カテゴリ:ウィリアムモリス( 4 )

Rose of The Year2016



僕は薔薇の品種で一番好きな品種というのは無い
何度か書いているが、その年に一番輝く薔薇というのは毎年違うから
開花期と気象のタイミングや株の状態にも左右され、同じ品種でも毎年違う顔を見せてくれるから
だから薔薇は面白い
ブログを続けるようになってその年に一番輝いていた薔薇(惹かれた薔薇)を発表する事にしている

ちなみに2014年は真夜

2015年はアシュロップシャーラド



真夜は2014年に迎えたばかりだったが、その時求めていた物にピッタリの薔薇でその年はいつまでも見とれていたのを覚えている

アシュロップシャーラドに関してはそれまで何年も苗のようで充実した花を見れずにいたが
やっと実際にラドらしい花に会えた事がより自分の中で感動が高かったのだろうと思う

今年は開花終わりに驚く程美しく香り高く咲いてくれたレディエマハミルトン

と 迷ったが(笑)やはり今回もラドのように精神的な部分も大きいかな?





一昨年カミキリムシかコウモリガか判らないが幹を喰われ一本足になってしまった薔薇
何とかその年中にある程度復活、しかし春には凍害がでてしまう
心配をよそに沢山の蕾を上げ満開を見れるかと思ったら、僕が出張(笑)
それでも待っていたかのように美しい満開の様子を見せてくれた
ウィリアムモリスを昨年一番輝いていた薔薇として決めた

c0365716_20172949.jpg

今回はせっかくなので下の植栽場所が判る一枚以外は非公開画像で紹介しようと思う
どうせお蔵入りで削除するのならこの機会に日の目を浴びさせようという魂胆(笑)

植栽場所はアーチ向かって左側
c0365716_20171816.jpg
こちら側にあまり花を咲かせてないのはこちらは通路なのでトゲが引っかかるから
枕木の柱に這わせているのはクレマチスのマクロペタラ ウェッセルトン(鉢植え)


ウィリアムモリスは似たような薔薇が有るように見えるが実際はとても雰囲気の有る薔薇
c0365716_20180266.jpg

交配のせいか一番花の開花だけでも様々な顔を見せる
下は開花始めの頃
c0365716_20172439.jpg
c0365716_20181698.jpg

花弁は極端に弱くは無いが繊細な花弁を持っている
極端な環境下では花弁が傷んでしまう
c0365716_20175165.jpg

香りはティー系の甘い香りだったと思うがこの薔薇の香りをちゃんと感じられたのは数える程しかない
僕は元々ティー系の香りを感じられないようなのだ・・・

c0365716_20173491.jpg


裏側から見たところ、ステムは結構長い
モダンシュラブやクライマーだとステムがこのくらい長い事が多く
アーチではどうかと今は思うがどうしても駄目という長さでも無いと思う

c0365716_20180891.jpg

ウィリアムモリスの一番好きな花弁の開き方は上の方の花
ただのカップではなく一枚一枚が美しく少しずつ反り返っている咲き方、すぐにウィリアムモリスだと判る
c0365716_20171230.jpg

開花の序盤はアブラハムダービーのようなオレンジ色に近い濃い色合いが花の中心に出るが
開花も中盤頃になると色合いが落ち着きこの品種本来のちょっと冷めたような色合い
本当は入ってないのにグレーっぽく見えるというか、そんな感じの色合いに見えるのがとても好きな薔薇だ



開花終わり頃、小さめのカップ咲きになったウィリアムモリスも中々良い
c0365716_20174659.jpg


c0365716_20174075.jpg

ちなみに今回は非公開なので物足りない方は品種紹介の記事もよければどうぞ
白飛びしている画像も入っているけど(汗)
僕の非常に気に入っている薔薇で今年の開花も楽しみにしている薔薇
昨年2016年は特に美しく輝いていた薔薇だった





記事をご覧下さり有難うござました
お帰りの際はバナーを押して頂けると記事を書く励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたします。


 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by tsukiiro2613 | 2017-04-12 22:12 | ウィリアムモリス | Comments(8)

待っていたモリス



今日の紹介はウィリアム・モリス
1998年作出のイングリッシュローズ2016年一番花
c0365716_12071474.jpg



















ウィリアムモリスは大型のシュラブだが伸長力が強くツル薔薇としての利用が出来る薔薇
もちろん短く切り詰めれば大きめのブッシュでもシュラブにも出来るだろう
北海道のバラ園なんかではよく見る光景

下の写真は開花が始まった頃の花

c0365716_12101972.jpg



















全体の印象としてはピンク色の薔薇だが
中心にアプリコットが強く出たりピンク色になったり色の移ろう薔薇である
褪色すると全体が白っぽくなる



c0365716_12101319.jpg


































植栽しているのはアーチの向かって左の片側
その片側の奥にはフォルスタッフが植栽してある
c0365716_12095951.jpg



































扉を抜けるときはいつもウィリアムモリスの花を見る事ができる
・・たまに扉に挟まりそうになって救出しているけど。汗


c0365716_12100686.jpg

















非常に整った花で大きめの中輪の花
株と花のバランスで見るとゴージャスさを失わず株とアンバランスにもならないちょうど良いサイズの花の大きさだと思う
僕はこういうタイプの八重咲きは7~10cmくらいまでの大きさの花が好きだ
c0365716_12095263.jpg

































非常に美しい薔薇
これまであまり書く事は無かったが この薔薇は我が家のイングリッシュの中でも五本の指に入る程気に入っているバラだ
と言っても順位が有るわけではないが・・
しかしハンドブックではわりと早くにメイン品種からは外れツル紹介の所に載っていた
僕は同じようなサイズの薔薇を選ぶのを見て何故この薔薇を選ばないのか不思議に思うくらいだ

もちろん好みは有るので仕方が無い事だが
バラ園なんかで見ているとあまり思わない事だがこの薔薇は人を惹きつける魅力の有る薔薇だと僕はおもう
庭でシュートを誘引して花が咲くととても雰囲気が出る薔薇なのだ
その上夏も秋もちゃんと咲く薔薇だ、大きめのシュラブではこの薔薇のように咲く薔薇はあまりない
我が家では秋に間に合わなくなるので夏にはあまり咲かせない

c0365716_12093443.jpg




































ティーの香りなのでそれ程強くは香らないが(自分がティー系の香りをあまり感じないのもある)
香る時はとても優しい良い香りが漂う

c0365716_12091564.jpg



















葉は半照り葉で茎はあずき色、耐病性も良く樹勢も強い
花付きも申し分無いだろう
c0365716_12090482.jpg



































下の写真は上から見た所、アーチは右下
この記事では写真が多いものの前面から見た写真があまり無い
普通ならアーチ正面から見たところを紹介するのが本当だろう
しかしいつも記事に書いているように南風がひどく強く吹くのでアーチ前面の花は早々と傷み強制終了させられ
ちゃんと咲いているように見える写真が無いのだ

樹勢が有り伸ばせばアーチや壁面・フェンスなどに使えるが
伸ばすとなると寒冷地では耐寒性の面ではちょっと物足りなさを感じる
イングリッシュは殆ど四季咲き性が有るので耐寒性が高いと言われていてもウィリアムモリスと同じくらいの耐寒性の薔薇が多い
札幌ではアーチを覆うくらいまで簡単に伸びるが問題は長く伸ばしたツルが越冬出来るかどうか
長く伸ばす場合は冬の防寒は必要だろう、雪に埋まるようツルを降ろして越冬すればなんとか行けると思っている
毎年思うことだが凍害さえ出なければ今頃殆どの構造物も薔薇で覆えている事だろう、寒さが恨めしい
しかしその代わり薔薇に甚大な被害を与える虫が少ないのはとても助かる

ちなみにフォルスタッフは防寒しなくてもここでは凍害が出ない耐寒性の高い薔薇だ
しかしフォルスタッフはアーチには向いてないと僕は思う、どちらかと言うと高性のブッシュローズっぽい薔薇
アーチの上でめちゃくちゃ長いステムが立ち上がってしまう
ウィリアムモリスもステムは長いが垂れるのでそれ程気にならない
昨年はウィリアムモリスを扉の上のアーチ状の枝に、フォルスタッフを鋼製のアーチに誘引した
どちらもアーチを覆うに十分な樹勢がある
しかしウィリアムは虫害で半分駄目になり
フォルスタッフはアーチの上で長いステムがビョ~んと真っ直ぐ立ち上がってしまう結果に
それにより結局フォルスタッフは切り詰めてウィリアムモリスを鋼製アーチに戻し
扉の上の枝のアーチには薔薇を括れないままになっている
マダムイサークも扉までは凍害で伸ばせない、あとはファンタンラトゥールに期待するしかないようだ。汗

c0365716_12085055.jpg


















開き始めは色が濃い目に出ることが多いが
開花が進むと全体が落ち着いた色合いになってくる
c0365716_12084283.jpg



















イングリッシュなのでモダンな部分も持っているが
下の写真のようにオールドローズのように咲く姿く姿がたまらない
c0365716_12080950.jpg



















非常に美しい開花を見せているウィリアムモリスだが
一昨年の事、我が家では珍しい虫害で二本しか無い主幹を一本失ってしまった
這わせる薔薇は早くに支えて長く伸ばすと株元が細く頭でっかちになり、ベーサルも出にくくなってしまうが
この薔薇はもともと樹勢が落ち着くとシュート更新をあまりしないようなので一本枝になってしまっている
c0365716_12083562.jpg




















しかし一昨年のうちにかなり復活してくれたウィリアムモリス
開花をとても楽しみにしていたのだが、この時期に前代未聞の出張が。大汗
c0365716_12075839.jpg



































出発の日の早朝
あともう少しなのに・・・と悔しい思い出眺めていた時の写真
c0365716_12080402.jpg



















しかもずっと涼しく経過していたのにこの時に限って出張の間ずっと30度くらいまで気温が上がる
出かけている間に強制終了か?とドキドキだった
c0365716_12075112.jpg



















しかし帰ってくるとそんな心配をよそにウィリアムモリスは僕を待っていたのごとく美しく沢山の花を咲かせていた
悪天候が続いて見所を失う薔薇が多かった昨年のこの開花はとても嬉しかった
(アーチ前面はもうとっくに風にやられていたけど)
c0365716_12074562.jpg




































帰ってきた次の日に見た早朝の花はとても美しかった

c0365716_12073827.jpg



















ゴメンね昨年は沢山咲けなくって。。(モリス)

いいんだよそんな事、一昨年だって枝を失っても十分綺麗に咲いていたさ 気にするな

やだカッコイイ!せめてお名前だけでもお聞かせ願えますか?

名乗る程の者じゃないさ、でも薔薇の貴公子、とだけ言っておこうか
(それよりオーナーの事も知らんのか?汗)

き、貴公子!?ん~やっぱなんかダサい。大汗

・・・でもアホ、いえ貴公子、一つだけ言ってなかった事があるの聞いてください
実は私、男なの。(ヒゲの生えたね。)

ええぇぇえ!!!

気絶


c0365716_12073149.jpg



































まあ茶番劇は置いておいて、ウィリアムモリスが気を落とした僕を見ていたかのごとく
昨年は素晴らしく咲いてくれたという事を言いたかったのだが。(笑)
こんな女性らしい薔薇が男性の名前というのもイングリッシュの不可解なところ

c0365716_12072425.jpg




































開花最盛期の頃になると良い色合いになる
このアンティークな感じがウィリアムモリスの一番好きなところ

c0365716_12071474.jpg



















バラの栽培歴が長くなってくると段々とその薔薇の本当の顔、性質が分かってくる
そして自分の好みも分かってくる
その中でこの先もずっと育ててゆきたいと思える薔薇を考えるようにもなる
ウィリアムモリスはこれから先もずっと育ててゆきたいと思える薔薇だと思った
c0365716_12065148.jpg



















昨年の一番花はとても良かったが
秋には蕾は沢山上がったものの雨が多くステムが異様に長く育ったうえに咲いても雨で上手く咲けなかった
しかし株が復活して一番花でしっかり見れたので満足な年だった
c0365716_12065715.jpg



















見たとおり花弁が繊細なので強い日差しでは花焼けする事も有る
左側の丸い花はちょっとボーリング気味、ただしボーリングして開いた花がみな見れないなんて事は無い
c0365716_12063672.jpg



















ここは日当たりが良く日差しを受けた写真を撮るには角度的にちょっと難しい場所
これまで殆どが日が当たる前の早朝か日没の頃の写真
c0365716_12064499.jpg


















ここからはちょっとだけ日差しを取り込んだ写真
フォルスタッフとウィリアムモリス
c0365716_12063022.jpg
























昨年は出張に出たときのみ暑かったが開花期はずっと寒かった
7月になっても涼しく、昨年は夏が来ないまま終わるのではと思った程だった
その涼しさも手伝って最盛期は過ぎても長いこと咲いていたウィリアムモリス
c0365716_12055838.jpg



















下の写真はなかなか面白い、ウィリアムモリスだけに日差しが当たって輝いているようだ
c0365716_12055217.jpg



































今年も素晴らしい開花に会えることを楽しみにしている
さて、ウィリアムモリスの紹介が終わってしまった
紹介出来る品種も少なくなってきた、今年は上手いこと春の記事とシフト出来ると良いのだが
それまで皆さんお付き合いよろしくお願いいたします。




記事をご覧くださり有難うございました
お帰りの際はバナーを押して頂けると記事を書く励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたします。


 ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by tsukiiro2613 | 2017-01-15 15:49 | ウィリアムモリス | Comments(12)

会いたかった薔薇



さて秋です。
初めて訪れた方は今は5月だぞ!と言いたくなるだろうが
我が家のガーデンの昨年開花した花の紹介をしています

秋に開花したウィリアムモリス
昨年は多くの薔薇を9月に咲かせるべく計画し、その通りに開花してくれたのだが
このウィリアムモリスに関しては春に株が虫害で半分くらい減ってしまい
株自体の勢いも無くなってしまいかなりの遅咲きになり
一番花ははたしてウィリアムモリスだったのか?と思うような充実しない花が咲いてた

c0365716_21135886.jpg

僕はこの薔薇をかなり気に入っている
何が良いのか?
ピンクの薔薇は数知れず存在するが、この薔薇はひと目でウィリアムモリスだと判る

この非常に整ったロゼット咲きが素晴らしく
暖色のアプリコットとピンク、そして僕が一番好きなグレーがかったブラッシュピンクへと変化する

c0365716_21355511.jpg

一番花の頃もこの開花を楽しみにしていたのだが
残念ながら不調で良い開花が得られなかった
秋までに少しずつ株が元気を取り戻しいつもの開花を見せてくれた事がとても嬉しかった

c0365716_21140226.jpg

冒頭で書いた通り一番花がかなり遅く咲き、その後養生していた為
純粋な秋バラと言うよりも何となく9月に咲いてくれたわけだが
こちらの気持ちを察したかのように他の薔薇と一緒にまた美しい姿を見せてくれた
c0365716_21135302.jpg

暖かい地方の人から見れば9月なんか夏のように暑いじゃないか!と思われそうだが
札幌では8月のお盆を過ぎる頃には日中は暑いが朝晩冷え込み日照も短くなる
気温的には一番花の開花の頃に近い時期なのだ
夏の薔薇を考えるとどうしても10月からの開花にしたくなるが
ここでは10月に入ると雪が降ってもおかしくないような気温になってしまう
そうするとあまりに遅い開花のスピードに傷んでしまったり咲けなかったりする薔薇が多くあった
花弁の少ないバラなど開花スピードの早いバラなら問題ないが
ERのように花弁が多く傷むのが早い薔薇は9月くらいの気候が合っているように思う
ただし結構暖かいので花弁の色はあまり秋バラという感じがしないかもしれない・・

アプリコット~ピンクに咲くウィリアムモリス
c0365716_21135067.jpg

しかし9月に秋バラを設定したのは良いが
春の開花の頃のように9月も暖気と寒気が入れ替わる時期なので
昨年は特に超悪天候が続いた・大汗
突然滝のような大雨が何度も打ち付け花を傷める
c0365716_21134504.jpg

上の画像でかなり花弁が傷んでいるが
それもそのはず大粒の雹(ヒョウ)まで降っていた。涙
(実際は結構暗い時間なので画像がボケてます)
c0365716_21133943.jpg


また明日の開花にかける
c0365716_21133523.jpg


早朝、秋には一番花の頃のように早起きできなくなってしまうが
そんなに早起きじゃなくてもまだ日が昇る前だ(笑)
c0365716_21384501.jpg

6月とは違いひんやりとした空気の中のウィリアムモリス
c0365716_21385187.jpg



暖かな朝日が横から差し込み花弁を透過する

c0365716_21132234.jpg

ちなみに小さめの花はこんな感じでウィリアムモリスか判らなくなってしまう
c0365716_21131865.jpg

ウィリアムモリスはステムが長くあっちこっちでダルんと房で垂れ咲く
しかし美しいのでそんな事は気にならない
絶妙な優しい色合いで咲くウィリアムモリス
c0365716_21131413.jpg



一年待ちに待った開花だったため今画像を見てもウットリする(笑)
c0365716_21131056.jpg



上の画像からまた少し日が経った写真
秋の開花は春とは違った どこかドラマチックな雰囲気がある。
c0365716_21130523.jpg

沢山の開花報告の記事がアップされる中
引き続き秋の紹介をしますのでどうぞよろしくお願いいたします(笑)

今日は晴天でわりと暖かかったものの風が強い日だった
今年は本当に風の強い日が多い
庭では伸びの早いバラと遅いバラの差が結構激しい
今日よくよく見るとついに発見してしまった、アブラムシを!・・・涙
平和なのは一瞬だったなぁ~(遠い目)
しかもこの間芽出ししたばかりだと思っていたら
なんと蕾を発見!バロンジロードランとルイーズオディエそれにホワイトメディランド
アブラムシが居るという事はもしかしてと思ったら小さな小さな蕾が確認できた
嬉しいような、けど変に早くてちょっと妙な気分だ
今年はどんな年になるのか期待と不安が入り交じる
c0365716_20541189.jpg



記事をご覧くださり有難うございました
お帰りの際はバナーをポチっとしていただけると記事を書く励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたします。

 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by tsukiiro2613 | 2016-05-08 22:28 | ウィリアムモリス | Comments(16)

ウィリアム モリス2015



ウィリアムモリス
1998年作出 イングリッシュローズ
c0365716_14005368.jpg

非常に整ったロゼット咲きのウィリアムモリス
アンティークな感じというのだろうか、雰囲気の有る開花を見せるバラでとても気に入っている
しかし昨年はテッポウムシもしくはコウモリガが幹に入ってしまい
半分の枝を失い、更に一昨年の積雪の少なさで上部に凍害が出てしまった
幹に虫が入ったのは初めてだったので正直焦った
昨年は花数が少なく見応えの無いまま開花が終わってしまったとても残念な年だった

下は開花が進んできた頃の様子
アーチから通路にかけて咲いているピンクのバラがウィリアムモリス
ダメな枝はもう切り取った後だが、通路の上の枝のアーチ部分にも凍害の症状が出ており
葉は萎縮して小さい、花数も少ない



c0365716_14005984.jpg

花の感じも調子を崩している感じが出ている
いつものウイリアムモリスとはなんだか様子が違う・・・

c0365716_14010959.jpg

雨や強い日差しにはあまり強く無いが全てダメになるような事はなく
毎年花を楽しませてくれる美しい薔薇だ
ティー系の強香種とあるが我が家では特にティー系の薔薇が香る事は殆ど無い
条件が整った時のみよく香っているように思う(その条件は不明)

c0365716_14014101.jpg

このアーチ部分の葉はマダムイサークと同じようにいつまでも萎縮しており
もうダメかと思ったが何とか復活し開花してくれた

c0365716_14015423.jpg


遅咲きの頃
いつもの開花終わり頃の美しいウィリアムモリスの花が見ることができた


c0365716_14021311.jpg

僕が冷めたピンクと呼んでいるこの寒色系のピンクの感じがとても好きだ
しかしこの開花終わり頃の時点でも小さな蕾があったりこれから咲こうとしていたり
凍害が出た後は生育がマチマチになってしまう
c0365716_14020325.jpg

昨年は虫と凍害で半分になってしまったウィリアムモリス
昨年中には元通りとはいかなくてもかなり元気を取り戻した
色々と書きたくなる薔薇だったが不調で殆ど写真を撮ることも記事で褒めることも出来なかったのが残念だ
また来年には素晴らしい開花に出会える事を願っている


記事をご覧くださり有難うございました
お帰りの際はバナーを押して頂けると記事を書く励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m






 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by tsukiiro2613 | 2016-01-31 15:19 | ウィリアムモリス | Comments(10)