優美な薔薇


今日の紹介はイングリッシュローズのグレイス
2001年作出の薔薇
c0365716_20173288.jpg

一枚一枚の花弁が独立していてまるでダリアのような咲き方をする
薔薇としてはちょっと珍しい咲き方の花のグレイス
c0365716_20170539.jpg

最初の写真から比べるといきなり花が黄色っぽくなって驚いただろうが
この薔薇はアプリコット色の薔薇だが開く過程で蕾の頃はオレンジが強く
こんな黄色っぽい色にもなる、株全体の印象としてはアプリコットの薔薇と思っていて間違いは無いとは思う
イングリッシュローズに多くあるようにこの薔薇も色の移り変わりの有る薔薇なのだ

c0365716_20171038.jpg

大きめの中輪の花は開くと花弁を大きく反り返らせ花弁一枚一枚を尖らせるように縦に丸まる
この姿が非常に独特でこのバラの好きな所
c0365716_20170023.jpg

耐病性も悪くはない、我が家ではあまり病気に困った印象はない
しかし株のせいなのか僕の植え付けた場所の問題なのかいまいち樹勢が弱い
もちろん本来の伸び方ではないと思うが迎えて二年目くらいからあまり変化を感じないのだ
グレイスは一応小型のシュラブで1.2m×1.0mと記載があるが、我が家では高さは1mに満たないくらいだろう

c0365716_20171676.jpg

花は綺麗だし咲き方も独特で良いのだが
これまでの成長を考えると景観を作る薔薇としては残念ながらちょっと物足りない
結構前から鉢上げしようか考えているが次の年には元気が付くのでは?という淡い期待から待ち続けてきた薔薇だった

c0365716_20172151.jpg

香りは殆ど感じられないものの柔らかい弁質と咲き方がこのバラの最大の魅力
葉はマットなグリーン、花弁が多く枝が細く華奢なわりには花は横を向く程度で項垂れてしまう事も無い
c0365716_20172664.jpg


開ききっても非常に優雅で美しい
c0365716_20164720.jpg



まるで羽を広げたような美しい花弁の並び
c0365716_20164322.jpg

Graceという名前、DA社の説明では
言葉では言い表せない程の「優美さ」を讃えて名付けられたのだという
c0365716_20165318.jpg

確かに色々な意味で優美さが備わった薔薇であると思う
残念ながら我が家では品種本来の成長では無いだろうがそれでも楽しませてもらった
DA社の紹介写真は鉢植えが多いが庭植えに非常に向いている品種らしい。汗
c0365716_20173288.jpg
植物の栽培において育ち方というはその品種の印象を大きく左右すると僕は思う
我が家のグレイスは美しいものの苗の当たりか環境のせいか品種の説明に書かれているようには成長しなかったが
もしもしっかりと育っていてくれていたらどんなに素晴らしいかと思う品種である





記事をご覧くださり有難うございました
お帰りの際はバナーを押して頂けると記事を書く励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたします。

 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
# by tsukiiro2613 | 2017-03-31 21:10 | グレイス | Comments(8)

雪の中の蕾


ついこの間背丈ほども雪が有ると記事に書いたが
それからと言うもの空いた時間を見つけては陽の当たる場所に雪を運んで溶かしたり
プラス気温の外気に少しでも表面積を多く当てる為に雪を割って割って、庭には雪がもう30センチも有るか無いかくらいまで減った

とは言うものの日差しの力は凄いもので家の南東面は日当たりが良く、壁の反射熱も加わって何処よりも早く雪解けが進み、とうに雪が無くなっていた
壁面のバロンジロードランとソニアリキエルとマダムルグラドサンジェルマンはいち早く誘引を終えている(笑)
しかし北東の前庭と南西の主庭は放っておけば雪解けは4月半ばを過ぎるのでは?と思うほどの雪だった
バロンなどが有る南東は早く芽が膨らんでしまうので誘引を急いで終わらせたが
昨年、主庭で1株から始まって多くに伝染したさび病が気になっていた、いつもは無かったことだったが
昨年は大した効果が見えないと石灰硫黄合剤の使用を辞めていた、効果の高い薬剤と言われているがあの薬は硫黄の匂いが酷い、異臭騒ぎが起きないか心配になるほど。汗
しかも金属を腐食させるので鋼製の物を傷めてしまうし噴霧器にも良くない、それ以前に噴霧するのは色々な意味で大変
刷毛で枝に塗ったりする人が多くいるのも飛散するのが嫌だからだろう
でも今年はやると決めた、誘引してしまった場所は家の壁にかかってしまうのでもう出来ないのだけど。汗

今現在庭は下のような感じの雪の量、おそらく週末には殆ど雪が無くなっている事だろう
今は雪が汚いので全景を写す気になれないが全体にこのくらいの雪の量
麻布の中に入っているのは絞って横に倒したツル薔薇
これを麻布だけ外してこのまま石灰硫黄合剤を散布してしまおうと思っている(大きな薔薇に刷毛塗りはちと辛いので)
飛散しないようにノズルを開けて霧を粗くして下向きに、今なら出来る
そしてその後は誘引、ここ最近の暖かさに一気に気持ちは庭仕事モードに切り替わっていた(笑)
麻布は暖かな感じがして良かったがさすがに古くなってきたので昨年オススメされた資材を次の冬は使ってみようかと思っている

c0365716_19290069.jpg
そんな事を考えながら雪を割っていると雪の割れ目に何か見える!


こんな雪深い中でクリスマスローズが咲こうとしていた
雪の上の土埃がそのまま乗ってしまって汚いが、こんなに健気に雪の中で蕾を上げている
c0365716_19285560.jpg
これは詳しく知らないがお隣さんに頂いたおそらくニゲルの交配種
白からアプリコットに色付きシベに特徴が有る品種
何も無い庭にいきなり現れた嬉しい蕾だった




何とか庭作業を始めたいと進めていた雪割りだったが、間違えて違うものを割ってしまった。涙

c0365716_19284950.jpg
昔お爺さんに貰ったガラスの浮き球(特大)
雪の重みくらいでは割れないが先の尖ったスコップではいとも簡単に割れてしまった
雪を突いたらパシっと変な音が、雪を避けた時にはもう時すでに遅し
小物など殆ど置かない庭だが、これで数少ないガーデンアイテムを一つ失ってしまった。


我が家には雪の下でも芽を伸ばす球根植物は殆ど無い、有っても雪深い下だ
つい先日は夏には厄介者の雑草の種から芽が出ていた、たったそれだけでも小さな緑を愛おしく感じたくらいだ
しかしクリスマスローズの嬉しい発見により一気に気分は春に(笑)

街中では早春の植物を見かける事も多くなってきた
本格的なガーデンシーズン到来まであと少し。



記事をご覧くださり有難うございました
お帰りの際はバナーを押して頂けると記事を書く励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたします。

 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
# by tsukiiro2613 | 2017-03-29 23:00 | 2016年の庭 | Comments(6)

可愛い海賊


今日の紹介はロングジョンシルバー
昨年ちょっとだけ紹介した新しく迎えた薔薇
c0365716_18005808.jpg
1934年アメリカで作出されたモダンクライマー
比較的古くブランド名ではなくマイケル・ヘンリー・ホルバートとオールドローズのように作出者の個人名が記載されている薔薇
粉粧桜を大きくして白くしたような薔薇という説明書きにそれは素晴らしい!と期待を胸に迎えた薔薇
粉粧桜の画像にはいつも見とれていたが色々な意味で用途が見つけられない薔薇だった
そんなところに現れた薔薇がこのロングジョンシルバーだ、ブッシュではなく一季咲きだがよく伸びるツル薔薇
c0365716_18021612.jpg
花は中輪だがそれなりに見応えの有る7センチ程度、ピエールオジェのような感じだろうか
c0365716_18020636.jpg
ロングジョンシルバーとはロバート・ルイススティーブンソンの宝島という小説に登場する
悪役の海賊で片足が無く肩にオウムを乗せているらしい、絵に書いたような海賊
ロングジョンとはのっぽのジョンという意味のようでよく伸びる性質からそう名付けられたのだろうか?(笑)
c0365716_18020185.jpg

無香だが非常に花もちが良い
開き加減の渦を巻いたような姿が好きだが開くとロゼット咲きになる
c0365716_18014620.jpg

海賊の名前を付けられた薔薇だが
蕾がやけに可愛い薔薇なのだった
c0365716_18021184.jpg

なんだかキューピーちゃんのような蕾(笑)
c0365716_18013963.jpg

我が家には無いタイプの蕾だがポリアンサはこんな感じだったかな?
c0365716_18012286.jpg


植栽位置は物置の壁面右側
ちょっと分かりにくいが物置の窓の上の白い花がロングジョン
c0365716_18022551.jpg

もっと豪快に伸びてくれるかと思ったがまだこんな感じ
ちゃんと見られるようになるのは来年辺りだろうか・・・
c0365716_18023019.jpg
迎えるまで気が付かなかった事だがやたらにステムが長い。大汗
壁面や窓際に向くと記載されているのでダメではないが、これはちょっと誤算だった
c0365716_18013351.jpg
物置の壁面は狭いのでステムは半分も有れば良かったが長いものは1m近くあるだろう
c0365716_18011412.jpg

交配はロサ・セティゲラの実生×サンバーストローズという聞き慣れない薔薇


ロサセティゲラはそれの実生なのでどんな花が判らないが似たような薔薇ではないかと推測する
それにしても交配は似てもにつかない品種が生まれたりするのがとても不思議である



ただ花は本当に素晴らしい、花もちが良いので切花にも向いている事だろう
c0365716_18012808.jpg
昨年中はなが~いツルを伸ばしていたが分岐が殆ど無く二本くらいがやたらに伸びた感じだった
狭い壁面なのでそれ程長さは必要としてないが昨年よりも活躍してくれると嬉しいところ
下の写真のような花が咲き乱れたら夢のような光景だろうと楽しみにしている
c0365716_18010690.jpg



記事をご覧くださり有難うございました
お帰りの際はバナーを押して頂けると記事を書く励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたします。

 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
# by tsukiiro2613 | 2017-03-26 21:15 | ロングジョンシルバー | Comments(6)

Cartier




今日の紹介はジャック・カルティエ
1868年のオールドローズ系統はポートランド フランスの薔薇

c0365716_09563254.jpg

ジャック・カルティエはファッションブランドのカルティエではなく探検家でありカナダの名付け親という歴史上の人物

挿し木苗を購入し暫く鉢植えで育てている
挿し木のせいなのかとても緩慢な成長を見せていたが
最近やっと樹勢が付いてきたようで昨年はそれなりに沢山開花して楽しませてくれた

c0365716_09432611.jpg
赤い蕾からピンク色になって開いてゆくが
赤い蕾はまるで蝋細工ように固い印象を受ける本当にこれが開くのか不安になるが
気が付くとちゃんと繊細な花弁を見せてくれる

今のところ背丈もとてもコンパクトで40センチ程度だろうか
全体的にとても詰まった株という印象で
この薔薇はコンパクトなだけでなく花首は殆ど伸びず葉のすぐ上に蕾が付く薔薇なのである
庭植えでは1mくらいにはなるらしいが考えてみればステムが長い薔薇よりも鉢植え向きなのかもしれない


c0365716_09432131.jpg
花首が伸びないので葉が少し下の方に有る蕾を隠してしまう
毎年開花期には葉をむしって下に隠れた蕾を出してあげるのが恒例になっている

c0365716_09431253.jpg
非常に花弁の多い薔薇
この花の下にすでに蕾が3っつくらい隠れている(笑)

c0365716_09430864.jpg
開くと殆どの花がボタンアイ+グリーンアイになる
強香種なようだが香りはどうたったか・・・
この時期他の大きな薔薇に気を取られてしまっていたのだろう、香りはまた今年確認する事にしよう



c0365716_09425530.jpg
最初に開いた花はあまり綺麗に開けなかった、残念


c0365716_09431601.jpg
また順繰り開花が始まってゆく


c0365716_09424976.jpg
まるで三兄弟のように開花が重なった
上が長男で一番下が三男と開花が順番に訪れている


c0365716_09424416.jpg
上の写真から開花が進んだところ


c0365716_09422813.jpg
そして長男が居なくなりやっと次男が顔を出したと思ったら既に花が傷んでおり
結局三男に視線が集まるという結果に。涙

c0365716_09430363.jpg
綺麗なボタンアイにならなかったジャック
これも悪くはないがやはり綺麗にボタンアイが出た花に感動する
ちなみに葉が傷んでいるのは強風のせい
葉と言えば葉はオールドらしい照りの無いマットな葉で色は深い、形は細長く尖るタイプ



c0365716_09423435.jpg
冒頭で紹介した花と同じものだが、昨年はこの花と三男がおそらく一番綺麗な開花だったと思う
昨年はわりと蕾は多かったが花は例年より小さめだった


c0365716_09421939.jpg


ジャックは耐病性は良く手間の掛からない薔薇という印象が有る
オールドだがポートランド系で繰り返し咲く
しかし一番花以降はそれ程多く開花せずあまり良い花は咲かせてない

c0365716_09421377.jpg

オールドローズは古いバラだが僕はイングリッシュを育ててからオールドにも興味を持った
お互いに似ているようで相手には無いものを持っていると思っている
今年の開花も楽しみ・・・

鉢植えで思い出したが、そろそろ鉢植えの資材を揃えなければいけない。汗
とは言うものの昨日一昨日と気温が下がって久々に纏まった雪が降った、日当たりは日中すぐに溶けてしまうが
二日間で20cm以上は降っただろう、しかし今は日がとても長い
北海道の三月は一ヶ月で1時間半近くも日照時間が長くなる時期らしい
ガーデナーとしてはこんなに日が長いのに植物に日差しが当たらないなんて勿体無い!なんて思ってしまう(笑)
しかし今年は雪解けに時間がかかるのでゆっくり用意する事にしよう




記事をご覧下さり有難うございました
お帰りの際はバナーを押して頂けると記事を書く励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたします。

 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
# by tsukiiro2613 | 2017-03-25 11:08 | ジャックカルティエ | Comments(6)

咲きこぼれる林檎の香りの薔薇



今日の紹介はジャスミーナ
1996年ドイツはコルデスの薔薇

c0365716_14513128.jpg
小さめの中輪のジャスミーナ
モダンローズのせいかこのタイプにしてはステムが長く
まるでブドウのような房で咲きこぼれるように咲く薔薇だ
c0365716_14523489.jpg
上は開花中盤の様子
ツルのステムが長い品種は広い平面が一番扱いやすいと思うが
しかしどちらかと言えばステムは短い方が綺麗に整って見えるように思う

c0365716_14523016.jpg
この時期に一緒に咲いているのは同じツル薔薇のパレード
ジャスミーナの左横にはアブラハムダービー、右横にはヴァリエガータディボローニャが植栽してあるが
どちらも咲き終わっている(アブラハムはちょこちょこ咲いているけど)
ボローニャを上から被せるような形の誘引だが花期が被らないのでジャスミーナはもう少し斜め左に向かってではなく
右上にも誘引し、四角く誘引できたほうが見栄えが良いだろう、今年の課題だ
パレードは強風に煽られてグタグタだがジャスミーナは柔らかく垂れ下がっているのでわりと上手く風を受け流している(笑)

c0365716_14524359.jpg
開き始めは花弁の中心が濃く外側が白っぽいグラデーションだが
時が経つとピンク色は紫色を帯びたライラックピンクになり美しい

c0365716_14520657.jpg

ジャスミーナは微香らしいが我が家ではとてもよく香る薔薇だ
しかも薔薇には珍しい林檎のような良い香りが漂う
ジャスミーナは我が家では一番の遅咲きなのでこの時期に香りが楽しめるのはとても嬉しいことだ
c0365716_14522277.jpg

咲き方を見ていると同じコルデスの大人気品種アンジェラにも近いような気がする
ただアンジェラよりも花経が大きいので株を覆い尽くす程には開花しない
確かアンジェラも香りは薄いが似たような香りがした記憶が有る
刺も同じように大きめの刺が規則正しく付く

ジャスミーナは一応繰り返し咲きだが夏と秋はポツポツ咲く程度
まあクライマーなのでこれはしょうがない、春の開花が素晴らしいので贅沢言えない(笑)

c0365716_14521700.jpg

とても魅力的な花色と香り
僕が始めてバラ園で見たときは切り詰めて育てられていて花経が大きかったが
ツルが伸びるのと同時にやはり花経は小さくなって来た
その年に充実出来なかった枝には凍害が出るが耐寒性はそこそこHelp me findではゾーンNo,5bの薔薇
しかし耐病性はすこぶる良い、薬剤散布はしなくても育てられる薔薇だと思う
c0365716_14520211.jpg

下は満開の頃、一番の遅咲きだけあって他の薔薇は殆ど終わってしまっている
何とかパレードとはコラボ出来ていたのだがパレードはジャスミーナが開花するずっと前から開花していたのだからしょうがない

庭を造って思った事はネット上には薔薇の開花時期の紹介がとても少ないという事
もちろん実際にバラ園などで確認できるのなら良いがそれが出来ない場合が殆ど
僕は大きくズレて困るようなことはあまり無かったが、もう少し情報が多ければもっと考えて植栽出来ただろうと
ブログを初めた頃に思った、日当たりなどの環境によって開花期はずれてしまう事も多いが大まかな開花期を知る事、これは庭にはとても重要なこと
一昨年の紹介までは出来るだけ開花期も記載し、全景を紹介する事で何と何が一緒に咲いているのか判るればと思ってきた
昨年の紹介からは開花期の事は殆ど書いてないがこれまでの記事が植栽する方の役立つよう願っている

c0365716_14514615.jpg
ジャスミーナの右横のボローニャも最初は明るいグリーンで美しいが
ジャスミーナもこの時期はかなり明るいグリーンの葉だ、ただし艶々の照り葉
この辺の印象も僕にはアンジェラに似ている気がしている
ハイブリッドムスクのラベンダーラッシーやバフビューティーもこの手のタイプの葉だったような気がする

c0365716_14514216.jpg

上の写真は夕暮れどきのジャスミーナ

昨年の春に誘引して初夏に開花したわけだが
毎年開花を見守って今年はこんなものか、昨年とあまり変わりは無いように思ってしまうが、一昨年のジャスミーナと比べると物凄い育っている。汗
ブログを続けて自分の記憶が全然当てにならない事を思い知らされている(笑)
今年はシュートが昨年より多く残ってくれれば予定通り斜めに斜上する誘引ではなく四角く仕立てられたら良いのだが・・
c0365716_14515321.jpg
我が家で最後の開花のジャスミーナは毎年玄関を出ると
咲きこぼれるように咲く花と林檎の香りを漂わせとても癒される存在、今年の開花も楽しみにしている

さてバラの紹介も大物はこれで終わりです
あと残り少し、それが終われば春の宿根草などもろもろ紹介して
5月には今年の庭の記事にシフト出来ればと思っていますのでどうぞ宜しくお願いいたします。


記事をご覧下さり有難うございました
お帰りの際はバナーを押して頂けると記事を書く励みになりますので
どうぞ宜しくお願いいたします。

 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
# by tsukiiro2613 | 2017-03-20 11:58 | ジャスミーナ | Comments(6)