派手な薔薇




今日の紹介はツル薔薇のパレード
モダンクライマーだが作出は意外に古く1953年アメリカの薔薇

c0365716_20445961.jpg

非常に目立つ色合いのパレード
開き始めの色合いは撮影すると必ずと言って良い程色飛びしてしまうくらいの派手さ
紹介する画像の色合いはかなり抑え目にしているのでこれよりも2~3割は派手な色合いだと思って良いだろう

c0365716_20441581.jpg

前庭に植栽している薔薇で毎年凍害が出てしまう薔薇だが
トレリスに絡めながら簡易パーゴラの上に上げたのは良かったが
パーゴラの上に上げるまでにトレリスにツルが絡まってしまい冬にツルが下ろせず管理の甘さを悔やんだ
壁面側から上げてパーゴラに乗せているが昨年までは株元からシュートを左右に分けていた
しかし右側にメイクイーンを植栽した事により右側に伸びていたツルは昨年切り取った


c0365716_20442066.jpg

毎年凍害が出て伸びては縮むの繰り返しだった、一昨年は簡易パーゴラの肩くらいまでしか伸びてなかったが
昨年は何とか上に乗せることが出来た、ただパーゴラは上に乗った花は殆ど見えないので今後もっと花が見えるように工夫する必要があると思った

c0365716_20443871.jpg
我が家で一番の派手な薔薇かつ目立つ位置なのでご近所さんには人気のある薔薇だ
ただ派手では有るが、開花が進むに連れて派手なピンク色は少し収まり
褪色すると落ち着いた紫色を帯びた色合いになるのがなかなか気に入っている
この薔薇の色が移り変わった状態はあまり紹介されてないように思う

c0365716_20444367.jpg
我が家の庭は全体的に南風の影響をモロに受けてしまうが
パレードも例外なく強風が吹きつけ手前に咲いている花と葉がボロボロになってしまった

c0365716_20440745.jpg
上の画像では葉がチリチリになっている(花はボロボロになったり吹き飛ばされて切り取った後)
ちなみに葉は可もなく不可もなく普通のモダンクライマーという感じの照り葉
ニュードーンの血が入っているようで規則的に付く大きめの刺が多く、シュートの出方は太く分岐は少ない
一昨年まではベーサルシュートがよく出ていたが昨年は落ち着いたのか上部がよく伸びた
これは僕には嬉しかったがなにせ防寒出来ない薔薇なので凍害が出ずに生き残るかどうかが問題だ
耐病性は良く、多少病気になっても樹勢が有るので気になったことはない

c0365716_20450390.jpg
薄いピンクのジャスミーナの最盛期とちょうど被っているのだが
この頃のパレードは花が奥に吹かれてグッチャグチャに乱れて咲いている。涙

c0365716_20444908.jpg

迎えた当初は驚く程の派手な色合いに迎えたのは間違いだったかと思ってしまったが
株が充実するに従って褪色(ブルーイング?)の色合いが美しく出るようになり派手さをあまり感じなくなってきた
一応夏と秋にも少ないながらも花を咲かせるが、夏は昔の商店街のプラスチックのピンクの造花のような色合いでちょっと笑ってしまう
香りは確か中香か微香と記載されていると思うが僕は香りを感じたことはない

c0365716_20451064.jpg
意外にもハッキリとした美しい色の移り変わりが楽しめるバラのパレード
一輪一輪を愛でるタイプではないが年々良さが解ってくるバラだと思っている
今年はこのパーゴラ周りの誘引を少し変えていきたいと思っている


ランキング用バナーです
押して頂けると更新の励みになります

 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by tsukiiro2613 | 2017-03-04 09:51 | パレード
<< 妖精のようなクレマチス ブログ4周年の雑記 >>