カテゴリ:デュセスダングレーム( 2 )

光射す




今日は予告通りデュセス ダングレーム第二夜
小さな株のわりには長く咲いていたデュセスダングレーム
開花終わり頃の小さめの花だが朝日を透過し美しく咲いたのを記録したものを紹介しようと思う

c0365716_20471816.jpg


花弁はピンクから白のグラデーションだが
ライラックがかったピンクでとても美しい色合いだ
一口にピンクと言っても本当に様々な色合いが有ると薔薇が教えてくれた

c0365716_20470484.jpg


光が透過する事で花弁の繊細さが際立ち美しい
c0365716_20472616.jpg


この薔薇は大株になると本当に素晴らしいことだろう

c0365716_20465341.jpg


ひと取り庭を見終えて家に戻ろうとした時光の差す角度が変わり
まるでデュセスダングレームが輝いているような素晴らしい姿を見ることが出来た
c0365716_20464420.jpg


シベを完全に見せるわけでもなく角度によって覗かせるシベがまた良い
c0365716_20462596.jpg



光の透過する具合を見ればその繊細さが判る
よく言われるティッシュのような質感ではない
c0365716_20463019.jpg


シルク?
c0365716_20461026.jpg


シルクよりも更に繊細で現存する他の物に例えるのは難しい

c0365716_20461617.jpg
天女の羽衣がもしこの世に有ればこんな感じだろうか


記事をご覧下さり有難うございました
お帰りの際はバナーを押して頂けると記事を更新する励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたします。

 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by tsukiiro2613 | 2017-11-08 20:02 | デュセスダングレーム | Comments(8)

大人の美しさを持つ薔薇


今日は今年の一番花の紹介、と言っても一季咲きの薔薇
ガリカのオールドローズ デュセス ダングレーム 1821年作出

c0365716_20454592.jpg


今年の春に庭に迎えたことだけ一度伝えたが開花を紹介するのは初めて
美しいライトグリーンの葉と飾り萼が愛らしい
c0365716_20343661.jpg



花弁が優しく開く
c0365716_20460495.jpg


中心がピンクで外側が白のグラデーション
c0365716_20453736.jpg


花弁は不規則に並び整った容姿ではないがとても優しく美しい薔薇だ
c0365716_20473828.jpg

まるでこの不規則に並ぶ花弁が計算されて咲いているような言葉に出来ない美しさの有る薔薇だ
c0365716_20455892.jpg

まるで整っている花が美しさの全てではないのよ、と言われているようだ
上級なオシャレを知っている大人の女性のように
c0365716_20455019.jpg


以前は花弁の並びが整ってないどちらかと言うと崩れた容姿の薔薇は好まなかったが
こういう美しい薔薇に出会うと変わるものである
そう考えるとブログを始めた頃と比べても随分と好みは変わった、そして一貫性が無い
だが薔薇自体が多様で一貫性が無い、しかし皆薔薇という一つのカテゴリに夢中になっている、薔薇って不思議な魅力の有る植物だ
c0365716_20451649.jpg


以前人気ブログランキングのサイトの中で「あなたの好きなバラは?」というアンケートを取った
出来れば品種名をコメントで教えて欲しいと記載した所、多くの方が回答してくれた
デュセスダングレームはその時教えてもらった品種
オールドの素晴らしさを存分に味わえる美しい品種だと思う

c0365716_20451139.jpg
まだ株が充実してないが今年は美しい開花が見られてよかった
株の充実と共に花も充実し更に美しいものが楽しめるだろうと予想している
香りの評価は株が充実してきたらにしようと思っている

今回はここまで、次回もデュセスダングレームを紹介する予定です。


記事をご覧下さり有難うございました
お帰りの際はバナーを押して頂けると記事を更新する励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたします。

 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by tsukiiro2613 | 2017-11-07 20:10 | デュセスダングレーム | Comments(4)