誕生日のあなたへ





今日は先日紹介した薔薇の花束をクローズアップして撮影したものを紹介しようと思う

まずはクイーンオブスウェーデン

c0365716_12432619.jpg
ステムが柔らかく俯いて咲く品種の多いイングリッシュローズの中で珍しく直立性で上を向いて開花する薔薇

c0365716_12432022.jpg

中輪でも中大輪~大輪サイズである事が多いERの中ではちゃんとした中輪サイズ6~7cm程度だろう
(開くともう少しあるかもしれない)
c0365716_21302025.jpg

残念ながら香りを感じたことは無いが春の花付きはとても良い
可愛らしいERらしい印象の花
c0365716_21302605.jpg

淡く優しい色合い
c0365716_21303309.jpg



コロンコロンのロイヤルジュビリー
濃いローズピンクで咲き出してライラックピンクになる品種
ちなみにここで一番香っているのはアブラハム・ダービーとソニア・リキエル
c0365716_21303999.jpg


そしてやはり薔薇と言えば真っ先に思い浮かぶのは赤
c0365716_21312684.jpg

赤のメインで入っているのは例年ルージュピエールドロンサールかフォルスタッフ
c0365716_21312067.jpg

非常に花持ちが良いがボーリングしやすいと有名
我が家はボーリングはあまりしないものの強い日差しの日は花焼けが酷い
花弁は厚めなので形はそのままに日差しが強く当たった部分が茶色くなる
香りは微香くらいだがこの品種もステムが長く花持ちが良いので切花に使いやすい
我が家の赤薔薇でこのルージュピエールとフォルスタッフは切花担当みたいになっている。汗
今年は残念ながらフォルスタッフの時期が合わず一輪のみ生けてある
c0365716_21311343.jpg

ルージュピエールは真っ赤だが嫌味のない落ち着いた赤で印象が良い
形も抜群に良い、本家ピエールとは違い中輪~中大輪くらいの花経も良いところだろう
香りはほんのり
c0365716_21310970.jpg

実は大量に入っているバロンジロードラン
c0365716_21301374.jpg
房咲きの長いステムの物を沢山入れてある
房は一輪咲きが終わったあと暑い時期に開花するので色が淡くなり
あっという間に焼けるか散るがさっさと生けた事により深い色合いで長く楽しめた
今年は時間が無かったことからステムが長くしっかりした物を選んだ、逆に言うと選べるようになった
今考えるとステムの短いオールドなどの品種は景観を作る上では使い勝手が良いが
花瓶に生ける事を考えると小さな物しか使えず大きな花束では使えないものが多い
今回は実は妻が買ってきたブリキに色を塗ってある縦長のバケツのような水差しを使っている
口は大きいものは15cmくらい有るだろうか、花屋さんが生けて置いているような物
いつもは首の細くなった花瓶で細く柔らかいステムをギュウギュウに締め上げて俯かないようお互いにもたれさせながら生けるが
今回はほぼ全て口が広い、もしくは上に広がっている物を使っている
c0365716_21301054.jpg
ルージュピエールとは違う魅力的な赤のバロン




青紫のプリンスチャールズをちょっと寄せてみた
c0365716_21295492.jpg


こちらはビタミンカラーの花束
どの薔薇もただ単にその色ではなく、華やかだが目が痛くなるような激しい色合いではなく
目に優しいスっと入ってくる美しい色合いの物ばかり、それは花弁の繊細さも手伝ってのことだろう
c0365716_21313472.jpg


今年は珍しくグラハムトーマスが入っている上に一番多い(笑)
この薔薇はいつ見ても本当に良い黄色だと思う・・いや我が家には黄色は一つしか無かった。汗
c0365716_21304715.jpg

この薔薇のティーの香りに驚いたが今となればこの薔薇にピッタリの香りだと思う
ちなみにここではエマとジュードも香っている
c0365716_21304253.jpg

今度はグラハムとプリンスチャールズのコラボ
c0365716_21295989.jpg


そしてこちらはプリンスチャールズとグラハム(ピントの位置が違う)

c0365716_21300583.jpg

そして最後にプリンスチャールズ
c0365716_21305347.jpg

今回はクレマチスも色味に加えたが、薔薇はどれも花の完成度が高い気に入っている物だ
ガーデンローズで特に僕の好みの品種は花持ちが悪い事が多いが
その代わり極上の美しさと香りを併せ持つ

今回の記事の写真はここに訪れた誕生日、誕生月の方に捧げたいと思います、誕生日おめでとうございます。



記事をご覧下さり有難うございました
お帰りの際はバナーを押して頂けると記事を更新する励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたします。


 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
# by tsukiiro2613 | 2017-07-09 20:56 | 薔薇の花束 | Comments(4)

フェア ビアンカ開花 薔薇もそろそろ終盤




フェアビアンカが開花した
c0365716_21150147.jpg

シャローカップだがその美しい花弁の並び、色合い
そして懐かしいビアンカの香りを久しぶりに堪能した
c0365716_21145732.jpg

え?と思った方もいらっしゃるだろうか
フェアビアンカは癌腫になって破棄したのだった
今育てているウィリアムアンドキャサリンはこれまで探した中で一番ビアンカに似ていて好感の持てる薔薇だが
それはそれ、これはこれ、やはりビアンカは手元に置いておきたかった
c0365716_21144782.jpg
フェアビアンカは僕が存在を知ったときはもう廃版でパテントすら切れているような品種だった
何本も挿し木していたが間違えて全て譲ってしまっていた。汗
親株が有るので気にもしてなかったし癌腫になってもきっと手に入るだろうと思っていた
しかしいざ手に入れようと思うともう何処も扱ってなかった。。。
まあ厳密に言うと無いことも無かったがこれはご好意で頂いた挿し木苗
それが無事に開花したのだった。




庭の方はというと
主庭の薔薇は度重なる悪天候に花弁が腐り、急な日差しで傷み強制終了が続きあっという間に終わってしまった
後は遅咲き種が残るのみ、今はとにかく片付けが忙しい(汗)これは始まるともう止まらない
ヴァリエガタディボローニャがそろそろ終わり頃
赤紫の絞りだったが薄くなり今は赤またはローズピンクになっている
c0365716_21151253.jpg

パレードがどんどん咲いている、かなり派手な薔薇だが房の中に入る退色した紫色の花との対比が良い
c0365716_21152884.jpg


今年もまだ少しツルの長さが足りず(と言っても写真は2.5~3.0m位の場所)景観には入っていないがブルーマゼンタが咲いている
段々と花が増えて長いシュートも出ているので来シーズンは期待が持てる
c0365716_21151997.jpg




あっという間に散るのでなかなか咲きそろってくれないが
アランティッチマーシュもよく咲いている
紫がかったピンクとゴロンとした見事な花だ
c0365716_21153541.jpg




フェアビアンカとはまた違った混じりけのない純白のロングジョンシルバー
この薔薇は小屋に這わせていたがステムが異様に長いので今年で最後にしようと思っていた
だが花はとても好みの薔薇だ、他に代え難い美しい花を房で咲かせる
花経も程よい大きさの中輪
c0365716_21154685.jpg
開花序盤を見てステムが長すぎてここには合わないので辞めようと思ったのだが
今年の開花を通して見ていてツルなのだからここで使わなければ良いという事に気がついた
苦渋の決断だったが解決策を見つけてちょっと安心した
そう、ガーデナーは開花期からもう来シーズンの事を考えてしまうのだった(笑)

今日もかなり暑かったが今週は明日から連続で真夏日だそうで開花もどんどん進む事だろう
あともう少し、一年に一度しかないこのシーズンを忙しいながらも楽しみたいと思う


記事をご覧くださり有難うございました
お帰りの際はバナーを押して頂けると記事を更新する励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたします。
 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
# by tsukiiro2613 | 2017-07-06 22:34 | 2017年の庭 | Comments(10)

薔薇香る朝




今年も恒例のイベントがやってきました

c0365716_20060817.jpg




昨日7月1日は妻の誕生日
薔薇を育て始めてから薔薇の開花の終わり頃にあたる妻の誕生日に庭の薔薇をプレゼントする事にしたのだ


今年はざっとこんな感じになりました
c0365716_20284339.jpg


まずはピンク系
入っているのはソニア・リキエル クイーンオブスウェーデン アブラハムダービー ロイヤルジュビリー
c0365716_20284113.jpg


この中心がアプリコットで外側がピンクの薔薇はソニア・リキエル
殆どピンク色で咲く薔薇だが時々こんな色合いになって咲く
c0365716_20290359.jpg
中心に顔を出しているのはクイーンオブスウェーデン
c0365716_20285516.jpg


真っ直ぐなステムなので花瓶に生けるのが楽で良い
c0365716_19464712.jpg


毎年使っているヴァリエガタディボローニャ
この品種もステムが真っ直ぐでオールドにしては長いので切花として扱いやすい
c0365716_19462901.jpg



上とちょっと色味が違うがこの薔薇は奇抜な模様と可愛らしさを両立させた見ごたえの有る品種
この絞り咲きは白の方が多いので嫌味が無く爽やかで良い
c0365716_20283032.jpg


考えると青が無いじゃないかと思い
今年爆咲きのプリンスチャールズ、クレマチスを生けるとどうなるんだろう?と始めてやってみた
c0365716_20284728.jpg

アレンジは全然下手くそで全体で見ると花屋さんで売られている花みたいに見えるが
唯一アレンジっぽくしたプリンスチャールズ
入っているのは他にホスタ・アスチルベ(前庭の)アルケミラモリス スモークツリー
c0365716_19470426.jpg


花束のレイアウトとしてはこの色合いが有って良かったと思う
c0365716_20290864.jpg


プリンスチャールズは色合いだけでなく花の形も柔らかくとても印象の良いクレマチスだ
c0365716_20290048.jpg

アップの写真を忘れてしまったがビタミンカラーはレディエマハミルトン レディオブシャーロット
グラハムトーマス ジュードジオブスキュア
殆ど芳香を持つ薔薇だが、このビタミンカラーとピンクの花束が香りの強いチーム
c0365716_19482691.jpg



赤い薔薇
入っているのはルージュピエールドロンサール バロンジロードラン フォールスタッフ
c0365716_20283368.jpg


どれも贅沢だがこの赤バラの花束はなんだか特に贅沢な気分にさせてくれる
c0365716_20290511.jpg

毎年妻は誕生日に仕事が休みだったが、今年は朝早くに出るという
6時には出るようだったので僕は4時起き(大汗)
これまで僕も開花期にはかなり早く起きてきたが年々早く起きられなくなってきている
5時に起きても庭に出るのは6時過ぎなんてざら、低血圧まではいかないが100~70程度で
実のところ朝はいくらでもボ~っと出来るのだった(笑)
でもこういうイベントってその日のその時、しかも相手がいない時に用意出来なければ全く面白くない

きっかり4時起きで5時までにはスタンバイ
どうかフライングして起きてしまいませんようにと願いながら事を進める
香りの部屋が出来上がったところで妻を起こしてみる
なかなか起きれないが眠そうに起きてきた妻は溢れんばかりの薔薇をみて・・・


c0365716_19490869.jpg



今年も無事にイベントが終了した
今年は毎年欠かさず使っていたジュビリーセレブレーションの大きさのちょうど良い花がまだ咲かず使えなかった事が残念だった
例年ステムの長さや固さに拘らず使ってきたが、今年はステムが真っ直ぐで太く使いやすい房の物を選んで使った
それだけ選べるようになったという事だろう、これだけの花束が作れるようになったのはプレゼントされる側だけでなく
育てている僕にとっても嬉しい事である



最初に薔薇を贈ったのは2013年
売っている切花の薔薇を贈ろうと思った事は一度もなかったが
この薔薇なら興味の無い人でもきっと心奪われるのではと試しに贈ってみたのが思ったが始まり
c0365716_19554453.jpg



そして今年
薔薇を育てている限りは続けていきたい贈り物
喜ぶ表情と共に薔薇のいつもと違った表情を毎年楽しみにしている
c0365716_20285219.jpg
記事をご覧下さり有難うございました
お帰りの際はバナーを押して頂けると記事を書く励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたします。

 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
# by tsukiiro2613 | 2017-07-02 21:30 | 薔薇の花束 | Comments(20)

女子高生




c0365716_20121328.jpg

久しぶりの記事です
今日はとても暑い日だった、酷い雨が降ったと思ったら今度は猛暑
どうやら30度まで気温が上がったようだ、どうりで暑い
それに庭を見ると無残にもカリカリシナシナになった薔薇が沢山!
急なカンカン照りに昨日今日と咲いているよりもダメになったり散ったりする薔薇の方が多いのでは?と思うほどだ
とにかく花柄切りに追われる、明日もどうやら暑くなるらしいがここまで来たらなるようにしかならない(笑)
c0365716_20171268.jpg
まだ開花は続くが全体の景観としてはもう終わり頃

そんな中見かけない美女に出会った
c0365716_20120322.jpg

君、この辺では見かけない顔だね
c0365716_20115732.jpg

あらヤダ私の顔、忘れたとは言わせないわよ!
え?汗


その時ふと後ろ姿が目に入った
・・・その特徴の有る萼は・・
c0365716_20120186.jpg

セプ子じゃないか!!
ちなみにチャールズレニに蕾が似ているかと思ったが
チャールズは先に捻りが入って少し萼の先が葉のようになる事も有るが
どうもこのセプ子の蕾の状態は古いオールドの特徴そのものだ
c0365716_20125009.jpg

まさかセプ子がこんなに魅力的に咲くだなんて・・
私はもう立派な大人よ!もう子供扱いさせないわ。
c0365716_20120925.jpg
冬は一人で外で越せたし、見て目だって大人になってこの通りの姿よ!

確かにとても魅力的に育った
花弁の裏側は白から淡いピンクのグラデーション
c0365716_20121687.jpg

内側は少しライラックがかったローズピンク
しかも花弁数が多くなりふっくらしている、花経はピエールオジェくらいの大きさになった
c0365716_20120652.jpg


でも実はずっと見守ってきた
c0365716_20123650.jpg
初めての外での越冬
鉢は露出状態が少し長くなり、春は何ともないように見えたが
どうも少しだけ凍害になっていたようだ
生きていた芽が一旦駄目になり、今の蕾を上げたステムが一本だけ出てきた
顔が大人になったと言っても所詮化粧をした女子高生が大人の女性に見えただけ
成熟して本当の大人の女性(株)になるのはまだ先のようだ
でも今回は越冬出来たセプ子を褒めてあげよう。。


と思ったら 
見て~!!と言わんばかりにもう友達と無邪気に遊んでいた。汗
まだまだ子供だな。
c0365716_20122901.jpg

と言ういつもの茶番は良いとして。(笑)
一応知らない方の為に説明するとセプ子という薔薇は僕が育てた実生苗でまだ極小の株の事です
おそらくセプタードアイルの子だからセプ子と仮に名付けました



ジュビリーセレブレーションの小さめの花と丁度大きさが一緒だったので
色味の違いや大きさを伝えるために撮影してみた
ちなみにどちらも同じ角度で項垂れさん(笑)
c0365716_20123270.jpg

ジュビリーは日差しが強すぎて少し日焼けしているが
セプ子のうなじ、じゃなかった後ろ姿のグラデーションはとても好印象
この子は上手く育て上げる事が出来れば末恐ろしいかも(笑)
c0365716_20124148.jpg

花は綺麗だが今のところ香りが無いのがちょっと残念。汗
c0365716_20121977.jpg
今後もセプ子の成長が見逃せない
c0365716_20121328.jpg


薔薇の季節も後どのくらいだろうか
明日は毎年有るイベントの日、明日は妻が仕事らしいので僕は朝4時起きです。大汗




記事をご覧下さりありがとうございました
お帰りの際はバナーを押して頂けると記事を更新する励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたします。

 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
# by tsukiiro2613 | 2017-06-30 20:56 | セプ子 | Comments(12)

雨ときどき薔薇香る





お待たせ致しました、庭の開花の様子の中間報告です

今年はとにかく纏まった雨の多い年だ
先日6月一ヶ月分の雨が降ったかと思えば昨日も今日も強い雨が花弁を叩きつける
そろそろ花弁が腐ってくるのでは?とちょっと心配している
その上気温が低い、いまだに20℃を下回る日が時々ある
全般的に20℃台前半と涼しい気候が続いているが夏至と重なる日差しの強い時期だ
先日25度を越えるような暑い日が訪れ、暑さと強い日差しに花が焼けないか焦ったが午前中のみでその後は薄曇りと助かった
雨さえ無ければ開花にはとても良い天候が続いている、そう雨さえ無ければ
北海道は6月7月と降雨が非常に少なく、先日一日で一ヶ月分と書いたが
それも60mm強の雨の量、逆に言うとこれまで6月は一ヶ月に40mm強の雨しか降ってなかったのだ(笑)
例年なら庭の土がバサバサになってしまうので水遣りに追われるが今年は一度も庭に水やりをした事が無い



まあ前置きはこのくらいにして庭の様子をご紹介
c0365716_09302397.jpg
日一日と変化する庭、同じ状態の日は無い
毎日庭を眺め 今が1番良い時かと撮影している
中間咲きの品種も開花が進んできた、今年はマダムイサークプレールに凍害が出ず
残した枝の90%以上が使え、それがちゃんと開花してくれたのがとても嬉しい
レディオブシャーロットは毎年剪定の仕方を変えているがそれでも1番は一輪咲きの大輪であまり花数が増えない
今年一番残念だったのはアイスバーグFLにブラインドが多かったこと、こんな年は初めてだったのでとても驚いている


比較に5月初旬の庭の様子を載せてみよう
c0365716_09305159.jpg
春はこんなにスッカスカだったのだ(笑)
今となっては信じられない



今年はアイスバーグの横から手間にかけてサルビアやネペタなどの宿根草の植栽部分
一番手前が仕上げられなかった、手前にも関わらずあまり景観が気にならないのは他の部分が充実したおかげ
ここに銅葉のユーフォルビア ルビーグローを昨年入れて今年期待していたのだがマイナス12℃の耐寒性ではもたなかった
他に植栽してある所を知っていたので見たがやはりルビーグローは駄目だった
我が家のは生きていたがかなりヨレヨレで花期までに復活出来なそうだったので諦めた
ただ宿根草の植栽部分は以前と比べるとかなり落ち着いた印象になったと思う、よしよし。
c0365716_09304206.jpg
ネペタを植栽していてあれ?ネペタってもっと横張りじゃなかったかな?と思った方
そうです(笑)僕はベロベロ~と横に広がり雨でグッタリするような宿根草は3分の1くらいの場所を麻紐で絞っています
そしてそれでも駄目なら株の裏側に支柱を立てて抑えている
ジギタリスは白から採った種しか蒔いてないのに結局紫も出てしまった
実は昨年よりかなり咲いているのだが欲しい部分、紫の穂の前は実は細い通路が有って増やせなかった




c0365716_09301514.jpg
毎日僕の居る時間帯はこの庭は独り占め
今振り返ると誰に見せるわけでもないのに色々な意味で随分と欲張ったなと思う(笑)

c0365716_09300582.jpg
上の写真と少しだけ角度の違う写真、どちらか迷って結局両方載せた(笑)
雨が振って一つだけ良かった事が有る
それは雨が降ってなかった時期は皆背が高く花が上を向いて撮影が大変だったが
雨の重みで皆こちらを向いてくれた事、それだけ


枕木の間の扉を抜けると
c0365716_09303589.jpg
ロイヤルジュビリーとレーヌデヴィオレットが開花している
ロイヤルは今見頃だがレーヌデヴィオレットは今は終わりかけ
レーヌデヴィオレットは蕾は多かったがこの薔薇は一斉には咲かないようだ、でも今年は最後まで色濃く良い開花だった
手前に見えるのはジャクリーヌ、横に誘引してアーチの足元をカバーする事にした


昨年入れたクナウティアアルベンシスとシャリファアスマ
c0365716_10041857.jpg


マダムピエールオジェ
c0365716_10042454.jpg
今年は開花が遅かった、きっとあの人を待っていたんだろう
でもあの人は待てど来ず

実はコンラッドフェルディナンドマイヤーは全てブラインドだった(笑)
まあベーサル出てるし来年は咲くでしょう


前庭の様子
アブラハムダービーの開花が進んでいる
c0365716_09294785.jpg
赤紫のヤングリシダスもよく開花している
小さいが毎年少しずつ大きくなっている、左側に誘引すると風で酷い目にあうのでアブラハムの方に寄せたが潜ってしまった。汗
ピンクのルイーズは挿し木株、ベーサルを出すようになって前より広い範囲を覆って開花

一番左に見える青いのは防風に使っていたネット、風が家に当たって吹き抜ける我が家で一番風の強い場所だ
目が粗くて近くじゃないとあまり効果が無いが。汗
今年は雨が降っても強風だけは勘弁して欲しいと願ったらどうも願いが叶ったようで
酷い強風の日は無いが雨がジャンジャン降ってくる気候になった。涙
ネットはもう外しても良いが外した途端に風が吹きそうでお守り代わりにずっと付けてある



南東の植え込み
バロンはこの面の殆どを覆えるくらいのシュートが有ったが凍害でダメになった
何故だか春から半分調子が優れないと思ったら鉄砲虫が入っていた、これは初めての事
その後復活したが弱った部分に花が付いてない
元気だったシュートに養分が逃げてビュンビュンシュートと房咲きの長いステム(一輪咲きより後に開花)
が出来たので一斉開花は無理そうだ、この品種はおとなしく一輪咲きを多く作ったほうが見やすい、施肥を考えれば良いのかな?
c0365716_09302935.jpg
バロンが覆えなかった部分を凍害が出なかったソニアリキエルでカバーした
房の長いステムをダルんと垂れないように括ったら一輪咲きの花が全然見えなくなってしまった。大汗
これまた難しい・・・
右の白い薔薇はマダムルグラドサンジェルマン
おそらく今年大きくなるので来年はバロンとルグラをメインにソニアを小さく仕立てようと思っている


ソニアとルグラのコラボはなかなかの物
c0365716_10041222.jpg

今年はいつになくプリンスチャールズが旺盛に蕾を上げている
支柱は殆ど見えず蕾がすごい量で驚いている
c0365716_09295296.jpg

主庭の入口側に植栽した接木のルイーズオディエ、道行く人を楽しませてくれている
こちらは使いたいように誘引できて思いのままに咲いてくれたので満足だ
やはり挿し木のルイーズは最初から少し冷めたライラックピンクで接木の方はローズピンクからライラックピンクへと退色する
他でも見てみたが通常はローズピンクからライラックピンクに退色するようだ
c0365716_10040665.jpg

芍薬は少しだけ薔薇と開花がかぶったが芍薬は殆ど終わっているので一緒に咲いているという感じではなかった
残った小さい蕾は花瓶で飾ってもらうことにした
c0365716_09295999.jpg



今年は雨の合間に曇り空でもバラがよく香ってくれる
それもたまにしか感じられないティー香が今年はよく香ってくれるのがとても嬉しい
甘いティー香のモリス、シブイ茶葉の香りのグラハム
これからは中間咲きが満開になって遅咲きが開花してくる
c0365716_10043068.jpg
後は天候が安定してくれる事を願うのみ
外ではまだ音を立てて雨が降っている、もう止んでくれないだろうか
早く庭に行きたい・・





記事をご覧下さり有難うございました
お帰りの際はバナーを押して頂けると記事を更新する励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたします。

 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
# by tsukiiro2613 | 2017-06-25 11:37 | 2017年の庭 | Comments(16)