タグ:シュラブ ( 62 ) タグの人気記事

ストロベリーヒル2016


今日はストロベリーヒルの紹介
昨日ブルーマゼンタの紹介をしたばかりだが逆算するとまた春までに記事が間に合わないようなので
時間の有る時にアップしておこうと思う

昨日の記事も見てない方は良ければ↓からどうぞ



c0365716_10010347.jpg


















2006年作出の比較的新しいイングリッシュローズで2000年以降のイングリッシュは
耐病性も以前より向上しているものが多いと言われるように
この薔薇も耐病性が高く育てやすいと思う
僕としてはもっと樹勢が有る品種かと思ったが日当たりが良くないせいかあまり旺盛に伸びているという感じでもない

c0365716_10002960.jpg



















花弁は他のイングリッシュ同様オールドの弱い花弁よりはしっかりしているが
他ブランドのモダンと比べると繊細な花弁をしている
しかし色の出方はイングリッシュと言うよりも最近のフレンチに近い感じがする
香りの賞をいくつか獲得しているようで強くミルラを基調とした香りがするが
僕としては独特の香りだと思う、ハーマイオニーに似ているかな?
c0365716_10004962.jpg




































開き始めの花は濃いサーモンピンクかオレンジに近い色合い
開くとピンク色になり色合いは淡く褪色してゆく

昨年は記事で何度も書いているように特に風の強い年だった
このストロベリーヒルは何度も吹き付ける風にステムが裏側に曲げられてしまったり酷い状態になった
あまりにしつこく酷い風に花を戻すのも途中で諦めてしまった(ちなみに餌台も風で傾いている)
c0365716_10005663.jpg




































葉はツヤッツヤの照り葉でイングリッシュにはちょっと珍しい
細く鋭いトゲも他のイングリッシュとはまたちょっと違う感じがする
ステムは柔らかくショートクライマーとして少し高めの位置から垂らすように咲かせるのが合っているだろう

c0365716_10010960.jpg




































デルバールのダムドゥシュノンソーやギヨーのアマンディーンシャネルの
色合いが好きな人は候補に入れても良いのではないだろうか
c0365716_10011557.jpg




















ただこの薔薇は我が家では凍害の出る他のバラよりも少し耐寒性が劣る
イングリッシュに凍害の出る地域では伸ばして育てるのはあまりお勧め出来ない
伸ばして使いたい我が家ではどうしようか迷っている品種
一昨年は異常に雪が少なかったのでいつもより多めに枯れて あぁ~・・・涙
となっていたものの何とかステムの長さでポールはカバー出来た
しかし結局強風でグタグタになってしまった・・・

c0365716_10012656.jpg




















この薔薇の花の特徴は強いミルラ香や色の出方の他に
独特の波打つ花弁だろう、こういう薔薇ってとても写真写りが良い
実際はもう少しワイルドな印象の薔薇だが

いつものカンパニュララクティフローラとのコラボが美しい
でもこのラクティフローラも風でなぎ倒されよく見ると花弁が傷んでいる
c0365716_10012101.jpg



















下の写真は最初に使ったのと同じもの
ムンステッドウッドの蕾の赤と開いた濃い紫色がよく出ていてストロベリーヒルとのコラボも良い感じ
奥に見えるレディエマの感じといい好きな写真だ
c0365716_10010347.jpg

















さて、今は暖気の後の寒さに震えているところだが
二月三月はこれを繰り返す、スギ花粉の事を書かれている方を見て春なんだなと思っているが
ここでは外を見ればまだ真冬
しかし日の高さを感じ日中マイナス気温でも雪が湿っているのを見ると確実に春が近付いてきているのだと感じる
最近になっていつも大丈夫だったバロンに凍害が多く出ているのに気がついてちょっと焦っている(汗)
来年は他の薔薇と同じく管理できるようにしようかとかソロソロ庭の管理の事を考え出す
しかし薔薇全体が無事に越冬出来ているか判るのはまだまだ先のこと
暫くは不安と期待を胸に過ごさなければならない。



記事をご覧下さり有難うございました
お帰りの際はバナーを押して頂けると記事を書く励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたします。

 ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by tsukiiro2613 | 2017-02-19 14:15 | ストロベリーヒル | Comments(4)

我が家のプリンセス




今日の紹介はセプタードアイル
1997年作出のイングリッシュローズ

c0365716_13565863.jpg




































見ての通りの薔薇のプリンセスのようなセプタードアイル
意味は確か王の統治する島とか不可解なものだったと思った
しかしこの薔薇はどう見ても少女の愛らしさを持った薔薇だと僕は思う


c0365716_13561646.jpg





















汚れを知らない純心で清楚な薔薇
c0365716_13562372.jpg






















暗緑色の半照り葉は少し湾曲し葉脈が深く浮き出ている
この葉の感じもセプタードアイルの花容によく合っていると思う
c0365716_13562802.jpg




































強風で少し外側の花弁が傷んでしまっているがそれでも美しい
c0365716_13563336.jpg

















咲き出した頃嬉しくて沢山撮影していると
何処からかただならぬ視線を感じる・・・何処だろう?

c0365716_13565265.jpg




















オイ!

ん?

オマエだよ!ニヤニヤしながら写真撮っている気持ち悪いそこのオマエ!

・・・・汗

c0365716_13564620.jpg


















うわ!でた、またあのハナアブだ。大汗
凄い目付きでこちらを睨んでいる、2つ前の写真から感じていた気配はこいつだったか。
(ちなみにコイツの登場は2度目、前回は2015年の秋)

c0365716_13564217.jpg



















ん~やっぱりセプタードアイルは綺麗だな~。こういう時はスルーしよう

オイ、無視するんじゃない。汗

ああ、君か~久しぶり
でも撮影の邪魔だよ、虫を嫌がるマダムが多いもんでね
ピンっと花を指で弾いて
じゃあサイナラ~お邪魔虫はどっか飛んで行け~(笑)

チッキショ~!覚えてやがれ~!!

フン、虫の分際でそんな特等席に居るんじゃない、羨ましい!


・・・こういうの続けていると本当に変人だと思われるのでこの辺で。汗




セプタードアイルは見た目の可憐さとは違って逞しい薔薇である
初年度は華奢だがその後は健康的に育ってくれる
よく伸びるシュラブで昨年は4mも有るかと思うくらいのシュートを伸ばした
ハーディネスゾーンナンバーはhelp me findでは5b
最近知ったがオースチン社の海外のサイトではちゃんとハーディネスゾーンの記載が有るのだ

その中でセプタードアイルはハーディネスゾーンナンバー4to10となっており
非常に高い耐寒性と耐暑性を兼ね備えていることになる
暖地ではかなり大きく伸ばして育てることも可能だろう
しかしハーディネスゾーンは日本で独自に実験し確立しなければおおよその目安にしかならない事が殆どだ
積雪地帯では雪が防寒材になってしまう、ただし降雪量は一定ではないので
耐寒性は寒冷地の積雪の無い場所で調べなければ意味が無いだろう
正直冷凍庫で長期間の実験をすれば良いのにと思ってしまう(笑)
少し前にも記載したが札幌は6bだがセプタードアイルは枝先に凍害が出る
昨年は異常に雪が少なかったので一見無事だと思った枝を残したが
後遺症で葉が萎縮し春の間長い事葉が開かないまま経過した

他の薔薇からかなり遅れてやっと葉が展開したが
凍害の後遺症が出た薔薇は上手く説明できないがいつもとちょっと違う咲き方をする
大事な薔薇に限って毎年心配させられる

下の写真は咲きそろってきた頃


c0365716_13590394.jpg






































下は違う日に撮影した同じ角度の写真少し後なので花が少し減っている
昨年の一番花の頃は低温だった事もあり、下部の花が咲き終わってから上部の勢いの良い房が後から咲く結果となった
株の上部であればあるほど凍害が出ている部分に近いので開花が遅いというのも有るのかもしれない
c0365716_13591046.jpg



































上に書いたように株の下の方の花が白っぽくなって散り一旦花が殆ど無くなった
c0365716_13555296.jpg




















その後勢いの良いシュートから出た房の花が咲き始める


c0365716_13560478.jpg




















一輪咲きの花とはちょっと違う充実した花を見せる房咲きの花
c0365716_13554157.jpg



















カップ&ソーサーになってとても愛らしい
c0365716_13545839.jpg


















今年は下部の一輪咲きの花はあっという間に終わってしまい
この房咲きは周りの薔薇の開花が終わってから咲き始めたので
景観としては残念な結果に終わってしまった
しかしこの開花はとても素晴らしかった、やはりセプタードアイルは無くてはならない存在だと思った
c0365716_13545252.jpg




















まるでセプタードアイル自身が開花の喜びに満ち溢れているかのような美しい開花だった
c0365716_13553598.jpg



















いつも思うのは同じ株でも一輪咲きの花と房咲きの花は感じが違う
特に思うのはシャリファアスマだが房で咲く方が花弁が強く美しく咲く
最近はちょっと樹勢を落としているので満足いくシャリファの花に出会えてない

c0365716_13553050.jpg




































セプタードアイルは近年の薔薇では一見よく有りそうな花容だが
育て始めて年を重ねる毎にその魅力が解る薔薇だと思った
均整のとれた花弁と花容
多すぎず少なすぎない花弁数
大きすぎず小さすぎない花の大きさ、花弁の繊細さ
香り、枝葉等株の感じ、健康的な伸び方
香り、連続開花性
ピュアのピンクである事


c0365716_13551867.jpg




















その全てが少女のように愛おしい存在で有る薔薇

c0365716_13550668.jpg



















なんだか少女趣味の気持ち悪いオジさんみたいになってしまった。汗
もちろんそんな意味ではない。

時折見せるシベもとても好感が持てる、元々シベを見せる薔薇はあまり好みでは無かったが
シベが見える魅力を教えてくれた薔薇の一つがセプタードアイル

c0365716_13552356.jpg


















最後に素晴らしい盛り上がりを見せた後ピュアなピンクからすべての花が褪色し
我が家のプリンセス、愛娘のような薔薇の一番花が終了した
c0365716_13542917.jpg



















記事をご覧下さり有難うございました
お帰りの際はバナーを押して頂けると記事を書く励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたします

 ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by tsukiiro2613 | 2017-02-03 15:32 | セプタードアイル | Comments(2)

マダム・ボール



マダムボール1858年 アメリカ
ポートランド系のオールドローズ

c0365716_13391504.jpg



















この薔薇は一時地植えにしていたが鉢植えに転向した薔薇
コンテドシャンボールとあまりによく似ている為同一の薔薇ではないかと言われている
コンテドシャンボールの作出国はフランス
イングリッシュローズのガートルードジェキルの交配親であり
オールドの中では流通数が多く、あのグラハムトーマスもお気に入りの薔薇だったとか
作出年はマダムボールが1858年に対してコンテドシャンボールは1860年
マダムボールの方が二年先に作出されているようだ、しかしオールドと言うのは不確定な部分が多く
マダムボールに関してはコンテドシャンボールと同一品種とする人が多く流通数も非常に少ない

c0365716_13392121.jpg

















地植えの頃はカップ咲きだったが、鉢植えにしたらシャローカップに近い咲き方になった
株の生育による花の充実具合なんかの差も出てしまうので何とも言えない
花の色は温かみの有るピンクで同じ、枝葉の感じも同じだ
ガートルドジェキルの交配親だけあって強香品種と言われているが
僕はガートルードジェキルの方がずっと強く香ると思う(環境によるのかもしれない)





c0365716_13392849.jpg





















4~5輪程の房咲きになることが多いがどうしても開花前の蕾に一番最初に咲いた花が押されてしまう
c0365716_13392121.jpg


















上の写真の左側の葉の淵が茶色くなっている
これは肥料過多によるもの、肥料焼けでこんな症状が出ると知らず前にこれが結構出て褐斑病を疑った
褐斑病とは鉢植えで多く感染力が強く感染するとみるみる枯死するという恐ろしい病気だが
確か園芸本でも同じように葉の淵が茶色い画像を載せていたので不安になってしまった
しかしこれはほとんどが肥料焼けの症状
自作のボカシ肥料など作る暇が無いので、鉢植えの肥料に関して以前はこうやったらどうなる?と言うのを
やり過ぎない程度に試していたので、肥料焼けの症状が多く出てしまった
僕は肥料だとすぐ気がついたが、肥料も農薬のように使いすぎたりすると怖いもので
この症状が多く出たときは加減が少しだけ多すぎたのだが
これが施肥がもっと多くなれば 株全体の葉のフチ取りが茶色くなったのちにみるみる弱って葉が黄色くなり枯れてしまうことだろう
そして事実を知らない栽培者は原因を知る前に奇病による枯死と決めつけてしまう
鉢植えでは自作のボカシを使っている人はかなりマニアックで少ないだろうが、元肥を鉢の中に入れる人も稀だろうとは思う
もちろん混ぜられると記載されている肥料を使用しての事だが、鉢の上よりも中に混ぜ込む方が効果が高いはずと思ってやっていた
昨年はドレスコートとバットグアノで控えめだったのだがちょっとだけ肥料焼けの症状が出てしまった
モダンでは症状が出てないのでオールドは四季咲きでも肥料はもっと控えめで良いみたいだ





最初の花が終わり周りの花が咲いてきた
花は一回り小さくポンポン咲きのような感じになった
c0365716_13393340.jpg


















ちなみに株は10号鉢に入れている
下は夏に返り咲いた時のもの、色が随分淡くなっている
夏は花の寿命が短いのであまり咲いてないように見えるが蕾の上がりは良かったと思う
夏以降はポツリポツリ咲く感じ
c0365716_13394018.jpg


































鉢植えはまだまだ勉強中だがこの株は今年も植え替えせずに様子を見ようと思っている
実はこれまで二年同じ土を使用したことが無かったのだ
その様子をまた次の紹介で出来たらと思っている




記事をご覧下さり有難うございました
お帰りの際はバナーを押して頂けると記事を書く励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたします
 ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by tsukiiro2613 | 2017-02-02 14:23 | マダムボール | Comments(2)

ゆるフワな薔薇



今日の紹介はモーティマーサックラー2016年の一番花
2002年作出のイングリッシュローズ

c0365716_20554156.jpg

この薔薇は僕が始めて迎えたイングリッシュローズだった
当時は刺が嫌で刺の少ない、いや無い薔薇を探していた
この薔薇は本当に殆ど刺が無い、ツルツルのイボの無い野菜支柱と見間違えるほどだ(笑)
よく伸びるイングリッシュローズでツル扱いが出来るシュラブとして紹介されている
c0365716_20554740.jpg


一昨年中もよく伸びたモーティマー、このシュートをもう少し利用できないかと
通路上にアーチ状にシュートを枝垂れさせてみた
下の写真ではモーティマーの下げたシュートが判ることだろう
この下げたシュートの下には通路が有り、デッドスペースに作ったぶどう棚に抜ける
写真では下げたシュートが低すぎてぶつかってしまうように見えるがこれは少し上から撮影したもので
実際には立ったまま通り抜け出来る高さがある
c0365716_20551514.jpg

この薔薇はよく伸びるがウィリアムモリスと同じように毎年凍害が出て切り詰めている
枝垂れさせるシュートが少し足りなかったが僕の住む地域では3mの高さは出せるので
凍害が出てもさほど気にならない、それ以前にこれ以上伸びてもここでは使い道が無い。汗

c0365716_20554740.jpg

この薔薇は一枚一枚が独立した花弁でパタパタと開く様子が好きだったが
株が充実してきたのか中心の花弁が増えてきてちょっと違う咲き方をするようになった
上は開き始めの頃で下は開ききったところ
フワフワとしていてどこか儚く切ない美しさがある
c0365716_20561341.jpg

題名にゆるフワと何処かで聞いたことあるフレーズを付けてしまったが(笑)
こういう柔らかく咲く薔薇が好きな方も結構多いのではないだろうか
ただこういう薔薇は小輪~中輪の薔薇が多く
モーティマーは中大輪で10cm程度と結構大きい花が咲く

c0365716_20562014.jpg


非常に細いステムに緩くフワッと開く花、妙に細長い葉と深いグリーンのマットな葉
花経を大きくしたランブラーのようでもある
しかし刺が全くないしランブラーのようにシュートがグニャグニャで鋭い細い刺が付いているわけでもなく
枝葉・花とかなり異質な薔薇に見えるが、性質はよく伸びる刺の無い普通のシュラブの印象

c0365716_20553686.jpg

ただ、シュラブの場合柔らかいステムがフワッと俯きながら咲く
シュートは元々斜上し枝葉や花の重みで開花して俯くが
元々シュートを垂れるように誘引すると花が付かなかったり減る事が有る
モーティマーは下の写真のようにシュートを下げても普通に開花しているので
ランブラーのように、と言うとちょっと違うが自律型誘引のような事は出来るのかもしれない
ランブラーと比較したがステムがやたら細く、葉も細く尖っているマットな葉はどちらかと言えば原種に近いような雰囲気がある

今でこそ薔薇にトゲがある事はあまり気にならなくなっているが
狭い場所を大きく立ち上げて高さを出したい、狭いけど広く覆いたいなどの場合は
枝どうし引っかかったり自分に引っかかって大変な思いをする事無く作業できるのはかなりの利点に感じる
もちろん他の植物を選択すればそんな事は思う事もないのだろうけど(笑)

c0365716_20562633.jpg


昨年は開花期の間涼しく一斉開花はせず入れ替わりながらの開花だったが
それでも昨年までに大きく育ちよく咲いた
ただこのアーチ状に下げた枝、アーチというか傘のように開花したのだが
試しにやってみたがこれにより株の下の方の花付きが悪くなり
離れないと花がよく見えないようになってしまったのだった、今年は辞めよう
c0365716_20552225.jpg

モーティマーサックラーは樹勢が強く耐病性も高い、更に香る薔薇で非常に優れたガーデンローズだと思う
よく伸びるが刺が殆ど無い上にシュートが柔らかいので扱いは大きくても意外に作業が楽なのがポイント高い
大きく仕立てた方が見応えが有るが四季咲きなので任意の高さ(長さ)に設定しやすいのも良い
ただ一番花以降は夏と秋にそれなりに返り咲くものの長く伸びたシュートの先に花が咲くのでよく見えない

c0365716_20560533.jpg

今年もゆるフワに咲くこの薔薇の開花を楽しみにしている




記事をご覧下さり有難うございました
お帰りの際はバナーを押して頂けると記事を書く励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたします。

 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by tsukiiro2613 | 2017-01-22 09:53 | モーティマーサックラー | Comments(4)

月光





今日の紹介はメイアンのシュラブローズ、ホワイトメディランド1987年作出

c0365716_19592511.jpg

この薔薇は前に訪れた知人宅に咲いていた薔薇だった
記事にも書いたことが有るがこの薔薇は挿し木で育てた薔薇、普段は人様の薔薇の枝を貰って挿し木する事なんか無いが
とんでもない大株に育っていたこの薔薇の花を見て気に入ったものの薔薇を植栽した方は既に他界しており
品種名を知ることが出来なかった、それ故枝を貰って挿し木したものを庭で育てている
当時花を見てオールドかと思ったが今考えるとこんなに暗緑色でツヤツヤの照り葉のオールドはまず無いだろう
コメント欄で教えていただいてホワイトメディランドと判明したが 修景バラに分類される程強いバラだ
花は繊細で好感の持てる容姿をしている

c0365716_19593498.jpg


ホワイトメディランドは暗緑色の葉なので白い花がより一層際立って見える
僕は月の輝く夜に白いバラが月明かりに浮かび上がる姿を見るのが好きだ
白い花は月明かりでもよく見える、そして夜に見る薔薇の葉はシルエットと艶のみが月明かりで浮かび上がる
この暗緑色の葉と白い花弁の花がそれを連想させる



c0365716_19594076.jpg

今年はいつもより花弁が少ない気がするが
開き始めは中心にクリームが入るが次第に純白になりフワッと柔らかく開く
c0365716_19594691.jpg

中輪サイズの花だがオールドだと大きめの部類に入るだろう
一応四季咲き性だが一番花以降の花数は少ない
ティーの微香らしいがティー香なだけで嗅ぎ分けられないのに微香だと僕には無香の薔薇だ
修景でも完全な耐病性があるのではなく、病気になっても心配するような事は無い安心感の有る薔薇

c0365716_19595743.jpg


我が家ではその強健さを知ってからちょっとしたグラウンドカバー的な事が出来ないかと
土が浅く土質も良くない場所にあまり土壌改良せずに植え込んだ
大きくなっては困る場所なので その強健さに期待しての事だ
株は鉢で育てていたものを最初っから横に寝かせて植え込んだので背丈は低い
c0365716_20004496.jpg
ちなみに手前側(写真下側)に向かって倒して植栽した、その方向に向かって伸びて欲しいのだ
もちろん四季咲き性があるので大きくなりすぎないよう切り詰めながら育てようと思っているものの
やはり植物である以上はある程度大きくなることは避けられない
草花は皆庭の中で株分けしたものをホワイトメディランドがもっと小さい時に配置したが
薔薇の成長に伴って配置替えしようと思っている
c0365716_20001848.jpg


背丈は今のところこんなもの30cmくらいだろうか
積雪地帯で耐寒性を気にするような大きさでは無いのでどの程度の耐えるのかはわからないが
この薔薇を育てていたお宅では殆ど放置状態にも関わらずあたり一面に広がり大きくなっていたので耐寒性は問題無いだろう
品種の強健さも驚くべきものが有るがやたら横広がりに大きくなっていたのは
雪に押しつぶされ土に付いたシュートが根を出して更に大きく広がっていたのではと考えている
c0365716_20003625.jpg


環境による花傷みはわりと少なく切花にも向いていると思う
もちろんバラに適した環境に植え付けると大きくして使うこともできるだろう
当たり前の事だが薔薇は深く根を張る植物なので深く根を伸ばせる事が必要になってくる
ここは土が浅いが別に植栽土の下が空洞でもコンクリートでも無い、植栽土の下はガチガチの砂利混じりの土なのである
薔薇には向いてないしホワイトメディランドには申し訳ないがこれは予定通りの事
c0365716_20000369.jpg
きっとどの庭でもちょっと植物に無理させてしまっていると感じている事は有るだろう
薔薇にもしも感情が有ったとしたら
同じように白い薔薇で庭の一等地に植栽され月光に花容が浮かび上がるFLアイスバーグに
ホワイトメディランドは嫉妬している事だろう
そして自分の置かれた環境に主人を恨むことだろう
どうか恨まないで欲しい
月の輝く夜ではなくても月光に照らされたように美しいのを知っているのだから。





記事をご覧下さり有難うございました
お帰りの際はバナーを押して頂けると記事を書く励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたします。


 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by tsukiiro2613 | 2017-01-19 21:03 | ホワイトメディランド | Comments(4)

テプリッツへの挨拶


今日は昨年新しく迎えた薔薇 グルス アン テプリッツ
チャイナのオールドローズだがブルボンにも分類されるようだ
珍しくオーストリア(ハンガリー)の薔薇

c0365716_20173799.jpg
古くから日本で愛されたオールドローズは和名が付いている事があるが
デュセスドゥブラバンに「桜鏡」という和名が付けられていたように
グルスアンテプリッツも古くに日本に入ってきた薔薇のようで「日光」と言う和名が有る
しかし今聞くととにかくダサい名前だ。汗
ちなみにこの薔薇の名前はグルス アン テプリッツ
作出者のルドルフ・ゲシュヴィントの故郷チェコのテプリッツへの挨拶という意味だそうです(姫野バラ園さんの紹介より抜粋)
グルスアンテプリッツを調べてゆくと宮沢賢治が愛した薔薇という記述が出てくる
しかしこの事が公に公開されていたことはこれまで無かったようでどうやって広まったのかが気になるところ
宮沢賢治が愛した薔薇がグルスアンテプリッツと言う話について深く推察した記事を見つけたのでリンクを張っておきます
宮沢賢治が愛したバラ
この中で鈴木省三氏が絡んでいたと言うのを見ると感慨深いものが有る
どの道作出者が宮沢賢治の為に作ったわけでないが宮沢賢治が愛でていた薔薇と聞くとオオ!となるのはわかる(笑)
c0365716_20002792.jpg
この薔薇は我が家の赤いバラの中で一番明るい赤色の薔薇である
ローズレッドと言えば良いだろうか
本当に赤と言っても色々な色合いが有るものだ
赤いバラには元々抵抗が有ったものの淡い色合いばかり好んでいたので庭を引き締める存在のバラが欲しかった
昔見たパパメイアンの赤い色合いはとても良い色合いだと思ってたが あのバラは黒薔薇に分類される赤黒い薔薇
その後実際庭に入れた薔薇も赤黒い薔薇だった
真っ先に入れたのはフォルスタッフとムンステッドウッド、庭には入れてないがフランシスデュブリュイや真夜
バロンジロードランは開き始めは深紅だが褪色すると紫色になるし植栽場所は主庭ではない
この薔薇の前に明るい赤を入れたとすればルージュピエールくらいだろうか、でもあの赤も良い色合いだ
赤い薔薇を敬遠している人は結構居るような気がしている、僕もその一人だったからよく解る
しかし1株でもまず赤黒い薔薇でも入れてみて欲しい、きっと虜になる(笑)
何故避けていたのか不思議に思うほどに
なんだろう、一番好みとかの話ではないが薔薇と言えば赤が使われるように
僕は赤い薔薇ってなんだか特別な魅力があるような気がしている



この薔薇は明るい赤だがこれもこれでなかなか良い雰囲気を持っている薔薇だ
花を見ればブルボンに分類されるのわからなくも無いが株で見るとやはりチャイナだろうなと思う
柔らかいステムや新葉の色合いなど
花は花弁が多すぎず少なすぎずとても優雅な咲き方をする、香りもとても強く質の良い香りがする
c0365716_20003402.jpg
花弁が少し傷んでいるがここは西日の当たる場所
香りの強い薔薇にしては花弁がもっている方だと思う
香りの強い赤黒い薔薇なんかここではあっという間にシナシナに萎れてしまっているだろう

一番花はまだ本来の花か分からない、株を充実させる為に咲ききる前に全て切り取った
この薔薇は完全な四季咲き性をもっているようだし花弁が多すぎないので開くまでの時間もそれ程必要ないようだ
その後蕾を二回上げて二回とも摘蕾したが秋の花は咲かせた


そして秋に咲いた花が秋の記事に使った写真のこの赤い薔薇
c0365716_17514691.jpg
iPhoneで撮影してちょっと青みが強く写っている
開ききっているが花もちも悪くなく全体に溶け込む嫌味の無い赤の発色を持っている薔薇だ
今まで無かったこういった色合いを合わせるのも爽やかで良いと自分では思っている

迎えたばかりで薔薇自体の事をあまり多く書けないが
昨年は一応ベーサルを二本出して成長してくれた
記録としての写真しか残ってないが次のシーズンからはゆっくり撮って紹介したいと思っている楽しみな薔薇





記事をご覧下さり有難うございました
お帰りの際はバナーを押して頂けると記事を書く励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたします。


 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by tsukiiro2613 | 2017-01-11 21:32 | グルスアンテプリッツ | Comments(8)

アラン・ティッチマーシュ


今日の紹介はアラン ティッチマーシュ
2005年に作出されたイングリッシュローズ

c0365716_09125597.jpg

コロンコロンというよりもゴロンとした大きめのディープカップの薔薇
イングリッシュローズに出会った当時
ジュードジオブスキュアやレディエマハミルトンなどカップ・ディープカップ咲きの薔薇に魅せられて
球形に近い咲き方をする薔薇を集めた
前にランキングサイトで好きな薔薇のアンケートを取った際
長く育てていれば薔薇の好みは変わって行きますと言う回答を頂いたのを強く覚えているが
今現在ももちろんこの球形の薔薇も好きだが、栽培経験が長くなるにつれて僕にも変化が訪れた
好みが変わったというよりも好みの幅が広がって
違うタイプの薔薇も好みに加わった、正直言うと前はコロコロの薔薇ばかり集めていた(笑)

c0365716_09120648.jpg

この薔薇はディープカップでもフワッした緩い感じではなく
花弁は繊細ながらもギュッと数多くの花弁を包み込みながら咲く
蕾を見ると判るかと思うが小さい蕾から大きく無数の花弁が広がる
それは花弁がとても薄く繊細という事でもあるだろう

c0365716_09121646.jpg


下は植栽位置がわかる写真
手前の明るい葉で背丈の低い薔薇はジュビリーセレブレーション
その右上に開花している薔薇はロイヤルジュビリー
ジュビリーの左上の開花が始まってきた薔薇はアランティッチマーシュ
そしてその上がモーティマーサックラー
一番左の白っぽいのはマダムピエールオジェ
一応それぞれが何処に居ても見えるよう元々の樹高を考え植栽
その後の剪定の管理も高さを考えてそれぞれが見えるようにしている

c0365716_09114828.jpg
ただ一季咲きのシュラブではこういうのは難しいだろう
やはり四季咲きのシュラブの方が植栽の自由度は高い、剪定によりこれ以上大きくしないように育てることが可能だからだ
一季咲きのオールドの場合は任意の樹高の設定が難しい
大まかな樹高の記載はあるものの地域や土、日当たりなどの環境に大きく左右される事も有りうる
オールドは元々ステムの短い品種が多いので
構造物への誘引、アーチやフェンス壁面などの誘引するのが特に使い勝手が良く失敗が少ないと思う。

アランは迎えた当初は違う位置に植栽していたが日差しによる花焼けで今の場所に植栽した
その後はあまり調子が出ないまま経過していたが昨年辺りからやっと調子が出ていた
大きくなるシュラブのようだが我が家ではシュートが柔らかく早めに高さを出したかったのも有って
立ち上げて支柱で途中括りそこからシュートが開いている感じ


下の写真ではロイヤルジュビリーの開花が進んでいるがアランはこれから
ロイヤルジュビリーとアランはよく似ているように見えるが実際に見ると全然違う薔薇
c0365716_09123667.jpg

葉はとても独特でアルバの葉をもう少し暗くしたようなシルバーブルーに近い葉の色(アルバのような綺麗さではないけど)
そして茎は赤みを帯びている
花はオールドのようでも大きいが全体の印象としてはオールドローズの性質を強く残している薔薇なのだろう
c0365716_09110414.jpg

ここは日差しの当たる時間が遅いせいか香りはあまり発散してないが一応強香の薔薇のようだ
c0365716_09122340.jpg

耐病性は良い方で病気になっても気になるほどでは無いと思っている
花付きは良いが最後の方で蕾が黄色くなって咲ききれないものが出た

c0365716_09120095.jpg

開花が進むが一気に咲く事はなくこのくらいの開花が続いていた
c0365716_09112683.jpg

開花はじめよりも少し花経が小さくなりちょうど良いサイズになってきた
c0365716_09113203.jpg

この薔薇はピンク色のバラだが寒色寄りのライラックピンクがはいって落ち着いた感じで良い
c0365716_09113704.jpg

これは株の下の方、離れてみると見えないが細く華奢な枝にも開花している
c0365716_09121008.jpg


この薔薇は見た目によらず?花は短命であっという間に散ってしまう
もっと充実したシュートがたくさん出て花数を稼げればあまり気にならないとは思うが
c0365716_09103336.jpg
最近やっと樹勢が付いてきて花を楽しめるようになったアラン
今年の開花もとても楽しみにしている品種



記事をご覧くださり有難うございました
お帰りの際はバナーを押して頂けると記事を書く励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたします。

 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by tsukiiro2613 | 2017-01-09 10:06 | アランティッチマーシュ | Comments(4)

最後はイングリッシュヘリテージで




これが年内最後の記事になると思います
最後はイングリッシュローズの名花イングリッシュヘリテージで

c0365716_20382845.jpg

イングッシュヘリテージは赤いノムラモミジの左横に植栽している

c0365716_20404867.jpg

判りにくいと思うので今回初めて線で囲ってみた
そう言えばこういうのってよくブログでやっているのを見るけど自分はした事が無かった
文章で説明する事が多いけど、全然分からないだろうと思ってのことだが
実際は株の育ち方や花の美しさを見に来る人が程んどで何処に植栽しているかなんて
あまり興味のない事が多いのではないかと自分では思っていたのでこれまで線で囲う事など無かった

c0365716_20424752.jpg


下の画像ははまだ開花前の上の画像の裏側

c0365716_20384624.jpg


昔はここがスカスカで外から丸見えだったのだ
やはり人通りがそれ程無くても見え過ぎるのは落ち着かないものである
スクスクと大きくなったヘリテージは植栽当初の予定通り
樹木と樹木の間の空間を塞ぎ目隠しとしての役割を果たしてくれている

c0365716_20451590.jpg




開花始めの頃

c0365716_20382006.jpg


この開花が始まった頃の充実した花が僕は一番好きだ
何とも言えない美しいカップ咲き

c0365716_20384160.jpg


短命で知られるイングリッシュヘリテージはあっという間に褪色
気温が高い時には一日で花は終わってしまう

c0365716_20383750.jpg



とても美しく繊細な花と素晴しい香りの有る薔薇なので花が短命なのは気にならないが
後で思ったのは道路に面している場所では咲き揃う薔薇の方が見栄えが良いという事
花が短命な為入れ替わり開花を続ける
強風で強制終了させられたりも有るが株全体としての見応えに欠けていると思った

c0365716_20381140.jpg


この薔薇も南風の影響をモロに受けるどちらかと言うと防風樹のような役割になってしまう薔薇だ
上の画像では風で中の方に押し込まれてしまった花が見えるが
下の美しい花の下の方に不自然に横切るシュートは風で乱れたもの

c0365716_20383214.jpg


不特定の人に観せるという観点から言えば違うバラでも良かったような気がするが
やはり僕は自分の植えたい、自分の感動する薔薇を植えたいという思いが強い
ブログで紹介するようになって全景の物足りなさを感じたが
これまで育ててきてイングリッシュヘリテージに物足りなさを感じたことなど無かった
c0365716_20382465.jpg
上はセプタードアイルに似ているヘリテージの花

実は今年のイングリッシュヘリテージはさび病に苦しんだ
これまでさび病は昔ジメジメした風通しの悪い場所に植栽していたピエールドロンサールに毎年出ていたが
ピエールを辞めて以来二度と見る事は無かった
しかし今年風通しと日当たりの良いヘリテージから突然さび病が始まって
風下へ伝染しだした、ヘリテージは薬剤で一旦回復するものの再発
秋までにはかなり良くなったが結局シーズンを通してさび病が完全に消えることは無かった
どうやら今年は気候的にさび病が出やすかったらしく
バラ園にいってもよくさび病の株を見た、だからいつもの防除では防げなかったのだろう
元々さび病の防除を考えていたことも無かったくらいなので今年はとても焦った
元気だと思ったいたが春からさび病が出て今年の一番花は蕾も少なく小さい花が多かったように思う

しかしそんな事が画像で伝わるわけでもないので美しい開花を続けて紹介していこう(笑)


朝日を待つヘリテージ
c0365716_20375589.jpg


花はアプリコットピンクからピンク色へ、そして白っぽくなりバサっと散る
c0365716_20364398.jpg


花に朝日が差してくる
c0365716_20365322.jpg


一輪の中心に木漏れ日が差し込む
c0365716_20365743.jpg


まるで自身が灯っているように
c0365716_20371403.jpg


開花が終わりに近づいてくる
風で株がかなり乱れてしまった

c0365716_20371014.jpg

最初の花と印象が違うがこれもこれで美しい
今年からクレマチスミケリテとのコラボしている、ミケリテは今年は無事に成長し
木の葉型の自作トレリスを覆って開花してくれた、それはまた後日にでも(笑)
c0365716_20370547.jpg


僕は欲を言えば開花始まりの頃の花が終盤まで続いてくれると嬉しいのだが
終盤は愛らしいコロンコロンの小さめのカップ咲きが多い
c0365716_20380487.jpg
c0365716_20380007.jpg


今年はさび病、そして花が咲き揃わないなど色々と書いたが
この薔薇は基本耐病性は強く活力の有る健康的な伸び方をするとても信頼できる薔薇だと思う
あ、もちろん花もとても美しい
c0365716_20364896.jpg


残念ながらここでは凍害が出るのであまり長く伸ばして使う感じではないが
ある程度切り詰めても十分楽しめるバラだと思う
よくよく考えると今年は何時もよりも凍害が強く出た年だった
樹勢を落としたり後遺症を感じたことが無かったので気がつかなかったが
春からの病気といつもと感じの違う開花は凍害のせいという可能性も無いこともないだろう

c0365716_20363694.jpg
c0365716_20363252.jpg


今年の一番花の時期は低温であったため
こんな褪色した花も割と長く楽しめていた
c0365716_20362713.jpg
c0365716_20362394.jpg

開花始めの花は10センチ弱くらいは有ると思うが開花終わりの頃は5~6cm程度
c0365716_20361992.jpg

最後にはシベの見える花も

c0365716_20361404.jpg

今年のイングリッシュヘリテージの一番花は満足いかなかった思いが強かったが
こうして写真で見ているとそんな事も忘れてしまうくらい美しく懐かしい
夏の花は見なかったが秋にはまた美しく咲いてくれたイングリッシュヘリテージ

こうやって冬になっても一番花の紹介を続けているが
今となってはこの暗く長い冬に一番花を思い出し紹介出来る事は
自分にとっても癒しになっている
ただお気に入り品種が一つまた一つと紹介が終わる度に少し寂しくなっていたりして(笑)
読者の方々はアレはどうした?と思っている方も居るかと思うが
完全に出し惜しみです(笑)

それでは代わり映えしないですが、また来年も引き続き庭の植物の紹介を続けてゆこうと思います
どうぞよろしくお願いいたします
c0365716_20384160.jpg



記事をご覧くださり有難うございました
お帰りの際はバナーを押していただけると記事を書く励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたします。

 ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by tsukiiro2613 | 2016-12-29 22:34 | イングリッシュヘリテージ | Comments(18)

シュロップシャーの若者

c0365716_12291571.jpg
ア シュロップシャイア ラッド(シュロップシャーラド)
1996年作出 イングリッシュローズ
アシュロップシャーラドとはA・Eハウスマンの19世紀末から20世紀初頭にかけて若者たちに愛読された詩集
シュロップシャー生まれのデヴィッド・オースチン氏の愛読書だったのだろうか
前々からER(イングリッシュローズ)のネーミングセンスは独特と書いてきた
男性の名前のつく薔薇と言えば赤が多いがERでは赤もあるがピンク色にも男性の名前の付く薔薇が多く存在する
オースチン氏は色合いや花容だけでなく株の伸び方などの性質を含めて命名していたのだろうか

非常に人気のある詩集だったようで作品から同名の曲まで作られていたようだ

おお!と思って聴いていたがだんだんと飽きてしまったので違う曲で。汗



では花の紹介
ERとしては大輪な方でゴージャスな咲き方をする薔薇である
c0365716_12302816.jpg

ERのピンク色に多いピンクとアプリコット色を移ろうタイプの薔薇
しかしどれも色の出方は違うこの薔薇の説明にはピーチがかったピンクと記されていたが
なるほど、そう言われるとピーチピンクっぽく見えてくる
c0365716_12302433.jpg

この薔薇はどちらかと言うとモダン色の強いイングリッシュだが
良い感じで融合されている美しい品種だと思う
整った大輪花はしっかりした花弁に見えるがわりと繊細で惹きつけられる
c0365716_12301926.jpg

一見ピンク色の薔薇だが複雑に色が混ざり合っている
c0365716_12301040.jpg

大輪花なので一輪咲きも多いが房は3~5輪程度
もちろん小輪から小さめの中輪のように一気に咲き揃う事はなく
開花しては散っての繰り返し、花の寿命は開き始めからだと数日あると思うが
完全に開くとすぐに散るので実際に咲いているよりも短く感じてしまう
c0365716_12300576.jpg

暫く眺めていたい程の美しい開花、この薔薇はとても雰囲気(引き付ける魅力)を持った薔薇だと僕は思う
c0365716_12300076.jpg


完全に開く頃には全体に白っぽいピンク色に
c0365716_12294717.jpg

僕はこの薔薇はこの完全に開いた姿が一番好きだ
そう言えばERではそう思うことが多い、完全に開くとデロ~ンとなって醜くなってしまう薔薇も有るが
ERはこういう所がポイント高い、だけどもこれは意外に重要、しかし花の命は短い(笑)
c0365716_12295435.jpg

上の蕾が開いてきて下の花弁を押しのけている
下の花はオイオイ!と迷惑そうにしているようだが、心配無用
完全に開くとこの日のうちに散ってしまう
僕がこの薔薇に散るイメージが強いのはカップ咲きでは開いてから褪色してゆくが
このバラは花容が変化しながらひらき続けるので、一番好きなこの状態の時にゆっくり見ようかと思ったら
その日の内に散ってしまうからだろう、見ているともう少しの間開花していそうに見えても必ず散る(笑)
c0365716_12294013.jpg

この薔薇の交配は非公開になっているが
リアンダーグループで刺が程んど無いシュート、半照り葉の少し大きめの葉
交配は判らなくも何となく想像つきそうな花ではある

c0365716_12293627.jpg


確か強香種だったがそれ程強く香っている印象は無い
強い香りの薔薇を嗅いでしまうと弱い香りが判別出来なくなってしまうせいなのかもしれない
しかしこの薔薇はこの花を見るだけでも十分に満足出来る

c0365716_12293059.jpg

実はこの薔薇はマダムイサークプレールの隣、今現在ファンタンラトゥールを植栽してある場所に植栽していた
元々良くない苗だった事もあったのか植え付けから二年間殆ど成長せず考えた末に移植
そこ以外場所を考えてなかったので空いていた場所に仮植えした
その後ロードリーオベロンを植栽したがこれまたあまり成長しない、どうも育たない場所なのだ。涙
土を入れ替えて今挑戦しているのがファンタンラトゥール、マダムイサークとのコラボは一番合っているので気に入っているが
三代目のファンタンラトゥールもやはり成長は良く無い、まあゆっくり育てるしかない
c0365716_12292577.jpg

今現在半日陰に植栽している、実際には朝日以外は木漏れ日程度の場所
それでもよく咲いていると思うが日当たりが良ければ花弁がもっと増えるのではと思っている
c0365716_12292065.jpg

それでも物足りないとは感じない、環境を考えるとこの薔薇は非常に凄い
c0365716_12291571.jpg


アシュロップシャーラドは生育不良でそのまま育てるか迷っていたので
本当に仮植えしたままなのだがそのまま元気が付いてきてしまった、嬉しい誤算だが(笑)
下の画像は一応全景だが株元はずっと奥に有り、シュートは画像よりも左右にはみ出し開いて誘引している
これで行けるのなら左右の樹木に誘引してもこのまま育ててゆこうと思っている
c0365716_12291010.jpg

四季咲き性は弱く、一番花以降はポツリポツリ咲いている感じで秋には殆ど花を見たことがない
しかしこの環境で咲いてくれる事だけで感謝、そしてそのポテンシャルの高さに驚くばかり
耐病性も高く言うことはない
ただ強健でツル扱いが出来るほど生育の良い薔薇らしいが
我が家のように初期生育が酷く遅い事もたまにある薔薇のようなのでそういう場合は根気よく待つ必要があるようだ
c0365716_12290585.jpg

全体の開花が終わる頃の花、開き始めでも色合いは薄めで全体に淡い色合いに
c0365716_12290060.jpg
来年の開花も楽しみの薔薇である




記事をご覧くださり有難うございました
お帰りの際はバナーを押して頂けると記事を書く励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたします

 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by tsukiiro2613 | 2016-12-14 15:50 | アシュロップシャイアラド | Comments(8)

この手の中の香り




今日の薔薇はジュード ジ オブスキュア
1995年作出のイングリッシュローズ
c0365716_20570666.jpg


開き始めはすこしカラシ色っぽいの黄色の花
落ち着いた色合いの薔薇だ
c0365716_20590596.jpg


イングリッシュに多く見られるゴロンとしたディープカップ咲きの愛らしい花
c0365716_20585182.jpg



開くと次第に外側の花弁の色が淡くなり中心はアプリコットを帯びるようになり
独特の色合いの花になる、イングリッシュローズには多い事だがこれは何色と一言で言えない薔薇が多い
特にこのジュードは黄色の薔薇と言われてしまう多いが僕は黄色い薔薇という印象はあまりない
まあ株全体の印象としては黄色だ、しかし花を追って見ていると僕と同じように黄色い薔薇とは思えない方も居ることだろう

c0365716_20575570.jpg

開花が進むと更に外側の花弁が白っぽくなってゆく
c0365716_20585863.jpg

ここまで来るともう最初の黄色い印象は何処にも無くなって外側がクリーム色っぽく中心がアプリコットの薔薇になっている
c0365716_20583540.jpg


全体を通して何とも言えない落ち着いた色合いがこの薔薇の魅力と言っても良いだろう
育てて始めて開花した時は色合いと花容にそれまでの薔薇の印象と大きくかけ離れていたので驚いたのを覚えている
しかしそれと同時にとても感動した薔薇だった

c0365716_20574868.jpg

その感動が有った故に前のブログ名にJUDEの名前を入れたのだが
庭のシンボルローズという存在かというとそういうわけでもない、僕はかなり気に入っているが
花付きはそれ程多い方ではなく色合いも地味なので庭の中では目立つ方ではない
しかしこの主張しすぎない何とも言えない落ち着いた色合いの薔薇は他のブランドにはあまり見当たらず
薔薇栽培を始めた当時は派手な色合いが苦手だった事もあり
イングリッシュローズを一気にお気に入りのブランドにした薔薇でもあった

c0365716_20574298.jpg


イングリッシュローズにはジュードと若干似たような雰囲気を持つ
ウォラトンオールドホールとチャールズダーウィンという薔薇がある
どれもアンティークな色合いの雰囲気を持つ薔薇だがどれもニュアンスが違う
ウォラトンは若干色合いが明るく白っぽい、チャールズダーウィンはカラシ色が強くアプリコットが殆ど出ない
ロイヤルジュビリーを見たときジュードの色違いのようと思ったが
ロイヤルジュビリーは思ったより花弁が柔らかくジュードよりも花弁が少ないように思う
どちらかと言うとウォラトンの色違いがロイヤルジュビリーのように思える
庭がもっと広ければ色々育てて比べたいくらいだが残念ながらそれは叶わない
どれかしか育てられないのなら僕は迷わずジュードを選ぶ、というより育てているが(笑)

c0365716_20573635.jpg



葉はダーグリーンの半照り葉、葉が特に美しいとは思わないが嫌味のない感じではある

c0365716_20573001.jpg




花の表情が好きな一枚

c0365716_20572465.jpg

見て頂くと判るように育てた当初から今になってもそうだが我が家でジュードは真上を向いて咲く薔薇だ
コメントを頂いたりネットを見ているとわりと項垂れる薔薇と紹介されている

それは北海道で育てている事にも関係していると思うが
基本的にジュードは直立性でこの花が咲いた状態で2m強だと思うが
枝先は必ず凍害が出て柔らかく細いシュートは思うように伸ばすことができない
結局春に切り戻した部分から咲いているので花が全て上を向いているのだろう
ただ写真で見るよりも高さが有りみな上を向いて咲くので撮影するのが難しい。汗

ツルのようにも使えるバラであるが株元からは剛直で中間部分まではかなりシュートが固く
冬に倒す事も出来なければ誘引で強く曲げ込むなど細かな細工はできない薔薇でもある
あまりシュート更新しない薔薇なようなので下から上まで満遍なく花を咲かせるのは難しく
株元は他の薔薇や植物を手前に植えて隠す方が良いと思う
おそらく暖かい地方でも株元より中間くらいまではゴツゴツになって中間くらいまではシュートを配置できず
上部の柔らかい部分で誘引して咲かせる感じになるのではないだろうか
我が家では凍害で細いシュートは枯れてしまうので
昨年は無理に固いシュートを思い切って曲げようとして大事な太いシュートが縦にパックリ裂けて冷や汗が出たことが有った(笑)

c0365716_20571809.jpg


ただ上向きに咲くのは良いのかと言うとそうでも無い事もある
気温が低い秋なんかは花もちが良いのは良いが
花の中に雨水が溜まり腐ってしまうことが多い

c0365716_20571164.jpg



ジュードは独特の色合いが魅力的な薔薇だが
もちろんそれだけではない、知っている方も多いと思うが
特筆すべきなのは花に備わった濃厚な香りだ

c0365716_20570142.jpg


薔薇の香りの種類は色々あるが、沢山の薔薇を育てていると鼻が贅沢になってくる
強香種というのは他にも色々有るが 香りの質 という面では
このジュードジオブスキュアは極上の香りの持ち主である

c0365716_20565544.jpg


僕はスリップスの付かない春と秋にジュードの香りが濃厚に香っている朝
一輪摘み取って両手で包み込む
そして濃厚な香りを放つジュードの香りを胸いっぱいに吸い込む
花を手にそのまま車に乗り込んで香りを楽しむ
帰りにはジュードの花はシナシナになってしまうが香りを楽しむ為だけに一輪を摘む
それは栽培者にだけに許された贅沢だろう
c0365716_20564990.jpg



耐病性も我が家の印象ではウドン粉病 黒点病共に耐性が高く
今年は多くの薔薇が黒点病になったもののジュードは全く病気にならなかった
ただ完全な耐病性を持っているわけではないので環境によっては病気になる事もあるだろう

c0365716_20563785.jpg


今回紹介しているのは綺麗に咲いていた一定の時期だが
画像を見ると株全体の開花はまだまだな感じだ
何故この時に多く撮影しているのかと言うと、開き始めの頃が初々しく美しいことはもちろんの事
元々一斉開花しない品種であること
度重なる悪天候により擦れて花が汚くなってしまったなどが考えられる
毎年同じだがよく咲きそろった頃以外に一番綺麗に咲いている時に撮影枚数が非常に多くなっている

それ以外にもジュードの背丈が高すぎて上部は撮影できないのだ
上部が咲いても我が家では上向きに咲くジュードの花はズームレンズでも横顔しか撮影できない。汗
c0365716_20564316.jpg
ジュードはいつも真っ直ぐ立てたまま越冬させていたので枝先に凍害が出て伸びては小さくなるの繰り返しだが
前年の記事と比べるとやはり株全体にはかなり大きくなっている
年を追うごとに充実しているというのは嬉しい
毎年開花を迎えて思う、昨年と比べてもそれ程株は成長してなかったと
しかし人の記憶なんて本当に曖昧なものだ、こうしてブログで記録をつけていると
前年度とは比較にならないくらい成長している事に気が付くことが出来る

毎年自分の栽培、株の成長に何かしら不満を感じている自分が居る
理想を高く持ちすぎているのでは?と言われたことがある
現に薔薇は半年も成長できるかどうかでも毎年ちゃんと成長しているのだ
ジュードは初年度三輪しか咲かなかった、それでもその一輪一輪にいたく感動していたのを今でも覚えている
その感動を忘れずにいなければと思う

c0365716_20563240.jpg


来年もジュードの花と極上の香りを楽しみにしている

c0365716_20562551.jpg


記事をご覧くださり有難うございました
お帰りの際はバナーを押していただけると記事を書く励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたします。

 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by tsukiiro2613 | 2016-12-04 19:40 | ジュードジオブスキュア | Comments(15)