HEY JUDE





今日の紹介はジュードジオブスキュア2015年の1番花

下は開花が始まった頃の花

c0365716_15454710.jpg

植栽位置は下の写真の丁度真ん中辺り
黄色いバラが見える部分(まだ開花は始まったばかりの頃)

c0365716_15453544.jpg



半日陰で育てたり伸ばすと良い感じに俯くようだが我が家では真っ直ぐ上を向いて咲く
花の纏まっている場所は結構な高さで上手く撮影できないのでもう少し俯いてくれると嬉しいのだが・・・
高性の薔薇は少し俯くくらいがちょうど良い
(ちなみにうしろに見える黄色い薔薇はグラハム)
c0365716_15445825.jpg

我が家では一応ポール仕立てにして育てているが
ジュードはシュートが固く曲がりがきつい誘引には向いてない
ポールに巻いていると言うよりも支えている感じが強い誘引になっている
昨年の春に無理して曲げようと思ったら太いシュートが縦に真っ二つに裂けてしまった。涙
開花したから良かったものの1番太いシュートだったので焦った。
育ててみた感じ、この薔薇は壁面の一部かフェンスなどの
緩やかに枝を曲げて這わせる誘引が向いていると思う


c0365716_15452084.jpg

記事の最初の写真の花が咲き進んだところ
黄色~カラシ色の蕾からアプリコットに変わり
その後ピンク色にほのかに色付き何とも言えない絶妙な色合いになる

c0365716_15444585.jpg

花付きの良い品種でもないが三輪~五輪くらいの房咲きになる

c0365716_15443549.jpg

この薔薇もジュビリーセレブレーションの同じく薔薇栽培を始めハマり始めた頃に迎えた
イングリッシュローズとしては初期に集めた品種で
イングリッシュローズ屈指の濃厚な香り、ただ強い香りなだけでなく香りの質も非常に良いと思う
ディープカップの花はそれまでの薔薇の概念を崩すかのような色合い
どの性質にも驚くと共に非常に感動した薔薇の一つだ

c0365716_15442516.jpg

本来日差しや雨による花傷みの少ない品種だが
我が家のジュードは上を向いて咲くので、雨が降って暫くすると花弁が茶色くなってしまうことが有る

c0365716_15441273.jpg


ジュードを育てている方なら写真を見ただけで香ってきそうな気がするだろう
そのくらいしっかり香る品種だ
下の開き具合くらいか少し花弁が緩んだくらいに1番香ってくれる
c0365716_15435807.jpg



気持ちよさそうに日差しを受けるジュード

c0365716_15451086.jpg


迎えた年に根が動いてから移植してしまい
その年は夏くらいになって三輪しか咲かなかった
でもその一輪一輪に感動しとても嬉しかったことを覚えている

c0365716_15434903.jpg




この薔薇はそんなに花弁が多く無いのに蕾が緩むまで時間のかかる薔薇だと思う
昨年の1番花の時期は異常な低温にERがポツリポツリと開花しパッとしない年だったが
このジュードも同じようにゆっくりと開花し、見頃が無いまま気が付くと半分の開花は終わっており
咲けない蕾が半分位残ってしまうという変な開花だった
元々一斉開花するような品種でもないが、ERにこの状態が多く昨年は非常に萎えてしまった
途中で記事を書くのに萎えてしまったのも昨年は株が大きくなったのに
開花は良くなかったと書かざる負えない事が嫌だったのも有る
ただ異常な高温と酷い日差しで一気に開いてチリチリになってしまうのも考えものなのである
薔薇の開花時期というのはどうしても季節の変わり目に当ってしまうので
気候が安定しないのが辛いところである、秋バラも雹が降ったり散々だったし(笑)


c0365716_15433763.jpg


耐寒性は悪くないが毎年長く伸びたシュートの先の方は少し凍害が出ている
葉は大きめの半照り葉で耐病性は高い方だと思う、病気で困ったことはない(薬剤散布有り)

c0365716_15432227.jpg

我が家ではやたら伸びる事は無いが凍害の出ない土地ならば結構大きくなるだろう
このジュードは短くすれば花は上を向くだろうから無理に長く伸ばして育てずブッシュのように育てても良いのだろう

ツル扱いのERじゃなくても誘引すると伸びると載っている品種はよく伸びる
セプタードアイルなんか昨年4m近く伸びたシュートもあるくらいだ
これでは暖地ではどんなことになるだろうかと思ってしまう
ただこれは4mの壁面をカバー出来ると言う意味ではない
ただそれも育て方なのか品種のせいなのかそれぞれでヤングリシダスのように
もう少し伸びるかと思ったら伸びなかったなんて品種もあるから難しい(笑)
ERはオールドの血が入っている事も多く樹高の表記は有って無いようなものの事が多くある

その点HTやFLなんかは樹高表記がわりと合っている
アイスバーグや以前有ったパパメイアン、ピースなど
冬剪定で樹高を短くしたとしても1番花こそ樹高は低いが
その後夏剪定をし秋までにはネットや本で載っている最終樹高でしっかり止まる感じだった
今現在アイスバーグは所有しているが、秋までにしっかり1.4m前後になっている
ERの場合ブッシュのようでもツル性が強いと同じようにピンチしても
ピンチしたところからビヨ~ンとウンmも伸びてしまう事もあるのだ(笑)


c0365716_15430745.jpg


我が家では欠かすことの出来ない愛らしい香りの薔薇
c0365716_15425382.jpg


日中殆ど庭に居ない僕はジュードを一輪手で摘み取って
車に乗せて香りを楽しみながら(異常にスーハーしながら)通勤していた
もちろん帰り車に乗り込むとシナシナカリカリになってしまっているが
栽培している者にだけ許されたちょっとした贅沢(笑)
c0365716_15424299.jpg

記事をご覧下さり有難うございます
お帰りの際はバナーを押して頂けると記事を書く励みになりますので
よろしくお願いいたしますm(_ _)m



 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
# by tsukiiro2613 | 2016-01-09 18:57 | ジュードジオブスキュア | Comments(8)

The EnglishRose (ジュビリーセレブレーション後編)



今日は先日お伝えしたジュビリーセレブレーションの後編です

c0365716_01232176.jpg



すっかり花が株の中に埋もれてしまったジュビリー

c0365716_01272762.jpg



このままでは花が見えないまま終わってしまうと思い
埋もれた花を下から引き出し麻紐で株を絞って支えることにした
こうしてなんとか花を見ることが出来た

c0365716_01271167.jpg
c0365716_01270182.jpg



下の写真に珍しく少し花弁が傷んでいる花がある
雨にもわりと強い、しかし雨の後日差しが照りつけたのか外側の花弁に斑点が出来た
雨で花の傷みを気にするよりも ただでさえ重い花が雨を受けて更に俯いてしまう方が困りものだ。汗

c0365716_01265167.jpg



桃のような大きく愛らしい蕾

c0365716_01264087.jpg

細工していくらか見えるようになったもののやはり花は沈んでいる。汗

c0365716_01263101.jpg

少し上から見ると花が埋まっているのがよく見える

c0365716_01262019.jpg
花は極上に美しいので蕾の時の位置で咲いてくれると嬉しいのだが

c0365716_01255811.jpg

花が更に大きく開き重さを増す。汗
せっかく少し整えたのがまた花の重みで垂れ下がってしまった

c0365716_01254432.jpg

最後の手段、ギュ~~っと絞り込む
しかし花同士が重なってしまった。汗

c0365716_01253162.jpg

株は毎年充実してきているものの、今年は花も大きくなり結構な巨大輪だった
昨年位の少し小さめの花経の方が花がよく見えていた
施肥の効果がよく出ているように思えるバラだ
ただどの程度の施肥でどうなるかというのは判らずなかなか難しい。


c0365716_01252370.jpg


花が開き切りゴージャスになった
今回は俯いた、項垂れたとばかり書いてしまったが
読者の方が思うほど落胆はしてない、僕は素晴らしい花がまた沢山見れた喜びで一杯なのだ

c0365716_01251066.jpg

D・A社のHPを改めて見ると僕が銅色と称していた色はどうやらゴールドだったらしい(笑)
ゴールドか・・・

c0365716_01245946.jpg

やはり最後に勢いの良いシュートが作った房が残った
これは別に春からベーサルが出て開花したわけではないし、昨年中もこの薔薇はベーサルを出さなかった
ちょっと華奢で軽めの花だった、このくらいなら花が俯く程度で枝が枝垂れはしないのではないだろうか

c0365716_01244926.jpg

開花最盛期のゴージャスな花よりも少しだけ花が小さい
それに花弁数が少なくなり、花弁が規則正しく綺麗に並んで咲いている
とても美しい開花だ

c0365716_01244066.jpg



この感じも良い

c0365716_01242808.jpg


最近記事でイングリッシュローズらしい薔薇、というフレーズをよく使っているが
このジュビリーセレブレーションはまさにイングリッシュローズそのものである
中でも花容はイングリッシュローズ随一とも言える程完成された美しさを持って生まれた薔薇だ
それと同時に花にはウットリする香りを備え生まれた事も素晴らしい
花枝が細く項垂れやすいが株としての育ち方も申し分なく、蕾の状態までは美しく茂る
耐病性も悪くない、まあ耐病性は高くは無いが(汗)
でも病気になると心配でしょうがないと思うような薔薇ではない。

c0365716_01241822.jpg



夏には花経が小さくなるが小さいなりに見応えのあるしっかりとした花を咲かせ
北海道では春夏秋と三回の開花を見ることが出来るだろう
しかし花弁が多いので開花に時間のかかる薔薇だ、花弁の多い大輪花に多い事だが
この薔薇は少々遅咲きと言う事もあり、秋に咲くものの寒さが早く来てしまうといつまでも開花しなくなる
そうなると冬の準備に支障が出る、しっかり秋に花を堪能する為に僕は夏の花を諦めた


c0365716_01240856.jpg


そろそろ春の開花も終わり頃

c0365716_01235728.jpg


最後のその時まで美しい薔薇
c0365716_01233169.jpg


前編でボスコベルを似たようなバラとして紹介した
ボスコベルも美しく優秀な薔薇だろうと想像できる
D・A社の方が項垂れないジュビリーとして紹介していたようだが
確かに項垂れないジュビリーが有ったら最高だと思う
しかし僕がフェアビアンカに思ったことを思い返してみる
僕は性質の強くなったフェアビアンカが欲しいと常々思っていた
似たような品種を探してはコレは良いんじゃないかアレは良いんじゃないかと迎えてみるものの満足できない

しかし満足できるはずがないのである
何故ならそれは違う薔薇だから

考えてみて欲しい、もしも愛する人が居なくなって似たような人を見つけて満足出来るだろうか?
顔がそっくりでも性格や仕草までは同じようにはいかないのものである
薔薇も同じように微妙なニュアンスがどれも違い、香りまでも真似できる事はまず無いだろう
似たような品種を見つけて満足出来たのなら、元々の薔薇も大した薔薇ではなかったのではないかと思う
欠点がどうしても嫌な場合はパートナーでは無かったと諦め
これ以上は無いと思えば欠点もある程度受け入れるべきではないかと
全てが完璧な人は居ないのと同じで薔薇も完璧な品種など存在しないのだから。

c0365716_01234387.jpg

すっかりジュビリーを売り込んだようになってしまったが
欲しい方はこちらから⇒○

と言うのはウソ、僕はアフィリはやってません(笑)

来年もジュビリーセレブレーションの開花に逢えるのを楽しみにしている。







記事をご覧いただき有難うございます
お帰りの際はバナーを押して下さると記事を書く励みになりますのでよろしくお願いいたします。


 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
# by tsukiiro2613 | 2016-01-04 16:35 | ジュビリーセレブレーション | Comments(13)

Jealous  (ジュビリーセレブレーション前編)

2016年になりました
ご覧になってくださっている皆様、今年もどうぞよろしくお願いいたします。


新年最初の紹介はジュビリーセレブレーション2015年の1番花
今回は写真の枚数が多いので二つに分けて紹介したいと思う、今回は前編
エリザベス女王即位50年を祝って命名された薔薇だ・・・
しかしそう考えると出来れば別の名前をつけて欲しかったと思うのは僕だけだろうか。汗
まあ大人の事情もあるのでその辺は仕方がないのだろう(笑)


c0365716_11132069.jpg

ジュビリーセレブレーション、紛れもなくイングリッシュローズ(ER)の名花と言える薔薇だろう
ERのモダン色の強い薔薇の中でも特に美しい
非常に華やかな花弁数の多い大輪で目を引くが派手な薔薇という印象は意外にも無いのがERの凄いところだと思う

c0365716_11130048.jpg

今紹介しているのは房の最初に咲く花
開花が進んできた頃の花よりも花弁がしっかりとして色が濃い感じがする


c0365716_11125166.jpg



花容はとても完成されていて、どこからどう見ても主役の薔薇である
宿根草を添えると更に美しさが強調される

c0365716_01301143.jpg



まるでおとぎの国の世界(笑)
しかしこの薔薇はどうみても姫ではなく女王だ

c0365716_01295387.jpg

秋に少し黒点が出るのが欠点と書いた事があるが
やはりこの薔薇の欠点は栽培する多くの方が感じているように花がどこまでも俯いてしまう事だろう

c0365716_01293513.jpg

ステムの細い一輪咲きは勿論、勢いの良いステムは房咲きになりやすく
花弁の多い大輪を支えきれない
下の写真は開花する前まで蕾は揃っていたがご覧の有様。大汗
内芽で剪定するようにしたり対策はしているが
昨年は特に花が大きく、春の剪定(冬剪定)で少し枝が長めだったせいか株の中に花がどんどん潜っていってしまった。

ただ剪定する位置を深しすぎると花が大きくなってしまうし
春から伸びた花枝が垂れるのであまり意味が無いように思う
あとは施肥をもう少し控えて花を小さめに咲かせればよいのか・・一昨年は花がもう少し小さめでもっと花がよく見えた
これからの課題だ・・しかし施肥は終わってしまった。汗

花が項垂れないジュビリーのような薔薇として最近作出されたボスコベルという品種が有るが
どちらが良い悪いではなく、ボスコベルはジュビリーセレブレーションではないのは所有している誰もが判る事である(笑)


c0365716_01292554.jpg

何故記事の題名がJealousかと言うと
イングリッシュローズの中でも特に欠かせない品種というのが自分の中にある
特に栽培初期に迎えたジュードジオブスキュア・レディエマハミルトンそしてこのジュビリーセレブレーション
僕は淡いピンクの薔薇が好きだが、一輪の咲いたときの感動そしてそこに備わった極上の香り
それを踏まえ絶対に欠かすことの出来ない薔薇だと思っている(もちろん他にもあるけど)
特にこのジュビリーセレブレーションを迎えたのは栽培を始めた頃だったことも手伝い 甚く感動した
僕には1番好きな薔薇というのは存在しない、大輪花には大輪の良さが
そして中輪、小輪の良さ、花弁数の違い 株としての美しさ 花色、咲く環境での違いなどなど
様々な条件下では周りの薔薇の美しさを凌駕し、一瞬の輝きを放つ薔薇が他にも多いからである

ただ、このジュビリーセレブレーションは一輪の咲いた時の感動が非常に大きいバラで
僕自身この薔薇をとても贔屓していると思う(笑)
撮影する枚数は他の薔薇よりもとても多い
皆株が大きくなり最近ではそれ程でもなくなってきたが、それでも他の薔薇が嫉妬するのではないかと思うほど
この薔薇の事を気にしている

c0365716_01284816.jpg



どのバラも崩れることなく完璧な容姿で咲いている


c0365716_01291464.jpg


花は殆ど日焼けせず、そこそこ花もちも良い
そしてうっとりするような素晴らしいフルーツ香
HPやハンドブックには記載されてないが、花が開き始めた時にティーの香りが僕には感じられる
毎年そう感じるので確かだと思う

c0365716_01290617.jpg

葉は半照り葉で特に特徴のある物でもない
刺のつき方もそれなりだが薔薇全体で見たら少なめだろう

c0365716_01285702.jpg

この薔薇の色をサーモンピンクと一言で片付けられる事があるが
僕はそれには納得がいかない、確かにサーモンピンクやコーラルピンクのような暖色系のピンクには見えるが
ピンクの花弁の奥には黄色を含んでおり、アプリコット(オレンジ)がかった外側の花弁は次第に銅色に染まってくる
銅と言えば銅葉は紫なのに何故銅葉と呼ばれるのか不思議に思う
ジュビリーの銅色が強まった頃の方が断然銅色と呼べるのにと思ってしまう(笑)
c0365716_01283896.jpg



とても完璧な花容を持って生まれ色味も素晴らしく香りも良い
良いことずくめだが勿論他に無いからそう思うのであり
他にも同じ様な薔薇が沢山有ればこの薔薇の魅力も薄れてしまうことだろう
よく咲く品種だが何処にも大味な感じも嫌味な感じもせず
これだけゴージャスな香り高い大輪花が毎年沢山楽しめるのは非常に贅沢な薔薇だと思う

他の薔薇が嫉妬する程の美しさがそこに存在している。

c0365716_01281725.jpg



アルケミラモリスとジュビリー
c0365716_01280902.jpg


c0365716_01275175.jpg



アストランティアとジュビリー

c0365716_01280087.jpg


向かって左にはアストランティア白・ピンクが植栽してあり
右側にはアルケミラモリスを植栽している


c0365716_01273223.jpg

すっかり花が埋まってしまい殆ど咲いてないように見えているが
この先は後編でお届けしたいと思います。





記事をご覧くださり有難うございます
お帰りの際はバナーを押していただけると記事を書く励みになりますので
よろしくお願いしますm(_ _)m




 ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
# by tsukiiro2613 | 2016-01-02 13:02 | ジュビリーセレブレーション | Comments(10)

2015最後の記事

さて、今年最後の記事です。
c0365716_14273237.jpg
秋のセプタードアイル

この一年ブログ「彼とカヲリの庭の関係」に通ってくださった皆様本当に有難うございました
以前の「JUDEの庭と薔薇のカヲリ」からここのブログに移行してからというもの
7ヶ月半、・・わりと長く感じたが大した経ってなかった。汗
5月からこの記事で87件目です

読者の方々、ブロ友さんコメントに通ってくださった方
いつもバナーを押してくださっている方、前のブログにまでポチッとしてくださっている方
その他ブログを通して関わってくださった方々
本当にお世話になりました、ここに御礼申し上げます

いつもアップしている音楽動画について記事中でコメントはしませんが
ブログの主旨とは関係ないという事もありますし
自分が記事と合わせて聴きたいだけで載せています(笑)
決して押しつけではなく聴きたい方のみ一緒に楽しんでいただけたらと思っております
しかしコレを合わせて探すのが結構大変になっていたりして(笑)

ランキングに関しても自分であまり意識せずにいたものの
意外にも多くの方のご協力で良い成績が残せている事を嬉しく思っております
ランキングに参加するのは前のブログが終わりこのブログを始める際に辞めようかと思っていました
好きに庭作りをし、ブログも好きなように書いて好きな時にアップしているので
誰にも評価される必要も競い合う必要も無いと思っていたからです・・・
ブログを書く限りはより多くの方の目に触れなければ書く意味も無い
ランキングサイトからこちらに来てくださっている方が多く居るのも事実
ブログを始めた頃の気持ちを思い出し、より多くの方に薔薇や庭の植物の素晴らしさを伝える為続けようと思っております
これからも記事のスタイルは変わりませんが応援していただける方はよろしくお願いいたします。


変わること無く「彼とカヲリの庭の関係」を続けてゆけたらと思っております
来年もどうぞよろしくお願いいたします

良い年をお迎えください。
c0365716_14274234.jpg
ウィリアムモリス秋の花





記事をご覧くださり有難うございました
お帰りの際はバナーを押して下さると記事を書く励みになりますので
よろしくお願いいたしますm(_ _)m



 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
# by tsukiiro2613 | 2015-12-29 15:08 | Comments(18)

モーヴとピンクの薔薇




今日の紹介はアメリカのツル薔薇
パレード 1953年作出
c0365716_13442511.jpg


このツル薔薇は咲き始めの色合いが非常に派手な薔薇だ
僕は派手な色合いが苦手なので迎える際かなり迷った。汗
それと同時に色合いが肉眼で既に色飛びしているように見える色合いで
写真で再現するのが非常に難しい、この記事の写真のほぼ全ての写真は色合いを抑えて撮影している
1番本来の咲き始めの色合いに近いのが下の写真、ショッキングピンクに蛍光赤を少し混ぜたような凄い色をしている
僕は咲いた瞬間にバラからビームが飛んできているような衝撃を受けた(笑)
正直迎えた時はあ~やっちまった・・・と思った

簡易パーゴラを縦方向から見るとパレードとアブラハムがハートのように見える(笑)

c0365716_13474312.jpg

あまりに目立つ色合い
道を歩くご近所さんも何故かこの薔薇が気になるらしい
一度も話したこと無い近所のお爺さんが僕が作業している傍に立ち寄って
この薔薇は・・・凄いな・・・と言った
そして綺麗だな~とも(男性は派手なのが好き)
そもそも我が家には他にない色合いかつ目立つ位置に植栽しているので
よく褒められる薔薇だ・・・まあいいけどもっと沢山綺麗なのがあるのにな~と思ってみたり(笑)
とにかくぱっと見のインパクトは1番だろう

c0365716_13472157.jpg

ただ年を追うごとにそれだけではない薔薇になってきた
ショッキングピンクから咲き進むと落ち着いたモーヴ色になる
昨年辺りからこの色合いが結構出てきていたが、今年は開花後半になるとモーヴの方が勝っていて非常に美しかった
ただこのショッキングピンクの花も花束にしたりするのには良いと思う(殆どしないが)
花もちが良く、ERのように咲いたと思ったら散って次が咲くのではなく
最初の花が開いたまま次々開花が進んでゆくので株の様子もとてもゴージャスに感じる
ERは沢山蕾が付いているのに株としてはそれなりにしか咲いてないように見える頃が多い

c0365716_13471339.jpg

初年度なんかは開花した花は派手色の単色だったが
今は中心が派手で外側は開くと同時に褪色が始まって初年度の印象とはまるで違う
冒頭でかなり悪く書いたが年々咲き出しから落ち着いた色合いになってきている

c0365716_13470638.jpg

下の頃は3~4分咲きくらいだろうか
ステムが非常に長いのが判る、この薔薇は広い壁面かパーゴラに向いているだろう
ステムが必ず垂れるのでパーゴラが1番だと思うがアーチは×

c0365716_13465631.jpg

迎えてから数年経っているがまだ伸び方が足りない
残念ながら換気口の付近に枝が集まってしまった。涙
生育中も何度もシュートが換気口の中に入りたがって困った
ステムが長く降り注ぐように咲いてくれるが、やはり全てがそうなるわけではない
パーゴラにしても上部が平らではなく、ある程度奥に傾斜させてそれを上手く使えればもっと花が見えるようになると思う

パレードの成長の記録が気になる方は↓からどうぞ
パレードの成長記録

c0365716_13464703.jpg

窓を挟んで左右に枝を振り分けているが、元々この薔薇の奥にマダムアルフレッドキャリエールを植栽していた
マダムアルフレッドキャリエールは毎年凍害で根元付近まで枯れ込んでしまっていたので諦めたが
今年は窓の右側、こちらから見て奥側の枝を全て切り取り新たに違うバラを植え込んだ


下はかなり開花が進んできたところ

c0365716_13463611.jpg

開花期としては中間咲きくらいから遅咲きの頃まで咲いていて花期は長い
初夏に開花と言われる超遅咲きが見頃になる頃には終わる感じだろうか

c0365716_13462707.jpg


若々しいさと大人っぽさを併せ持つ色合いで非常に面白い

c0365716_13461065.jpg

植栽位置は奥にバレード
手前にアブラハムダービー(ちょっと終わりかけ)手前中央がジャスミーナ手前、右がヴァリエガータディボローニャ
かなり微妙なチョイスだがここは日当たりが良くない
ある程度耐陰性の高い強健種の中で植えたい物を植えた感じである
今年はどのバラもよく伸びてくれたので来年は更に楽しみだ、ちあみにヴァリエガタは倍くらい伸びた(笑)


c0365716_13460139.jpg
迎えた当初は派手な色合いにかなり驚いたが
年を追う毎に色合いが落ち着き、このピンクとモーヴを見るのが楽しみになっている
この色の変化はなかなか無いと思うがどうだろう
c0365716_13450314.jpg

整った花で開き始め開花の終わり頃には大きく開きゴージャスになる
開花が終わるまで極端に花が崩れることは無い
c0365716_13453046.jpg

その殆どが房で咲き、この房を五本くらい切り取って飾ったら数品種混ぜて生けたような立派な花束になるだろう

c0365716_13451851.jpg

実はこのパーゴラあまり高く見えないが結構背が高く
花のアップを撮るのは塀の上に上がって腕を上げなければ撮影出来ない。汗
撮影してはプレビューを見るの繰り返しで結構大変だったのだ(笑)


c0365716_13445122.jpg


満開の頃にはアブラハムダービーあ終わり、ジャスミーナがそろそろ見頃
もっとパーゴラを覆いたいところだが、パレードはシュート更新させるタイプなようで古枝は花付きがかなり落ちる
そのため上部からサイドシュートが出ないとなかなかパーゴラを覆う事が出来ない
どちらかと言うと古枝からシュートが出るよりはベーサルシュートが出やすいので
そうなるとベーサルシュートがパーゴラを網羅できるくらい伸びなければいけない
それには4~5m伸びる必要がありなかなか難しい
寒冷地でもよく伸びるツル薔薇だと思うが、暖かい地方ならこのくらいを網羅するのは簡単な事だろう
凍害に関しては毎年枝を露出したまま越冬していたが
若いシュートが少し枯れ込む程度でわりと耐寒性の高いバラだと思う

c0365716_13443878.jpg

今年は右側に這わせていた枝を切り取ったことも有ってベーサルが例年より沢山出てよく伸びた
来年どんな誘引が出来るか楽しみにしている

c0365716_13442511.jpg

さあ、ちょっと色味の寂しいと思っているアナタ
アナタも一回やっちゃってみませんか?ハマるかもしれないですよ!(笑)




記事をご覧くださり有難うございます
お帰りの際はバナーを押して下さると記事を書く励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m




 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
# by tsukiiro2613 | 2015-12-26 15:53 | パレード | Comments(10)