父の愛した薔薇


レディー オブ シャーロット
我が家のメインローズと言って良い程 庭で抜群の存在感を発揮している薔薇
c0365716_20480768.jpg


薔薇の性質として非常に優れていて僕自身とても気に入っているが
植栽した本人の僕は庭が出来上がってくるに連れて植栽位置を誤ったと思い ずっと不満に思っていた

しかしこの薔薇は一番目立つ位置に抜群の存在感で咲き誇り
それが功を奏したのか僕よりも周りの人達
ブログを訪れてくださった方々などに人気の高いバラだと思った

確かに絶妙な色合いで美しく元気を与えてくれる薔薇だ
ERの枝の柔らかさのせいか元気なだけでなく
ちょっと色気のようなものも感じられるのが良いところだろう

c0365716_20484237.jpg


これまでブログで触れることは無かったが
この庭を作り始めた頃から僕は両親を迎えて一緒に暮らしていた
一階には両親が生活しており、一階のリビングからは丁度レディオブシャーロットがよく見えた
我が家の中でも特にこの薔薇を気に入っていたのは父だった

c0365716_20483564.jpg

庭を作り始め、庭には四季折々に花が絶えず咲き
そんな中で生活し、ご近所を歩けば両親は庭を褒められ
いつも綺麗な花を見せてくれて有難うとお礼を言われていたそうだ
父は花に興味を持つような人ではなかったが、そう言われるとまんざらでもなかったようで嬉しそうだった

c0365716_23500120.jpg

いつしか父は薔薇にも興味を持つようになったのだろう
レディオブシャーロットの事を綺麗だし見ていると元気が出てきて
この薔薇が大好きだ、と言うようになった
一年に3度は咲くので開花の度に窓から見ては嬉しそうにしていた
父自身の体調がすぐれなくなってからも夏にも秋にも元気に美しく咲く姿をとても褒めていた

あの薔薇がまた咲いていると

c0365716_19110775.jpg



ここにレディーオブシャーロットを植えてからというもの
僕よりもずっとずっと長い時間この薔薇を見守ってきた父でしたが

今年のシャーロットの開花を見る事なく3月11日旅立ちました

c0365716_19112819.jpg
やっと少し落ち着いてきましたが色々とバタバタしておりまして
記事はおろかコメントの返信も滞っている事をお詫びいたします
もう少ししたら再開する予定ですのでどうぞよろしくお願いいたします。






[PR]
# by tsukiiro2613 | 2016-03-20 16:31 | Comments(32)

アガスターシェ ゴールデンジュビリー


今回の紹介はアガスターシェ ゴールデンジュビリー

c0365716_20100723.jpg

全景を見るとこのライムやシルバーのカラーリーフが目立つが
我が家は全体の比率ではバラが多い
バラの葉もよく見るとグリーンの濃淡や照りなど様々な個性があり愛らしいものだが
全体の印象としては濃いグリーンで単調なものだ
そこで景観の手前側の低い位置にあえてカラーリーフを配して変化を付けるようにしている
これは目立つ部分のみで中の方にはカラーリーフはあまり植栽してない
ライム色の一番手前の風知草、そして右奥に今回紹介しているアガスターシェ
アガスターシェの手前にもライムのアイリッシュモスが植栽してある
枕木なんかも暗めの印象なのもあってカラーリーフを植栽している

風知草とアガスターシェを線で結んだ真ん中辺り
ゲラニウムの手前辺りに濃い紫の銅葉の背の低い宿根草なんかが有れば景観が引き締まるかもしれない・・・
でも入れる余地が無いか・・・いやグラウンドカバーのベロニカを削れば何とかなるか・・
銅葉のアジュガ? 銅色が中途半端だし増えすぎて困るか・・周りの植物にも侵食してしまうし・・・
そんな適当な品種が無いか・・・ヒューケラじゃ芸がないし・・・う~ん
なんて記事を書きながら妄想をしている(笑)
c0365716_20081642.jpg


アガスターシェは元々アニスヒソップと呼ばれるハーブの仲間で
銅葉のボレロは寄せ植えに入れてあるのを見たことがあるし
花が綺麗なブルーフォーチュンなどの品種が存在している
僕は葉色が気に入って迎えたが、この品種はずっとライムの葉色が楽しめる
香りのハーブだけあってなかなか良い香りがする
c0365716_20082795.jpg


この辺りがちょっと寂しい上に締りが無いかとワインレッドのアストランティアを入れてみた
と言ってもワインレッドのタグが付いていたのだが・・・ピンクだった。汗
それ以前にちょっと寂しいとかで入れてみたが結局株が充実してくれば狭すぎるし
アストランティアの色味が違ったので花後移植してしまった。
c0365716_20083852.jpg



バラだけだと暗い印象になるがなかなか良い感じにライム色の葉とシルバーリーフが明るい印象にしてくれている
と自分では思っている(笑)
ここまでの写真は6月
c0365716_20090135.jpg


クレマチスアルバラグジュリアンスが咲いて夏になる
写真は七月

c0365716_20091317.jpg


八月アガスターシェにも淡い藤色の花が咲き出す

c0365716_20092309.jpg

あまり花が目立たない品種でよく見ると咲いているという印象だ
画像検索をかけるといい感じに咲いている画像も載っているが違う品種じゃないのかな?
と思ってしまうがライムの葉はゴールデンジュビリー意外には無いようだ・・・

c0365716_20093276.jpg


更に時は進んで八月も中頃かな
c0365716_20094694.jpg


前よりも花がいくらか目立つようになってきた
c0365716_20095748.jpg


藤色とライム色の対比がなかなか良いがやはり花はあまり目立たない
c0365716_20100723.jpg
写真はもう九月後半
この頃になるとさすがにアップの写真は無いが最後までカラーリーフの役目を果たし庭を彩ってくれた
c0365716_14222094.jpg

ハーブの仲間なので強健で心配することなく育てられる頼もしい品種だと思う



記事をご覧くださり有難うございました
お帰りの際はバナーを押してくださると嬉しく思います



 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
# by tsukiiro2613 | 2016-03-09 21:00 | 宿根草 | Comments(8)

セントーレア




今日の宿根草の紹介はセントーレア

ここのところ立て続けに記事をアップしているが
おそらく5月には次のシーズンの記事を始めることが出来る
昨年は春までに間に合わず一昨年の秋まで紹介できなかった
昨年春の宿根草もブログの移行で押してしまったので撮影する事はなかった
今回は暇がある内に少しでも紹介しておこうという手筈
そう上手くいなかいと思うが(笑)
今回は連続してアップした三投目の記事なのでよければ↓も見ていただけたらと思います
真夜の二度目の開花
雪解けの雫



さてセントーレア
c0365716_19263243.jpg

セントーレアとはヤグルマギクとかヤグルマソウと呼ばれる一年草の仲間だが
ここで紹介するのは宿根するヤグルマギク

下は開花が始まった頃、少しアザミのようにも見える
c0365716_19263937.jpg


これは園芸店で見つけて一目ぼれした
輝くような透明感のある花弁で一気にこの花に釘付けになった
ただ1~2輪開花した株が1ケース置いてあっただけで名前すら分からない状態だった

3月29日追記
この記事のセントーレアはセントーレア プルケリマ Centaurea pulcherrimaではないかという情報を頂きました
確認してみたところこのプルケリマという品種は断定は出来ないものの酷似していると思いましたので追記しておきます。
c0365716_19264724.jpg

花や株の特徴からセントーレアだとは思った
宿根するセントーレアはモンタナという品種をよく見るがこのタイプは一度も見たことがないし
シルバーリーフで下葉が茂って花穂がスっと上がってくるタイプだが
調べても似た様な品種は有っても同じ品種は出てこない謎の花なのである(笑)
一番似ていると思ったのはセントーレア デアルバータという品種だがそれともどうも違うようだ

c0365716_19265688.jpg

花が大きめで沢山は咲いてくれない、その上開花期は短い
しかしそれでも良いと思えるくらい美しい


c0365716_19272661.jpg


株は年々太ってきているが株分けできる感じでもない
花が終わったら切り取らずに種を生らせてみようか・・・
c0365716_19270704.jpg



残念ながら記事の中に株の全景が写ってない、反対側から撮影すればよく見えるのだが
反対側から撮影すると我が家が写るのでそちら側から撮影する事は殆ど無いのだ

強健な感じはしない宿根草だが毎年少しずつ太って美しい花を咲かせてくれる
この宿根草と出会ったのはその時が最初で最後、これまで二度と見たことが無かった
品種名が判らない品種を紹介してもしょうがないと思うが
お気に入りの紹介という事で。汗

c0365716_19271635.jpg

花期が長くて強健な宿根草も薔薇を引き立ててくれる頼もしい存在だが
こういう花そのものに魅力のある宿根草も良いものだ
今年の開花も楽しみにしている




記事をご覧くださり有難うございました
お帰りの際はバナーを押してくださると記事を書く励みになりますので
どうぞよろしくお願い致します



 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
# by tsukiiro2613 | 2016-03-06 10:52 | 宿根草 | Comments(10)

真夜が二度目の開花



室内栽培の真夜が二度目の開花をした
開き始めたのは3月1日
前回の開花から約一ヶ月、連続開花性は良いので伸びさえすれば咲くという素晴しい薔薇

c0365716_09324579.jpg
それといつ咲いてもそれなりに見応えのある花を付けるのもこの薔薇の良いところだと思う
挿し木で株は小さいので一回に二輪~三輪程度だが十分に花と香りを楽しめる
しかし二度目の開花、ただの4号ポットではそろそろ限界かな・・・

上の開花以降写真を撮る暇がなくあっという間に3月6日。汗
濃い色のまま経過するが花の終わり頃には色が少し抜けてボケた感じになる
ちょっとシャビーな感じというのか・・しかし最後まで香っているのは凄い

c0365716_09325180.jpg

手で花弁が押されているが花弁が外側に大きく反り返り
ブールドネージュのようなボール状になっている
ブールドネージュより花は大きめで10cm程度ある
・・と言ってもブールドネージュを引き合いに出して判るかどうか微妙だが(笑)
あくまで開くとボール状になる薔薇としての比較

c0365716_09325989.jpg

株がまだ小さいので一輪ずつしか開花しないが真夜はまだ蕾が残っている
正体不明の薔薇タワーブリッジも開花していたが残念ながら終わってしまった
セプ子は今の所ゆっくり成長中
これらはあと一ヶ月前後で少し休ませようと思っている
それまでもう少し楽しませてもらおう



記事をご覧くださり有難うございました
お帰りの際はバナーを押していただけると記事を各励みになります
どうぞよろしくお願いいたします





 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
# by tsukiiro2613 | 2016-03-06 10:00 | 真夜 | Comments(2)

雪解けの雫


今日は久々に暖かいと思える穏やかな日だった
と言っても天気予報の最高気温は3度、暖かい地方からしたら真冬だろう
きっと北海道の人たちは僕と同じように皆春を感じ暖かいと思ったのではないだろうか(笑)
c0365716_16355828.jpg
三月が近くなり積雪のあるシーズン後半になって降雪が増えたが
植物が露出している期間がかなり長く、雪が断熱材の役割を果たしてくれず今頃降っても迷惑なだけだ(笑)
もちろん三月四月も暖かい地方の真冬並みの気温だこれからも降雪は有る
しかしこれからは降っても溶けてしまうので増える事はない。
ただ雪解けが進むのはこれからなので庭はこの通り雪だらけ
あんまり早く溶けても氷点下の日は続くので庭はもう少し暖かくなってから溶けても良いのだが・・・


日中3度と言っても今日は晴天で暖かな日差しを受け雪解けが進む
物置の屋根は途切れること無く水を流し続ける
ツーっと一本流れ落ちてハニーサックルに当ってビシャビシャと飛び散っているように見える
c0365716_16354130.jpg


シャッタースピードを早めると飛び散る雫も全て玉になっている事が判る

c0365716_16353366.jpg

ツーっと一本流れ落ちているように見える水も途中から水玉になっているのが見て判る
最近は水が流れ落ちるのを見るとついカメラを向けたくなってしまう、これまでも何度か紹介してきた
雪解けの水は雨の時と違って自分もカメラも濡れなくて済むので撮影を楽しむことができる(笑)

c0365716_16354979.jpg

ほかの場所で流れ落ちる雫を撮影
上の写真でも分かるようにかなりの勢いで溶けているので
ここも勢い良く雫が落ちているがやはり肉眼では玉になっているのまでは確認できない
c0365716_16352346.jpg


雫が離れる時に張力がかかるのか少しの間形を変えながら落ちてゆく
c0365716_16351666.jpg


少し離れるとまん丸に
下に手を出すとコロンと手のひらに乗りそうに見える
実際には手の上に落ちるとビシャビシャになって終わりだが(笑)
c0365716_16350319.jpg


自然が造り出すクリスタルボールは出来ては一瞬で消えてゆく
肉眼では決して見えないがそれが永遠と繰り返されている中で生活しているのだ
c0365716_16351174.jpg
さて三月になり薔薇の凍害も気になるところだが、もう少し暖かくなってからじゃないと結果が出ないことが多い
それぞれ水をあげる頃に判別が付く事が多いのが最近解ってきた
それまでじっと我慢、早く見たくても決して掘り起こして出してしまったりしない

冬は被写体が少ないと言っているが実はそうではない
庭と関係なければ撮したい景色は有る、しかしそれを撮る時間が取れないのが実際のところだ
実は何処で撮影するかも決めていたりする(笑)
今はそんな余裕は無いのでそこを横目に車で通り過ぎてしまっていたりする
いつも撮影できるのなら良いが天候など条件が揃わないと良い画が撮れないからでもあるが・・・
それは将来の楽しみに取っておこう

ちょっと寄り道しました(笑)



記事をご覧くださり有難うございました
お帰りの際はバナーを押して下ると記事を書く励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたします

 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
# by tsukiiro2613 | 2016-03-05 20:34 | 2016年の庭 | Comments(4)