菊咲きのカラマツソウ



今日はかなり久々に宿根草の紹介
今日の紹介はタリクトラム
c0365716_19240274.jpg

これはタリクトラム・アキレギフォリウム・アルブム
毎年紹介している宿根草だが勘違いしてサンギネウムと紹介していたがサングネウムはゲラニウムだった、訂正しておきます。汗


タリクトラムは開花期が品種によって違う
このアキレギフォリウムは札幌では5月中旬以降に開花が始まり
6月の初旬には開花が終わってしまう、丁度バラの開花と入れ替わる感じだ

c0365716_19241526.jpg
上の写真は6月に入ってすぐの庭、宿根草は冬を乗り越え暖かさの中で待ちに待った開花
薔薇の蕾が無数に上がり活力に満ち溢れた緑が美しい庭だ


枕木の間を抜けて右側に見えるピンク色の花はタリクトラムのもう一つの品種
タリクトラム・アキレギフォリウム・プルプレウム

c0365716_19235109.jpg

ブロッコリーのような菜の花のようなまん丸の集合体の蕾が面白い
c0365716_19223542.jpg

上はピンク色のプルプレウムで下は白花のアルブム、同じ品種の色違い(色が違うと品種も違うことになるけど)
花の色素のせいか蕾だけではなく茎の色がプルプレウムとアルバでは違う
c0365716_19224110.jpg


花は小さく1cm強といったところだろう、このタリクトラムは花火のような菊咲きの品種

c0365716_19224714.jpg

c0365716_19225651.jpg
宿根草は薔薇と違って学名での紹介が多いので難しいが調べてみると意外と簡単な意味だったりする
尖った葉とか斑入りとか紫、白とか単純な意味
タリクトラムはカラマツソウ属のアキレギフォリウムはアキレギアはオダマキ属でフォリウムは葉
プルムレウムとかプルプレア(パープレア)は紫,深紅という意味なので
紫の花のオダマキの葉を持ったカラマツソウ という事になる
アルバとかアルブムは白という意味
最近調べたところではピンクのような紫のプルプレウムは学名には記載されずただのタリクトラムアギレギフォリウム
白花のみ’Album’になっているので栽培品種名がアキレギフォリウム’白’という事になる
植物の表示方法は二名法になっていて属名と小種名が記載されることになっている
その他に変種・亜種・分類上の品種名などが記載され意味は思ったより簡単でもややこしいのである(笑)

アルバという言葉は薔薇でもよく出てくるので知っている方も多いだろう
ちなみにヴァリエガータディボローニャのヴァリエガータは斑入りの意味


庭の奥から撮影したところ、花も綺麗だが緑が本当に美しい時期だ
c0365716_19230342.jpg

白花のアルブムの方が後に入れた品種だったが充実してきたようだ
ただモコモコに咲くよりも花と花に隙間が有った方が美しく見えるだけど・・・
c0365716_19231019.jpg

花色をピンクと書いているが殆どピンク色に見えるが紫色が入っており
自然のアザミの花の色によく似ているのがこのプルプレウム、実はもう1株同じものを植えているが
そちらはもっと紫色が強いこのタリクトラム以外に該当する品種が無いのでおそらく個体差だろう
c0365716_19231617.jpg

カラマツソウに多く言えることだが名前もそうだが同じキンポウゲ科のオダマキに似た葉をもっている
オダマキよりも更に爽やかにしたような感じ、自然で見るアキカラマツの葉が好きだが
このアキレギフォリウムも好きな葉を持っている、しかし充実すると共に密に茂り段々株がゴツくなってきた
フワッと涼しく茂って欲しいのだが、嬉しいような悲しいような微妙な気分だ
c0365716_19232717.jpg


薔薇の開花前の庭を華やかにしてくれる面白い花を持った品種だが
タリクトラムのデラバイならもしかしたら薔薇と同時に開花するのかも知れない
大型のシキンカラマツは盛夏から夏の終わりに開花する
c0365716_19232133.jpg

特に何を気にするでもなく丈夫に育っているが
おそらく夏暑すぎる地域では半日陰の方が良いのだろう
c0365716_19233959.jpg

どちらも直立性で葉張りはそれ程でも無いが1m程度の大きめの宿根草だ
我が家では花後に花穂ともう一節多いくらい下に切り詰めている
我が家では花殻を付けている事が無いので種がどんな風に出来るのか分からないが
オダマキのように親株を更新させた方が良いのかも判らない、今のところとても元気だが
株が弱ってくるようなら種を実らせた方が良いだろう
c0365716_19234683.jpg

もうこれまでの写真で色を覚えたと思うので下の写真を見てもどこに生えているか判る事だろう(笑)
c0365716_19235109.jpg

そして今度は奥からではなくそのまま近づいてみる
こうやって見るとどちらもわりと大きめの宿根草だと判ることだろう
・・それにしても通路が年々狭くなってゆく。汗
c0365716_19235627.jpg

このタリクトラムに限らず僕はカラマツソウ属の葉と小さくても存在感のある花の感じがとても気に入っている
あまり主張するタイプではないが個人的にお勧めしたい宿根草だ


記事をご覧くださり有難うございました
お帰りの際はバナーを押して頂けると記事を書く励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたします。








 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
# by tsukiiro2613 | 2017-04-10 21:49 | 宿根草 | Comments(2)

庭の近況



c0365716_16482291.jpg

今日は庭の近況を

何とか誘引を終了させ、鉢植えも一部植え替えを終わらせることができた
とっぷりと庭仕事に精を出した

今開花しているのは福寿草

c0365716_16484160.jpg


そしてこの間紹介したニゲルの交配種
これは株分けして2株有るがもう一つの方が凄い花付き
しかし誘引作業で引っ掛けて花を折ってしまった(実は踏んでしまった。涙)
この時期は庭土の上を歩き回る作業が多いし脚立をあちこちで立てるので今開花する植物はちょっと辛い
c0365716_16483696.jpg

今日の画像がまん丸で不思議に思った方も多いかと思うが
丸いフレームで魚眼のように撮影出来るスマホのアプリを手に入れたので使ってみた
シャッターが画面しか使えないので無理な体勢で撮影して少しブレてしまったのもあるがたまにこういうのも面白い
ちなみにスマホで煩わしい広告を消す広告ブロッカーというアプリも手に入れた、これはとてもすぐれ物
二つとも有料アプリだが安いし一度の購入で済むので早く手に入れていれば良かったと思った
ブログで言えばエキサイトは広告が邪魔になることは無いが
中には広告がうっすら画面のど真ん中から現れて間違えて押して他のサイトに行ってしまい本当に不愉快極まりない!
と思っている方は僕だけではないはず(笑)広告を誤って押してジャンプしてしまった方にはオススメ
まあ今はスマホ利用率がとても高いので皆入れてるのかな。



下はオダマキのクレメンタインホワイト
囲いを外すまで箱を被っていたのでホワイトアスパラ、いやモヤシのようになっている
c0365716_16483129.jpg


花は今のところ福寿草とクリスマスローズのニゲルの仲間しか開花してない
宿根草はまだ芽すら出してないものも多いので紹介はまだ先になるだろう
そんな中外で越冬出来るタイプ(のはず)のセダムが越冬出来て嬉しかった

一角に集めて植えてあるが越冬出来るタイプはなかなか気に入った物が無いが
そんな中で好きなものを連れ帰っては植えて楽しんでいる

下は夏のあいだもそんなに変わりのないプクッとした葉の品種
夏場は葉がシルバーでとても綺麗だ
c0365716_16482291.jpg


わりとそのへんにも生えていそうなセダム、でも密集すればなかなか良さそう
c0365716_16481782.jpg

下はおそらく子持ちレンゲ、これは頂いたものだがグレイッシュな葉がとても好きなセダム
夏にはもっとグレーが強く手を伸ばすように子供を増やして密に茂る
今は冬葉になっているので一旦萎んでスカスカになっている
c0365716_16481392.jpg

下も冬葉だがこれはシーズン中茎を伸ばすタイプ
葉の淵が赤く波を打っているのが特徴
c0365716_16480773.jpg


下は昨年手に入れたもので耐寒性の有る品種として購入したがかなり傷んでしまった
冬場は防風ネットを何重にもして上に被せて霜や凍結対策をしていた
春ネットを外した時はちゃんと葉が残っていたがどうもその後傷んでしまったようだ
そんなに冷え込んだ日は無かったと思うが・・・
c0365716_16480216.jpg

下は3~4cmくらいに大きく花のようになる品種
子持ちレンゲのように手を伸ばして沢山増える
c0365716_16475607.jpg

下はピントの合っている位置がおかしいが上と同じもの
ただ生えている場所が違う石の間だがこの品種はここの方が生育が良かった
寄せ植えしている場所に殆ど移植したがあまり気に入らないらしい
c0365716_16475024.jpg
セダムはこの魚眼アプリの撮影にとても合っている植物だと思って撮影したが、今は冬葉で縮こまっているのが殆ど
夏にはもっと綺麗な姿を撮影できるだろうと今から楽しみにしている
セダムは管理が楽で可愛いと今とても人気のある植物だが、これまで越冬できるタイプは昔から栽培されていた極僅かな品種のみで
越冬出来ないタイプは魅力的だが殆ど氷点下になる寒冷地では暖かい室内での栽培となる、暫くすると徒長してしまって仕立て直ししなければいけない
ズボラな僕にはとても育てやすいと言われるセダムの世話は結構面倒だったりする。汗
今は越冬できるタイプが結構出てきているので、地植えだと環境さえ合ってれば徒長する事なく育てられるのでとても良い
これからも少しずつ集めていこうかと思っている


下はコケと越冬後のイブキジャコウソウ
ジャコウソウはタイムに似ているが比べると非常に伸びるのが遅い、グラウンドカバーとして使うには結構根気がいるだろう
緑色の葉も越冬後は銅葉のような濃い紫色に
c0365716_16474558.jpg


まだ少し散らかっているがいつもの庭になった
後は芽出しを待つのみ
c0365716_16474022.jpg

室内では真夜が開花している
蕾が上がったのは昨年の冬から三回目だが最初の蕾は水切れさせてダメにしたので
開花としては二度目
c0365716_16484751.jpg

この薔薇は色合いと香りがいつ開花しても素晴らしいが
何よりいつ開花してもだいたい同じレベルの花が見られるのがとても素晴らしいと思う
c0365716_16485229.jpg
しのぶれどは前回の開花が終わって少しずつ寒さに当てて休眠させる事にした、そろそろ起きてしまうと思うが
真夜は入れ替わりで蕾を上げていたので結局春まで休眠させずに過ごすことになった
でも二つともよく楽しませてくれた、この二種が有ったから冬も香りを忘れず過ごすことができた



記事をご覧くださり有難うございました
お帰りの際はバナーを押して頂けると更新の励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたします。


 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
# by tsukiiro2613 | 2017-04-09 20:48 | Comments(2)

容姿も性格も違う6人




我が家には容姿も性格も違う6人の(品種)の薔薇が有ります

一つ目は小輪に近い中輪の薔薇ミッドナイトブルー
2004年に作出されたアメリカの薔薇、シュラブ
c0365716_21210837.jpg

名前の通り深いブルー(紫色)が魅力の薔薇
僕には香りは感じられないが時折見せるゴールドの蘂と深い紫色の対比が美しい
c0365716_21210257.jpg


少し開いてきた所
この手の薔薇は耐陰性は無いのに花弁が強い日差しに滅法弱いという性質を持っている事が多い
香りがあまり無い新しい薔薇なので花弁が強いと思っていたが見当違いだったよう
c0365716_21211418.jpg

開ききった所、色合いは淡くなりルーズに開いている
ちなみに鉢植えで育てている
c0365716_21212492.jpg


二つ目はフェリシテ パルマンティエ
1834年以前の薔薇 もちろんオールドでアルバの系統

c0365716_21224427.jpg

アルバだがシルバーブルーの葉ではなくライトグリーンのマットな葉
丸い蕾と飾り萼が愛らしい



c0365716_21195965.jpg
小さな花なのに花弁が非常に多い



c0365716_21195338.jpg
強香らしいが僕にはあまり香りは感じられなかった

c0365716_21200561.jpg
ロゼット咲きから開くとポンポン咲きに


c0365716_21201083.jpg
昨年は風が強く花弁が傷む事が多かったが花付きは良い方でそれなりに花は見れた

c0365716_21201557.jpg
綺麗な花だが上は花弁が少なめ本当はもっと多い


アルバだけあって性質は強健、病気に困ること無く成長してくれた
c0365716_21223944.jpg


三つ目はローズポンパドゥール
デルバール2009年作出の薔薇、シュラブ
c0365716_21214872.jpg
かつてのブロ友さんの大のお気に入り品種だった
それ程勧めるのならと育ててみた品種


c0365716_21215474.jpg
開き始めはちょっとショッキングピンクぽくなるが
開花が進むと落ちついた色合いになりライラックピンクになるところが良い
香りはスッキリとした大人っぽいとても良い香り、他の薔薇では感じないタイプの香りだ


c0365716_21220445.jpg
でも実は昨年から地植えは辞めていた
我が家の庭にはちょっと大輪過ぎるというか巨大輪なので薔薇が良いかどうかよりも庭のサイズに合ってない
それに開ききるとこの開花途中までの美しさは何処へやらお化けのように開く



c0365716_21222527.jpg
今回紹介しているのは実は鉢植えの挿し木株だが、鉢植えだと丁度良いサイズで留まってくれた

c0365716_21221092.jpg
あまり大きくなる品種では無いようだがデルバールの他の品種と比べると伸びは緩慢に感じる薔薇だった
我が家ではそんなに不足は感じない大きさだったが


四つ目はブラッシュノアゼット
生きてます!(笑)
1814年作出のオールド、系統はノアゼット
c0365716_21184323.jpg
4cm程度の小輪咲きでやらかい花弁と咲き進むに連れて色の濃淡を楽しめる薔薇
香りの説明は強香、中香、微香と定まらないが僕には草花の匂いにか感じなかった。汗
c0365716_21181460.jpg
迎えた翌年辺りから二年程鉢植え生活をしていて二年ともミスで弱らせてしまった。汗
二度目はちょっと実験に近かったけど・・
鉢植えにした際レイニーブルーに場所を譲ったのだがレイニーブルーが癌腫だったため土を入れ替えて元に戻した
暖かい地域ではアーチにも使えるらしいが北海道では小さいシュラブ程度にしかならないようだ
咲き進むと花が乱れてくるが咲き始めの頃はとても美しい薔薇



五つ目は真夜
2010年作出 河合 伸志氏
フロリバンダ

c0365716_21214296.jpg
この薔薇は本当に色の美しい薔薇だ、黒っぽい赤紫にもなるが
ロイヤルバープルと呼ばれる紫色にも移り変わる
香りも濃厚
c0365716_21212934.jpg
株としてはまったく問題無く育っているが昨年は一輪咲きが多く寒さのせいか
ゆっくり一輪一輪ポツリポツリ秋のように開花が進んだので株としての写真が無いのだ
c0365716_21213561.jpg
ただこの薔薇もミッドナイトブルーと同じように日差しを好むが花は日差しで焼けるので鉢植えがオススメ


六つ目はジェネラスガーデナー
2002年作出 イングリッシュローズ
もちろんシュラブだがツル扱い出来るシュラブ
ちなみにオールドは全てシュラブなので樹形の記載は無し

c0365716_21202235.jpg
この薔薇は色々な意味で手持ちのERの中で最強健な品種だ
でもそんな品種に限って繊細な花を持ち合わせているから面白い
色はちょっとピーチがかった淡いピンク色と呼べば良いのだろうか
c0365716_21202742.jpg
上手く説明できないが強香でとても良い香りがする
DA社の説明ではオールドローズ・ムスク・ミルラを思わせる香りなんだとか・・・はて?汗

c0365716_21203178.jpg

強健かつ繊細で儚げな花はオールドローズを思わせるが
葉は半照り葉で古いオールドの感じではないが趣のある花である
c0365716_21203772.jpg

ただ非常に花は短命で殆ど一日で散っていた、昨年は寒かったので少し持ちが良かったが

c0365716_21204753.jpg

以前はアーチ右側を飾ってくれていたがアーチでは持て余すくらいの素晴らしい樹勢をもち
耐寒性も良かった、この薔薇は広い場所で育てたい薔薇だ、大きめのシュラブとして育てても良さそうな気がする
c0365716_21205348.jpg

このように今回一度に紹介した薔薇、同じ薔薇と言えども人間と同じように多種多様でこんなにも違う
だからこそ面白く薔薇に惹き込まれるのだろう

まあ実のところもう薔薇の紹介は最後にしようと思っていたものの
残った品種にたいした写真が無かったので纏めて紹介しただけだった(笑)
ちなみにまだ紹介してない薔薇も有る、例えばアンブリッジローズは紹介してないけど元気です
しかし咲き方がイマイチだったため写真が無い、今年はちゃんと撮影して紹介するつもりです(地植えにするかも)

この容姿も性格も違う6人の内3人は今年は紹介できなくなる
何らかの理由で諦める薔薇はこれまでももちろん有った、薔薇病の人には少なくない事だろう
ただ僕は品種の特徴の長所短所は書いても花の好き嫌いは書かないことにしている
理由は解る方は解ってくれるはず

これからも薔薇の記事を書く事は有ると思いますが、これまで続けてきた2016年度の品種紹介は終わりです
長い間お付き合いいただき有難うございました
今後は宿根草など残っている写真の紹介が出来たらと思っておりますので
引き続きお付き合い頂けたらと嬉しく思います。




記事をご覧くださり有難うございました
お帰りの際はバナーを押して頂けると記事を書く励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたします。

 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
# by tsukiiro2613 | 2017-04-05 22:45 | Comments(4)

スイッチON!



雪解けが進み庭仕事のやる気スイッチが入ってます(笑)
これからはとにかく忙しい、限られた時間の中で少しでも早く作業を終わらせたい

c0365716_17350687.jpg

上は全ての囲い用ネットと防護用支柱をブッシュローズ以外外したところ
下は昨年の秋の終わりに囲いを付けた後
(本格的にシーズンが始まるまでの冬の間と今の画像は全てスマホで撮影、下は一眼レフ)
c0365716_14032146.jpg

上の写真では横たわっているツル薔薇が殆ど見えないのでちょっと寄ってみる
c0365716_17352641.jpg

こんなふうに何本も折り重なるように地べたに寝ていたのだった
c0365716_17352995.jpg
上は主庭の葉っぱむしり組で主庭と通路の植え込みの薔薇は全て葉をむしった
下は葉をむしらなかった組、前庭の薔薇はER以外は葉をむしってない
囲いを外しただけでいとも簡単に全ての葉が自動的に落ちてしまう
c0365716_17345559.jpg
上の画像は殆ど冬囲いが外れて起き上がって来ているが巨大な薔薇に抱きついてこれだけ細く絞るのは本当に大変な作業だ
壁面のバラはパレードだがあれは半分




c0365716_17345684.jpg
上の写真は手前に横たわっているのはロイヤルジュビリー奥に行っているのはレーヌデヴィオレット
株をこのように絞って横倒しにしても当然地べたにべったり寝てくれるわけでもない
根元は必ず浮いてしまうし、無理に倒すと枝を傷めかねない
上の写真のように雪が乗っても雪圧に耐えられるよう下に挟める箱など有れば良いが
そんなに沢山持っているわけもなく、この絞った状態に竹などの支柱を巻きつけ補強して更にネットを被せている
それでも心配で上から縄で引っ張ったり下から支柱でつっかえたり、雪解けの頃の雪の重みは軽く見ると痛い目にあう
凄い重さで薔薇に乗りかかってくる、過剰なほどの養生をした結果ツル薔薇は一本も傷む事なく無事に越冬出来た、ブッシュは一本だけ劣化した竹が重みに耐えられず枝折れしてしまった
株を横倒しにすれば凍害はかなり免れる事はこれまで知っていたが色々不安要素が有ったので、株は横に倒すものの地面近くまで下げずに雪に埋まるであろう予想の高さで留める事にしていた
しかし昨年まで僕の予想を尽く裏切る降雪量の少なさにとうとう昨年から毎年凍害に悩む品種を地面近くまでツルを倒す冬囲いに切り替えた
それにより横倒しにした品種の全ては冬季間 雪の布団でヌクヌク越冬し全てが凍害が出ること無く越冬出来た
こんなに嬉しい春はこれまで無かったというくらいに皆青々として綺麗な枝のまま





しかし物置の壁面の薔薇は日差しの反射熱で壁面と雪の間に隙間が出来て凍害が出てしまった
c0365716_17350690.jpg
かなり前に枯れていたようでこのように真っ黒でスカスカになった枝、枯れたばかりだと茶色くなっている
何度も凍結したり解凍されたりしているうちにこんな真っ黒になってしまったのだろう
c0365716_17350125.jpg

これには壁面で有る事以外にもう一つ理由が有り
誘引しているワイヤーの格子の中をツルが潜って太くなってしまい、ツルを完全に横倒しに出来なかったのだ
まあまあ低くは出来ていたので大丈夫かと思ったが反射熱で括ってある高さでは隙間が出来て冷気が入ってきていたのだった
我が家に有る品種でこういう品種は幾つかある、トレリスや自作のトレリスもどき、ワイヤーなどの中を勢いの良くシュートが伸びてしまい
後になって外せず囲いの時に満足ゆくように枝を下げられなくなってしまう
昨年の秋の終わりにはこれまで凍害が出なかった品種もこのような状態で枝を下げられない事が多い、凍害が出てない事から気にせず外気に触れる場所で越冬させたのだが、今年に限ってそんな品種に結構な凍害が出てしまった
様々な要因から何とかギリギリ越冬出来ていただけだったと今年判った、品種で言えばバロンジロードランとガートルードジェキル
先日紹介したロングジョンシルバーも耐寒性は高いようなので露出したまま越冬させたがシュートは所々凍害で枯れていた
我が家で長く伸ばしている薔薇で非常に高い耐寒性を持っていると現在言えるのは、ヴァリエガタディボローニャ、ラローズドゥモリナール、フォルスタッフ辺りだろう意外にも四季咲き性の有るバラが入っているのが不思議なところ
c0365716_17352995.jpg
で、何故忙しいのかというと
この状態までしたら先日記事で書いた石灰硫黄合剤をすぐに散布したかったから
石灰硫黄合剤は噴霧するわけにもいかないのでこの状態で粒を荒くして下に向かって散布したかった、それに休眠状態である事が条件、秋の終わりを逃したらもう今しか出来ない事なのだ、それに効果としては今の方が高い気がする
下が雪であると宿根草の芽にもかからないので尚良い、それに急がなければ雪がこんなにある庭に関わらず壁際など暖かい場所に有る薔薇は下の写真のようにすでに芽が膨らみ葉が少し展開しているのも出てくる始末
とにかく大急ぎで作業しなければならないのだ


c0365716_17340979.jpg

雪がまだ積もっているので掃除なんかまだまだ後回し、囲いの材料もしまいたいのに雪でしまえない。汗
酷く汚い状態でどんどん作業を進めている


c0365716_17340362.jpg
薬剤散布が終われば横倒しになっているのは邪魔なので取り敢えず筍のような薔薇を立てておいた


c0365716_17343463.jpg
昨日薬剤散布を終わらせ今日は誘引に明け暮れた
凍害が出た薔薇は有るもののいつもより薔薇が大きくなり凍害が少なく誘引に時間がかかりそうだ
今年は囲いの変更で凍害がまったく出なかったツルアイスバーグのあまりのデカさに暫く呆然と立ち尽くしてしまった(笑)

これから休日は暫く忙しくなる事だろう

忙しい
が、気分はとても良い


薔薇に魅了される人は多いが、美しい薔薇を見るためには代償を払わなければならない
c0365716_17332908.jpg
冬囲いは革手をしても出来るが誘引は薄手の手袋か素手じゃないと細い紐を結べない
ざっくりとなら出来るかも知れないがより自分の思い通りに仕上げる為には春は殆ど素手だ
手の甲はよくこんな引っかき傷が出来るが、この間珍しくカギ針のようなトゲが手のひらに突き刺さり間違えて手を引いて引き裂いてしまった(笑)・・笑えないか。汗
でも一番辛いのは細い刺の先が指の中で折れて残ってしまったとき、これは気になってしょうがない
しかしこれはツル薔薇が多ければ多いほど、誘引作業が多いほどに酷くなってゆく
薔薇に魅入られるとこんな事もたいして気にもせず誘引が楽しいと言えるんだからしょうがない(笑)





記事をご覧下さり有難うございました
お帰りの際はバナーを押して頂けると記事を書く励みになるので
どうぞよろしくお願いいたします。

 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
# by tsukiiro2613 | 2017-04-02 20:04 | 2017年の庭 | Comments(20)

優美な薔薇


今日の紹介はイングリッシュローズのグレイス
2001年作出の薔薇
c0365716_20173288.jpg

一枚一枚の花弁が独立していてまるでダリアのような咲き方をする
薔薇としてはちょっと珍しい咲き方の花のグレイス
c0365716_20170539.jpg

最初の写真から比べるといきなり花が黄色っぽくなって驚いただろうが
この薔薇はアプリコット色の薔薇だが開く過程で蕾の頃はオレンジが強く
こんな黄色っぽい色にもなる、株全体の印象としてはアプリコットの薔薇と思っていて間違いは無いとは思う
イングリッシュローズに多くあるようにこの薔薇も色の移り変わりの有る薔薇なのだ

c0365716_20171038.jpg

大きめの中輪の花は開くと花弁を大きく反り返らせ花弁一枚一枚を尖らせるように縦に丸まる
この姿が非常に独特でこのバラの好きな所
c0365716_20170023.jpg

耐病性も悪くはない、我が家ではあまり病気に困った印象はない
しかし株のせいなのか僕の植え付けた場所の問題なのかいまいち樹勢が弱い
もちろん本来の伸び方ではないと思うが迎えて二年目くらいからあまり変化を感じないのだ
グレイスは一応小型のシュラブで1.2m×1.0mと記載があるが、我が家では高さは1mに満たないくらいだろう

c0365716_20171676.jpg

花は綺麗だし咲き方も独特で良いのだが
これまでの成長を考えると景観を作る薔薇としては残念ながらちょっと物足りない
結構前から鉢上げしようか考えているが次の年には元気が付くのでは?という淡い期待から待ち続けてきた薔薇だった

c0365716_20172151.jpg

香りは殆ど感じられないものの柔らかい弁質と咲き方がこのバラの最大の魅力
葉はマットなグリーン、花弁が多く枝が細く華奢なわりには花は横を向く程度で項垂れてしまう事も無い
c0365716_20172664.jpg


開ききっても非常に優雅で美しい
c0365716_20164720.jpg



まるで羽を広げたような美しい花弁の並び
c0365716_20164322.jpg

Graceという名前、DA社の説明では
言葉では言い表せない程の「優美さ」を讃えて名付けられたのだという
c0365716_20165318.jpg

確かに色々な意味で優美さが備わった薔薇であると思う
残念ながら我が家では品種本来の成長では無いだろうがそれでも楽しませてもらった
DA社の紹介写真は鉢植えが多いが庭植えに非常に向いている品種らしい。汗
c0365716_20173288.jpg
植物の栽培において育ち方というはその品種の印象を大きく左右すると僕は思う
我が家のグレイスは美しいものの苗の当たりか環境のせいか品種の説明に書かれているようには成長しなかったが
もしもしっかりと育っていてくれていたらどんなに素晴らしいかと思う品種である





記事をご覧くださり有難うございました
お帰りの際はバナーを押して頂けると記事を書く励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたします。

 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
# by tsukiiro2613 | 2017-03-31 21:10 | グレイス | Comments(8)