終わりの始まり



今日やっと庭の冬囲いの作業が終わった
長かった~(笑)

c0365716_14032146.jpg
以前から伝えてた通り今年はつるバラやシュラブの長く伸びるバラは地面にほぼ横倒しにしている
よってかなりスッキリした感じに見えていることだろう
ちなみにセプ子は初めてのお使いならぬ今年初めての越冬経験!(笑)

下は昨年の冬囲いの様子
c0365716_17233747.jpg

背丈の有る薔薇は雪に埋まるであろう高さで途中で曲げてある
でもこれは実は積雪地帯では結構な自殺行為である(笑)
基本的に冬囲いは雪圧がかからないよう縦に細長くしてのしかかる雪の重みを受けないようにするのが普通だ
枝を絞って表面積は少なくしているが、それでも枝を立てて点で受けるのと横で線で受けるのには かかる雪圧に大きな差が出る
雪の多い年は吹雪で吹き込んだ雪が曲げたシュートの高さの更に上に1mも積もる
その雪圧に耐えるべく 下からつっかえたり 上から引っ張ったりこれは大変だった(笑)

c0365716_17233153.jpg
今年は上の写真よりも更に限界まで倒したが 株元が折れやしないか心配で頑丈に養生している
根元からベタっと寝るわけではないので結局昨年と同じように 株元から中間まで弓なりになった部分を守る事に時間を費やした
昔バラの苗を迎えて土に横倒しにしていたら春に枝が黒く腐っていたので 土の上に寝かせるのはちょっと抵抗あったが
そもそもそれは苗の問題だったと今となっては思う、それにネットで巻いているので直接土に付くこともないだろう

結局冬囲いを簡略化したいなんて言いながら昨年とほぼ同じだけ越冬の準備に時間を費やしてしまった(笑)
c0365716_14032146.jpg
上の画像はまた今日のもの
午前中に終わらせることが出来たが 昼まで晴れていてとても良い天気だったのに
午後からは土砂降り、今日だけは天候が味方してくれたようだ(笑)

写真で見える囲いには実はそんなに時間が掛かってない、時間が掛かるっているのは見えない部分だったりする
札幌辺りだと凍害だけではなく雪圧からも守らなければならない大変な作業だ

ちなみに何の事か解らない方の為に2013から2014年の庭の様子
多い時はまだ積もる(笑)
c0365716_14325847.jpg
ただ積雪地帯では雪圧にさえ耐えられるよう囲えば 最高の防寒材の雪の中で薔薇を眠りにつかせることが出来る
しかし昨年 一昨年と予想していた積雪量を大きく下回り 囲いの高さの設定は失敗に終わる・・・あんなに頑張ったのに。涙


さて冬囲いが終わったので施肥についても触れておこう
ちなみにここに書くのはただの自論です

毎年春に寒肥に当たる施肥を行うのが北海道では当たり前だが
積雪が無くなる4月に施肥を行って薔薇が伸びだすのは5月から、開花は6月
さてこの短い期間でちゃんと肥料は分解されているのだろうか?と疑問に思ったのが始まり
肥料は発酵と記載されているのが当たり前だが別にすぐに根が直接それを吸って効くわけではない
化学肥料のように成分だけならそれを根が受ける取る事は出来るだろうが
実際は分解されてからだろう

以前は穴を掘って肥料と堆肥を混ぜて与えていたが
開花の頃に近くを掘った際に肥料を埋めた部分を掘り返してしまった
すると物凄い匂いを発した固形油粕や骨粉が出てきたのだった
この時に分解されてちゃんと肥効が出るまでには結構な時間が必要だろうと思った
秋の終わりに施肥を行って 寒い時期にゆっくりと分解させることにしたのだった(囲ってからだと出来ない)

もちろん生育が止まる前に寒肥をやる事は逆効果
北海道では夏以降肥料を与えると冬までに固まらない柔らかいシュートが出てしまい 凍害が出る可能性が高くなる
秋の終わりと言ってもバラの動きが止まっていれば肥料を吸って伸びる事はないので
必ず薔薇の成長が止まってから行うようにしている

しかしこの秋の終わりの施肥と春の施肥に大きな違いが有ったかといえばそうでもない(笑)
四季咲きは殆ど違いがわからなかった
しかし一季咲きは違ったように思う、今年は房咲きが多く
例年開花後少ししてから伸びだすシュートが開花後すぐ、もしくは開花中にもビュンビュンシュートが出ていた
・・まあ開花中のは良い事では無いが その後も勢い付いて成長していた
北海道では早ければ夏から肥料を切ってしまうので 翌年の肥料の残効というのが無い状態で
春の施肥からのスタートになる、場合によってはほぼ無施肥の状態から始まってしまう可能性もあるのではないだろうか
他に違う事が有るとすれば今年は春から出ていたウドン粉病が殆ど出なかった事が違うだろうか
株が充実したとか天候のせいと言われてしまえばそれまでだが


ただこの施肥というのは結構難しい
狭い植え込みに薔薇を植栽して大きくなると 例えボカシ肥でも株元に与えても 肥料を吸っている根はもうそこに無い事が多い
以前アーチのジェネラスガーデナーを移植した際には 毎年施肥していた場所には根が殆ど張ってなく
えらい遠くまで伸びていたのだった,それでも旺盛に伸びていたから良いのだが。汗
それにより昨年は下が土になっているレンガ敷を剥がしたり 敷石を剥がして その下にまで施肥していた

寒肥は秋の終わりに行う事にしたが
春の芽出しの頃にも即効性の肥料を使いたい気持ちが出てくる
IBでも良いのだが雨や灌水が無いと効き目が無い上に長く肥効が残るのが辛い所
タキイなんかで売っている液肥の希釈ノズルでも買おうかと思ってみたり

北海道では一番花以降は殆ど追肥が要らないのは助かる所ではある
僕は一番花の終わる少し前にお礼肥を施す

昨年は二番花の時期、お盆頃四季咲きに追肥したが、これはちょっと失敗だったと思った
今年の雪解け後にこれまで凍害の出なかった四季咲きに凍害が結構出た、追肥しなかったものは殆ど昨年と変わらずだった
前の冬は異例の降雪の少なさも凍害が出た要因だとは思うが、お盆頃に追肥してしまった事も凍害を多く出した要因かと思っている
これにより今年はお盆過ぎの追肥はやらず、その代わり越冬に有利に働くようカリ肥料を与えることにした
草木灰と微量要素のみのハイグリーンを混ぜたものを四季咲き一季咲きに関係なく施した

とこんな感じで年間の施肥は終わり
たいそうな事を書いているようだが ただの自論であり、自問自答しながら毎年少しずつ変えながら作業している
施肥はそんなに辛くない、殆どばら撒いてチョチョイと混ぜてるくらい
以前穴を掘って施肥していた時はモグラが大発生したのか?と思うほど異様な光景かつ体力的にも辛かったが(笑)


気が付けば長くなってしまった・・・
越冬なんて無縁の方すみません。汗




今日は最後の摘み忘れの薔薇を切り取った
c0365716_14032729.jpg
ホワイトメディランド


c0365716_14033239.jpg
そしてフランシスデュブリュイ

家の中で生けておいた、ホワイトメディランドは開くだろうかどデュブリュイはボーリングして終わりか・・
部屋の暖かさで香りが溢れ出してきた


越冬の作業はこれで終わり
ガーデンシーズンが終わり庭は眠りにつく
しかしこれは長く続く冬眠の始まりに過ぎないのだ
皆無事に春を迎えられますように




記事をご覧下さり有難うございました
今回からバナーを変えてみますので よろしければポチっとお願いします
ローズヒップのバナーも作りましたが記事によって使い分けようかと思っています
どうぞよろしくお願いいたします

 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by tsukiiro2613 | 2016-11-13 15:53 | 2016年の庭
<< 悪魔の囁き 秘密の花園 >>