カテゴリ:ソニアリキエル( 2 )

ソニア・リキエルに捧ぐ



ソニア・リキエル
1995年 作出ギヨー/マサド

ファッションデザイナーのソニア・リキエルの名前が付けられた薔薇だ

c0365716_17004791.jpg


開き始め、開き始めから華やかなソニアリキエル
c0365716_17045652.jpg

コーラルピンク~サーモンピンクの蕾からピンク色に開く
c0365716_17044210.jpg

花は非常に整っておりゴージャスだが嫌味が無い

c0365716_17045007.jpg

葉は明るいグリーンでマットな葉
刺は規則正しく大きめだがこの辺はフレンチに多い刺のつき方だろう
c0365716_17044210.jpg

開花が進んでピンク色に
c0365716_17050285.jpg



開花が進んできた所

c0365716_17043552.jpg


昨年はなんとかバロンと開花期が合っていたが今年は残念ながらズレてしまって全景はソニアだけになっている
開花前の写真が有ったので一応紹介
よく伸びる薔薇バロンが上部に、ショートクライマーのソニアは下部に
直角三角形を合わせて置いたような誘引になっている

c0365716_21031305.jpg

バロンが壁に沿って咲くのと違ってステムの長いソニアは垂れ下がって咲く
四季咲き性のシュラブやクライマーは殆どステムが長いのでこれが辛いところ
狭い通路なのでソニアのおかげで開花が終わるまでかなり通りにくくなる

c0365716_17042219.jpg


それにしても美しい薔薇だ、この手の薔薇ではかなり美しい方の薔薇だと思う

c0365716_17042813.jpg

ソニアリキエルは強香種で香りには色々な説明が書かれているが
僕はこの香りはアブラハムダービーと似ている気がする
非常に濃厚で酸味の強い香り、開花期に玄関を出るとアブラハムとソニアがよく香っているのが判る
どちらも早朝から陽のあたる条件なのも有ると思うが

c0365716_17034276.jpg


開き始めはカップ&ソーサー

c0365716_17030907.jpg


花弁がかなり多いバラだが開いても形が崩れることなく美しく開花する
これは意外に重要なこと

c0365716_17030258.jpg


珍しく順光で撮影したもの
c0365716_17025420.jpg


このくらいの角度だと日差しを浴びても美しい
c0365716_17024782.jpg


最初の花の開花が進んで全体にピンク色になってきた
・・お気づきの方も居るかと思うが右下にいるのはマダムルグラドサンジェルマン
既に満員御礼のこの場所になんとかなるさと植栽してしまった(汗)
実は手前に1mくらいの塀が有って、サンジェルマンは項垂れて殆ど写ってない。

c0365716_17024109.jpg

大輪ではあるが巨大輪ではなく10cm強の程よい大きさの薔薇
c0365716_17023333.jpg

我が家にギヨーの薔薇はこの薔薇しかないが
前にギヨーの売り場を見ていた時はアプリコット~オレンジ色の薔薇が多いブランドだと思った
色々と見てみたいところだが北海道はイングリッシュガーデンのイメージが強いのか
バラ園にはイングリッシュローズは有ってもフレンチは見ることが無い
全体にイギリスやドイツの薔薇と比べて新しいフランスの薔薇は耐寒性が低めな印象も有る
個人の庭園では植栽されているだろうがあまり見ないのは何故だろう?

c0365716_17020978.jpg

フレンチだが強香種なので花弁は日差しには弱い
そのせいか花もちも良くはない、イングリッシュは基本散るのが早いと言われているが
確かにイングリッシュの一部は異常に早いが、僕が見てきたフレンチは強香種が殆どで
イングリッシュの花もちと大差ないものばかりだ、僕のチョイスのせいなのだろうか・・

c0365716_17020446.jpg


更に開花が進みアプリコットの強いピンクとピンク色の薔薇が混ざって咲く

c0365716_17015759.jpg

この薔薇の色の出方はデルバールのダムドゥシュノンソーに非常によく似ている
しかしダムドゥシュノンソーの方が色の出方が極端で大輪、開くと花弁の並びが多少ルーズである
この辺は好みだと思うが僕はこの薔薇を育ててみたかったので選んだ
c0365716_17015195.jpg

褪色が進み淡い色合いに
c0365716_17014347.jpg

いつもはもう少し白っぽいが今年は気温が低かったせいかどの薔薇も色が濃くでていた
しかし一斉に咲かず徐々に開花が進んでいた
いつもは北海道の薔薇は色が濃いと褒められてもピンと来なかったが
今年の開花なら頷ける、どれも色が濃くライラックピンクの薔薇はより紫が強く出ていた

c0365716_17013690.jpg
c0365716_17012591.jpg

開花が終わりながら入れ替わり咲き続ける
c0365716_17011904.jpg

途中寒さのせいか急に色合いが変わった
c0365716_17002069.jpg


あれ?こんな色合いの薔薇F&Gに無かったっけ?と思うような色合いの花が咲いた
c0365716_17011272.jpg


これはこれで美しかった
c0365716_17004791.jpg

ソニア・リキエル本人は今月25日
パーキンソン病が原因で86歳で亡くなった
僕は彼女のことや作品は詳しく知らないが
ニットを自身の芸術的センスでファッショナブルに変貌させ80代になっても活躍していた彼女
そんな彼女の名前の付いた薔薇はどこかアーティスティックでスタイリッシュな薔薇という感じである
この薔薇は既に発表から20年もの時が経っているがその美しさは衰えることはない、この先もずっと・・
きっと彼女も生前この薔薇の美しさと香りに喜んだことだろうと想像する

c0365716_17004296.jpg


その後は少しくすんでアンティークな色合いに
c0365716_17003765.jpg

今年は涼しいどころか寒いとさえ思える気温だったため一斉に咲くことが無かったが
ゆっくりと多彩な顔を見せてくれたソニアリキエル
多少凍害に弱い印象が有るが毎年安定して開花する薔薇である
c0365716_17003227.jpg

昨年は沢山のベーサルを出して旺盛に成長してくれた
今年は少ししか出なかったがそろそろ古枝は更新させた方が良いのだろう
c0365716_17002785.jpg


ちなみに今回の音楽動画、僕は音楽動画については語ることは殆ど無い
いつもと違うジャンルのものだがPVの12歳の少女のバレエを基本とした創作ダンスが
なんとも芸術的でソニアリキエルがアーティストであった事とどこか共通するように思えた(ちなみに髪型も)
音楽やダンス、ファッションにしても特別な芸術的センスに人は惹かれるものである
芸術とは表現者あるいは表現物と鑑賞者が相互に作用し合うことなどで、精神的・感覚的な変動を得ようとする活動とある
薔薇の世界も作出者は芸術家であり、栽培者はその芸術作品に共感した者
栽培者自身も芸術的センスの高い人間であることが多いように僕は感じている

c0365716_17000800.jpg



ソニアリキエル一番花最後の花

c0365716_17000058.jpg


記事をご覧下さり有難うございました
お帰りの際はバナーをポチっとしていただけると
記事を書く励みになりますのでどうぞよろしくお願いいたします。

 ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by tsukiiro2613 | 2016-08-28 21:56 | ソニアリキエル | Comments(12)

ニットの女王 Sonia Rykiel




ソニア リキエル 1995年 Guillot Massad

ソニア リキエルはニットの女王と呼ばれ
普段着だったニットをファッショナブルに変貌させたことでそう呼ばれているのだそう
僕は薔薇のソニアリキエルの事はよく知っていてもファッションデザイナー ソニア リキエル本人はよく知らない
ソニアは着たいようなマタニティウェアが無かったので自分で作ったのがファッションデザイナーになるきっかけだったようだ
では僕も動きやすく丈夫な庭仕事に向いた服装がないからファッションデザイナーでも始めようか
とは思っても人生そんなに甘くない(笑)

c0365716_21022447.jpg


ソニアリキエルは半つる、シュラブ
我が家はではバロンジロードゥランの隣に植栽している
同じ年に迎えたので隣同士、とても安易な植栽位置だ(笑)
この頃庭の中はもう植えたかった薔薇で一杯だったので、それ以外のバラはこの出窓の間のデッドスペースと
前庭に薔薇の植栽規模を広げていた
とにかく気になっていた薔薇ばかりを植えていった感じだ
ソニアリキエルはバロンの横には合わないのでは?というお声も頂いたが
僕ももちろんそう思う(汗)そして主庭でもレディオブシャーロットの植栽位置が気になってしょうがない
でもどちらもよく出来た薔薇で気に入っているので、移植してわざわざ弱らせたくないのでご了承頂きたいと思います



ソニアリキエル、開き始めはアプリコットを含むピンク
どうやらこの色はコーラルピンクと呼ぶらしい

c0365716_20585046.jpg



僕はピンクの薔薇はアプリコットにならなくて良いと思っているが
ソニアリキエルは嫌味が無くとても美しい
c0365716_20584184.jpg

開く前はこんな感じ
ステムが長いのでもう少しバロンとの隙間が埋まるかと思いきや空いたままになってしまった(汗)
地面まで写ってないので小さく見えるがツル自体は2m以上は伸びていると思う
這わせているので高さは1.5mくらい一番上の蕾は1.8mくらいかな
今年は枝が露出していたので凍害が心配だったが問題なかったようだ
ただ、春は寒さで枝が傷んでいるようになっている事が多い
バロンは明るいグリーンの葉だが、このソニアも葉色は明るいグリーンでステム、花枝は赤みを帯びている
c0365716_11201490.jpg


この写真を見るとちょっとジュビリーの色合いにも似ているようにみえる
c0365716_20585634.jpg


バロンと同じ年に植栽したという事は今年で四年目の株だ
昨年は雨続きから一変急激な日差しにみなシワシワになってしまったが
今年は非常に美しい開花が長く見られた事を嬉しく思う

c0365716_20590954.jpg

開花が進むとピンク色に
透明感の有る花弁が美しい

c0365716_20590392.jpg



中心にはまだアプリコットが残る
このソニアリキエルと言う薔薇、発売当初は日本では手に入りにくくプレミアが付いて異様な値段で取引されていたらしい
手に入りにくいと高値が付きやすいのはどの時代でもどんな物でも一緒なのだろう(笑)
ただイングリッシュローズの最新品種の値段には納得いかず(汗)

c0365716_20592733.jpg



上の写真もそうだが開花途中で妙に色が濃くなった
きっと気候に関係しているのだろう

c0365716_20593360.jpg

ステムが長く花弁数が多いので立っていたステムがどんどん寝てきた(汗)

c0365716_20594018.jpg


ソニアリキエルは強香種、非常に強い香りが漂う
バロンジロードゥランが沢山の花を付けてよく香ったと思っていたが
ソニアリキエルの開花と共に香りの主役はソニアに完全に持って行かれた感じだ(笑)
でもバロンの存在感にはさすがに敵わない

c0365716_20594767.jpg


ソニアリキエルとデルバールのダムドゥシュノンソーを近くに植えたら
どちらがどちらか見分けが付かないと聞いたが
ソニアはダムドゥシュノンソーより花弁の並び形が整っており、透明感の有る花弁だと僕は思う
そしてこの花は大輪だが巨大輪ではなく、ちょうど良い大輪の大きさだ

c0365716_20595310.jpg


なんだか食べられそうな気がする・・・

c0365716_21000079.jpg


昨年はヒョロヒョロっと伸びたツルを殆ど残したが
いまいち開花数や花弁の質が良くなかったので、今年はそれなりの太さで切り詰める事にした
全て一輪咲きだったが粒ぞろいの良い花が咲いたと思っている

c0365716_21000713.jpg




開花が進み美しさを増す

c0365716_21001578.jpg


ただ、写真を持つ僕の腰が段々と曲がってきた

c0365716_21002201.jpg


何故ならどんどんステムが垂れ下がって下に潜り込んで行くからである(汗)
これを人はジュビリー現象と呼ぶ(セレブレーションの方)

c0365716_21003575.jpg



開花の感じを見てもこの薔薇はシュラブなんだろうが、どうも自力で立ち上がってくれる気がしない
何かで支えて開花させるのが良いだろう


c0365716_21004368.jpg
c0365716_21005193.jpg



美しい

c0365716_21005668.jpg


美しい(書く事が無くなってきた。汗)
書くのを忘れていたが今回も写真の掲載枚数が多いですが、最後までお付き合い頂けたらと思います

c0365716_21010333.jpg


更に褪色が進み色合いが落ち着いてくる
毎朝ここを通ると良い香りがフワッと香るのを思い出す

c0365716_21011060.jpg




ただ、上の花は下の花に埋もれて見えなくなってきた(汗)

c0365716_21011610.jpg


昨年はあっという間に開花が終わってしまったが、今年は15日程度は開花が楽しめた

c0365716_21012208.jpg


c0365716_21012939.jpg


全景、垂れた花がかなり固まってしまった(汗)
はっきり言って制御不能だが、来年は少し考えてみよう
それと端っこにフェンネルを植えていたが今年はさすがに邪魔になってしまった
フェンネルは2mにもなるのでもうここには植栽してられないだろう
c0365716_19373963.jpg



この薔薇は本当に花弁の美しい薔薇だと思う
薄い花弁なのに張りと透明感を併せ持っている感じ
c0365716_21013547.jpg


淡いピンクまで褪色が進んできた、僕はこのくらいのピンクがこの薔薇のイメージだ

c0365716_21014113.jpg


ほんの少し中心にアプリコットが残りベージュっぽい落ち着いた色合いに

c0365716_21014841.jpg




この花、どこかで見たこと有ると思ったら
ディスタントドラムスが花弁が多くなったような花だ
こんな薔薇が有ったら人気が出るかも知れない(笑)

c0365716_21015359.jpg


もうかなり下を向いての開花になった
ただこういう薔薇の場合はブッシュと違って誘引して花が見れるのでまだ良い

c0365716_21020005.jpg


もうしゃがまないと花がよく見えなくなってしまった(汗)

c0365716_21020732.jpg


夕暮れで寒色寄りになっている、ほんの少し紫色を含んでいるだろうが
見てすぐに判る程ではない

c0365716_21021382.jpg



開花の終盤、この頃が本当に美しい

c0365716_21021986.jpg

どの花を見ても非常に美しい整った花だ

c0365716_21022447.jpg
c0365716_21023056.jpg
c0365716_21023637.jpg




まだ蕾は残っているが一番花としては終わり頃
最初のソニアリキエルとまるで別人だ
c0365716_21024346.jpg

花もちはどうだろう・・最初の写真が6月7日で最後が20日
その数日後に開花してない花を含め全て切り取った、僕個人としてはなかなか良いと思うが
c0365716_21443114.jpg

ソニア リキエル、来年の開花も楽しみだ
・・・まずは夏の花かな(笑)





沢山の写真に飽きずにお付き合い頂いた方、有難うございました
お帰りの際はバナーを押してくださると嬉しいです
記事を書く励みにもなりますのでどうぞよろしくお願いいたします。





 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by tsukiiro2613 | 2015-06-25 21:17 | ソニアリキエル | Comments(10)