一気に秋模様 空気読めないバロン



c0365716_12014258.jpg
今日は最近の庭の様子
ここのところすっかり涼しくなってきた、朝晩は少し寒いくらい
今日は最高気温22度最低気温15度
日中に薄手の長袖を羽織っても少し涼しく感じるくらい
最近忙しく書きたい事は沢山有るのに疲れてしまって記事に出来ないでいた
本当は先週の庭の様子を紹介するはずが出来なかったので
今日紹介するのは先週の写真と今週の写真が混ざっているので最近の庭の様子




葉が美しく茂る庭
c0365716_11501136.jpg

実は今年は薬剤散布の回数が例年よりもずっと多い
昨年もいつもと天候の違う雨の多い年で黒点病の防除時期が合わず多くの葉を落とした事
春と夏にテッポウムシを発見したこと、涼しくなるとさび病が出てくることなどから
昨年の反省も含め今年は定期的に散布を行うことにした
c0365716_11503272.jpg



途中ハダニの防除にも追われながらの薬剤散布だったがこの時期まで葉が残っていれば
伸びるのも後少しなのでそろそろ薬剤散布も終了だろう
冬囲いの事を考えれば少し葉が落ちてくれた方が楽かも・・と昨年は思ってしまった(笑)
c0365716_11501634.jpg
西洋ニンジンボクが満開、根元まで切り戻しているせいか花はあまり多くないものの長いこと楽しめたので良かった
c0365716_11502234.jpg



ただ最近は朝晩の寒暖の差が大きくなってきたのでそろそろうどん粉に注意と思いながらも散布出来ないでいた
気が付くとバロンジロードランにうどん粉病がベッタリと付いていた。涙
c0365716_11504014.jpg
あまり大きく見えないかもしれないがバロンのシュートは下から4mは伸びており
1mほどの塀に立っても手が届かない、ここに見えるシュートの上部の殆どに手が届かないのだった
うどん粉が付くのはベーサルシュートとサイドシュートばかりだが葉はどんなかというと
c0365716_11510134.jpg
都こんぶか?というくらいの粉吹き状態(笑)
まあバロンはそんな事全く気にせず伸びている
ただバロンよ、お前は良くても他のバラに降り注ぐうどん粉の胞子が大迷惑なのだよ。。
好きなバラだが元気いっぱい伸びてうどん粉病になり、高い位置からお構いなしに他のバラに胞子をばら撒く
バロンの空気読めなさに困っているのだった

北海道は病害虫が少ないと言われている、バラの開花に影響を与えるバラクキバチやバラゾウムシの被害は無いので
生息すらしてないのかも知れないが他の虫は普通にいる
薔薇の二大病として知られる黒点病とウドンコ病、黒点病こそシーズン中雨の少なく元々ガーデンシーズンすら短い北海道は
黒点病に怯えることは少なかったが、うどん粉病は寒暖の差が大きく乾燥する北海道では弱い品種には注意が必要だ
ただ今年は一番雨の少ない6月に一番雨が多かったりで今の天候は本当に読めない



前庭の様子
c0365716_11505770.jpg
前庭もビュンビュンシュートが伸びて凄いことになっているが
出来るだけ残して春に凍害に耐えられたシュートを使うようになるのでシュートは無駄にできない
ただこう伸びてくると冬囲いが憂鬱でしょうがない、ニュードーンの子のパレードのトゲ・・・痛いんだよなぁ~。涙

c0365716_11510651.jpg
前庭でアブラハムダービーが一輪美しく咲いていたので香りを楽しんでから水に浮かべた
今年は早めに摘蕾や剪定をしたものの蕾の成長が遅いので秋のバラはいつ頃咲くのか・・
そんな中綺麗に咲いていたのは冒頭で紹介したルージュピエール
c0365716_12013686.jpg

どうせ日中は見られないので切り取って飾ってもらうことにした
c0365716_12014864.jpg
いつも良いサイズで人目を引く赤いバラ
この赤は明るい赤だが良い色だ
ただ耐寒性があまり無いので北海道向きではないだろう
c0365716_12014258.jpg



秋の気温と共に庭もすっかり秋らしくなってきた
c0365716_11515344.jpg
鬼灯が色付いてきた

グリーンに少しだけオレンジ色が乗った鬼灯
c0365716_11515804.jpg

今はまだ半分くらいしか色付いてないがこれからもっとオレンジが濃くなっていく事だろう
c0365716_11520188.jpg

センニンソウも旺盛に蕾を付けてチラホラ開花を始めている
昨年よりもまた大きくなった
c0365716_11514202.jpg

陰で少しだけ咲いていた
c0365716_11514880.jpg
センニンソウは秋に咲くクレマチスだが新枝咲き
花の少ない時期に圧巻の花付きで楽しませてくれるのだが
新枝咲きという事で毎年この大量のツルを全て刈り取って処分しなければいけないというのが悩みどころ


カリガネソウもユーモラスな花を見せてくれるようになった
c0365716_11513087.jpg

猫パンチのような蕾、咲くとシベをぐっと反り立たせ湾曲させる
c0365716_11513660.jpg

前回の庭の記事で紹介したキンエノコロクサは穂が多くなってきた
実はこれは先週の写真で今はまた更に穂が上がってきた
c0365716_16132032.jpg

涼しくなったが日差しの中庭を見るのが本当に気持ち良いと思える季節だ
今日は風が強めだったが日差しを透した枝葉が気持ちよさそうに揺れる様子はとても癒されるものだった
これからも秋へと向かう庭の様子を見守って行こうと思う


記事をご覧下さり有難うございました
お帰りの際はバナーを押していただけると記事を更新する励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたします。

 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by tsukiiro2613 | 2017-09-03 16:06 | 2017年の庭
<< 秋の始まり蓮華升麻の花が咲く 小さなオリビア >>