10日目には白い小花を


記事を毎日更新して十日目
今日は白い小花のクレマチス
センニンソウの紹介
c0365716_19221385.jpg

仙人草は日本にも自生するクレマチスだがフラミュラ系に分類される
一季咲きの強剪定タイプ
ツルが残らなくてスッキリして良いがこのツルを全て処分するのは結構重労働だったりする。汗
c0365716_19224448.jpg
この頃はまだ満開ではないが開花が揃ってきた頃
少しクリームがかったシベ、純白の花弁(萼)は2cmくらい
c0365716_19215871.jpg

そうそうクレマチスもキンポウゲ科の植物
庭にはキンポウゲ科の植物が地味に沢山共存している
c0365716_19223590.jpg

そして満開に
我が家のクレマチスは殆ど一重咲きで中輪かそれ以下の物しかない、例外はアトラゲネ系のクレマチス
僕はクレマチスの美しいシベを見るのも好きなのでこのセンニンソウもポイント高い
c0365716_19230696.jpg

満開になるとシベの色が落ち着いてきた、このクレマチスには少しツンとするような香りが有る
c0365716_19230381.jpg

センニンソウは一季咲きだがクレマチスとしては珍しく初秋から咲き始めるのが嬉しい所
我が家では返り咲いた他のクレマチスとも時期は被っている
c0365716_19225613.jpg

センニンソウは今は散って無くなっているが花弁が薄くあっと言う間に分解されて無くなってしまった
さすが自生する植物だけあってツルは凄い伸長力、通常クレマチスはバラのように根が深く張れる場所を用意するが
このセンニンソウの場合はスパルタで浅い土壌に植え付けたものの上の成長と共に根は横に横にと広がって他の植物の領域が侵されそう
c0365716_19225342.jpg

圧巻の花付きで毎年楽しませてくれるセンニンソウだが一輪一輪はとても可憐な花だ
広いスペースに強健でよく伸びるクレマチスが欲しい方にはおすすめ
及川フラグリーンさんの説明書きには半日陰でも花を付け、耐塩性も有るらしい
c0365716_19225997.jpg
十日目
記事を毎日更新し続けて十日になった、まあ別に珍しい事ではないが僕には大変な毎日だった(笑)
お付き合いくださった読者の皆様有難うございました
記事を更新するのも大変、見る方も追いつくのが大変な毎日だっただろう(笑)
これである程度ここ最近溜まってしまった写真を消化する事ができました
またいつもの更新頻度に戻しますがこれからも更新を続けていきますのでよろしくお願いいたします。


記事をご覧くださり有難うございました
お帰りの際はバナーを押して頂けると記事を更新する励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたします。
 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by tsukiiro2613 | 2017-09-26 21:20 | クレマチス、つる性植物
<< 摂氏15℃の境界線 久々に衝撃の癌腫病 >>