オルフェオ 




今日の紹介はロサオリエンティスのオルフェオ

c0365716_19032336.jpg
実は僕、意外にミーハーだったりして(笑)
ミーハーという言葉は取り敢えず首を突っ込んだり、流行りのものにすぐに夢中になったり欲しがったりする
昔は女性を軽蔑した言葉だったが今となっては男性にも使われている

と言うと僕はミーハーとはちょっと違うかもしれない
このバラをネット上で見たとき、これは凄いインパクトの有るバラだと強烈に印象に残ったバラだった



まずは春の開花の様子
c0365716_19024886.jpg
春の画像は本当に記録だけでボケボケだったりで申し訳ないが 
どうしたものかこの上下の二枚しか無かった。汗
c0365716_19025229.jpg
というのにも理由が有り、咲いたのを確認してさっさと花を切り取ってしまったので記録だけで終わったのだった
・・・それにしてもちゃんと撮影すればよいものを。(笑)

さてこのバラを迎えた経緯は元々欲しくて予約したのではなく
いつものように春先にバラ苗が豊富なホームセンターを見ていた、そこで出たばかりのオルフェオが2鉢だけ残っていた
ロサオリエンティスは1品種も所有してないが、この薔薇はとても気になっていた薔薇だった
しかしミニバラのように貧弱な大苗、他の苗と比べても雲泥の差で弱々しい苗
きっとあまり伸びないバラなんだろうとは思った、鉢が倒れたか芽が無くなったりして傷んではいるものの1鉢は大丈夫そうだ
送料が掛からずにロサオリエンティスの最新品種が買えると思ったらいつの間にかもう連れ帰る気になっていた(笑)
でももう薔薇は一杯一杯なので暫く迷っていた、すると中年の男性がオルフェオのまえで立ち止まる!
あ!それは僕のです!と言いそうになるが我慢、もしかしたらこの人が連れ帰ってしまうかもと思ったら居てもたってもいられず
結局連れ帰ってしまったオルフェオ
しかし連れ帰る前に持ち上げた鉢は異常に重い・・・ちょっと不安が有ったが
家に着いて考える、この苗にこの土質でこの重さ、きっと根腐れ寸前だなと思って中心部分はあまり土を落とさずに水はけのよい用土に植え替えることにした
普通は鉢苗を購入したら少し置いておくがすぐに植え替えることにした、出てきた根はやはり根腐れ寸前ギリギリセーフといった感じだった

で、結局一番花は上手く咲いたものの花はパシっと撮影してすぐに切り取ったのだった

でもバラ病って怖い、そこは大苗の後は開花株の大苗がもう一度入荷されるのにその時しかもう出会えないような気になってしまうのだから(笑)
その後開花株が入荷されたのを見たがロサオリエンティスのブースは見ない事にした
だってそんな芽出しに水をじゃんじゃん与えられた株よりも開花まで育てて入荷された株の方が立派に決まっているのだから。涙

その後夏にも開花、それは色が赤に近かったので一輪咲いたのを見てまたすぐ摘蕾。


そして秋に開花したのが下からの画像
春の一番花に比べるとちょっと色が淡いがなかなか良い開花だ
c0365716_19030073.jpg

やはりこの薔薇の一番の特徴は花弁表裏の色の対比だろう
これに目が釘付けになった、と言っても実際に見ないで迎えたのだけど(笑)
c0365716_19030330.jpg



ただ正面で見るとわりと普通の薔薇だ
c0365716_21005976.jpg

国バラに出向いた方のブログを見るとブルーフォーユーに似ているという書き込みをよく目にしたが
我が家では画像検索で見るような淡い色合いには今のところなってない、交配には使われたのだろうか
バーガンディーアイスバーグも表裏はっきりと違う色合いになって咲くことがあるがそんな薔薇が使われたのだろうか
なんて想像して楽しんでいる(笑)
c0365716_19031947.jpg

春は最初から紫と白だったが
秋は明るい赤紫と白だった
c0365716_19031313.jpg

正面から見るとちょっと面白くないがこの薔薇は若干俯いて咲いてくれるのでこの色の対比がよく見える
表と裏それぞれにではなく花を見たときに表裏一緒に見え、白と紫の対比が楽しめるのがこの薔薇の良い所だろう
c0365716_19031096.jpg

春は写真が酷かったので秋はちゃんとしよう!
と思っていたら白い花弁が見える方に気を取られてピントがおかしい物が多かった(笑)
c0365716_19030678.jpg


そして退色後
淡くなるのではなく明るい赤が青みを含み濃い紫に変わってきた
c0365716_19032580.jpg


春と夏には香りが感じられず強香種と呼ばれる香りの無いバラかと思ったが
秋にはちゃんと香る花にやっと出会えた、ちなみに香りはそんなに強い方では無い
けれど独特の香りがした、今のところちょっとブラッシュノアゼットのような系統の香りだったが
香りの説明ではフルーツとスパイシーだったような・・・・
c0365716_19032336.jpg

今年はそこそこの成長で秋にはこの7~10輪くらいの房が三つと一輪咲きも少し蕾が付いたが
来年も今年と同様鉢植えで育てていこうと思っている
c0365716_19033414.jpg

あの春の極小極細の苗で不安を感じたオルフェオだったが思ったよりも普通に育ってくれて良かった
c0365716_19032974.jpg


今後も楽しみなオルフェオ、まだ10輪程度の1房が残っているのでもう暫く楽しめそうだ

c0365716_19033713.jpg
来年育てればもう少し詳しくこの薔薇の事を記載していける事だろう
この薔薇は開花のインパクトが有ってカッコイイ、そしてコンパクトな株
良い薔薇だと思う、皆さんも1鉢いかが?(笑)

記事をご覧下さり有難うございました
お帰りの際はバナーを押して頂けると記事を更新する励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたします。

 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
# by tsukiiro2613 | 2017-09-21 21:23 | Comments(8)

セダムの花壇




今日は軒下のデッドスペースに作ったセダムの花壇を紹介しようと思う
これは寒冷地で地植えでも越冬出来るタイプのセダム、全て我が家で一度は極寒の冬を越してきたセダム達。
c0365716_19171837.jpg

とは言うものの実はまだ紹介する段階には無い(汗)
まだ作って間もない事とこの辺一体は来春変更しようと思っている事、このセダム達は夏に配置替えなどを行い落ち着いてない事
そしてやはりまだ気に入らないので周辺の変更に伴いこの花壇自体ももう少し変えてみようかとも思っている
なので紹介はまだ先にするはずだった、しかし僕がブロ友さんの所で越冬出来るセダムで花壇作ってます!
なんて呟いたものだから見せて!と言われてしまったのだった
内心、ええ??まだ綺麗に出来てないのに見せるの嫌だな~なんて思っていたりして(笑)
c0365716_19173233.jpg

個人的に楽しめば良いと思っていたが改めて写真で見ると住宅の基礎部分が丸見えなのが気になってしまう(汗)
セダムの中でやはり元気なのでコモチレンゲ、これは葉色も良いし強健でお気に入りこれだけでグランドカバーになりそうだ。
c0365716_19172674.jpg

反対側から見たところ
散らかっている赤い花弁はフォルスタッフのものだろう
まだやり替えたばかりだが根が落ち着いて伸びてくると石の上にも伸びて良い感じになってくるだろう
c0365716_19174812.jpg

上部から見たところ、どこに何が生えているかよく判る
多少スカスカでもっと密集して生えて欲しいところだがセダムは移植するとバラバラになってしまう
c0365716_19175808.jpg

ちなみにコモチレンゲは寒くなる時期に向かって花が咲いてくる
c0365716_19174286.jpg
まだ見せられるレベルでは無いけど見えない所でこんな遊びもしてました(笑)
ちゃんと完成したらまた改めて紹介しようと思います。



記事をご覧下さり有難うございました
お帰りの際はバナーを押して頂けると記事を更新する励みになるので
どうぞよろしくお願いいたします。


 ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
# by tsukiiro2613 | 2017-09-20 20:31 | 2017年の庭 | Comments(4)

プリンセスの見納め



我が家のプリンセス セプタードアイルの秋の開花
c0365716_18525259.jpg

プリンセス、とは言うもののセプタードアイルはプリンセスの名前ではない
デヴィッドよ何故こんな名前に!と言いたくなるような不可解なネーミング(汗)
見た目は愛らしいプリンセスのような薔薇なので僕は勝手にプリンセスと呼んでいるが共感してくださる方も結構多いのでは?
と勝手に思っている(笑)


これは台風の前日に撮影したもの
いつもながら清らかで美しい開花だ、ミルラ香が強く香る
c0365716_18530599.jpg

あまりシベを見せないプリンセスだが今年の秋は花経はいつもと変わらずだがシベを見せる開花が多かった
c0365716_18524044.jpg

ジュビリーは切り取って室内で飾ったがセプタードアイルは退色が進んでいたので
ここに写ってない房を一本だけ摘んで後はそのままに。
c0365716_18522250.jpg

秋はステムが長くビヨ~ンとあっちこっちで咲いている、それを片手に寄せれるだけ寄せて撮影
c0365716_18523153.jpg


今日の朝確認するとやはり強風でボロボロになったり散ってしまった物が殆どだった
しかし、美しい瞬間を記録に残し多くの方に見てもらうことが出来てプリンセスも本望だろう
c0365716_19380755.jpg
ここのところ記事にする内容が溜まってしまい一番花の紹介もまだ出来ない始末
これを消化しないと紹介しないまま蔵入りしてしまうので もう少しだけ毎日記事の更新を続けようと思っています
どうぞよろしくお願いいたします。


記事をご覧下さり有難うございました
お帰りの際はバナーを押して頂けると記事を更新する励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
# by tsukiiro2613 | 2017-09-19 20:24 | セプタードアイル | Comments(8)

ジュビリーパンチ






昨日の記事でジュビリーセレブレーションの咲いた花は台風に備えて全て切り取ったと書いたが
それがこのブーケ
c0365716_20313042.jpg

殆ど終わりそうな花は入れなかったが写真で見れば小さく見えるがかなりの大きさ、10センチ以上の花を15~20輪くらい持っている

c0365716_20312477.jpg

今年は秋にしては少し色は薄めだがとても美しい開花だ
c0365716_20312045.jpg

房の中で咲いた一輪を切り取った物が殆どなので花首が短くて持ちづらくてしょうがない(笑)
まるで手がバラの花になったようだ(笑)
アンパンチならぬジュビリーパンチ!・・・他に思い浮かばなかった記事の題が(大汗)
c0365716_20311364.jpg

とても美しかったのでぐるぐる回しながら撮影していた
c0365716_20311090.jpg

この規則的に並び完成された花型と絶妙な色合いがたまらない
c0365716_20310464.jpg

昨日の17日は実に二週間ぶりの休みだったが台風対策に追われていた
そんな中の癒しの時間
c0365716_20310086.jpg

あ、そうだ今日はまだ妻が居たんだった、これは驚くから見せてやろう!と子供のように家に入って階段をかけ上がる
と思ったら居ない、息子に聞くとどうやら入れ違いで出勤したようだった。汗
c0365716_20305790.jpg

なんだ居たら驚かせられたのにと思ったが、よく考えると切り取ったもののこの後どうすれば??
c0365716_20304474.jpg

大きなボールに入れてみたがどうもダサい(大汗)
それに切り取った花が多くて全然入らない
c0365716_20314738.jpg

柄の長い小さめの花は花瓶に、あとの花はバットに入れることになった(笑)
c0365716_20314297.jpg
幸いにも心配していた台風も思ったほどではなく、花は当たり前に傷んだが枝折れなどの被害は無かった
秋薔薇ももう暫く楽しめそうだ。


記事をご覧下さり有難うございました
お帰りの際はバナーを押して頂けると記事を更新する励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたします。

 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
# by tsukiiro2613 | 2017-09-18 21:24 | ジュビリーセレブレーション | Comments(8)

秋の庭




ここ最近記事に使う画像を編集する時間が無かったので実は編集までして保管したまま眠っていた物を使って記事を書いていた(笑)
久しぶりに今の庭の紹介をしたいと思う(少し前のも有り)
c0365716_17413383.jpg

9月17日明日には台風が北海道に上陸するようなので
できる限りのシュートの養生、鉢植えを強風から守るべく風の当たらない場所に移動
それと越冬に向けて枝を固める為のシュートのピンチを行った
これは基本的に蕾の出来ないシュートに行っている、柔らかいシュートのままだと凍害で枯れてしまうが
処理が遅いと枝を充実させ固める前にバラは活動を終えてしまうのでいつも9月の中頃に行う事にしている
蕾が出来れば自動的に枝は充実するので蕾が出来ているのはそのまま
ただツルアイスバーグなんかは全く届かないどころかその場所にすら入っていけないので諦めている
c0365716_17525667.jpg
いつもの画角ではないが庭はというと・・まあまあ咲いている
見えない部分で結構咲いているのだが今年はいつもよりも見ごたえのない開花

c0365716_17403768.jpg
アーチのウィリアムモリスは全てのシュートの先に蕾を房で付けているが蕾が大きくなるのが順繰りだし
秋といえども日中は日差しが結構厳しい、咲けば咲いただけ日差しで傷んでしまう
そんな中アーチの奥に見える白い花

c0365716_17402764.jpg
センニンソウが満開を迎えた、年々巨大になるセンニンソウが怖い(笑)
羽衣ジャスミンのような酸っぱい香りがする

モリスは咲いているのは朝確認できるが次見た時には日差しで傷んでいるので開花の様子を写真に残すのが難しい
c0365716_17404572.jpg
それでも少しだけ綺麗に咲いている花が有った
蕾はまだ沢山有るのでもう少し冷え込んできたら美しい開花が見られるだろうか・・
c0365716_17405313.jpg


今年はあまり調子が良くなかったアイスバーグFLだが
2番花くらいからはだいぶ調子を戻してきた
c0365716_17410544.jpg


これは開き始めの頃
c0365716_17411190.jpg


そして今日のアイスバーグ

c0365716_17414467.jpg

いつもよりなんだかフワフワした開き方をしている
c0365716_17412321.jpg


今日開花している花はおそらく明日にはボロボロになってしまう事だろう
c0365716_17412848.jpg

アイスバーグは花弁が少なめなのでうなじから見た姿が美しい(笑)
c0365716_17413749.jpg


こちらはよく咲くロイヤルジュビリー、秋はもう花殻も殆ど切らずに咲かせっぱなし
c0365716_17415666.jpg


マダムイサークプレール
摘蕾ばかりしていたが少しずつユックリと開花していた
c0365716_17420102.jpg

夏からの花は木で咲いているのを見る方が美しく見えるかも
c0365716_17420874.jpg


イサークと一緒に写っていたのは宿根アスター
よくクジャクソウで紹介しているシロクジャクととてもよく似ている
こちらの方が少し花が大きく強健、シロクジャクは今年越冬出来ずに春には根がボロボロになってしまった
シロクジャクは迎えて数年後に越冬後枯れたのを確認するが寿命が短いのだろうか?
宿根アスター類は品種は違えどまとめて紹介される事が多いので品種の詳細までは解らないのが辛いところ
c0365716_17461958.jpg

この花を見るとちょっとエリゲロン(源平小菊)を思い出す
一時植栽していたが越冬するものの春までに殆どが寒さで無くなってしまう
ほんの少しだけでも生き残ればその年の内にまたとてつもなく茂るが、しかしまたギリギリ生き残るかどうかという感じ
札幌辺りでは耐寒性が零下12度とか15度有ると記載されていてもこういった事が起こる、実際にはそんなにそんなに冷えてない
その上雪の下で越冬しているのにだ、選択肢が減ってしまうが零下15度以上の耐寒性が有ると安心だ
c0365716_17461305.jpg

シャリファアスマが美しく開花
c0365716_17423067.jpg


そしてジュビリーセレブレーションも開花
c0365716_17425257.jpg

今年はいつもより香りと色が薄いがとても美しく開花している
c0365716_17424662.jpg

ちょっと見えにくいが1.7m以上有るかも知れない。汗
一輪咲きばかりに見えるが殆ど3輪くらいの房で、多いものは5輪以上の房になっている
c0365716_17425722.jpg
明日に備えて今咲いているジュビリーは全てカットする事にした
どうせそのままにしておいたら花が重いので花首で折れていたりシュートごと倒れてくる(笑)


ムンステッドウッドも色濃く開花
最初は小さい花だが開くと驚く程大きくなる
c0365716_17432725.jpg


フォルスタッフも開花
開花しているが物凄い高い位置なので気が付くまで時間がかかる。汗
c0365716_17423670.jpg


プリンスチャールズも2番花が咲いている
c0365716_17434945.jpg
さすがに最初の花よりは少ないが全く遜色ない美しい花が開花した
c0365716_17434503.jpg

夕暮れ時のプリンス
c0365716_17441929.jpg

今年からミケリテも返り咲きするようになった
まだまだこれから蕾が上がってくるようだが間に合うのだろうか・・・
c0365716_17434186.jpg

このシベと花弁のコントラストがとても好きだ
花弁はそれぞれ4~6枚と枚数が違うが多めの花がシルエット的には好み
c0365716_17432011.jpg
宿根のクジャクの方を紹介したが友禅菊も開花している
これは矮性で生垣のようになるのがとても良い
c0365716_17440183.jpg

暫く忙しくしている間にシベの色が変わってしまってからの撮影になった。。
でも愛らしい花だ
c0365716_17441004.jpg


ノリウツギのバニラフレーズも随分と秋色になった
今年はとても綺麗に色づいてれたのがとても嬉しい
c0365716_17465693.jpg

裏返すとライム
c0365716_17464745.jpg

キンエノコロ草も黒い種になってきた
そろそろ来年大繁殖の危険性が出てきたので刈り取る事にした
c0365716_17431458.jpg


さてバロンがうどん粉振り撒く南東の植え込みではソニアリキエルが順繰り開花を続けている

c0365716_17575105.jpg

このバラも日差しで傷む事が多いが時々美しい開花を見つけるとドキっとする
c0365716_17575473.jpg

さて北東の前庭ではシュウメイギクが咲き始めている
最初はちょっと歪な花
c0365716_17442038.jpg

パーゴラはというと依然大暴れ。汗
このシュートも咲かないものはピンチして纏めて養生しておいた
c0365716_17442517.jpg
後は明日被害が出ない事を願うばかり
そして全国で大きな被害が出ない事を祈っています。


記事をご覧下さり有難うございました
お帰りの際はバナーを押して頂けると記事を更新する励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたします。

 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
# by tsukiiro2613 | 2017-09-17 19:04 | 2017年の庭 | Comments(6)