白いツル薔薇


今日はつるアイスバーグの紹介
先日紹介したフロリバンダのアイスバーグとこのつる薔薇のアイスバーグどちらも所有している

c0365716_21532946.jpg

フロリバンダのアイスバーグは薔薇の品種の中では庭作りを始めた当初から植栽している初期メンバーだ
優秀だと評判な事から一番目立つ位置に植栽した
一方つるアイスバーグは一季咲きではあるものの、その優秀さはやはり折り紙つきで
つる薔薇としても素晴らしい景観を作り出してくれる薔薇である

c0365716_20593894.jpg
c0365716_15012682.jpg


フロリバンダを迎えて少し後で迎えたつるだった
当初は物置の壁面をカバーしようと考えていたが、このバラを迎えた当時イングリッシュローズにはまり
色々配置替えをしているうちに植栽場所に迷い
地植え後すぐに鉢上げし、二年くらいを棒に振ってしまったのだった

c0365716_20592582.jpg

その後お隣のガレージが見えないようにしようと思いついた
上の写真で見える木の裏側だが、半日陰でもよく伸びニュードーンと共に
裏側が全て見えないようにしようと思っていた
しかしガレージの横面では思うように日が当たらず、花はチョボチョボ
ガレージの上に到達した時から異常に伸び始め、樹木の裏側からは強い西日が当たるため
日差しを求め僕が観る方向とは反対側に花が沢山咲くようになった
まあ植物なので日のあたる方に伸びて花が咲くのは当たり前の話
ガレージの上に出ないように育てようかと思っていたが、ちょっと植物を甘く見ていたようだ
薔薇も生きるのに必死なのだ(笑)


c0365716_20590196.jpg

そして苦肉の策で思いついたのが昨年辺りからやっているポール仕立て
よく伸びるツル薔薇なので 奥のフェンス際に植栽してあるアイスバーグをこちら側に引っ張りポールに絡め上げている
ちなみに昨年はまだまだ絡めるところまで行ってなかった
2014年のつるアイスバーグ
昨年の記事を見ると一年でよく成長しているのが判る
ただもう少し充実した枝を使えればと思っている
それと来年もう少し長く枝を残せればまた違う見せ方が出来るのでは思っている


下の写真はポールの裏側の見える部分
アイスバーグの根元は写真右端の下の方にある
こちらからは強い日差しを受けるのでやはり花付きが良い
c0365716_20591043.jpg

FLアイスバーグと同じ花のように見えるが
僕はツルの方は花弁が少し波打っているように見える

c0365716_20585620.jpg

本当に嫌味が無くどの景観にも溶け込んでくれる素晴らしい薔薇だ
c0365716_20590501.jpg
アイスバーグの余った枝は左側にも這わせてある

c0365716_20585133.jpg

アイスバーグは左横の樹木の奥に植栽してあり、そこからツルを引っ張っているが

c0365716_20584477.jpg


実はここは元々マダムピエールオジェを括りつける為に設置したポールだった
思いのほかマダムピエールが伸びず、マダムピエールは前方に垂れるように這わせ
その上をアイスバーグで作ることにした
右のピンクの薔薇はモーティマーサックラーだが、モーティマーはポールではなく
ポールでは巻きつけて側芽を頂芽にするが、モーティマーの場合は縦に自然に這わせて枝先を切り詰め頂点を沢山作っている
四季咲きのシュラブの場合はどちらでもいけるので、好きな仕立てをすれば良いと思う
モーティマーはよく伸びるのでわざわざシュートを横にしなくても良いというだけ

c0365716_20583546.jpg

雨に打たれ俯くアイスバーグも美しい

c0365716_20582562.jpg

モーティマーはこのまま来年度も変えないがつるアイスバーグの方が自由度が高いので
来年はどうするか写真を見ながら考えている

c0365716_20581950.jpg




c0365716_20581219.jpg
庭の入口の方から見るとモーティマーが見えるので位置関係が判るかと思う

c0365716_20580101.jpg

同じ写真ばかりに見えるがこの頃はもう終盤

c0365716_20575224.jpg

ただアイスバーグがこのポールに絡まったまま一番花以降茂ってしまうと周りが酷く日陰になる
その上景観も乱れてしまうので、花が終わると誘引を外し樹木の裏側にツルをそっと戻しておく
それから花を見るわけでもないので、あとは自由に伸びてくれる
c0365716_20573248.jpg

いつもとは違う角度から
マダムイサークが凍害にあわないともっと良いのだが・・

c0365716_20574350.jpg

つるアイスバーグ、来年はどんな景観を作ってくれるか楽しみだ

c0365716_20573750.jpg


記事をご覧くださり有難うございました。
お帰りの際はバナーを押して下さると記事を書く励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたします。m(_ _)m




 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
# by tsukiiro2613 | 2015-10-25 15:17 | ツルアイスバーグ | Comments(0)

力強く伸び儚げに咲く



今日の紹介はザ ジェネラス ガーデナー
イングリッシュローズ2002年作出
c0365716_17412951.jpg

ジェネラスガーデナーはツル薔薇として使える大型のシュラブローズ
自然樹形でも育てられるらしいが、広大な庭園を所有してないと無理だろう(笑)
それほど生育旺盛な薔薇だ

c0365716_17433598.jpg

そして幾つもの顔を持った薔薇でもある
簡単に言うと花の形が一定でなく、色々な咲き方花色を見せる薔薇だ
一番花だけで多くの顔を見せてくれる
上下の咲き方は花弁が少なめで柔らかな花弁を持っている事がよく判る

c0365716_17433024.jpg


多くのイングリッシュローズによくある事だが、このバラも開く過程でアプリコットを含む
品種としての花色の印象は淡いピンク~クリームっぽい白の薔薇と言う感じ

c0365716_17431966.jpg

暗緑色の半照り葉でやわからな花弁をより一層引き立てる
c0365716_17430654.jpg
僕が育てたイングリッシュローズの中では一番樹勢の強い薔薇で毎年必ず多くのベーサルシュートを出し旺盛に茂る

c0365716_17431356.jpg

我が家ではアーチに使用し片側をあっという間に覆い尽くす事が出来た


c0365716_20240540.jpg

しかし残念ながら最近アーチに使うにはちょっと不向きだと思うようになった
ステムが長くアーチから大きくはみ出す事と花もちの悪さ
一房に10個くらいの蕾を上げ花付きがよく、花は大輪と呼べるくらいの大きさ有るが
これまで一斉開花したことは一度もなく、上下の写真くらい咲いたら散って次が咲くの繰り返しだった
数え切れない程蕾を付けながら見所無く、気が付くともう殆ど開花が終わっていた始末

僕は花がもたない事はそれ程気にならないが、アーチの場合はある程度一斉開花しなければ
景観として完成しない中途半端な感じになってしまう
それと潔く散る薔薇も嫌いじゃないが、散って良い場所とそうでない場所がある

c0365716_20471828.jpg

迎えてから樹勢がよく蕾の上がりも良かったので気に入っていたが
上記の理由から意を決して移植してしまう事にした

アーチの下は狭く区切って有るが、くり抜いて土を入れているのではなく
実はレンガの下や土留下にも土が入れてあり
アーチの左右も地下で繋がって鉢植えのようにならないよう色々な場所へ根を伸ばせるようにしてある

大株だったので抜くのは大変だったが、抜いてみて判った事は
僕が一生懸命土留を避けてまで施肥していた場所には根が張ってなかった事(笑)

c0365716_17425169.jpg

確か香りの賞を取っている薔薇だと思った
香りはローズ香にムスクとミルラが香ると有る
しかし僕はムスクの香りというのがよくわからない。汗
ムスクは判らなくてもよく香るバラだ

c0365716_17424631.jpg


全く別のバラのようになって咲くザジェネラスガーデナー

c0365716_17423739.jpg


もう最初の花とは別の品種としか思えない(笑)

c0365716_17422077.jpg


白・クリーム・ピンクが交ざった優しい色合いで咲く

c0365716_17421582.jpg

開花の最後には花があっさりしてくのかと思ったら花弁がギュウギュウの花が咲く
四季咲き性はあまり無い、夏秋共にポツリポツリと咲く

c0365716_17420176.jpg

移植してしまった強健種、花そのものは魅力的で美しく儚い

c0365716_17420794.jpg

今年この花の後に移植した
移植後花を付けある程度伸びたがやはりまだまだ
ただ大きくなる品種なのでどうしてゆくがが問題だ。汗

c0365716_17413617.jpg

記事をご覧下さり有難うございました
お帰りの際はバナーを押してくださると記事を書く励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

 ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
# by tsukiiro2613 | 2015-10-21 22:22 | ザジェネラスガーデナー | Comments(6)

秋の終わり 10月18日の庭






c0365716_15254076.jpg

すっかり秋一色の庭、冬もすぐそこという感じである
上の薔薇は真夜
素晴しい香りを振りまきながらゆっくりと一輪咲かせた

昨日今日と少し薔薇の葉をムシった
(ブルーシートはムシった葉を集めて置いてある)

c0365716_15254645.jpg

今年は薔薇が大きくなったと喜んでいたが
葉をムシっていて思った
これは・・・終わらない。大汗
もちろん全ての枝の葉をムシっているわけでもなく
勢いを失っている枝や細かい枝を切りながら進めているが、それでもかなりの時間が必要だ

どうもこの作業が必要かどうか毎年迷ってしまう
北海道の場合は雪が溶けてからでも大丈夫なんだろうと思う
どちらかと言うと暖かい地方でいつまでも活動してしまう薔薇を強制的に休眠させる為
古葉を始末する事により、病葉を撒き散らして病気を翌春に持ち越さない為なのだろう

ただ我が家でも凍害に遭ってしまう品種は早く休眠して枝を固めて欲しい
それならば凍害が出てしまう高さの有る品種を優先的に葉をムシって
間に合わないものは春に持ち越そうと思う

何より今日は小さい虫がとんでもない数飛んでいて酷かった
秋になるとやたら飛び回っている弱々しい虫だが、今年は大発生しているのか
霧雨のような密度で飛んでいて、目に入ってくるは体のいたる所にくっついて
気持ち悪さにさすがに負けて作業を辞めてしまった、昨日も今日も大した時間出来てない。汗



庭では真夜の他にも薔薇はまだ咲いている
アイスバーグはさすがに頑張りすぎだろう、お疲れ様
c0365716_15245484.jpg


ジュビリーセレブレーション
c0365716_15252415.jpg
実は一週間前の記事にも同じ蕾を載せていたが(下の写真)たったこれだけしか動いてない
c0365716_13253426.jpg

最近日中の気温が高く20度前後あったが
その前に近くの山で初冠雪、初氷なんて知らせもあったので
株自体はもう休眠してしまっているのだと思う
それもその筈、紅葉した木々はそろそろ葉を落とさんばかりに色付いている

花弁が綻んだ蕾は日中の暖かさで何とか咲いているが
株の力で咲いていると言うよりも、切花のように水を上げて咲いているような感じがする
蕾の固いものはもう殆ど動いてない
特にジュビリーセレブレーションなど大輪で花弁の多い品種はいつまで待っても咲かないのだ
これは昨年一昨年と経験して学んだ
北海道あたりで夏も秋も花を楽しもうと思ったら、花弁が少なめの開花スピードの早い品種が望ましいのだろう




さて、それでもまだ花を咲かせてくれている薔薇をご紹介

先週も紹介したが、また別の花が咲くモーティマーサックラー

c0365716_15253563.jpg

まだ蕾が有るがなんせえらい高い場所で開花しているので殆ど花を見ることが出来ない。汗

c0365716_15252943.jpg

フェアビアンカ
c0365716_15251804.jpg

ミッドナイトブルー
c0365716_15251346.jpg

レディオブシャーロット
c0365716_15250914.jpg

アブラハムダービー

c0365716_15250437.jpg
c0365716_15250192.jpg

チャールズレニマッキントッシュ
c0365716_15244930.jpg
パレード
c0365716_15245834.jpg

宿根アスター
これはかなり強くランナーで増えるタイプ、結構な日陰だがちゃんと花を咲かせている
c0365716_15244552.jpg

今一番華やかなのはこのクジャクアスター
背が高いので夏までに一度切り戻したと思ったが結局大きくなった。汗
c0365716_15242341.jpg

我が家には花粉や蜜が有るのはこの花だけなのか
この花だけに沢山の蜜蜂が集まっていた
c0365716_15243980.jpg

越冬するために体力をつけているのか、それとも巣に持ち帰るのか
とにかく一生懸命だ
c0365716_15243312.jpg


愛らしい蜂ともそろそろお別れ
c0365716_15242902.jpg


こんなに華やかなのに、もう少しで厳しい冬がやってくる
c0365716_15241653.jpg


葉をムシっているとまたローズヒップを見つけた
c0365716_15234962.jpg

それと秋の収穫
庭の影にホオズキを植えている
ランナーで増えるのでよく引き抜いているが、ちゃんと秋までに残る(笑)
毎年秋になると瓶に入れて乾燥するまで蓋を開けておく
すると結構長いこと楽しめる

c0365716_15234332.jpg

スケスケのは昨年庭で拾ったもの
虫が皮を全て食べて筋だけになっている
自分では秋を感じられて良いと思っている
が、我が家では誰ひとりこれを飾っても気がつかない(笑)それが逆に凄い。
c0365716_15194289.jpg
秋もそろそろ終わりこれからはどんどん冬めいてくる
これからも冬越しの為の作業は続く



記事をご覧いただき有難うございました
お帰りの際はバナーを押して下さると記事を書く励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
# by tsukiiro2613 | 2015-10-18 16:34 | 2015年の庭 | Comments(4)

いつもそこに居てくれる


今日の紹介はアイスバーグFL2015年1番花

c0365716_20242980.jpg



アイスバーグは1958年コルデス作出フロリバンダの薔薇
ドイツの薔薇で本国ではSchineewittchen白雪姫と名付けられた薔薇
しかし英名ではIcebergアイスバーグ(氷山)とセンスのない名前が付けられた
ただ名前と言うのは愛着が沸けばそれ程気にならなくなるものである
最初に薔薇の本で確か村田氏がアイスバーグをとても勧めているのを見てアイスバーグを知った(ツルの方)
その後すぐに白雪姫の名前を知って、こちらの方が断然良いじゃないか!と思ったが
アイスバーグとして販売され、誰もがそう呼ぶ
タグもアイスバーグなのですっかり頭にアイスバーグとインプットされた事により
このバラを見るとアイスバーグだと思うが、出来ればSnowWhiteにして欲しかったと僕は思っている(笑)
それにSchineewittchenは僕には発音出来ない。汗




c0365716_20305424.jpg

八重咲きだが花弁はそれ程多くなくシベを見せる
前はシベを見せる薔薇が苦手だったが、シベを見せる姿は愛らしいものだと最初に教えてくれたのはこの薔薇だった

c0365716_20304081.jpg

完全な四季咲き性を持ち、花付きも優れた品種
優れた点はそれだけではなく、柔らかく自然に伸びる樹形により程よく首を傾げたように咲く姿
多少病気になるがすぐに回復できる樹勢があり安心できる、半照り葉の深い緑と白い花の対比など
花だけでなく樹として素晴しい薔薇だと思う
春夏秋とどの季節でも一斉開花と呼べる程の花付きを見せるのは我が家にはこの薔薇しかないだろう

c0365716_20302883.jpg

僕はシベを見せる姿が最大の花の特徴だと思っている
開く前は比較的普通の薔薇で多少クリームっぽい時も有るが
我が家ではどのバラよりも白いところが良い
主張し過ぎずどの薔薇にも宿根草にも合わせることが出来る
c0365716_20242980.jpg

非常に目立つ位置に植栽してある
庭を作り始めた初期から植栽している薔薇だ
夏と秋はこの薔薇が1番目立つ

c0365716_20242484.jpg

手前の宿根草は右から
ネペタ シックスヒルズジャイアント、ゲラニウム ミセスケンドールクラーク、白いアスチルベと続く

c0365716_20241274.jpg

当たり前に咲いてくれるのでツイ写真を撮り損ねてしまいそうになってしまう。汗
当たり前に沢山咲いて、樹としての魅力が有る薔薇と言うのはそうそうある物ではない
殿堂入りを果たしたのも頷ける、誰にでもお勧め出来るバラだ

c0365716_20240540.jpg

アイスバーグはいつもそこに居て変わらず咲いてくれる
夏も秋も庭にいつもアイスバーグが居てくれる
この薔薇を植栽してなかったらなんて事を想像できないくらいだ

c0365716_20231500.jpg

開花が進みちょっとシットリとした大人っぽい花になってきた
c0365716_20230857.jpg

花一輪と言うよりも、繊細な花弁で房咲きになった姿がとても美しい
c0365716_20225869.jpg

開花終盤に差し掛かり花数が増えてきた

c0365716_20225307.jpg


久しぶりに1番花の頃のアイスバーグを見て良い薔薇だなぁ~と改めて思っていたりする(笑)
実は今現在もアイスバーグは庭で咲いている

c0365716_20224148.jpg


雨が降り花が少しお辞儀している、花が少しずつ入れ替わりながらも満開になったようだ
c0365716_20223471.jpg

早咲きの頃から咲き始めて遅咲きの開花が見頃になる頃に満開を迎える

c0365716_20222857.jpg

先日お伝えしたフェアビアンカとはまた違った魅力が有り
景観を作る上で非常に役に立つ欠かせない薔薇だと思っている

c0365716_20211650.jpg

多くの薔薇栽培者に愛されている薔薇だと思うが
この先もずっと愛され続けられることだろう
来春の開花も楽しみにしている
c0365716_20210855.jpg

記事をご覧くださり有難うございます
お帰りの際はバナーを押して下さると記事を書く励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m




 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
# by tsukiiro2613 | 2015-10-15 22:18 | アイスバーグ | Comments(8)

唯一無二の薔薇 ポチったイングリッシュローズ




フェア ビアンカ 作出1982年 イングリッシュローズ

c0365716_19523234.jpg

今はもうカタログ落ちしており、そろそろネット販売でも取り扱っているのを見かけなくなってしまった品種である
ウエディングブーケにもよく使われていた品種だそうだが
スプレー咲きで花付き良くミルラの素晴しい香りが備わったフェアビアンカ
フェアビアンカのブーケを手にした花嫁はさぞ幸福に包まれた事だろう

c0365716_19500993.jpg

カタログ落ちしているだけあってちょっと育てにくい薔薇のようだ
樹勢や耐病性よりも、ちょっと調子を崩すと巻き返しの難しい薔薇という印象がある
僕自身のミスだが根を傷めてしまい、そこからみるみる半分の樹勢が衰え枝枯れし
今は全盛期の三分の一くらいまで縮小してしまった
ただ生きている部分は意外と元気でいつまでも花をつけたがる健気なバラだ


c0365716_19500420.jpg

僕は実は白いバラはそれ程好きではない
でも嫌いでもない、なんだかんだ言って白いバラは結構所有している
綺麗だが何か見所に欠ける気がしてしまうのだ、僕は男性では珍しく淡い色合いを好んでいるが
ここが白が好きな人との違いだと思っている、白ければ良いとは思っていない
ほんのり色付いていたりする微妙な色合い、色の差を特に好んでいる
真っ白となると白は白(無)水彩で言うと色を塗ってない部分でしかないと思ってしまうのだ
しかし油彩で言えば白は白にあらず、色々な色合いから白が出来ている


フェアビアンカもそれに似た魅力を持ったバラで、クリーム~アイボリーのような色を含み
中心にはグリーンアイ(緑色ではないけど)そしてミルラの素晴しい香り
それだけではなく、蕾の持つ赤い色合い、花のカップの厚みの具合
全てが唯一無二の素晴しいバラだと思っている、非常に気に入っている薔薇である




c0365716_19495985.jpg

フェアビアンカと言う薔薇
僕は別に絶版で希少価値が有るから好きなわけではない
このバラにしか無い魅力を感じているからである
ERの中で他にも白バラをいくつも見てきたが
花単体で見るとこの薔薇の魅力に敵う物は今のところ見当たらない
しかし他の品種は用途が違うものも多いのであくまで花単体、そしてブッシュとしての魅力での話だが


c0365716_19495436.jpg

この薔薇を迎える際によくオールドのマダムアルディ(ハーディ)と似ていると見たが
実際には木の性質はおろか花さえ全然似てない、もちろんこれもマダムアルディとの優劣の話ではなく
全然別のバラというだけの話

c0365716_19494529.jpg

この薔薇は来春にでも鉢上げする予定だ
それと同時に挿し木でもスペアを取っておこうと思っている
前に挿し木を作っていたが間違えて人にあげてしまって手元にはない。汗

c0365716_19494083.jpg

薔薇をそれなりに多く育てていると、この薔薇はこっちの薔薇が有るからそれで補えるから良いかと
代わりの薔薇が見つかってもおかしくないが、それが見つからないのは本当に好みの薔薇なのだと思う
そういう薔薇はそれ程多く有るものではないが、このフェアビアンカはその一つ

c0365716_19493349.jpg

ガーデンローズとして向いているかと言うとちょっと疑問に思うが
ずっと育てて行きたいと思えるバラである

c0365716_19492755.jpg

しかし、ガーデンローズとして育てられるフェアビアンカが有ればとずっと思っているのも事実
つい面影を求めて品種選びをしてしまっている
実際には同じバラなどある訳無いのだが・・・
実は今年トランクウィリティを迎えていた、タグの花がちょっと似ているというだけだったのだが
実際にはトランクウィリティーは大輪の白バラで
くすんだレモンイエローを中心に含むリンゴの香りを有し、容姿は似ても似つかない薔薇だった
別にそれが悪いわけでもなく、トランクウィリティーは素晴しい薔薇だとおもう
まだ初年度なので感想は来年からかな

そして今回来年に向けてポチった薔薇の一つが
第二のフェアビアンカを見つける旅の第二弾に選んだ薔薇
(品種名は画像にリンクしています)

ウィリアム&キャサリン

かなりの花付きでフェアビアンカを彷彿させる
ネットでよく見てみるとフェアビアンカに似ている気がする(笑)
まあこっちはシュラブだと思うので伸びるんだろうけど。汗
元気なフェアビアンカのような薔薇だったらと期待を込めて

そしてもう一つ
昨年の新品種でかなり人気の高い薔薇

オリビアローズオースチン

販売されてすぐに人気高い薔薇だと思うが
耐病性高く、四季咲き性も良い薔薇のようで世界的に人気が高いんだとか
小さな森さんの話だと人気が高く在庫が少ないようです


そして最後
国バラの情報など殆ど知らなかった僕は最新品種の事はデスデモーナしか知らなかったが
当たり前だが他にも魅力的な品種が発表されていた事に最近気がついた(笑)
見たこともない薔薇だがなんだか妙に惹きつけられた
最新品種は情報が無いので敬遠していたが、ロイヤルジュビリーを育てていた事や
昨年のオリビアが良さそうな事でこの品種を迎えようという気持ちになった

ジ エンシェント マリナー

とにかく写真が美しい事と説明書きが素晴しい!
この薔薇は予約で出てこなくて不思議に思っていたが
D・A社で在庫が確保できず、今年はこの品種とサーウォルタースコットはD・A社のみの販売になるそうだ
と言う事でイングリッシュローズファンにして始めてD・A社で購入してみることにした


皆さんが知りたがっていた僕が頼んだERこの三本でした(笑)

ERに関してはだいたい定植する場所を決めている
(僕は北海道なので苗を送ってもらうのは春になってから)
来年すぐに結果が出るわけではないが、春からが楽しみである



記事にお付き合いいただき有難うございました
お帰りの際はバナーを押して下さると記事を書く励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m








 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
# by tsukiiro2613 | 2015-10-13 23:02 | フェアビアンカ | Comments(6)