金色に輝く 8月20日の庭


8月20日の庭風景
主庭は摘蕾や夏剪定を終えて依然として薔薇の花は見えない
先日夏の美しい開花を紹介したが鉢植えの花と剪定を逃れた庭の蕾がポツポツと花を咲かせている
c0365716_20221109.jpg
旺盛に育ってくれる姿が嬉しいこの季節、マダムイサークのシュートは下から4mくらい伸びている

しかし手に負えないのはこちら
前庭の薔薇たち、ここは摘蕾すら出来ないので開花が始まってきた
これから吹くであろう強風で折れないようにはどうしたら良いか悩む所だ、左側の殆どはパレードのシュートだが
右側のバリエガタディボローニャの方が物凄い伸びるので屋根よ~り~たーかーいヴァリエーガ~タと歌えそうなくらい(笑)
c0365716_20413070.jpg


薔薇が成長する中セイヨウニンジンボクが開花している
見た目は大型の宿根草のようになっている
c0365716_20224802.jpg

と言うのもここは元々宿根草はもちろんこのような樹木はこの場所では冬に邪魔にしてしまうので
冬のあいだ枝葉が残るような種類の植物は植えられない
セイヨウニンジンボクは新枝咲きなので根元まで切り詰めても咲くだろうと植栽した
植栽後三年目くらいだろうか、毎年冬の前には地際まで切り詰めている
元々大きくするつもりは無かった樹木だが本来は結構大きくなるようだ
しかし伸ばしたら伸ばしたで北海道では凍害が出るとの情報が有った
c0365716_20231715.jpg

花は面白みは無いが花が終わっても花殻が汚くならない事とポロポロと落ないのが良い
天狗のウチワかはたまた大麻草のような独特な葉の形も魅力の一つだろう
c0365716_20231254.jpg

黄金色になった麦、雨の当たらない場所に鉢を置いておいたが刈り取った、このまま物置に陰干ししておく
c0365716_20232492.jpg


前庭ではそろそろレンゲショウマの開花が始まる
c0365716_20225373.jpg

くす玉のような愛らしい蕾が降り注ぐように沢山付く
色付くとパカっと割れて開花する
c0365716_20230164.jpg

一輪だけ小さめの花がフライングで開花していた
口紅を塗ったように薄紫が花弁の先に入る
花弁は繊細に見えるが意外にしっかりしており薄い蝋細工のような面白い花
c0365716_20230628.jpg


紅チガヤが赤く色付く
c0365716_20224212.jpg


そして今年初挑戦したのが雑草の育成(笑)
常々穂の出るグラスって葉はそれ程観賞価値も無いし殆ど野の草と変わらないよなと思っていた
もちろん自然にある物が元になって園芸品種が生まれているのだから当たり前といえば当たり前なんだが

秋口に車を走らせると荒地や街路樹の下で見るキンエノコロクサ
c0365716_20244651.jpg


いつも秋口に穂を美しく輝かせ目を奪われるこのキンエノコロクサ
逆転の発想で園芸種ではなく雑草を育ててみるのも面白いなと思った
まあ意外にこういうのは有るところには有るが探して種を採取しようとするとなかなか見つからないものだ(笑)
昨年やっと見つけて採取した種を今年仕込んで穂を実らせた
c0365716_20241201.jpg

実はキンエノコロだけじゃなくムラサキエノコロも有るのだが
最初あまり大きく育っては困ると肥料分の無い土に植えてみたが全く育たない(大汗)
雑草と言っても馬鹿にしちゃいけなかった
アスファルトの隙間や荒地など何も養分の無いような所に生える雑草も 実は雨風で流れ飛ばされてきた腐ちた植物の養分や堆肥化した塵が
溝や荒地に堆積しそこに落ちた種が芽を伸ばし葉を広げて種を実らせる
そしてその骸が緑肥となり また次の代がそれを栄養分にし育っていっているのだ
そうやって何代も同じことを繰り返しながらいずれ植物で覆われる大地になってゆく
植物はまるで地球の意思で動かされているようだ、地球は失ったものを元在った姿に戻そうとする意思が有るように思える
そう考えると雑草は地球を守ろうとしているようかに見える、堆肥が積り樹木が育てば
またそこに見合った植物が育ち植生も変わってゆく
自分たちは自然の中の場所を借りているだけなのだろう

という訳で途中から置き肥や液肥で養分を補給させてやっと成長した(笑)
c0365716_20232996.jpg
しかし種が水で流されたか偏って育ってしまったので後から生えてない部分に種を追加しておいた
しかしさすがに成長は追いつかず・・手を添えているのはムラサキエノコロ



キンエノコロの穂は光を浴びると非常に美しく輝く
c0365716_20240151.jpg

この輝く姿を写真に収めるには実は太陽光とキンエノコロの微妙な角度が必要
じみに自宅でこの姿を見られてちょっと感動していたりする(笑)
c0365716_20245123.jpg

雑草の種を集めて育てるなんて笑ってしまう、さながら危険な植物を集めて育てるアニメ映画の主人公のようだと思った(笑)
しかし雑草の鉢を一杯育てるのなら薔薇の鉢を置いた方が良い
c0365716_20241918.jpg
別に読んでくれた方にオススメはしないが
自分的には美しい穂が見られて満足しているのだった(笑)



記事をご覧くださり有難うございました
お帰りの際はバナーを押して頂けると記事を更新する励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたします。


 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by tsukiiro2613 | 2017-08-20 21:49 | 2017年の庭
<< ルシファーはやっぱり二番花? 美しすぎて >>