カテゴリ:オリビアローズオースチン( 1 )

オリビアローズオースチンの開花 5月5日の庭




先週から本当に暑かった
今日も最高気温が27度、先週は真夏日にこそならなかったが29度だった日も。汗
5月にして一ヶ月以上先の気候でもう夏になったのかと勘違いしてしまうほど
明日からは少し落ち着いてくるようなのでホッとしている

さて今日の庭、またぐっと緑が濃くなっていつもの庭になってきたようだ
c0365716_17031425.jpg

ちなみに下は5月5日の庭
たった半月ちょっとでこの変わりよう
c0365716_18280252.jpg


風知草が良い感じ
読んで字のごとく風を受けて靡く様がとても涼しげで見ていて気持ちよくなるグラス
さわさわと手で触れてみたくなるが、触れてみても想像通り柔らかくしなやかな気持ちの良い葉
c0365716_17030327.jpg

朝霧草もこんもり丸くなってきて・・・朝霧?
そう言えば今年は朝露が殆ど降りてないようだ・・冷え込みが無いからうどん粉も出ないのか?
昨年と一昨年は開花前にうどん粉が出て嫌な思いをしたが今年は全く気配が無い
このまま行ってくれれば良いがそう上手くいくはずもないか(笑)
c0365716_17023307.jpg
朝霧草の脇に変なグラスが入っているがまた衝動買いで入れてしまったグラス
伸びてくれば絶対に邪魔になると解っているのに春は寂しく感じて入れたくなる
昨年と同じことをしている。汗
結局今日場所をずらしてしまった


アトラゲネ系のクレマチス フローラリアが今年は良い感じだ
マクロペタラ  ウェッセルトンが無いので迎えてみたがこれはこれでとても美しい品種だ
ブルーが入った淡い藤色、この品種はまた別の日に紹介したいと思う
c0365716_17021653.jpg
結局マクロペタラとフローラリア、そしてマクロペタラの選抜品種ウェッセルトン 
アトラゲネ系のクレマチスが三本も有る。汗



この暑さでオダマキ達がいそいそと咲きだした
ゆっくり咲く準備をしていたらいつの間にかもう咲かなければいけない気温になっていた
まるで僕の記事の更新状況みたいだ(笑)
c0365716_17012769.jpg
上はミヤマオダマキの白、草丈は花も含めて30cm程度
オダマキはこぼれ種でよく増えるが株の寿命はそんなに長くないのでそろそろ更新しなければならないだろう


下は同じミヤマオダマキの紫、オーソドックスなオダマキの色合い
白しか無かったはずだが交配していたのか紫が出た
ミヤマオダマキはちょっとずんぐりした花をしている
花の裏の丸まった五本の角ような部分が面白い
c0365716_17013297.jpg


そしてお気に入りの風鈴オダマキ
毎年わざと種をばら蒔いているがこういうのに限ってあまり増えない
c0365716_17012334.jpg


そして我が家でも薔薇が咲いた
今年迎えたオリビアローズオースチン
ただ春に迎えたときには蕾が付いていたのでコレは我が家での開花にはカウントしない
c0365716_17013855.jpg

付いていた蕾は二つだけ、それでも花を見るのには充分だろう
c0365716_17014142.jpg

一応花色を比較出来るように日陰と日向で撮影してみた
c0365716_17014692.jpg

驚いたのはこの薔薇はピンクなのである
いや、僕の頭がおかしくなったわけでは有りません(笑)
純粋なピンクであると言う事
しかもほんの少し紫の色素も入っているように思う
c0365716_17015083.jpg
ちなみに見て分かるように咲いた花は株の充実のためすぐに摘み取ってしまった
開きかけの時と摘み取ってちょっとの間は香りが有ったが中香程度
香りや株の性質は株が充実してこないと何とも言えないが
香りの質はこれまでのERとはちょっと違ったような気もする
ちょっとデルバールっぽいというか・・・
c0365716_17015347.jpg

外側の花弁が白く、内側ははっきりとしたピンク色でピエールドロンサールに近いくらい色が分かれている
とただ今回の花を見てみただけのレポートだが
これからが楽しみな品種なのは間違いない、さっさと花が終わってしまったがこれからの成長を楽しみにしている



記事をご覧くださり有難うございました
お帰りの際はバナーをポチっとしていただけると
記事を書く励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたします
 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by tsukiiro2613 | 2016-05-22 18:10 | オリビアローズオースチン | Comments(2)