カテゴリ:グラミスキャッスル( 2 )

白月のような




前回の続き
秋のグラミスキャッスルの開花

コロッコロの開き始め
基本白だが開き始めにはこんな色が乗っている事も

c0365716_20124134.jpg

もう随分太陽が低くなった
出勤前でもこんなに火が低く横から日が当たっている
c0365716_20125008.jpg

秋バラ始めましたという記事であまり咲いてないグラミスを紹介したが
咲いては散りながら咲き続ける
c0365716_20125690.jpg

開き始めはクリーム色が乗っている事が多いが時が経つと純白になる美しい薔薇
c0365716_20130690.jpg

香りはかなり軽いがミルラの香りが有る
c0365716_20132175.jpg

挿し木なのでこのくらいでも充分楽しめている方だろう
一番も紹介してないのに秋バラの紹介になってしまった。汗
実のところ一番は芽の処理が悪くチョビチョビ開花してその後整理して
二番のような一番の続きのような花が夏に開花した
しかし連続開花性には優れている薔薇だと思う
ウドン粉病によくなるようだが我が家でもウドン粉病には多少なるものの
重症化する事はなく開花にも影響はない程度
丈は伸びないものの樹勢はそれなりに有り基本的な性質の弱い薔薇と言う印象はない
c0365716_20540662.jpg


白月とは白く輝く月、冬の寒々しい月という意味
澄み渡る冬の空、張り詰めた空気の中に見上げた月のような美しさを持った薔薇
グラミスキャッスル
c0365716_20130017.jpg
ところでなんで薔薇がグラミス城なんだ?と思ってしまうイングリッシュの不思議なネーミングセンス(笑)
乙女なピンクの薔薇に男性の名前が付いていたりしていて
もしかして・・・先に名前考えたりしてないか?と思ってみたり(笑)そんなわけない。

さてここ三日程夏日の続いた庭
帰ると真っ暗だが鉢薔薇の先がクタっと萎れそうになっているのを発見して慌てて水遣り。大汗
雨のあと一旦寒くなるようだがその後また暖かくなるという予報もある
今伸びだした途中のベーサルをどうするべきか、20センチ程度伸びたベーサル二本をジーっと見て考える
大雪山ではもう紅葉が始まっているとニュースで見た
北海道では10月後半には雪が降ってもおかしくない気温になる・・・やはり無理か。涙




記事をご覧下さり有難うございました
お帰りの際はバナーを押して頂けると記事を書く励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたします。

 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by tsukiiro2613 | 2016-09-27 21:17 | グラミスキャッスル | Comments(2)

薔薇のタマゴ




今日の紹介はグラミスキャッスル
イングリッシュローズ1992年作出

c0365716_10343448.jpg

この薔薇は鉢植えで育てている
昨年あまり考えず地に下ろしてが考え直しやはり鉢植えで育ててゆくことにした

c0365716_10345664.jpg

この薔薇の交配親はグラハムトーマス×メアリーローズらしいが
どこに親の性質が受け継がれたかとても不思議な薔薇でもある

c0365716_10344921.jpg


非常に繊細な花弁を持った薔薇
咲き始めに色が乗る事があるが僕が栽培した事のあるERの白薔薇の中で1番白い薔薇だ

c0365716_10344284.jpg

少しランダムに並ぶ花弁で俗に言うフワフワとかクシュクシュという表現が似合う咲き方をする
連続開花性が良く花上がりも良い、背丈も1m前後とフロリバンダのような薔薇で特に女性に人気の高い薔薇のように思う
葉は小さめでマットな質感で印象が良い

c0365716_10342580.jpg



香りは有るがほんのりミルラの香りがするくらいだ
香りのバラという印象派無いが
僕でも香りが確認出来たので鼻が利く人にとってもよく香る薔薇に入るかもしれない


c0365716_10341649.jpg

覚えてないが鉢植えの場所が移った。汗
おそらく強風か強い日差しを避ける為だと思うが・・・

c0365716_10340962.jpg


この薔薇は実は挿し木の株だ
台木付きは育ててないのでどんな育ち方をするかは判らない
しかし挿し木でもちゃんと生育するバラなようだ
おそらく接木でも同じだと思うが枝は剛直にならず
華奢な枝を沢山立ち上げて開花するタイプだろう、見かけによらず枝には鋭い刺が密に生えている
華奢な枝だが固さがあり花を俯かせる事なく支えることが出来る


c0365716_10340140.jpg


この薔薇は咲く過程で卵の状態が見られるバラでもある

・・意味不明だと思うが
右側の開きかけの花

c0365716_10335355.jpg


アップで
二輪並んだ左側の開きかけの花弁の中に球形の卵のような花弁が出来る
これはグラミスの栽培者なら誰しも見かけているだろうがグラミスの特徴だと思っている
c0365716_10334503.jpg

グラミスキャッスルはこのまま鉢で楽しんでいこうと思っている

c0365716_10333705.jpg


まるでシルクのような花弁の美しい薔薇

c0365716_10332833.jpg


記事をご覧いただき有難うございました
お帰りの際はバナーを押して下さると記事を書く励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m


 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by tsukiiro2613 | 2016-01-12 21:40 | グラミスキャッスル | Comments(10)