銅葉の薔薇


今日の紹介はレディ エマ ハミルトン
2005年作出のイングリッシュローズ
c0365716_19122560.jpg

レディエマハミルトンは半ツル性の多いERの中では
小さいシュラブで木立バラ、フロリバンダのような扱いの薔薇だ

c0365716_18592240.jpg

ハッキリとしたオレンジ色だがどこか優しく
嫌味のない美しいオレンジ色の薔薇だ
バラには珍しい銅葉を持っている、新葉と茎が紫色になる
葉脈が紫色に色付いているのが判るだろうか

c0365716_18593154.jpg


葉は時が経つと緑色になってしまうが茎は暫く色を保っている
どうせならもう少し早い時期の写真も撮っておくべきだったか(汗)
それもこの薔薇独特の魅力の一つになっている

c0365716_19000201.jpg

下の写真では手前のポールにレディーオブシャーロット
そしてシャーロットの左下に見えるオレンジがレディエマハミルトン

c0365716_18594339.jpg

写真ではレディエマハミルトンの方がオレンジ色でレディオブシャーロットの方が黄色っぽく見える
しかし開き始めの頃はどちらも殆ど同じようなオレンジ色で、シャーロットはオレンジが淡くなり褪色するが
レディエマは蕾の頃の色が外側の花弁に残りやすく
赤みが差してから淡くなってくる事も多いので濃い色合いに見えるのだろう

c0365716_18595397.jpg

レディオブシャーロットとレディエマハミルトン
見ての通り使う用途が全く違うバラだ
シャーロットは切り詰めても使えるがツル薔薇としても使える薔薇で
僕は最初に出たベーサルシュートを見てこの薔薇は伸ばして使おうと決めた
c0365716_19001093.jpg
レディエマハミルトンの樹高は春で1m~1.2mくらい
フルーツ香の強い香りを有しており、フルーツ香の薔薇はどんな人にも受け入れやすい香りだと思う
先に記載したように銅葉の薔薇としても魅力高いバラだ
レディエマハミルトンは絶対に欲しい!と思って迎えたバラだった
方やシャーロットの方はよく伸びるバラで香りは僕には感じられない
レディエマが好きだった僕はレディオブシャーロットのハンドブックの花の感じを見て
こちらも見たくなり迎えた、しかしその頃は確か同じ樹高で記載されていた
どちらも良い薔薇で気に入っているが、逆にシャーロットを先に迎える人は何が決めてだったのだろう?
やはり伸び方かな?いや花の美しさか

c0365716_19002267.jpg

株としては充実してきて蕾の上がりも良かった
しかし今年は長く続く寒さのおかげで写真のようにまばらに咲いたまま花が入れ替わり
それを最後まで繰り返し終わってしまった。涙
順繰りちょっとずつ開花し房はいつまでも開かない、暑いとすぐに終わってしまう花だが
ある程度の暖かさが無いと見応えなく終わってしまう薔薇だった、残念無念

c0365716_19004842.jpg

オレンジ色と赤みが差した花弁のグラデーションが美しい
c0365716_19003171.jpg

葉が少しヨレヨレしているのは薬剤のせいだろう、銅葉が美しいが
春に薬をかけた途端に汚くなってしまうことが多い
耐病性は低くは無いが耐病性が高いとも思えない、放置するとそれなりに病気になるだろう

開き始めの元気なオレンジと、褪色した花
c0365716_19011569.jpg


違う角度から
この角度だと奥の建物が見えてしまうので何とかしたい・・
c0365716_19010134.jpg

かなり褪色が進んでいる
c0365716_19013889.jpg



あまり黄色っぽくならない薔薇だが、こんな色合いにも

c0365716_19015018.jpg
c0365716_19020428.jpg

レディエマハミルトンはこの褪色して行く途中の色合いが一番美しいと思う
何色とも呼べない色合い、オレンジでもピンクでも無い微妙な色合い

c0365716_19021416.jpg

これは違う花
c0365716_19024789.jpg


これも今年初めて見たが、あまりこんな感じに褪色が進む事は無い

c0365716_19023346.jpg

花の最後は大体このような感じに褪色して散ってゆく
香りは開き始めが濃厚でウットリするが
花としては褪色途中から終わり頃が美しくて好きだ
c0365716_19025663.jpg

やっと房の花たちが咲いてくる
これは別に後で出たベーサルシュートではない、房の真ん中以外は後で開く薔薇が殆どだと思うが
寒さで取り残されてしまったのだ
c0365716_19030769.jpg

ちなみに全景で見るとこんな感じ
周りの薔薇はすっかり終わっているのにレディエマハミルトンだけ残っている
この薔薇は寒さの影響がモロに出た薔薇であった、元々こんな遅咲きではない
よく見ると塊で咲いている左側にまだ開いてない房の蕾が残っている。汗
c0365716_19041508.jpg

房なのである程度沢山咲いているが、あまりに開花がゆっくりなので秋の花のように
花弁の外側に赤い斑点が・・・
c0365716_19032417.jpg

他の薔薇は殆ど終わったと同時に蕾も全て切り戻してしまうが
この薔薇は房が多く残ってしまったので切り取れなかった

c0365716_19033961.jpg

エマよ、何故7月に一番花を咲かせているんだ
c0365716_19035146.jpg
レディエマハミルトンはこの花の後ベーサルシュートを何本も上げ
今年もまた逞しく育ってくれた、見かけによらず樹勢も良い品種である

気に入っている品種なので開花が見れただけでも嬉しいが
来年はもう少しだけ景観作りの手助けをしてくれる事を願っている
c0365716_19022318.jpg




記事をご覧くださり有難うございました
お帰りの際はバナーを押して下さると記事を書く励みになりますので
よろしくお願い致しますm(_ _)m











 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
# by tsukiiro2613 | 2015-12-10 21:00 | レディエマハミルトン | Comments(4)

トゲ無しサックラー




モーティマー・サックラー
イングリッシュローズ2002年作出

c0365716_21094575.jpg




イングリッシュローズ(ER)の中では大型のシュラブでクライミングタイプとして
ツル薔薇としての利用が出来る薔薇

c0365716_21065239.jpg




開き始めは暖色系のピンクだが、開花が進むと少し紫色を含みライラックピンクになる
c0365716_21063589.jpg





整ったカップ咲きの多いERの中で少しルーズな花の形の印象は有り
花一輪を愛でるタイプと言うよりも株全体で楽しむ薔薇な気もするが
花はちゃんと美しい

c0365716_21064356.jpg




植栽場所は庭の一番奥
しかし重要な位置でもある、そこをしっかりとカバー出来る大きさと樹勢、強さを持ったバラだと思う

c0365716_21112173.jpg

モーティマーサックラーはポール仕立てのように見えるが
樹木を立て込み、それに枝を添わせ枝先を沢山作りモーティマー自体も樹木のような仕立てになっている
もちろん枝を横に引っ張っても咲くだろうが、グルグル巻き付けるまでもなく剪定して切り詰めても
ここをカバー出来るくらいの樹勢はある
しかし毎年少し凍害の出る薔薇でもあり、耐寒性はまあまあだ
この写真で3m前後だと思うがここでは凍害が出ても全体には弱らず
2.5m~3m程度はカバー出来るだろう


c0365716_21081872.jpg
この薔薇は僕が最初に迎えたイングリッシュローズだ
ちょっと薔薇らしくない所もある、最大の長所は枝には全くと言って良い程トゲが無い
やはり前はトゲが嫌だった(笑)
モダンやフレンチの多くは僕から見れば刺バットにしか見えず、手が出なかった
細い竹竿のようなツルンとした枝は本当に扱いやすい、ただ葉の裏には細かいトゲがある
今でもトゲの生え方の嫌いな薔薇は迎えようと思わないが、刺も生え方によっては好きなこともある

他にもグレーっぽい暗緑色や葉の感じ
小枝の感じも他とはちょっと異質な感じがする・・上手く言葉に出来ないが。汗





c0365716_21073837.jpg




小さな蕾から大きな花を咲かせる
枝は華奢で花は大きいが、花の重さはそれほどでもなく
下を向いて咲くような事はない

c0365716_21075791.jpg





雨に濡れるモーティマー
花もちは2~3日だと思うが、潔く散る花も有れば傷んでもそのまま残っている事もある


c0365716_21080647.jpg




1株の中でも花容が違い下の様な花も有る、1枚1枚の花弁は小さめ

c0365716_21082731.jpg




ここからはERらしい咲き方の花

c0365716_21083685.jpg


心地よいローズ香で沢山咲くと一体がバラの香りに包まれる
記事にアップするまでに全体に少しだけ青みが強く出てしまうが、実際はもっと青みは少ない
実際にはライラックピンクの薔薇というよりもピンクの薔薇という印象が強く
開花が進むにつれほんの少しだけ青みを含んでいると思う程度

c0365716_21084694.jpg

少し開花が進んだ所
手前の濃いピンクの薔薇はアランティッチマーシュ

c0365716_21085561.jpg

この薔薇は手前からもよく見える、枕木の柱の間から見える
背の高いピンクの薔薇がモーティマーサックラー

c0365716_21072223.jpg

かなり開花が進み満開に近い状態

c0365716_21091645.jpg

ただ今年は花が昨年よりもかなり大きく春の開花期の寒さも加わって
昨年のような満開にはならなかった
昨年よりもずっと花が大きかったのは枝を切り詰めているせいも有るのだろう
隣のアイスバーグは開くと10cmは花経が有るが、それよりもずっと大きい。

c0365716_21092616.jpg




かなり耐病性が高く、この薔薇は害虫は別として病気の方は無農薬でも行けるのではと思っている

c0365716_21090519.jpg

今年はこのくらいが最盛期といったところだろう
強い薔薇だが強ければ何でも良いわけではない
美しさと儚さ、香りや枝葉の美しさ
栽培者の要求をしっかりと答えてくれる逞しい樹勢など含め良い薔薇だと思う

c0365716_21093411.jpg

ちなみに僕が迎える際には下のような
睡蓮やダリアを思わせるような花の紹介写真に一目惚れして迎えた
薔薇らしくない花容でグレイスにも少し似ている
色々な花容が楽しめる薔薇でもあるが、このタイプの花の出現率は少なめだ
だからと言ってもこれまで紹介したように他にも美しい花が見れるので満足している
c0365716_21094575.jpg

枝は長く残したほうが花の大きが中輪でちょうど良い
それにその方が花が多く咲き、花経が小さいほうが一斉開花しやすいだろう
今は冬眠中だが、来年枝が凍害を受けず残るとかなりの長さが有る
今は来春どう仕立てるか妄想している(笑)




記事をご覧くださり有難うございました
お帰りの際はバナーを押して下さると記事を書く励みになりますので
よろしくお願いいたしますm(_ _)m


 ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
# by tsukiiro2613 | 2015-12-06 09:31 | モーティマーサックラー | Comments(6)

Hey Brother




今日の紹介はブラザーカドフィール
1990年に作出されたイングリッシュローズ
イングリッシュローズの中で最も大きいと言われるブラザーカドフィール
まあ大きいがそう言うわりには巨大輪でもない
c0365716_18154818.jpg

開き始めはコーラルピンクと言うのだろうか暖色系のピンクで
開くとピンク色に、そして褪色すると淡いピンク色になる
c0365716_18164077.jpg

一番外側の花弁を大きく開き、後はカップを保つ
カップアンドソーサーと言うとそれよりちょっとルーズな開き方かと思う
後に中心の花弁も緩んで開いてくる
c0365716_18165244.jpg

中心の花弁も緩んでひらく・・・はずなのだが
どうもこのバラは強い日差しでボーリングすることが多い。汗
下の写真の上の方の花は日差しでボーリング気味

c0365716_18163047.jpg


下の写真には手前にジュードそして正面にはガートルードジェキルが植栽してある
そしてジュードの後ろに植栽してあるのがブラザーカドフィールなのだが
よく見えないので枝を引っ張って少し手前に出している
画像真ん中辺りに見える大きめの花がブラザーカドフィール
ちなみに2mくらいに成長しているが上部の花は咲いても皆ボーリングしてシナシナになる
上の方で咲いた花は見る間も無くあっという間に終わってしまった。

c0365716_18160017.jpg

どうしても毎年ボーリングを繰り返すので昨年で辞めようかと思ったら
昨年はこれまでにない美しい花を咲かせた・・・こちらの気持ちが解るようだ。大汗
しかしブラザーカドフィールの植栽位置は上の方しか花が見えない
どうしたものか・・・
最近はここで白っぽい花がわ~っと垂れるように咲いてくれたらなんて思ってしまう

下はあまり陽の当たらない場所で開いた花

c0365716_18171195.jpg

これは綺麗に開いたが後ろの花はもうボーリング気味

c0365716_18170212.jpg


こちらもちょっとボーリング気味だが褪色してきた花

c0365716_18172014.jpg

ブラザーカドフィールは我が家ではすぐにボーリングしてしまうが
わりと耐陰性もあるようだし強い日差しを避けるように植栽出来れば
もう少しまともな花が見られるのではと思っている
春の芽出しは燃えるような色で美しい薔薇
耐陰性もそこそこ良く、耐寒性が良く耐病性も良い、香りも強い
花が傷みやすくなければ良いことづくめだ、後は花が好みかどうか
我が家のブラザーカドフィールはこの先どうしてゆくかはまた来年に持ち越しの課題になりそうだ


記事をご覧くださり有難うございました
お帰りの際はバナーを押してくださると記事を書く励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m





 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
# by tsukiiro2613 | 2015-12-02 22:19 | ブラザーカドフィール | Comments(9)

番外編 風のガーデン2010とその頃の思い出



今日は薔薇の紹介はちょっとお休みして番外編
そういえば昔に新富良野プリンスホテルにある風のガーデンに訪れたことがあったなと
写真を探してみた

c0365716_10250405.jpg

北海道の有名なガーデナーの上野砂由紀さんが作庭した風のガーデンは同名のドラマの撮影地として使われた
ちなみに僕はドラマの内容は知りません。汗

c0365716_10250950.jpg

訪れたのは8月お盆前
結構伸びきっているが華やかだ、北海道のガーデンはおそらく7月が一番綺麗なのではと思っている
来年はバラの開花が終わったらちょっと巡ってみようか
今年は上野ファームに出向いたが6月でちょっと早かった、とは言え最盛期じゃなくても
どの時期でも花が咲いていてがっかりすることは無いだろう

c0365716_10251165.jpg
上の写真の奥には撮影にも使われた小屋?家?が有るのだが
草花が2m以上にもなっているので見えなくなっている。汗

こういうガーデンを訪れて、自分自身ガーデニングをして思うのは
入れる植物について

こんな広大な庭を所有している人はまず殆ど居ないだろう
自分の庭を作るときは自分の好きな草花を入れたくなる
もちろん入れれば良いのだが、それだけでは景観は出来上がらないと言う事

花色の配置、草丈、広がり(株が大きくなるとどの程度広がるのかなど)
フワッと茂るものも有れば時々シュッと真っ直ぐ伸びるものを入れて引き締めたり
花が無い時でも見れるよう葉の色の配置
これだけでも好みだけでは選べないだろう、好みの物だけで揃えると変ちくりんな庭が出来上がる
その上ある程度の植生を知らなければならない
そして何よりも難しいのは年間を通じて景観が乱れず、四季折々の花を咲かせ続けること
僕自身ガーデンの構成はまだまだ勉強中


景観として考えるのなら薔薇のみの植栽も同じことが言えるだろう
僕は薔薇が好きだが多くのバラ園は苦手だ、何故なら同じ品種が一角に沢山植栽され
ガーデンではなく薔薇畑にしか見えないから、同じものが沢山有ると何故かどうでもよくなる
ガーデンで他の物(品種)と混色することでそのものを引き立て美しく見せる効果が有ると僕は思っている



c0365716_10251363.jpg

小屋から見た景色、池とおそらく湿地に適した植物なんだろう
しかし僕が紹介した写真では風のガーデンはよく判らないことだろう
サイトに素晴らしい写真が載っていたのでこちらをどうぞ

風のガーデン





この頃の写真は全てコンデジか携帯のカメラだ
一眼を持っているかどうかよりも僕は子供達と一緒に川の中にもジャブジャブ入って本気で遊んでいたので
カメラは胸ポケットにスルッと入らないと壊れてしまう

ここからは風のガーデンを撮影した2010年前後の思い出の写真抜粋して紹介
前は某SNSで子供達の成長を記録していたのでWEBサイズの写真をそのまま流用







たんぽぽ畑

c0365716_10254825.jpg








ラムネを飲む娘

c0365716_10263410.jpg









教室

c0365716_10260964.jpg













c0365716_10255614.jpg









滝を見に行くのはかなり好きだ


c0365716_10255305.jpg









c0365716_10262150.jpg








海で

c0365716_10264281.jpg










c0365716_10264477.jpg










オンネトー湖
c0365716_10252123.jpg








c0365716_10252090.jpg








湯の滝
c0365716_10252463.jpg









秋の始まり

c0365716_10252957.jpg









飛行機

c0365716_10255100.jpg











息子と自分
c0365716_10260414.jpg












c0365716_10264870.jpg











落ち葉と戯れる

c0365716_10265081.jpg









シャボン玉※一人じゃありません。汗
・・・これは結構最近だったか・・
c0365716_10271669.jpg











雪庇が凄い
c0365716_10270706.jpg










夏には手の届かない餌台はしゃがんで餌を入れる
物置の屋根と積もった雪が繋がっている(笑)
(二階から撮影)

c0365716_10271118.jpg







挑戦
c0365716_10272287.jpg








お父さんが本気で挑戦
c0365716_10272475.jpg









雪と戯れる
c0365716_10270253.jpg








子供は皆同じことをする

c0365716_10270365.jpg








今振り返れば光り輝く一瞬は写真の一コマのようにその時しか無いのだ
これからもその時を大切にしていきたい
c0365716_10272934.jpg

記事をご覧くださり有難うございました
お帰りの際はバナーを押して下さると記事を書く励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたします。m(_ _)m

 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
# by tsukiiro2613 | 2015-11-29 11:41 | Comments(20)

MISATO



今日はデルバール2004年作出 シャンテ ロゼ ミサト


c0365716_18170065.jpg

蕾は赤紫に近いピンク色 開くとライラックピンクの花
外側に蕾の頃の色を残し覆輪のようにも見える
伸ばせば2m以上には伸びる直立性のシュラブ

c0365716_18181591.jpg

全景の写真が殆ど無いが小屋の左側に見えるバラがシャンテロゼミサト
もちろんミサトで壁面を覆うツモリは無いしそんなに伸びるわけもない
ミサトは窓の下辺りを覆ってもらおうと思って植栽した
しかしこの壁面はなかなか上手く薔薇が育たない、ミサトはグングン伸びてくれるが壁面を覆える程には伸びない
ここの景観が完成したら庭の景観としてはある程度満足できるのではと思っている
出来上がるまで取り敢えず伸びたミサトの枝を使っているが当たり前に足りず
ミサトは伸びた枝を全て使うわけでもなく、少し誘引して他は切り詰め低い位置で咲かせている
ちょっと迷走している感じ。汗


c0365716_09323696.jpg

雨に濡れるミサト
c0365716_18170825.jpg

香りはミルラを基調としたスパイシーな香りがする
我が家にはスパイシーな香りの薔薇はミサトしかない、僕は良い香りだと思うがミルラでも好みが分かれるので
この薔薇だともっとそれがはっきりするかも知れない。
個性的で美しい花を咲かせるが、花もちが良さそうに見えて花の命は短い
そして花弁も強そうに見えて意外に傷みやすい

シュラブと言っても伸ばしてショートクライマーとしての使い方ができるという意味のシュラブなのだろう
ブランドで成株の自然樹形を紹介してくれるととても嬉しいのだが

c0365716_18171525.jpg

ここからは低く切り詰めた枝の開花

c0365716_18172984.jpg

蕾の濃い赤紫と開き始め、開いた様子から褪色して白っぽくなる色の違いが楽しめるのが良い

c0365716_18173923.jpg


このミサトも長く続く寒さでなかなか咲きそろわず
見ごたえが無く終わってしまった
どうも今年は花の寿命の短い品種に寒さの影響が出ていたようで
ずっと涼しく経過して欲しいと思っていた開花期だったが
意外にもそれは必ずしも良い結果を生まないと言う事を知った年でもあった
なんでも過ぎるのは良くないと言う事なのだろう

c0365716_18174718.jpg


開花が進みシルバーがかる花色がなかなか良い
c0365716_18175482.jpg

最後に開花の終わり頃咲いた花、小さめでコロンとした丸っこい花になっていた

c0365716_18180069.jpg
昨年は秋までに持ち前の強い樹勢を見せてよく育っていたが
今年はこの一番花以降はダンマリのままちっとも伸びずに終わってしまった
ERでも夏にあまり伸びずにどうしたのか心配になる事が有るが
そんな株も秋には伸びだす、しかしミサトは秋にもちょっとしか伸びなかった、どうしたものか・・・
一休みしているだけなら良いのだが
壁面が他の薔薇で埋まったらこの薔薇もちゃんと使える気がしている



 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
# by tsukiiro2613 | 2015-11-28 21:01 | シャンテロゼミサト | Comments(6)