庭の花木




今回は前回の庭の記事の番外編のようなもの
我が家の庭木ノリウツギのバニラフレーズとセイヨウニンジンボクの開花の様子
全て前回の庭の記事と一緒にすると写真が多すぎるので分けることにした
c0365716_16125969.jpg
まずはノリウツギのバニラフレーズ
新枝咲きなので冬には切り詰めてしまうのであまり大きくないが花穂は結構増えた
我が家には紫陽花は無いがノリウツギは良いものがあればもう1株くらい有っても良いかも・・という訳で探してしまった(植える場所は無いのに)
ボブシェルというシェル咲きの高価な品種が気になったが、オランダの希少なものらしくシリアルナンバーが付いたプレミア感たっぷりの品種だが苗が売ってない上に自分で育てた途端に咲かないという記事が沢山上がっていた、まあどの道売ってないので手に入れれないのだけど。(笑)
バニラフレーズはあまり自立せず花が項垂れるので直立の矮性種を宿根草のようにして使うのも良いと思った
なにせノリウツギは開花期が物凄く長い、夏から咲き始めて秋寒くなってもまだ咲いている
小さい花穂が出来れば切花としは宿根草よりもずっと使える、というのも切花に結構使われてしまったのでこの時期になると花が少なくなってしまっているのだった。(笑)


c0365716_16122217.jpg
ノリウツギは白の物と白から色付く物が殆どだが
この品種は白からピンク色に色付く品種、毎年なかなか綺麗に色付かないのだが今年はやっと綺麗に色付いた
c0365716_16121019.jpg
頬を染めたようなほんのりピンク色
ノリウツギはハイドランジアと紹介される事が多いがハイドランジアは紫陽花の総称、仲間の意味で
よく知られるアジサイとはまた別物、紫陽花よりも背が高くなる物が多いが葉が少なく鬱陶しくならないのが良い所だろうか

c0365716_16121753.jpg
開花が早かったものは白がグリーンがかってきた、これからの変化も楽しみたいバニラフレーズ


次はセイヨウニンジンボク
庭の記事で紹介しているが冬には根元まで切り戻している花木、ちなみにノリウツギも同じような管理をしている
セイヨウニンジンボクも開花期が長い、さすがにノリウツギ程ではないが結構長いこと楽しませてくれた
c0365716_16124898.jpg

知人の奥様から今のおすすめはセイヨウニンジンボクの白ですよ!と教えていただいて青を購入したのだが(笑)
そもそもその頃セイヨウニンジンボクすら知らなかったので青花の花木がとても新鮮だった
北海道では青花の宿根草は多く有っても青花の花木はあまり育てられないのが現状
このセイヨウニンジンボクもどうやら伸ばすと凍害が出てしまうようだ
暖地で人気の高いルリマツリや最近いいな~と思っていたカルフォルニアライラック
寒冷地での栽培は無理なようだ
何より場所が無い(笑)


それは良いとして夏の間楽しませてくれたセイヨウニンジンボクも見頃を過ぎたので今は切り戻してある
c0365716_16125519.jpg


あまりクローズアップして見ない花だがよく見るとなかなか綺麗な形をしている
c0365716_16124340.jpg


シーズン中は蜂がよく訪れていた
毎年マルハナバチが庭で一番多く見るが今年は初夏以降全く見なくなった、どうしたのだろうか?・・・
今年はクマバチとトックリバチの仲間が多く、夏になると下の蜂もよく訪れていたニホンミツバチに似ているが違うかな?
c0365716_16123859.jpg


蜂も大きなものはよく見えるがこんな極小のはよく飛んでいるが、こちらがハエなのか蚊なのか蜂なのか区別できないまま飛び立ってゆく
c0365716_16122801.jpg

セイヨウニンジンボクは葉の形が特徴的だ
この葉のフォルムが僕はなかなか気に入っている
c0365716_16123341.jpg


庭の花木は殆ど紹介する事が無いが今後もたまには紹介していこうと思う
c0365716_16125969.jpg

庭では忙しさをよそに秋薔薇の開花が始まっている


記事をご覧下さり有難うございました
お帰りの際はバナーを押して頂けると記事を更新する励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたします。






 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
# by tsukiiro2613 | 2017-09-06 21:07 | 2017年の庭 | Comments(8)

秋の始まり蓮華升麻の花が咲く



本日二投目の記事
庭の記事と一緒にしようと思ったが写真が多すぎてしつこい記事になるので別に紹介することにした
毎年楽しみにしている蓮華升麻(レンゲショウマ)の開花が進んできたのでご紹介
c0365716_16113596.jpg


今現在はこんな感じまだ暫く開花が楽しめそうだ
c0365716_16114104.jpg

レンゲショウマはくす玉のような紫色の蕾を付ける
この頃になるとブログで紹介してから多くのブロ友さんがレンゲショウマに興味をもって育てているのを見てうれしく思っている
c0365716_16112460.jpg

この球形の萼はマットで濃い色合いだ
c0365716_16112099.jpg
レンゲショウマは球形の蕾の部分と開いている花弁は萼で中心の紫色の口紅のように色がついている部分が花弁
その中にあるのがシベになっている

最近ブロ友さんが迎えたレンゲショウマを見ると我が家の外側が濃い色合いで内側は薄い色合いのとは違って
外側の包んでいる萼と内側の萼が同じ色合いだった
この違いは個体差なのか産地の差なのかは不明だが物によって若干の違いがあるようだ
ちなみに我が家の蕾は真ん丸の球形だがブロ友さんの所の物は先が尖っていた

パカンとくす玉が割れて花弁が飛び出すような咲き方をするレンゲショウマ
c0365716_16115456.jpg


この球形の蕾の状態がなんとも愛らしいレンゲショウマ
c0365716_16115802.jpg


蓮華升麻という名前は花が蓮、葉がサラシナショウマに似ているから付けられたそうで
正直言ってしまうと結構テキトーに名付けられた名前だ(笑)
c0365716_16114825.jpg

生粋の山野草なので年中木漏れ日程度の日差しで充分に育つだろう
結構な日陰でも毎年ちゃんと花穂をあげる蓮華升麻、今年は初夏に雨が多かったので花穂が長くなった
c0365716_16113014.jpg


3cm~4cm無いくらいの花経でランプシェードのようにうつむいて咲く
花弁は繊細に見えるが意外にも蝋細工のようにしっかりとしている
c0365716_16120323.jpg

元々北海道には自生してないものの高山帯の樹林帯の下に自生する山野草
高山帯でも森林限界よりも上ではないので高山植物というよりも山野草だろう
しかしどの道涼しい場所が好きな植物には違い無いだろう、僕の居住する場所では育てやすい植物だと思う
c0365716_16113596.jpg

毎年開花を楽しみにしていたレンゲショウマ、暫く楽しめそうだ
c0365716_16112099.jpg

こうやって植物の花を紹介していると僕の記事を見て気に入って同じ花を迎えている方を見つけて嬉しく思っている
ちなみに僕が紹介した北海道の園芸店、店主は一人で北海道の田舎の方に車で移動販売も行っているそうだ
それを見て園芸店の無い田舎で苗が欲しい人が実際に選んで購入出来る事はどんなに嬉しいことだろうと思った
なのでネットでの購入の際に応援しますので頑張ってくださいと一言添えたのだが
その後ちょっとした事で実際に応援出来たのでお役に立てていたら嬉しく思う
まあ僕としては販売が忙しくなっても移動販売は続けて欲しいな~と思っている
しかしそんな僕の行動は相手は知る由もないだろう、でもこういうのは秘密だから楽しいのです(笑)

ちなみに今日は2投目の記事なので良ければ↓もどうぞ




記事をご覧下さり有難うございました
お帰りの際はバナーを押して頂けると記事を更新する励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたします。

 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
# by tsukiiro2613 | 2017-09-03 20:07 | 宿根草 | Comments(10)

一気に秋模様 空気読めないバロン



c0365716_12014258.jpg
今日は最近の庭の様子
ここのところすっかり涼しくなってきた、朝晩は少し寒いくらい
今日は最高気温22度最低気温15度
日中に薄手の長袖を羽織っても少し涼しく感じるくらい
最近忙しく書きたい事は沢山有るのに疲れてしまって記事に出来ないでいた
本当は先週の庭の様子を紹介するはずが出来なかったので
今日紹介するのは先週の写真と今週の写真が混ざっているので最近の庭の様子




葉が美しく茂る庭
c0365716_11501136.jpg

実は今年は薬剤散布の回数が例年よりもずっと多い
昨年もいつもと天候の違う雨の多い年で黒点病の防除時期が合わず多くの葉を落とした事
春と夏にテッポウムシを発見したこと、涼しくなるとさび病が出てくることなどから
昨年の反省も含め今年は定期的に散布を行うことにした
c0365716_11503272.jpg



途中ハダニの防除にも追われながらの薬剤散布だったがこの時期まで葉が残っていれば
伸びるのも後少しなのでそろそろ薬剤散布も終了だろう
冬囲いの事を考えれば少し葉が落ちてくれた方が楽かも・・と昨年は思ってしまった(笑)
c0365716_11501634.jpg
西洋ニンジンボクが満開、根元まで切り戻しているせいか花はあまり多くないものの長いこと楽しめたので良かった
c0365716_11502234.jpg



ただ最近は朝晩の寒暖の差が大きくなってきたのでそろそろうどん粉に注意と思いながらも散布出来ないでいた
気が付くとバロンジロードランにうどん粉病がベッタリと付いていた。涙
c0365716_11504014.jpg
あまり大きく見えないかもしれないがバロンのシュートは下から4mは伸びており
1mほどの塀に立っても手が届かない、ここに見えるシュートの上部の殆どに手が届かないのだった
うどん粉が付くのはベーサルシュートとサイドシュートばかりだが葉はどんなかというと
c0365716_11510134.jpg
都こんぶか?というくらいの粉吹き状態(笑)
まあバロンはそんな事全く気にせず伸びている
ただバロンよ、お前は良くても他のバラに降り注ぐうどん粉の胞子が大迷惑なのだよ。。
好きなバラだが元気いっぱい伸びてうどん粉病になり、高い位置からお構いなしに他のバラに胞子をばら撒く
バロンの空気読めなさに困っているのだった

北海道は病害虫が少ないと言われている、バラの開花に影響を与えるバラクキバチやバラゾウムシの被害は無いので
生息すらしてないのかも知れないが他の虫は普通にいる
薔薇の二大病として知られる黒点病とウドンコ病、黒点病こそシーズン中雨の少なく元々ガーデンシーズンすら短い北海道は
黒点病に怯えることは少なかったが、うどん粉病は寒暖の差が大きく乾燥する北海道では弱い品種には注意が必要だ
ただ今年は一番雨の少ない6月に一番雨が多かったりで今の天候は本当に読めない



前庭の様子
c0365716_11505770.jpg
前庭もビュンビュンシュートが伸びて凄いことになっているが
出来るだけ残して春に凍害に耐えられたシュートを使うようになるのでシュートは無駄にできない
ただこう伸びてくると冬囲いが憂鬱でしょうがない、ニュードーンの子のパレードのトゲ・・・痛いんだよなぁ~。涙

c0365716_11510651.jpg
前庭でアブラハムダービーが一輪美しく咲いていたので香りを楽しんでから水に浮かべた
今年は早めに摘蕾や剪定をしたものの蕾の成長が遅いので秋のバラはいつ頃咲くのか・・
そんな中綺麗に咲いていたのは冒頭で紹介したルージュピエール
c0365716_12013686.jpg

どうせ日中は見られないので切り取って飾ってもらうことにした
c0365716_12014864.jpg
いつも良いサイズで人目を引く赤いバラ
この赤は明るい赤だが良い色だ
ただ耐寒性があまり無いので北海道向きではないだろう
c0365716_12014258.jpg



秋の気温と共に庭もすっかり秋らしくなってきた
c0365716_11515344.jpg
鬼灯が色付いてきた

グリーンに少しだけオレンジ色が乗った鬼灯
c0365716_11515804.jpg

今はまだ半分くらいしか色付いてないがこれからもっとオレンジが濃くなっていく事だろう
c0365716_11520188.jpg

センニンソウも旺盛に蕾を付けてチラホラ開花を始めている
昨年よりもまた大きくなった
c0365716_11514202.jpg

陰で少しだけ咲いていた
c0365716_11514880.jpg
センニンソウは秋に咲くクレマチスだが新枝咲き
花の少ない時期に圧巻の花付きで楽しませてくれるのだが
新枝咲きという事で毎年この大量のツルを全て刈り取って処分しなければいけないというのが悩みどころ


カリガネソウもユーモラスな花を見せてくれるようになった
c0365716_11513087.jpg

猫パンチのような蕾、咲くとシベをぐっと反り立たせ湾曲させる
c0365716_11513660.jpg

前回の庭の記事で紹介したキンエノコロクサは穂が多くなってきた
実はこれは先週の写真で今はまた更に穂が上がってきた
c0365716_16132032.jpg

涼しくなったが日差しの中庭を見るのが本当に気持ち良いと思える季節だ
今日は風が強めだったが日差しを透した枝葉が気持ちよさそうに揺れる様子はとても癒されるものだった
これからも秋へと向かう庭の様子を見守って行こうと思う


記事をご覧下さり有難うございました
お帰りの際はバナーを押していただけると記事を更新する励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたします。

 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
# by tsukiiro2613 | 2017-09-03 16:06 | 2017年の庭 | Comments(6)

小さなオリビア







今日の紹介はオリビアローズオースチン
デヴィッドC・Hオースチン氏の孫、そしてデヴィッドJ・Cオースチン氏の愛娘の名前を命名された薔薇
そんなわけで今日はお好きな方の音楽をどうぞ(笑)

オリビアローズオースチンは2015年のイングリッシュローズだが
昨年迎えて地植えにした薔薇
c0365716_20062559.jpg
可愛らしい女の子という感じの薔薇
これまでのイングリッシュにはアプリコットが入ったピンクだったりアプリコットとピンクを移ろう薔薇が多かったが
ここ最近のイングリッシュのピンク色の薔薇は花色の変化は淡くなるのみ、これは正直僕は嬉しかった
何せイングリッシュにはピンクとアプリコットどちらとも言えないピンク色のバラが多かった
もちろんそれもそれで魅力的なのだがさすがにちょっと多いだろうと思っていた
しかし交配の過程でピュアなピンク色は出にくくなっているとオースチン氏が述べていたインタビューの記事をどこかで見た
我が家ではセプタードアイルはピュアなピンク色だと思うがその他の殆どがピンク色でもアプリコットやオレンジに近い色合いにが出る

オリビアのピンクはどちらかと言うとほんのりライラックがかっているようなところが良い
c0365716_20061924.jpg

シャローカップ型をしたロゼット咲きと説明されているがそれ程浅いカップでもない
香りは確かにスッキリとしていて良い香りがする、エンシェントマリナー同様僕がこれまで所有してきたERとは違う香りがする
DA社では濃厚ながらも心地よいフルーツ香と説明され
比較にバラの家を見てみたがダマスク+パウダーと有った・・わからない。汗
c0365716_20055755.jpg


この春は若干ブラインド気味だったがオリビアは良い薔薇だと思う
このオリビアとエンシェントどちらもごく最近発表されたERだがどちらもとても耐病性が高い
c0365716_20055152.jpg

我が家はまだ普通のカップ咲きのようになっているがDA社の写真ではクォーターロゼットになっているので
もう少し株が充実すれば咲き方も変わるのかも知れない
c0365716_20054582.jpg

ステムはわりとしっかりしているが小さい株に大きめの花が咲くので
咲く過程でだんだんと花は俯くようになる
ただ土にお辞儀してしまうようなことは無いようだ
c0365716_20054082.jpg

少し日差しで花弁が焼けてしまったが酷く弱いとも思わない
花もちもそこそこ良いだろう
c0365716_20053384.jpg


ただ凄い早咲きだ(笑)
周りの薔薇は殆ど咲いてない・・小さくて何処に有るかすら判らないだろう
c0365716_20052805.jpg

角度を変えて、右端にはエンシェントマリナー、どういうわけかどちらも結構な早咲き
c0365716_20051862.jpg
僕はこの薔薇が良いと思った理由の一つに小さいバラという事がある
ERは小さいと言われていても意外に巨大になる薔薇が多い、シャリファアスマも凄く大きくなった
ジュビリーセレブレーションも秋には僕の背丈くらいになってしまう(汗)樹勢は有っても比較的大人しいのはエマくらいだろうか
ちなみにムンステッドウッドなんかはまた別の話

ERに限定すれば頼もしく成長しよく咲く樹高の小さい薔薇というは殆ど無い
もちろんもっと大きく成長はするだろうが、いろいろな意味でこの場所には強健でよく咲く薔薇にしたかったのだった
実はここに薔薇を植えるのはオリビアで三品種目なのだ、どれも枯れたわけではないのだが
ここは土壌改良してもどうも薔薇が育たない場所だった
そこで大きくはならないけど強健なよく咲く薔薇という結構難しい条件をクリアしてくれそうなのがオリビアだったのだ
オリビアはステムが異常に長く咲く事も無いのでこの辺が樹高を低く留めてくれる理由なのだろう
c0365716_20051206.jpg
やはり思ったほどは伸びないが今年はベーサルが二本でてこの場所にしては上等だ
ちなみにDA社では樹高0.9mと載っているがバラの家では1.5mになっている。汗
でもおそらくこの場所では0.9m以下で留まってくれそうな気がしている
連続開花性も良く伸びる度に蕾を上げてくれるが2番は摘蕾、これからの蕾は時間の許す限り咲かせようと思っている




記事をご覧下さり有難うございました
お帰りの際はバナーを押して頂けると記事を更新する励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたします。

 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
# by tsukiiro2613 | 2017-08-29 21:03 | オリビアローズオースチン | Comments(8)

夏の薔薇



今日は暑い中美しく咲いていた薔薇の紹介

c0365716_19223018.jpg
まずは剪定を逃れたジュードジオブスキュア
いつもの濃厚な香りを放つ、一輪を車に乗せて




c0365716_19223542.jpg
ジエンシェントマリナー、蕾の上がりはボチボチだった
二番は殆どこんな感じの花が咲いていた
ここのところ30℃くらいになる日が多く日中ジリジリ照りつける日差しに殆どの薔薇が一日花になってしまう
8月9月になると日差しがとても痛く感じる、25℃以上有ると日差しが暑く感じる
・・・と言うと猛暑を経験している方に申し訳ないか。汗




c0365716_19222495.jpg
コンテドシャンボール
これも夏にもよく咲く




c0365716_19214605.jpg
前にも紹介したポンパドゥール

c0365716_19220694.jpg
夏でも良い型で咲いている



c0365716_19221295.jpg
二番の方がよく咲くグラミスキャッスル、二番はステムが柔らかすぎるので出来れば一番花が多く咲いて欲しい




c0365716_19220092.jpg
真夜、これも夏でも変わらず良い花が咲く薔薇だ

c0365716_19221963.jpg
花の形も素晴らしい、渋い色合いによく合う香り


c0365716_08400312.jpg
しかし日差しに弱い、開花中は出来るだけ日差しを避けて置くが差し込んだ日差しだけでこの有様
直射日光の当たる場所なら花全体がシワシワ、香りの有る赤い薔薇は基本的に日差しに焼ける事が多いが
夏の日差しの場合はこの薔薇だけに言えることではなく多くの薔薇が日差しに花弁が傷んでいる

c0365716_19225138.jpg
ロイヤルパープルと赤黒い色合いが混ざって咲く真夜


c0365716_08403992.jpg
気がついたらフォルスタッフが咲いていた、これも夏は特に焼けるのが早く高い位置で咲くのでほとんどの花が撮影できない



c0365716_08404240.jpg
一際目を引く赤い薔薇 ルージュピエールドロンサール
昨日の朝までは傷一つない美しい開花だったが昨日の日差しで少し焼けてしまった



c0365716_08401219.jpg
パレードが徐々にシュートを出すのと同時に開花している
まだこれから咲くと思うのでどうせダメになるのならと生けて玄関に置いておいた

c0365716_08403404.jpg
以前夏は商店街の造花のような派手なピンク色で咲いていたが
大株になってからは若干落ち着いた色合いで咲くようになった



c0365716_08401033.jpg
アブラハムダービーも摘蕾したと思っていたが上部で沢山咲いていた。大汗


c0365716_19224115.jpg
フランシスデュブリュイ



c0365716_19215409.jpg
外側の花弁はかなり黒くなって開花している

c0365716_19224688.jpg
開花の途中から日差しがあまり当たらない場所に移動したがちょっと遅かった。汗
c0365716_19225743.jpg
色合いは良いがちょっと変顔




c0365716_19213852.jpg
謎多き薔薇タワーブリッジ



c0365716_08400105.jpg
この薔薇はルーズな感じがとても美しい

c0365716_08404532.jpg
退色して終わる頃になるとより美しさを増し散ってゆく
挿し木を頂いて8号で育てていたが来年は10号にした方が良さそうだ




c0365716_08482994.jpg
実はこんなのも有る


c0365716_08482204.jpg
コルデスのカインダブルー
迎えたのは昨年クリスティアーナと一緒だが植え場所があまり良くないので育ち方が微妙
でも二番は沢山蕾が付いた、来年にはちゃんと紹介出来そうな気がする
かなりの遅咲き種で香りは無し




今回は夏の暑さにも負けない美しい開花を紹介してみた
もちろん紹介した薔薇が全てではない、駄目になる前にタイミングよく撮影出来た薔薇のみ
c0365716_08442065.jpg
8月も後半になってみるみる日が短くなってきた
上の写真は少し前のものだが帰ってもこれからは真っ暗だろう
今は朝は明るいがなかなか早起き出来ずにいる(汗)
夏は基本的に鉢物の薔薇を咲かせている、庭の薔薇は夏に咲かせずゆっくり開花を楽しめる秋に咲かせたい
しかしそんな期待の秋薔薇も日中家に居ない僕にはタイミングが合わなければじっくり見ることが叶わない
先週は暑かったが今週からは暑さも落ち着いてくるようだ、これからも日差しは強いがやはりここでは9月からは秋なのだろう
(実は今日も暑いので涼しい曲で)
秋の薔薇も時間の許す限り見守っていきたいと思っている


記事をご覧下さり有難うございます
更新の励みになりますのでバナーをポチっとお願いします。

 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
# by tsukiiro2613 | 2017-08-27 13:55 | Comments(4)