9月27日の庭 秋バラもそろそろ終わり



9月27日 今日の庭の紹介
秋のバラを9月に咲かせたいと計画的に剪定・摘蕾してきたわけだが
計画通り殆どのバラが9月に開花を迎えてくれた
残念なことに9月中は悪天候の日が度々訪れて多くの花を失った
しかしやはり9月に咲いてくれるのは良い、来年も同じようにして行こうと思える良い結果だったと思っている

それにしても6月~7月上旬に開花して9月に秋バラとは、早すぎる。涙

(写真はアイスバーグとマダムイサークペレール)
c0365716_14214919.jpg


今現在咲いているのが見えるのはアイスバーグとチャールズレニマッキントッシュ
ポツリポツリ咲いているオレンジはレディオブシャーロット
アイスバーグとレディオブシャーロットは夏も咲かせたが
アイスバーグは例年秋もちゃんと咲く事がわかっているので夏も咲かせた
シャーロットは途中勢いの良いシュートが出たりで蕾がまちまちに出てポツポツ咲いているがそれもしょうがない
例年10月になって咲かない蕾が多数残ってしまうジュビリーセレブレーションの開花もほぼ終わった
残りの蕾はゆっくりポツポツ咲き続ける感じだろう

・・・記事にするのにほぼ秋バラが終わった写真を載せるのもどうかと思うが、記録と言う事で。汗
c0365716_14222094.jpg

今の宿根草はシュウメイギクや宿根アスターが綺麗な時期だ
写真にはクジャクソウとガウラが写っている
ガウラは日当たりを特に好みそれ以外には特に必要ないのでは?と思うほど日当たりを好むが
残念なことに我が家の庭は日当たりを好む植物にも日当たりが弱くなってしまった
殆どの薔薇は目標の樹高を超えてきているのでしょうがない、さて来年からはどう管理してゆくか


c0365716_14221385.jpg

宿根アスターが咲く、これはネバリギクかな何故この名前か知らないがちょっと変わった匂いがする
このアスターは前は赤いモミジの足元に植えてあったが今は庭の一番奥に植栽してある
高性で1.5m程ある

c0365716_14220424.jpg

生垣のようになった宿根アスターも咲いている、これは友禅菊という名称だと思った
矮性で40センチ程、庭の全景に写っていたクジャクソウ含め宿根アスターは7品種植栽してある
・・通路に花弁が・・・

c0365716_14215750.jpg

朝晴れていたかと思うと突然のゲリラ豪雨
豪雨の中 雨粒に打たれる様を撮影しようと外に飛び出ようとしたが
思いとどまり、さすがにすこし弱まってから外に出た
c0365716_14214417.jpg


クレマチスのアルバラグジュリアンスが返り咲いている
白い点はゴミじゃなくて雨
c0365716_14213267.jpg


雫の中から見える後ろの薔薇を写したかったのだが、これを撮るのはかなり大変だ
雫と花の偶然かつ絶妙な奇跡のような位置関係が必要だし
三脚を設置できるようなところではまず遭遇しない環境なのだ
c0365716_14212628.jpg



まだ小雨が降る中だったが、何処からか視線を感じる・・・


あ。汗

c0365716_14211847.jpg

イングリッシュヘリテージの中で雨宿りしているハナアブがじっとこちらを見ている

休憩ですか?

「ん?まあね、こんな酷い雨じゃ仕事にならないよ、雷凄いし それよりアンタこそ雨降ってるのに撮影かい?」

え?・・まあ。汗

「それに、そのレンズじゃ解像度が低くて雫なんか綺麗に撮れないんじゃないのか?」

うっ! ごもっとも。汗
だって秋はあっちこっちで離れて咲いたりするし、ものすごい高い位置で咲いてたりで上手く撮れないんだよ
それに手持ちで雫の中の薔薇を撮影するだなんてほぼ無理だし・・・

「男がゴチャゴチャ言い訳するとみっともないぞ!俺の顔すらマトモに撮れてないじゃないか」

・・・・はい、レンズ替えてきます。

c0365716_14212278.jpg

と、ハナアブに言われたとおりレンズを交換して再度挑戦



まあ、結局無理だったんだけどね、雫が小さ過ぎるし。
でも雨も上がりさっきとは比べ物にならない美しい写真を残せた(笑)
面倒くさがっちゃいけないな。

c0365716_14211191.jpg



雫を撮っていたヘリテージ、豪雨でちょっと散っているが美しい

c0365716_14210574.jpg




葉は風で傷んでいるが今年は病気が少ない
もうかれこれ何時から散布してないか忘れてしまったくらいだ
うどん粉はちょこちょこ出てくるものの広がりそうな薔薇だけシュシュっとスプレーして
後は広がらないので放置、今年は冬までこのまま行くだろう

c0365716_14205950.jpg


レティエマハミルトン、絶妙な色合いで咲いていたが
豪雨に打たれて散ってきてしまった
しかし美しい花弁だ
c0365716_14205477.jpg

さて庭を楽しめるのもあと少し、日もどんどん短くなってきた
後どのくらい美しい開花に出逢えるだろうか



記事をご覧くださり有難うございます
お帰りの際はバナーを押して下さると記事を書く励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
# by tsukiiro2613 | 2015-09-27 17:26 | 2015年の庭 | Comments(6)

秋のsepko②



以前から記事をご覧下さっている方なら知っていると思いますが
今年の春になんとなしに薔薇の種を初めて三つ蒔いた
すると三つとも発芽
その後あまり気にせずにいたら一本のみ生き残った
おそらくセプタードアイルの実生だろうと言う事で、判りやすくセプ子と言う仮の愛称で呼ぶことにした(笑)
まあもちろんアホだと思われるのでブログと僕の心の中だけの名前だが

そんなセプ子が秋の花を咲かせた


c0365716_21001919.jpg

何度も蕾を上げるのでせめて秋は咲かせる事にした
前の開花よりやはり色は濃いようだ
c0365716_20583488.jpg



蕾としては四度目、開花としては二度目
春に芽が出てからなのでおそるべき連続開花性を持つ子だ(笑)

c0365716_20582319.jpg

ただし、ただの庭土に種を植え付けた事と花上がりのせいであまり大きくなれない。汗
針のような枝だったので強い風にあたると倒れてしまうだろうと暫く日当たりにも出せなかった
今現在やっと細いながら二本枝になり日当たりに出している
c0365716_20582986.jpg


セプ子もほんの少し大人になったのかニキビが出てきた(うどんこ病)
プロア○ティブ(薬剤)でなんとか良くなったが
少し後遺症が出ているが来年には良くなるだろう(笑)
c0365716_20581187.jpg


7月に開花した花と花経はほぼ同じだが、花弁数は増えているように思う
愛らしいシベを覗かせるセプ子
c0365716_20580477.jpg

まだこんなに小さい
今年はこれで花は終わりだろう
もうひと伸びするかな?

c0365716_20575925.jpg
今年は意図せずに実生苗の成長も楽しめた
とりあえず今のところセプ子以外に実生苗を増やすつもりは無い
(それじゃなくても管理が大変なため)
しかしセプ子だけはせっかくなので育てて行きたいと思っている

ブログのネタとしても大いに貢献してくれた
僕の写真整理が追いつかない時は
こんなちょっとした記事を書く為に花を咲かせて手伝ってくれる良い子だ(笑)
どうか無事に冬を越しますように


記事をご覧くださり有難うございました
お帰りの際は家のセプ子の為にバナーを押してくださると嬉しく思います
どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
# by tsukiiro2613 | 2015-09-25 20:24 | セプ子 | Comments(10)

イングリッシュローズの真髄


今日の紹介はイングリッシュ ヘリテージ2015年一番花


c0365716_19022796.jpg


僕はよくイングリッシュヘリテージを褒めているが、殆ど庭の全景には登場しないバラである
イングリッシュヘリテージの植栽場所は、赤い葉のモミジの隣ハコネウツギとの間に植栽してある

c0365716_19015177.jpg

以前はここから庭の中が丸見えだった、ここをヘリテージで埋めたいと記事に書いたことがある
それから時が経ち、当初の計画通りイングリッシュヘリテージで隙間を埋めることが出来た
c0365716_19020961.jpg

先日紹介したグラハムトーマスと共にアイスバーグの血を引いたヘリテージは
毎年健康的にグングン成長し、この写真では判らないが今年沢山の蕾を付け(特にこの写真の裏側)春はホクホクだった
誰かにこれが咲いたら凄いよ!と言ったと思った、そのくらい蕾の上がりも良かった
しかしそうならなかったのだった。汗
開花が進むと同時に妙な寒さがやってきてそのまま経過した
一斉開花せずにところどころでボチボチ開花し、結局何時満開だったのか判らない状態になってしまった
今年は異常な寒さで多くのイングリッシュローズにそんな株が出てしまった
上の写真までは満開前の記録として撮ったが、その後株全体の記録を撮ることをやめてしまった。。。
いくら涼しい国の薔薇だったとしても ある程度の気温で咲かなければ 一斉開花しないということがよく解った年だった

c0365716_19022216.jpg

しかしそれでも美しい開花は楽しむことは出来た
株の全景はもう無いが、イングリッシュヘリテージの開花の様子を紹介したいと思う

c0365716_19021551.jpg

イングリッシュローズとしては殿堂入りしたグラハムトーマスやメアリーローズと並んであまりにも有名な品種
やはり有名になる品種と言うのは株自体も健康的に育ち、安心感の有る薔薇であることが多いように思う

c0365716_19020270.jpg

花の前に立つとその場から暫く動けなくなるくらい美しいヘリテージの開花

c0365716_19015786.jpg
c0365716_20492874.jpg


上の頃までの開花が特に好きだが、これ以降の花は少し印象が変わってくる
一回の開花期間にいくつもの顔を見せる薔薇でもある
奥に房が見えるがこんな房が沢山でそれは開花を楽しみにしていたのだった・・・

c0365716_19014078.jpg

イングリッシュヘリテージの花を表すとき よく貝を並べたような美しい花弁 と表現されるが
下の写真では波に洗われ砂に削られて半透明になった桜貝を並べたようにも見える

c0365716_19013138.jpg

イングリッシュヘリテージはその繊細で美しい花弁
四季咲き性の良さ、イングリッシュローズに多いミルラを含むフルーツ香
健康的に育ち優秀な四季咲き性を有した薔薇
まさにイングリッシュローズの魅力そのもの,イングリッシュローズの真髄とも呼べる薔薇だと僕は思っている


c0365716_19010299.jpg

イングリッシュローズはオールドの容姿に四季咲き性持たせ 香りも楽しめるバラ と言うコンセプトがあると思うが
正直言ってしまうとイングリッシュローズのような容姿のオールドローズは無い
イングリッシュローズはイングリッシュローズそのものの容姿を持っていると僕は思っている
だが、それが魅力的で皆惹かれるのだろうと僕は思っている
時折オールドローズに有りそうな品種が作出されるが、意外にそれは人気が出ず
イングリッシュローズにしかない容姿の薔薇に人気が集まる傾向があるように思う


c0365716_19005536.jpg

やはりオールドにはオールド独特の魅力が有る
イングリッシュローズはオールドローズに求めるものと同じもの
いやかなり近い次元でそれを有しているのだと思っている

ん?違うか(汗)

繊細な花弁の薔薇の美しさに魅入られた栽培者の求める多くのものを両者が持っている
と言うのが正解かな

オールドやイングリッシュは花弁が繊細で傷みやすい事が多い、下手をすればうまく咲かないことだってある
イングリッシュヘリテージに関しては気温が高めだと花は一日で終わってしまう
だがこういうバラが好きな人は求める所はそこではないと思う
c0365716_19004801.jpg

花持ちが良いことに越したことはないが
花弁の厚い薔薇には到底真似できない美しさがそこに有る
透けるような花弁、その花弁が光を透すその様を鑑賞することは
僕が薔薇を育てる大きな理由の一つでもある

イングリッシュヘリテージはその美しさを有している
オールド好きにしてもイングリッシュ好きにしても花持ちや花弁の傷みを覚悟しても
その美しさを求め育てているだろう

c0365716_19004412.jpg

房の花が開き始める
花は最初よりも一回り小さめ

c0365716_19003956.jpg

ただ僕はイングリッシュローズのファンだが、全ての品種を好きなわけではない
花持ちが悪くなんだか花に目が行かずいつの間にか終わっている品種もあった
しかしこのイングリッシュヘリテージは花持ちが悪いが存在感が有り惹きつけられる魅力が有る
もちろん好みにもよるが。汗

c0365716_19003340.jpg

褪色すると白っぽくなる
この花はアプリコットが中心に出ている
イングリッシュヘリテージはアプリコットピンクにもなるが、今年は気温のせいか花色の変化が大きかった
c0365716_19002753.jpg
c0365716_19001905.jpg

ジギタリスとコラボ

c0365716_19000820.jpg


開花も終盤
咲き方は更に柔らかく変わってゆく
c0365716_19000112.jpg
c0365716_18595623.jpg


かなり淡いピンク色に
c0365716_18595026.jpg
c0365716_18594509.jpg

樹勢は強い方で毎年ベーサルシュートを何本も出して旺盛に伸びている
シュラブもしくは這わしてショートクライマーのようにしても使える薔薇だろう
我が家では目隠しに使っているので長く伸ばした枝と少し切り詰めた枝と両方使っている
ただ僕は開花序盤の花の感じが好きなので、来年はもっと切り詰めて使おうかとも考えている
c0365716_18593815.jpg


また開花が始まるとアプリコットが強く出てきた
小さめのウィリアムモリスのような花だ
c0365716_18593369.jpg
c0365716_18592895.jpg

この頃になるともうイングリッシュヘリテージの花では無いように見える
しかしとても美しい繊細な花弁の花だった

c0365716_18592399.jpg

イングリッシュローズはわりと花がもつ品種も有るが
全般に花の命は短い、特にこのイングリッシュヘリテージに関しては花持ちの悪さばかりが目立ってしまっているように思う
しかしこのイングリッシュヘリテージが好きな人は本当のイングリッシュローズ好きだと僕は思う
イングリッシュローズとして 薔薇としての沢山の魅力を持っているバラである
わざわざイングリッシュローズを育てて文句をいう必要はない
花持ちが良い薔薇が良ければ他のブランドの薔薇を育てれば良いだろう
優秀なバラは沢山作出されている

c0365716_18591503.jpg

ただそれは小さな株や鉢で小さく育てているとそう言いたくなるのも理解できる
やはりイングリッシュにしてもオールドにしても多くの品種はガーデンローズなのである
鉢で育てるのなら大きな鉢で大きく、もちろん庭では大きく育て沢山の花を咲かせられなければ
一度も美しい姿を見ることもなく開花期が終わってしまうことも有りうるだろう
ただ鉢で育てている場合は、雨や強い日差しを避けて育てることができるので
置き場を変えてあげると美しい開花を楽しめるだろう

半分散ったヘリテージ

c0365716_18591018.jpg

繊細な花弁のバラは
雨や強い日差しに弱く花持ちが良くない事が多い
もちろん僕もそんな薔薇の花持ちが良ければと思うことは多いが
それは両立できない宿命と思うしかない
ただただ神秘的とも言える美しい開花、それが見たいが故に育てているだけ

c0365716_18590444.jpg

イングリッシュヘリテージの耐病性はアイスバーグと同じくらいか
それよりも少し強いくらいだと僕は感じている

c0365716_18585961.jpg

一番花以降 夏の蕾は摘蕾し、いま秋の開花の真っ最中であり
度重なる悪天候に蕾は沢山有ってもまばらな開花だが楽しんでいる


c0365716_18585277.jpg
さて、開花も終わり
イングリッシュヘリテージは花持ちの悪さで有名だが
それにわざと対抗して記事を書いてみたがいかがでしたでしょうか?(笑)
全ての品種が花持ちが悪ければ確かに嫌かもしれないが
こんな薔薇も一本有っても良いのでは?と言う提案でもあります
きっとそこにはそれまで無かったバラの世界が広がるはず
c0365716_19022796.jpg

長い記事をご覧くださり有難うございました
お帰りの際はバナーを押して下さると記事を書く励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m



 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
# by tsukiiro2613 | 2015-09-21 22:12 | イングリッシュヘリテージ | Comments(12)

ありったけのグラハム



今回も2015年一番花の紹介

今日はイングリッシュローズでバラの殿堂入りを果たした品種グラハム・トーマス
c0365716_19141401.jpg


開き始め
イエローだが黄色ではなく山吹色の薔薇
c0365716_19154013.jpg


非常に美しい色合いだ、黄色やレモンイエローではなく山吹色なのが良い
我が家に黄色いバラは一本しか無いが
嫌いなわけではない、むしろ好きだが黄色が多いと庭がやたら派手になると思い入れてなかった
まあオレンジが目立つ庭なのでどちらでも同じようなものだが(笑)

c0365716_19153482.jpg

香りは甘味の殆ど無いティー香
本当に茶葉の香りがして驚いたのを覚えている
ティー香は条件が良くないとあまり香らない事が多いが
今年はこのグラハムの香りを堪能できたのが嬉しかった

c0365716_19152258.jpg

開花が進む

c0365716_19150979.jpg

株の上部ではもう褪色してきている
褪色すると色が褪せ、白っぽくなる
これがまたこの薔薇の美しい所だろう

c0365716_19150236.jpg

花は7~8cm程の中輪花から10cm以上の大輪だが
大きすぎず小さすぎないちょうど良いサイズだと思う
大きすぎて大味な感じが無く、小さすぎて物足りない感じもしないと言えば良いのだろうか
僕にとっては良いサイズ感の薔薇という印象が有る

c0365716_19144409.jpg

朝日を浴びるグラハム

c0365716_19143368.jpg

グラハムトーマスはツル扱いの出来るシュラブとしての紹介だと思うが
我が家では強烈に伸びる事は無く
自然に伸びた枝を木に括っている

c0365716_19142823.jpg

グラハムトーマスの交配親にはアイスバーグが使われているようだが
花は似てもにつかない、アイスバーグと実生の掛け合わせとなっているので
実生のバラと言うのが世に出てないERなのだろう
よく見ていると葉はアイスバーグにも似ているように感じる
ただ、アイスバーグの血を引いている品種は育ち方が健康的で
見ているこちらが安心できるバラが多いと思う
c0365716_19142276.jpg

愛らしいカップ咲き

c0365716_19141401.jpg

もっと樹勢の強いバラかと思っていたが
思っていたよりもゆっくりと成長を続け、今年やっとある程度見れるようになったと思う
嬉しくなって写真を撮りまくって枚数が多いが
出し惜しみして未公開とか後でしたくないので良さそうなものは全てアップすることにした(笑)
と言うよりもそれを見つけるのがかなり面倒なので。汗
昨年は写真を品種別にフォルダに入れていたが
今年はそこまで余裕が無く、ランダムに撮った写真を探しながらなので・・

良ければお付き合い頂けたらと思います

c0365716_19140120.jpg


花は散りながら新たに開花し続ける
c0365716_19135443.jpg

後ろに見える白い花はバイカウツギ
今年は早く花が傷んでしまったのでアップでのコラボは無し
c0365716_19134791.jpg

ちょっと上と下の写真は色が濃すぎるような気がする・・


c0365716_19134283.jpg

グラハムトーマスが植えてある場所は庭の中からは見えない場所
だったが、今年からは高さがある程度出てきたので、グラハムの花を庭の中からも見ることができるようになった


c0365716_19133610.jpg

花弁の先が尖っている印象の有るグラハムだが
先が尖っているのではなく、開く前は花弁が折り畳むようになっているようだ
レディエマハミルトンも先が尖っているように見えることが有るが同じ現象なのだろう
c0365716_19132978.jpg

ツル扱い出来るERの中では比較的ステム(花枝)の短めの品種で扱いやすいと思う

c0365716_19132211.jpg

実はERの黄色いバラの中でまだ欲しかった品種や気になっている品種は有った
ゴールデンセレブレーション、クラウンプリンセスマルガリータ、シャルロットなど
プリンセスはアプリコットか・・
しかし今になって考えればやはりグラハムを入れておいて良かったと思える
きっと植栽してなければ必ず入れたくなったと思う

c0365716_19131456.jpg


この薔薇は日差しがとてもよく似合う品種である
輝くように咲く様が非常に美しい
c0365716_19130806.jpg


この写真を見ると
自分がこのバラの前でどんな気分で居たか思い出せる
c0365716_19130256.jpg


きっと居る

上の方に天使が(笑)
c0365716_19125635.jpg


薔薇が大きくなってくると花弁が落ちる前に花を切り取る事が出来なくなった
でもあまり気にもならなくなってきた(笑)
c0365716_19125157.jpg

今年も着実に成長しているグラハム、這わせている木の先まで行けば満足なんだが・・
ランナーを出すタイプの宿根アスターを傍に植栽してしまったので
株元まで覆われてしまった、対処しなければ・・汗

c0365716_19124534.jpg

我が家で唯一の黄色いバラ
そのおかげで花を見た時の新鮮さや感動は大きい

c0365716_19123789.jpg

アイスバーグと同じように下葉が黒点病になる事が多かったが
今年は病気が見られない、ただ黒点病になっても困るほどではないと思う

c0365716_19123286.jpg


そろそろグラハムも終わり頃
褪色して白っぽいレモンイエローになった花は外側にうっすら赤みを帯びることがある
c0365716_19122797.jpg

グラハムに雨が降り注ぐ
c0365716_19122073.jpg
c0365716_19121409.jpg


もう少し大きくなって欲しいグラハム
夏の蕾は摘蕾し、今シュートが伸びると同時に秋の花が咲いている


c0365716_19120909.jpg

さて来年はどんな開花を見せてくれるだろうか
c0365716_19114738.jpg

沢山の写真をご覧になってくださった方お疲れ様です、有難うございました
お帰りの際はバナーを押して下さると嬉しいです
記事を書く励みになりますのでどうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m



 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
# by tsukiiro2613 | 2015-09-19 00:14 | グラハムトーマス | Comments(8)

シャリファ アスマ2015



シャリファ アスマ 
イングリッシュローズ 1989年作出

今日は2015年、今年の一番花の紹介の続き

c0365716_19535917.jpg

シャリファアスマはイングリッシュローズの名花で僕自身気に入っている品種だ

花弁が薄く繊細だがそれに反して樹自体はとても丈夫に太く育つブッシュローズである

c0365716_19550061.jpg

今年は芽出しから調子良かったが途中蕾が出来る頃になると
房になるはずの蕾がポロポロと落ちて真ん中の蕾だけが残った
急に寒くなったりするとこんな事が起こるらしいが、とても切なかった
そしてほぼ全て一輪咲きになった

c0365716_19545502.jpg

この薔薇は非常に美しく強い芳香を持っている素晴しい品種だが
雨にやたら弱い
c0365716_19544974.jpg

雨が入ると上のようにすぐに茶色くなってしまう・・・
序盤の花は雨が降るとこの現象が起きやすく、ある程度落ち着くともう少し強くなる
そしてこの薔薇は房で咲く花はさらに強く雨や日差しで傷みにくくなる(この株だけで考えると)
房になるのは前年の強いシュートからの事が多いので、養分がよく行き渡りそれが花弁にも影響しているのだろうか

c0365716_19544329.jpg

しかし今年は一輪咲きばかりで、見ると花自体もなんだか華奢な感じがする
肥料分が足りてないなどの影響もあるだろうか
c0365716_19543818.jpg


少ししっかりした花が咲いてきた
外側の花弁が一枚だけ開いてないのでちょっと面白い、蝶のよう?
いやワンコのようにもみえる(笑)

c0365716_19543210.jpg

葉はマットで葉脈が彫り込んだようになっている
葉に特徴の有る品種である

c0365716_19542773.jpg

病気に特に強くはないがそれ程困ったことも無い
樹勢が付いていればあまり気にならないだろう

c0365716_19542137.jpg

美しく儚げな花
ちょっとツンとくるくらいの濃厚な香りが備わっている

c0365716_19535917.jpg
今年は花弁が少なめ
c0365716_19535485.jpg

華奢に見える品種だが大きくなる。汗
前に1~1.2m程度に収まると書いたと思うが、それを超えて大きくなってしまった
株元は剛直、ちゃんと剪定を繰り返して育ててきたが
思った以上にしっかり剪定をしないと大きくなってしまう品種なようだ
この時1.5mくらいあるだろうか、株の真ん中より少し上くらいで咲いてくれるのが良いのだが・・

c0365716_19541620.jpg

全景で見るとこんな感じ


c0365716_19534882.jpg
今年は一輪咲きが多く残念だったが、このシャリファアスマは特にそう感じる品種だった
樹高があまりに大きいので一番花の後強く切り戻した
来年は良い開花が見られると良いが



記事をご覧くださり有難うございました
お帰りの際はバナーを押して下さると記事を書く励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m


 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
# by tsukiiro2613 | 2015-09-16 21:05 | シャリファアスマ | Comments(12)