薔薇らしくない所もある、最大の長所は枝には全くと言って良い程トゲが無い
やはり前はトゲが嫌だった(笑)
モダンやフレンチの多くは僕から見れば刺バットにしか見えず、手が出なかった
細い竹竿のようなツルンとした枝は本当に扱いやすい、ただ葉の裏には細かいトゲがある
今でもトゲの生え方の嫌いな薔薇は迎えようと思わないが、刺も生え方によっては好きなこともある

他にもグレーっぽい暗緑色や葉の感じ
小枝の感じも他とはちょっと異質な感じがする・・上手く言葉に出来ないが。汗





c0365716_21073837.jpg




小さな蕾から大きな花を咲かせる
枝は華奢で花は大きいが、花の重さはそれほどでもなく
下を向いて咲くような事はない

c0365716_21075791.jpg





雨に濡れるモーティマー
花もちは2~3日だと思うが、潔く散る花も有れば傷んでもそのまま残っている事もある


c0365716_21080647.jpg




1株の中でも花容が違い下の様な花も有る、1枚1枚の花弁は小さめ

c0365716_21082731.jpg




ここからはERらしい咲き方の花

c0365716_21083685.jpg


心地よいローズ香で沢山咲くと一体がバラの香りに包まれる
記事にアップするまでに全体に少しだけ青みが強く出てしまうが、実際はもっと青みは少ない
実際にはライラックピンクの薔薇というよりもピンクの薔薇という印象が強く
開花が進むにつれほんの少しだけ青みを含んでいると思う程度

c0365716_21084694.jpg

少し開花が進んだ所
手前の濃いピンクの薔薇はアランティッチマーシュ

c0365716_21085561.jpg

この薔薇は手前からもよく見える、枕木の柱の間から見える
背の高いピンクの薔薇がモーティマーサックラー

c0365716_21072223.jpg

かなり開花が進み満開に近い状態

c0365716_21091645.jpg

ただ今年は花が昨年よりもかなり大きく春の開花期の寒さも加わって
昨年のような満開にはならなかった
昨年よりもずっと花が大きかったのは枝を切り詰めているせいも有るのだろう
隣のアイスバーグは開くと10cmは花経が有るが、それよりもずっと大きい。

c0365716_21092616.jpg




かなり耐病性が高く、この薔薇は害虫は別として病気の方は無農薬でも行けるのではと思っている

c0365716_21090519.jpg

今年はこのくらいが最盛期といったところだろう
強い薔薇だが強ければ何でも良いわけではない
美しさと儚さ、香りや枝葉の美しさ
栽培者の要求をしっかりと答えてくれる逞しい樹勢など含め良い薔薇だと思う

c0365716_21093411.jpg

ちなみに僕が迎える際には下のような
睡蓮やダリアを思わせるような花の紹介写真に一目惚れして迎えた
薔薇らしくない花容でグレイスにも少し似ている
色々な花容が楽しめる薔薇でもあるが、このタイプの花の出現率は少なめだ
だからと言ってもこれまで紹介したように他にも美しい花が見れるので満足している
c0365716_21094575.jpg

枝は長く残したほうが花の大きが中輪でちょうど良い
それにその方が花が多く咲き、花経が小さいほうが一斉開花しやすいだろう
今は冬眠中だが、来年枝が凍害を受けず残るとかなりの長さが有る
今は来春どう仕立てるか妄想している(笑)




記事をご覧くださり有難うございました
お帰りの際はバナーを押して下さると記事を書く励みになりますので
よろしくお願いいたしますm(_ _)m


 ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by tsukiiro2613 | 2015-12-06 09:31 | モーティマーサックラー | Comments(6)