ホワホワのやつ





今日の紹介はホワホワのあいつ
見えますか?
ちなみにピンクの花はシレネ、植えてないけど我が家に有って
物凄い強健なのでそのまま使っている宿根草
c0365716_19041938.jpg

今日の紹介はトリフォリウム アルヴェンセ
ラグラスに似た一年草~二年草
ラグラスと同じ仲間かと思ったらラグラスはイネ科でトリフォリウムはマメ科なようだ
確かによく見ると葉の感じは全く違う
たまに行く園芸店は宿根草じゃないのに宿根草とマジックで書いたプレートが刺さっている
これもその一つだったがこれは宿根草じゃないだろうよ!と思いながらもあまり調べもせず
だったらいいなくらいで連れ帰った物、丁度宿根草は上手く育たない場所というのが有ったので植えて良かった
写真は植えて暫くして旺盛に伸び出した頃、バラの開花直前くらい
c0365716_19042499.jpg

結局一年草~二年草で苗がしっかりしていれば一年しか持たないが
一年草の良い所は花期、穂の鑑賞期間が長い事

ラグラスより穂がずっと小さい、これはこれでなかなか良いと思った
ただ茎が柔らかく雨が降るとトリフォリウムはべっちゃりと寝てしまって土が付いて困った
トリフォリウム・ホワイトと書いてあったわりにホワホワの穂はピンクだった(笑)
旺盛に伸びている画像もネット上に載っているが穂と葉の感じがちょっと違う気がする
同種のようでちょっと違う品種なのかも知れない
このトリフォリウムは少しずつ大きくなりながら穂はだんだんと小さくなっていった
夏を過ぎる頃には下葉が茶色く汚くなってきて秋には全体の成長を止めて茶色くなった
しかし最後まで穂を上げていたのには驚きだった

c0365716_19042905.jpg
実は最初見た時からなんだかこの種は野性味が強い気がしていた
国道36号を走っていてふと中央分離帯に目をやるとコレと同じものがコンクリートの隙間から生えていた
しかも群生していたから驚いた(笑)でも環境のせいか草丈はずっと小さい
元々どの園芸品種も雑草の観賞価値の高いものから始まっているのでそのへんで見つけても不思議はない
庭のアイテムとして人気のあるオルラヤやレースフラワーは北海道の荒地で群生するノラニンジンにそっくり
もちろん花は園芸種の方が綺麗だがどうもあれを思い出してしまう、でもノラニンジンも群生すると意外に綺麗だったりして(笑)

昭和天皇が雑草という名前の植物は無いと言ったのは有名な話だが
まさにその通りで発見されてない植物以外は全てに名前が有る
園芸種もその仲間だった、今は園芸店で昔は雑草だと思っていた植物まで売っている
そのぐらい札幌も都会になったということなのかな?と思ってみたり(笑)

ちなみにこのトリフォリウムは株が枯れた時点で種をばら蒔きしてみたが出てくるかどうか分らない
草取りと一緒に抜いてしまいそうな気も。大汗

さて薔薇も早いものは葉を開きそうになってきた
今後蕾を形成するのはいつだと思います?
鉢物なんかはその少し前から速効性のリン肥を効かせたいと思う、今はそのタイミングはいつなのか考えている(笑)




実はここまで書いて花芽が出来るのはいつなのか調べていたら見つける前にとあるサイトにたどり着いた

このサイトにはツルなどの頂芽優勢を崩した時に出来る花芽分化について書かれていたのだが
どんな人かよく見るとなんと北海道羊蹄山のふもとに住んでいると言う
見るからに広大な庭に沢山の宿根草と生活する人
文面からして男性かな?と思ったが球根カテゴリのアリウム丹頂とのコラボという記事の一枚目を見て
あ、この配色はきっと女性だ、と思ったらちゃんと おばさん と自分で書いてあった(笑)
いいな~広大な庭で沢山の植物に囲まれて、まるでターシャのようと羨ましく見ていると
クラリーセージが植栽されていて嬉しくなる
クラリーセージはかなり大型の植物で確か宿恨では無い、葉はお化けのようにデカくてゴツくて不細工
ホワイトも有るけど薄紫とピンクと白のグラデーションになる品種は驚く程美しい
クラリーセージ

でも写真ではクラリーセージのグラデーションの美しさはなかなか伝わらない、、自分で撮影したわけじゃないのに失礼か 汗
でもこの花を写真で再現するのは難しいとおもう(ちなみに上の画像は今言っているのとは別の方の写真)
こういうのは広大な庭じゃないとダメなんだよな~と思いながら見ていると
なんとこのサイト、昨年の12月一杯でオーナーはサイトを辞めていた 涙
久しぶりにウキウキする画像を見れたと思ったのに残念だ
春にはサイトを削除するとも書かれていたので興味のある方は早めにどうぞ
庭から広がる 画像

庭から広がる 画像2

ちなみに薔薇の花芽は1〜5センチになるまでに体内で作られると日本バラ会のサイトに載っていた、やはりかなり早い段階で作られるようだ
結局全く関係ない方向に内容が転がってしまった。汗



記事をご覧くださり有難うございました
お帰りの際はバナーを押して頂けると記事を書く励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたします。


 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by tsukiiro2613 | 2017-04-26 20:58
<< 彼と薔薇  雨上がりの庭 >>