タグ:香りのバラ ( 112 ) タグの人気記事

グルス アン テプリッツの失敗



今日の紹介はグルス アン テプリッツ
日本でも日本でも愛されてきたチャイナ系オールドローズ

c0365716_18335133.jpg


和名を日光、国色天光(コクショクテンコウ)と同一品種とも呼ばれ
チャイナ系だがブルボン系だとも言われどうもハッキリしない部分の多い薔薇だが
育ち方を見る限りではブルボンではなくチャイナのように思う、グルスアンテプリッツの作出者はルドルフ・ゲシュビントだ
完全四季咲き性の薔薇でダマスクの強香を持つローズレッドの薔薇

c0365716_18332775.jpg

写真は開花始めの頃の花
昨年中にそこそこ大きくなったグルスアンテプリッツ
そこそこの成長にそこそこ期待していたがまだ株は充実しているとは言い難い
本来それ程日差しに焼けやすい事は無いようだが花弁がまだしっかりしておらず咲く度に焼けてしまっている

c0365716_18332270.jpg


一見黒薔薇のように見えるがこの薔薇はわりと明るい赤、ローズレッドの薔薇だ

c0365716_18334843.jpg


良い薔薇だと思うがまだ花弁数が物足りない花が多い、成長と共に花弁も増えもう少しゴージャスに咲くことだろう

c0365716_18340037.jpg


シュート、ステム共にとても細い
ステムは短めで少し項垂れて咲く完全四季咲き性の薔薇という事で姫野バラ園さんでは真のアーチ向けの品種と紹介している
ただし成長は早い方ではないのでじっくり育てる必要は有る、確かにこの薔薇だと伸びすぎて言うことを聞かず困る事も無いだろうし
ある程度高い位置に咲かせる薔薇は少し項垂れてくれた方が花がよく見える
次から次に蕾を上げる強香種、この薔薇でアーチを飾れれば言うこと無い、上手く育てられればの話しだけど。。

ちなみに我が家では地植えだがあまり大きく育てるつもりも無くシュートを括りながら育てている

c0365716_18334347.jpg


昨年に引き続き花が焼けやすく咲き揃う姿が見られなかったが
鮮明な赤でも嫌味のないところがこの薔薇の良いところだろう

c0365716_18334098.jpg



咲き始めはとても魅力的で見入ってしまうが帰宅するとだいたい萎れている。涙

c0365716_18334843.jpg

外側の花弁を大きく反り返らせるタイプの咲き方が良い
ちなみに志半ばで萎れた花が奥に写っている

c0365716_18335398.jpg


昨年中はベーサルを二本程度出してそこそこ成長してくれたグルスアンテプリッツだったが
今年の一番花の後になるとどうも成長が緩やかに、途中枝枯れまで起こしている
・・・これはもしや癌腫?・・・なんて思っていた
ついこの間冬囲いの際に株元を探ってみた、株元は堆肥を盛っていたのでクラウン付近は埋もれていたが
それを取り除いて驚いた、接木テープがギッチリと食い込んで首絞めになっているではないか!
なんたる初歩的なミス、どうりで成長が悪くなったわけだ。大汗
今は皆時が経つと分解するテープを使っているのかと思ってあまり気にしてなかったが取るようにはしていた
いや、分解するには日光が必要なんだったかな?まあどの道新苗じゃなければ早めに取り去るのが鉄則だったのにすっかり忘れていたのだった
ただでさえ短い生育期を無駄に過ごさせてしまって深く反省したのだった。

c0365716_18340556.jpg

耐病性は酷く弱い事は無いが薬剤散布は必要な薔薇だろう
来年は成長させもう少し大きくしっかりと育てたい薔薇だ

c0365716_18342697.jpg


グルスアンテプリッツ、もう少し株を充実させ花を沢山咲かせたい薔薇だ

c0365716_18332775.jpg

記事をご覧下さり有難うございました
お帰りの際はバナーを押していただけると記事を更新する励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたします。

 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by tsukiiro2613 | 2017-11-20 21:17 | グルスアンテプリッツ | Comments(3)

光射す




今日は予告通りデュセス ダングレーム第二夜
小さな株のわりには長く咲いていたデュセスダングレーム
開花終わり頃の小さめの花だが朝日を透過し美しく咲いたのを記録したものを紹介しようと思う

c0365716_20471816.jpg


花弁はピンクから白のグラデーションだが
ライラックがかったピンクでとても美しい色合いだ
一口にピンクと言っても本当に様々な色合いが有ると薔薇が教えてくれた

c0365716_20470484.jpg


光が透過する事で花弁の繊細さが際立ち美しい
c0365716_20472616.jpg


この薔薇は大株になると本当に素晴らしいことだろう

c0365716_20465341.jpg


ひと取り庭を見終えて家に戻ろうとした時光の差す角度が変わり
まるでデュセスダングレームが輝いているような素晴らしい姿を見ることが出来た
c0365716_20464420.jpg


シベを完全に見せるわけでもなく角度によって覗かせるシベがまた良い
c0365716_20462596.jpg



光の透過する具合を見ればその繊細さが判る
よく言われるティッシュのような質感ではない
c0365716_20463019.jpg


シルク?
c0365716_20461026.jpg


シルクよりも更に繊細で現存する他の物に例えるのは難しい

c0365716_20461617.jpg
天女の羽衣がもしこの世に有ればこんな感じだろうか


記事をご覧下さり有難うございました
お帰りの際はバナーを押して頂けると記事を更新する励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたします。

 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by tsukiiro2613 | 2017-11-08 20:02 | デュセスダングレーム | Comments(8)

大人の美しさを持つ薔薇


今日は今年の一番花の紹介、と言っても一季咲きの薔薇
ガリカのオールドローズ デュセス ダングレーム 1821年作出

c0365716_20454592.jpg


今年の春に庭に迎えたことだけ一度伝えたが開花を紹介するのは初めて
美しいライトグリーンの葉と飾り萼が愛らしい
c0365716_20343661.jpg



花弁が優しく開く
c0365716_20460495.jpg


中心がピンクで外側が白のグラデーション
c0365716_20453736.jpg


花弁は不規則に並び整った容姿ではないがとても優しく美しい薔薇だ
c0365716_20473828.jpg

まるでこの不規則に並ぶ花弁が計算されて咲いているような言葉に出来ない美しさの有る薔薇だ
c0365716_20455892.jpg

まるで整っている花が美しさの全てではないのよ、と言われているようだ
上級なオシャレを知っている大人の女性のように
c0365716_20455019.jpg


以前は花弁の並びが整ってないどちらかと言うと崩れた容姿の薔薇は好まなかったが
こういう美しい薔薇に出会うと変わるものである
そう考えるとブログを始めた頃と比べても随分と好みは変わった、そして一貫性が無い
だが薔薇自体が多様で一貫性が無い、しかし皆薔薇という一つのカテゴリに夢中になっている、薔薇って不思議な魅力の有る植物だ
c0365716_20451649.jpg


以前人気ブログランキングのサイトの中で「あなたの好きなバラは?」というアンケートを取った
出来れば品種名をコメントで教えて欲しいと記載した所、多くの方が回答してくれた
デュセスダングレームはその時教えてもらった品種
オールドの素晴らしさを存分に味わえる美しい品種だと思う

c0365716_20451139.jpg
まだ株が充実してないが今年は美しい開花が見られてよかった
株の充実と共に花も充実し更に美しいものが楽しめるだろうと予想している
香りの評価は株が充実してきたらにしようと思っている

今回はここまで、次回もデュセスダングレームを紹介する予定です。


記事をご覧下さり有難うございました
お帰りの際はバナーを押して頂けると記事を更新する励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたします。

 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by tsukiiro2613 | 2017-11-07 20:10 | デュセスダングレーム | Comments(4)

Louise Odier 後編




今日はルイーズオディエ後編
前編では6月15日から21日までを紹介した
今日は6月22日から28日までの紹介をしたいと思う
もちろんそれで終わったわけではないが全体の開花はその程度の期間という事
c0365716_19295059.jpg

だいたい咲きそろった所で雨が打ち付けてきた
花首は短いが雨を含んだ花が項垂れて咲いている
c0365716_19311529.jpg


咲き始めは濃い目のローズピンクだが咲き進むと色が淡くなり少しライラックがかった色合いに
c0365716_19311072.jpg

ブルボンのオールドローズは樹勢は有っても古い一季咲きのオールドよりも耐病性が劣る事が多いが
花は今のモダンシュラブに近くゴージャスだ、ただモダンシュラブのように中輪でも大輪のように大きく咲く事はなく
中輪サイズで6~7cm程度
c0365716_19305916.jpg

雨で終わりかけの花が結構落とされてしまった
c0365716_19310444.jpg




前回の全景では超早咲きの品種ばかりが咲いていたが
6月24日には多くの薔薇が開花してきている
c0365716_19301971.jpg

ルイーズも負けじと残りの蕾を開花させる、一緒に写っているのはERのアシュロップシャーラド
c0365716_19303869.jpg

オールドとしては定番品種だがよく苗が売られているオールドというのは性質が優れているという事なのだろう
優雅で華やかな開花だが主張しすぎる事が無いのがオールドローズの素晴らしい所だと思う
c0365716_19305529.jpg

ルイーズの左にはすごい場所に植栽したラドがいるが右側奥にはヘリテージが植栽してある
c0365716_19301551.jpg




花型は安定しないが酷く歪に咲く事もない
返り咲き品種だがオールドに多いタイプの夏まで多めに返り咲いた後 秋にはポツリポツリと開花
c0365716_19303217.jpg


ハコネウツギとのコラボ
c0365716_19302849.jpg


ちなみに元々植栽していた購入した挿し木株が前庭に有る
ルイーズオディエは挿し木でもよく育つらしいがあまりにぞんざいな扱いが過ぎたのか生育はかなり緩慢 花もボチボチ
やはり接木株の方がずっと生育良く育っている
こちらは接木に比べるといつも花色が少し淡くライラック色が強めに出ている
c0365716_19300146.jpg

どちらも同じ品種なので当たり前だが同じように美しく咲いている
こちらもやっと昨年あたりからベーサルを伸ばして樹勢が付いてきたが
今年は挟まって伸びていた貴重なベーサルに気が付かず株元で折ってしまうという失態を犯してしまった。涙
c0365716_19304300.jpg

散りかけの花がよく写っているが前は散るのが嫌で必ず散る前に取り去っていたが
最近はあまり気にせず纏めて取ることにしていた、でも撮影するとそういうのがやたらに目立つものだ。大汗
c0365716_19304835.jpg

6月後半になってくるとやはり咲き方が変わって少しか弱い開花になってきた
c0365716_19295663.jpg

ちょっと植栽場所が悪く無理させている薔薇だがとても気に入っている品種である
秋にもポツリポツリお別れを言うように開花してくれたルイーズ、来年の開花も楽しみにしている。

c0365716_19295059.jpg

記事をご覧下さり有難うございました
お帰りの際はバナーを押して頂けると記事を更新する励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたします。


 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by tsukiiro2613 | 2017-10-19 20:49 | ルイーズオディエ | Comments(8)

Louise Odier 前編



かなり久しぶりになったが今日は2017年薔薇の一番花の紹介
今日の品種はルイーズ・オディエ
一番花の時期は撮影枚数が異常なので選んで編集するまでに多くの時間を必要とする
ルイーズ・オディエは32枚まで絞った、今日は6月15日から21日までの16枚を紹介しようと思う
(そのわりに同じような写真ばかりじゃないかとか言わないでください(汗) 同じような写真を大量に撮影しているのです。(笑))

では2017年のルイーズ・オディエ
ルイーズは主庭の塀際と前庭の2株植栽している、今回は最近迎えたばかりの主庭の塀際ルイーズのみの紹介
最初の一輪かは今となってはいつ開花したのか分からないが撮影を開始したのは6月15日
雨粒を纏いコロンと美しい蕾が開いてくる
c0365716_19325299.jpg


開き始めはローズピンク
c0365716_19324894.jpg

6月17日
明るいグリーンのマットな葉がとても好印象
といつも書いていたが、実は明るいグリーンではなくグリーンの葉が通常なようだ
ここも前庭のルイーズもわりと乾燥気味の場所なのでこの葉の色合いなのだろう
ここでは根が深く伸びたのか勢いが付いてからの葉はライトグリーンではなく深めのグリーンの葉だった。
c0365716_19324352.jpg
約二年目の株だが今年は良い感じに使いたかった場所をカバーしてくれたのが嬉しかった
開く前はカップ咲きのようだが開くとロゼット咲き
c0365716_19323830.jpg

6月19日
ホワ~っとした画像にしようかと思ったがただボケただけみたいになってしまった。大汗
c0365716_19323320.jpg


カップ咲きやディープカップ咲きを初めて見た時は感動したものだが
これまで育ててきて僕はカップから外側の花弁が反り返る開き方が今一番好みなんだと思った
カップ咲きは愛らしくコロコロ株一面に咲く様がとても好印象で今でもとても好みの咲き方だが
ルイーズだけに限らなず外側の花弁を反り返らせるロゼット咲きは大人っぽく
薔薇らしい優雅さ豪華さがとてもよく出た咲き方だと思っている、開く過程で外側の花弁がクルっと外に巻きこむ薔薇も良い
充実した花だけが見せる巻の入る花を見る事に喜びを感じるのだった
c0365716_19322951.jpg

6月20日
開花が揃ってきた
ここは普段あまり撮影しないが定点撮影の一の左側、道路から見たところ
実はここは前にクレマチスのダッチェスオブエジンバラを植えていたのだが
乾燥が強く蕾は沢山上がるものの上手く開けなかったので薔薇に替えたのだった
クレマチスも薔薇も根張りは大きいがクレマチスはその場所で徐々に根が広がるのに対しバラは地植えだと根の伸長力が有るので根をクレマチスよりも深く伸ばす事さえ出来ればこの環境に耐えられると思ったのだった
そこで迎えたのが強健種でステムの短いルイーズオディエ、花弁が落ちる以外は正解だった(笑)まあこれは我慢しよう。
c0365716_19322361.jpg


販売店により香りの説明は様々で強香と有るが、わりと普通なダマスクの中香だと僕は思う
c0365716_19321985.jpg


花もちはそれ程良くは無いが花弁が繊細で良い薔薇だと思う
c0365716_19321586.jpg


ブルボン系のオールドだがブルボンは古いオールドと比べると耐寒性は低めな品種が多い
ルイーズオディエは1851年のオールドでハーディネスゾーンは5bになっている(HMF)
しかし我が家ではそれ程大きな株でも無いし高く這わせてない、冬季間は絞って寝かせているので耐寒性は測ることは出来ていない
しかしブルボンの中では強めなんだろうと思う
c0365716_19321244.jpg


数ある開花の中で一輪の主役になっている花が有る
c0365716_19320808.jpg


少し角度を変えて、全体がローズピンクに開花
c0365716_19320362.jpg

このくらいから数日が一番脂の乗った時期だろう、株が充実すればもっと長いこと楽しめると思う
c0365716_19315946.jpg


6月21日
ルイーズオディエやアーチに見えるアッシュウェンズディなどの早咲きは満開を迎えている
他の薔薇はまだこれから,ちなみにバロンジロードランも同じ時期の超早咲き

c0365716_19315187.jpg

正面から見るとまだ花は少ないがすぐにこれだけカバー出来たのでとても優秀な薔薇だ
c0365716_19314475.jpg

6月21日
まだ暫く見頃は続く、この後は後編で紹介しようと思います
c0365716_19313993.jpg
記事をご覧下さり有難うございました
お帰りの際はバナーを押して頂けると記事を更新する励みになりますので
どうぞよろしくお願いたします。

 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by tsukiiro2613 | 2017-10-16 20:42 | ルイーズオディエ | Comments(4)

秋にバロンが一輪





秋の日にBaron Girod de L'Ainが一輪だけ開花した

c0365716_19443838.jpg

















秋の最中に咲くバロンは深い紫色
外側は少し掠れたような色合いだが中心はベルベットのような深い色合い

c0365716_19423203.jpg


















花弁の先には白い縁どり
c0365716_19423884.jpg



















ランダムに切れ込みが入った独特の花弁の先
c0365716_19422771.jpg



















漂う優しいダマスク香

c0365716_19423552.jpg



















一番花以降は数は少なくてもよく返り咲くようになった、一季咲きとも紹介されるこの薔薇が秋に咲いたのは初めてのこと
c0365716_19423048.jpg



















秋の花を期待してなかっただけに嬉しい誤算だった
c0365716_19422238.jpg
急遽バロンを挟めてしまったが次回はまた実生苗の続きの記事をアップする予定です



記事をご覧下さり有難うございました
お帰りの際はバナーを押して頂けると記事を更新する励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたします。


 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by tsukiiro2613 | 2017-10-05 21:13 | バロンジロードゥラン | Comments(12)

プリンセスの見納め



我が家のプリンセス セプタードアイルの秋の開花
c0365716_18525259.jpg

プリンセス、とは言うもののセプタードアイルはプリンセスの名前ではない
デヴィッドよ何故こんな名前に!と言いたくなるような不可解なネーミング(汗)
見た目は愛らしいプリンセスのような薔薇なので僕は勝手にプリンセスと呼んでいるが共感してくださる方も結構多いのでは?
と勝手に思っている(笑)


これは台風の前日に撮影したもの
いつもながら清らかで美しい開花だ、ミルラ香が強く香る
c0365716_18530599.jpg

あまりシベを見せないプリンセスだが今年の秋は花経はいつもと変わらずだがシベを見せる開花が多かった
c0365716_18524044.jpg

ジュビリーは切り取って室内で飾ったがセプタードアイルは退色が進んでいたので
ここに写ってない房を一本だけ摘んで後はそのままに。
c0365716_18522250.jpg

秋はステムが長くビヨ~ンとあっちこっちで咲いている、それを片手に寄せれるだけ寄せて撮影
c0365716_18523153.jpg


今日の朝確認するとやはり強風でボロボロになったり散ってしまった物が殆どだった
しかし、美しい瞬間を記録に残し多くの方に見てもらうことが出来てプリンセスも本望だろう
c0365716_19380755.jpg
ここのところ記事にする内容が溜まってしまい一番花の紹介もまだ出来ない始末
これを消化しないと紹介しないまま蔵入りしてしまうので もう少しだけ毎日記事の更新を続けようと思っています
どうぞよろしくお願いいたします。


記事をご覧下さり有難うございました
お帰りの際はバナーを押して頂けると記事を更新する励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by tsukiiro2613 | 2017-09-19 20:24 | セプタードアイル | Comments(8)

ジュビリーパンチ






昨日の記事でジュビリーセレブレーションの咲いた花は台風に備えて全て切り取ったと書いたが
それがこのブーケ
c0365716_20313042.jpg

殆ど終わりそうな花は入れなかったが写真で見れば小さく見えるがかなりの大きさ、10センチ以上の花を15~20輪くらい持っている

c0365716_20312477.jpg

今年は秋にしては少し色は薄めだがとても美しい開花だ
c0365716_20312045.jpg

房の中で咲いた一輪を切り取った物が殆どなので花首が短くて持ちづらくてしょうがない(笑)
まるで手がバラの花になったようだ(笑)
アンパンチならぬジュビリーパンチ!・・・他に思い浮かばなかった記事の題が(大汗)
c0365716_20311364.jpg

とても美しかったのでぐるぐる回しながら撮影していた
c0365716_20311090.jpg

この規則的に並び完成された花型と絶妙な色合いがたまらない
c0365716_20310464.jpg

昨日の17日は実に二週間ぶりの休みだったが台風対策に追われていた
そんな中の癒しの時間
c0365716_20310086.jpg

あ、そうだ今日はまだ妻が居たんだった、これは驚くから見せてやろう!と子供のように家に入って階段をかけ上がる
と思ったら居ない、息子に聞くとどうやら入れ違いで出勤したようだった。汗
c0365716_20305790.jpg

なんだ居たら驚かせられたのにと思ったが、よく考えると切り取ったもののこの後どうすれば??
c0365716_20304474.jpg

大きなボールに入れてみたがどうもダサい(大汗)
それに切り取った花が多くて全然入らない
c0365716_20314738.jpg

柄の長い小さめの花は花瓶に、あとの花はバットに入れることになった(笑)
c0365716_20314297.jpg
幸いにも心配していた台風も思ったほどではなく、花は当たり前に傷んだが枝折れなどの被害は無かった
秋薔薇ももう暫く楽しめそうだ。


記事をご覧下さり有難うございました
お帰りの際はバナーを押して頂けると記事を更新する励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたします。

 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by tsukiiro2613 | 2017-09-18 21:24 | ジュビリーセレブレーション | Comments(8)

小さなオリビア







今日の紹介はオリビアローズオースチン
デヴィッドC・Hオースチン氏の孫、そしてデヴィッドJ・Cオースチン氏の愛娘の名前を命名された薔薇
そんなわけで今日はお好きな方の音楽をどうぞ(笑)

オリビアローズオースチンは2015年のイングリッシュローズだが
昨年迎えて地植えにした薔薇
c0365716_20062559.jpg
可愛らしい女の子という感じの薔薇
これまでのイングリッシュにはアプリコットが入ったピンクだったりアプリコットとピンクを移ろう薔薇が多かったが
ここ最近のイングリッシュのピンク色の薔薇は花色の変化は淡くなるのみ、これは正直僕は嬉しかった
何せイングリッシュにはピンクとアプリコットどちらとも言えないピンク色のバラが多かった
もちろんそれもそれで魅力的なのだがさすがにちょっと多いだろうと思っていた
しかし交配の過程でピュアなピンク色は出にくくなっているとオースチン氏が述べていたインタビューの記事をどこかで見た
我が家ではセプタードアイルはピュアなピンク色だと思うがその他の殆どがピンク色でもアプリコットやオレンジに近い色合いにが出る

オリビアのピンクはどちらかと言うとほんのりライラックがかっているようなところが良い
c0365716_20061924.jpg

シャローカップ型をしたロゼット咲きと説明されているがそれ程浅いカップでもない
香りは確かにスッキリとしていて良い香りがする、エンシェントマリナー同様僕がこれまで所有してきたERとは違う香りがする
DA社では濃厚ながらも心地よいフルーツ香と説明され
比較にバラの家を見てみたがダマスク+パウダーと有った・・わからない。汗
c0365716_20055755.jpg


この春は若干ブラインド気味だったがオリビアは良い薔薇だと思う
このオリビアとエンシェントどちらもごく最近発表されたERだがどちらもとても耐病性が高い
c0365716_20055152.jpg

我が家はまだ普通のカップ咲きのようになっているがDA社の写真ではクォーターロゼットになっているので
もう少し株が充実すれば咲き方も変わるのかも知れない
c0365716_20054582.jpg

ステムはわりとしっかりしているが小さい株に大きめの花が咲くので
咲く過程でだんだんと花は俯くようになる
ただ土にお辞儀してしまうようなことは無いようだ
c0365716_20054082.jpg

少し日差しで花弁が焼けてしまったが酷く弱いとも思わない
花もちもそこそこ良いだろう
c0365716_20053384.jpg


ただ凄い早咲きだ(笑)
周りの薔薇は殆ど咲いてない・・小さくて何処に有るかすら判らないだろう
c0365716_20052805.jpg

角度を変えて、右端にはエンシェントマリナー、どういうわけかどちらも結構な早咲き
c0365716_20051862.jpg
僕はこの薔薇が良いと思った理由の一つに小さいバラという事がある
ERは小さいと言われていても意外に巨大になる薔薇が多い、シャリファアスマも凄く大きくなった
ジュビリーセレブレーションも秋には僕の背丈くらいになってしまう(汗)樹勢は有っても比較的大人しいのはエマくらいだろうか
ちなみにムンステッドウッドなんかはまた別の話

ERに限定すれば頼もしく成長しよく咲く樹高の小さい薔薇というは殆ど無い
もちろんもっと大きく成長はするだろうが、いろいろな意味でこの場所には強健でよく咲く薔薇にしたかったのだった
実はここに薔薇を植えるのはオリビアで三品種目なのだ、どれも枯れたわけではないのだが
ここは土壌改良してもどうも薔薇が育たない場所だった
そこで大きくはならないけど強健なよく咲く薔薇という結構難しい条件をクリアしてくれそうなのがオリビアだったのだ
オリビアはステムが異常に長く咲く事も無いのでこの辺が樹高を低く留めてくれる理由なのだろう
c0365716_20051206.jpg
やはり思ったほどは伸びないが今年はベーサルが二本でてこの場所にしては上等だ
ちなみにDA社では樹高0.9mと載っているがバラの家では1.5mになっている。汗
でもおそらくこの場所では0.9m以下で留まってくれそうな気がしている
連続開花性も良く伸びる度に蕾を上げてくれるが2番は摘蕾、これからの蕾は時間の許す限り咲かせようと思っている




記事をご覧下さり有難うございました
お帰りの際はバナーを押して頂けると記事を更新する励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたします。

 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by tsukiiro2613 | 2017-08-29 21:03 | オリビアローズオースチン | Comments(8)

ルシファーはやっぱり二番花?





c0365716_21101714.jpg

ブラインドになりやすいと言われていたが無事に一番花を咲かせその紹介を済ませた河本バラ園のルシファー


そのルシファーが今二番花を咲かせている



まずは二輪目の開花
c0365716_19230471.jpg

何故二輪目かって?
それは一輪目は日差しで茶色くなってしまったから
花弁はわりとしっかりしているが日差しで焼けてしまう
一輪目がダメになってこれはまずいと軒下に入れた
c0365716_19230938.jpg

上の画像と下の画像の色味が違うのは朝と夕暮れの時間帯の差
ここは朝日は当たるが午後からは建物の影になる場所
c0365716_21095755.jpg

最初に咲いた一輪を見て思ったのは一番よりも良いんじゃないか?という事
一番も美しく咲いたがそれよりも美しく咲いているように思う
c0365716_21091331.jpg
どうだろう?
まるで一番花のような完成度の高い薔薇が咲いた
c0365716_21100213.jpg

一番も綺麗だったがちょっとゴワゴワしてしっかりしている印象だったが
二番はしっとりとした咲き方というか、僕にはこちらがイメージ通りのルシファーだった
もしかして巷に出回っているのは殆ど二番花の画像?
c0365716_21100742.jpg

取り敢えず駄目になった花も含めて五輪咲いたが一気に咲かないので全体を撮影する気にはなれず・・
何枚か下葉が黄色くなったもののまだ株全体に葉は残っている
ただ元々くすんだグリーンというか色が良くない葉なので元気なのかなんなのかよく分らず。汗
c0365716_21093415.jpg

いつ咲いても強香なのが嬉しいルシファー
日差しと雨をしのげる場所に置いてあるが日陰でも夕暮れ時でも香ってくれるのが良い
c0365716_21095054.jpg



この花が一番好きな咲き方だったので何枚も同じような写真が残っていた。汗

c0365716_21094006.jpg


正直昨年購入してからの二番花と今年の一番花ではちょっと満足いかなかったが
今回の花は満足いく開花だった
c0365716_21092843.jpg


背景に写るのはフランシスデュブリュイ
c0365716_21091999.jpg


同じ日の夕暮れ
c0365716_21090656.jpg

美しく開いてきた
・・・のは良いがお気付きの方もいらっしゃるだろうか
花弁の縁が少しずつ茶色くなってきている、アレ?なんだろう??と最初解らなかったが
すぐに納得、殆ど居なくなったと思っていたスリップスがルシファーにはまだ居たのだった。涙
こんなに綺麗に咲いたのに残念、付いてたタグより綺麗だと思う
c0365716_21085980.jpg
なんだか同じ角度からの写真ばかりでつまらないなと思って
どんなポーズがこの薔薇に合っているか考え撮影したのが下の写真
うん、カッコイイ(笑)
c0365716_21085264.jpg
この時期に二番花だと秋にはおそらく咲かないが後半分くらい蕾が残っているので今後も楽しみたいと思う




記事をご覧下さり有難うございました
お帰りの際はバナーを押して頂けると記事を更新する励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたします。


 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by tsukiiro2613 | 2017-08-23 22:09 | ルシファー | Comments(8)