カテゴリ:マダムボール( 2 )

マダム・ボール



マダムボール1858年 アメリカ
ポートランド系のオールドローズ

c0365716_13391504.jpg



















この薔薇は一時地植えにしていたが鉢植えに転向した薔薇
コンテドシャンボールとあまりによく似ている為同一の薔薇ではないかと言われている
コンテドシャンボールの作出国はフランス
イングリッシュローズのガートルードジェキルの交配親であり
オールドの中では流通数が多く、あのグラハムトーマスもお気に入りの薔薇だったとか
作出年はマダムボールが1858年に対してコンテドシャンボールは1860年
マダムボールの方が二年先に作出されているようだ、しかしオールドと言うのは不確定な部分が多く
マダムボールに関してはコンテドシャンボールと同一品種とする人が多く流通数も非常に少ない

c0365716_13392121.jpg

















地植えの頃はカップ咲きだったが、鉢植えにしたらシャローカップに近い咲き方になった
株の生育による花の充実具合なんかの差も出てしまうので何とも言えない
花の色は温かみの有るピンクで同じ、枝葉の感じも同じだ
ガートルドジェキルの交配親だけあって強香品種と言われているが
僕はガートルードジェキルの方がずっと強く香ると思う(環境によるのかもしれない)





c0365716_13392849.jpg





















4~5輪程の房咲きになることが多いがどうしても開花前の蕾に一番最初に咲いた花が押されてしまう
c0365716_13392121.jpg


















上の写真の左側の葉の淵が茶色くなっている
これは肥料過多によるもの、肥料焼けでこんな症状が出ると知らず前にこれが結構出て褐斑病を疑った
褐斑病とは鉢植えで多く感染力が強く感染するとみるみる枯死するという恐ろしい病気だが
確か園芸本でも同じように葉の淵が茶色い画像を載せていたので不安になってしまった
しかしこれはほとんどが肥料焼けの症状
自作のボカシ肥料など作る暇が無いので、鉢植えの肥料に関して以前はこうやったらどうなる?と言うのを
やり過ぎない程度に試していたので、肥料焼けの症状が多く出てしまった
僕は肥料だとすぐ気がついたが、肥料も農薬のように使いすぎたりすると怖いもので
この症状が多く出たときは加減が少しだけ多すぎたのだが
これが施肥がもっと多くなれば 株全体の葉のフチ取りが茶色くなったのちにみるみる弱って葉が黄色くなり枯れてしまうことだろう
そして事実を知らない栽培者は原因を知る前に奇病による枯死と決めつけてしまう
鉢植えでは自作のボカシを使っている人はかなりマニアックで少ないだろうが、元肥を鉢の中に入れる人も稀だろうとは思う
もちろん混ぜられると記載されている肥料を使用しての事だが、鉢の上よりも中に混ぜ込む方が効果が高いはずと思ってやっていた
昨年はドレスコートとバットグアノで控えめだったのだがちょっとだけ肥料焼けの症状が出てしまった
モダンでは症状が出てないのでオールドは四季咲きでも肥料はもっと控えめで良いみたいだ





最初の花が終わり周りの花が咲いてきた
花は一回り小さくポンポン咲きのような感じになった
c0365716_13393340.jpg


















ちなみに株は10号鉢に入れている
下は夏に返り咲いた時のもの、色が随分淡くなっている
夏は花の寿命が短いのであまり咲いてないように見えるが蕾の上がりは良かったと思う
夏以降はポツリポツリ咲く感じ
c0365716_13394018.jpg


































鉢植えはまだまだ勉強中だがこの株は今年も植え替えせずに様子を見ようと思っている
実はこれまで二年同じ土を使用したことが無かったのだ
その様子をまた次の紹介で出来たらと思っている




記事をご覧下さり有難うございました
お帰りの際はバナーを押して頂けると記事を書く励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたします
 ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by tsukiiro2613 | 2017-02-02 14:23 | マダムボール | Comments(2)

mme boll






今日紹介する薔薇はマダム・ボール mme boll
作出1850年ドイツ 系統はポートランド、オールドローズだ



c0365716_20231155.jpg

実は昨年迎えていたのだが開きかけの蕾しか紹介してなかった(汗)
今年は地植えして初めての開花の紹介

c0365716_20224704.jpg

この二輪を追った写真しか残ってないが、非常に魅力的な開花だった



c0365716_20225491.jpg

花弁が少し外側に反り返りながらロゼット咲きになってゆく

c0365716_20230542.jpg
非常に美しい開花だったが花の中心はかなり濃い色合い、本来ならもっと淡い色合いのはずだ
葉の色は明るいグリーンでオールドローズらしい葉をしている
枝は細かい刺に覆われているが嫌な感じではない
シャリファアスマやフォールスタッフなどのトゲが嫌いではなく少し愛らしくも感じるのと似ている(笑)
c0365716_20231820.jpg
マダムボールは同じポートランドローズのコンテドシャンボールとよく似ていて、同品種として扱う所と別品種として扱っている所があるらしい
コンテドシャンボールはイングリッシュローズはガートルードジェキルの片親でグラハム・トーマス氏のお気に入りの薔薇だったようだ
マダムボール、コンテドシャンボール各品種に記載されている情報を比べてみると
大体コンテドシャンボールの方が丈が長く伸び、返り咲きとある
マダムボールは丈はそれより短く、四季咲き及び繰り返し咲きと見た、そしてどちらにも濃厚なローズ香が備わっている
と言ってもまだ濃厚に香っているのを感じた事がまだ無いので判らない

挿し木のコンテドシャンボールも所有しているが、そちらは生育がイマイチなので鉢栽培にしている
似ていると言えば似ているが、似てないと言えば似てない
正直どちらもまだ充実した株ではないので、本当の花なのかよく判らないのが正直なところだ



c0365716_20232522.jpg

今のところ気に入っているのでこれからの成長が楽しみなマダムボール
しかし、今ハダニと戦っている(汗)
戦っているのは僕だが、マダムボールにもハダニが付いている


そう、全国的に梅雨、大雨、台風と報じられる中
北海道は例年通りの乾季に突入している
この辺に住んでいる方の庭では紫陽花の花がちゃんと開花しているだろうか?
我が家には紫陽花は無いが、雨が似合う紫陽花はこの辺ではどこで見ても水遣りをしてなければ乾燥により花が小さく萎縮してしまっている

この時期の、いや年間で一番嫌な虫は我が家ではハダニである、しかも我が家は基本的に砂土なので強乾燥に見舞われると本当に辛い
乾く場所では30センチ掘っても50センチ掘っても湿り気は無い、バサバサの乾いた土だ

実はこれは前からではない、ここ2~3年特にハダニが酷い
これはハダニが越冬している可能性も有るが、植物が大きくなり密集してきた事で庭土からのの吸水量が格段に増えたことにも有るのではと思っている

場所により乾燥が酷くよくこんなになっても生きているなと思うほどに乾燥している、バラや深く根を張る宿根草は平気だが
水不足になっているとバラの初年度の苗や根の浅い草花は明らかな不調を見せるようになる
そんな弱みに付け込んでくるのがハダニ達だ、この時物凄いスピードで増えてくる

最近秋までには大体の植物の葉色がおかしくなっている、ハダニに弱いものは夏のあいだに衰弱してしまう
いつもハダニに弱い品種は判ってきた、だが昨年バラばかり見て気を抜いていた
すると秋になりお気に入りの宿根草が越冬する葉(ロゼットのようなもの)を残さずに何も無くなっていた事に気がついた


結構前から庭の水遣りを始めたが、土に染みるほどの雨が降ったのはいつくらい前だったろうか・・・
この間薬を散布したらサラっと雨が降ってくれたが(汗)

そう、天気予報では雨が降らないはずなのに、薬を散布した日に限って後に雨が降って効果が低下してしまうという惨事が続いている
そうなるともう同じ薬が使えないわ効かないわで本当に萎えてしまう


天候と言うのは本当に分からないものだ、雨が降りすぎてもダメ晴れが続きすぎてもダメ
暑すぎても寒すぎてもダメ、風が強すぎてもダメ
しかしそうそうこちらの都合に合わせられる訳もない
雨が続くようになるまで乾燥とハダニとの戦いは繰り返される事だろう。涙




最後までご覧下さり有難うございました
お帰りの際はバナーを押してくださると嬉しいです
記事を書く励みにもなりますのでどうぞ宜しくお願いいたします。


 ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by tsukiiro2613 | 2015-07-17 21:50 | マダムボール | Comments(4)