新たに迎えた薔薇 その1その2




今日は今年新たに迎えた品種を紹介しようと思う
まずはこの二種

c0365716_18201780.jpg
どちらも秋の花だがレイニーブルーとバフビューティー
レイニーブルーは以前育てていたが癌腫だったため早めに破棄、挿し木を1株だけ育てていたものの
地植えにしたとたんに生育が緩慢になったのでやはり早く庭の景観で使いたいと接木株を迎えることにした
ちなみによく使われるリベンジではない、僕はバラに復讐なんかしない、レイニーブルーはリトライ。


確か7月の最終日に届いたバフビューティー
c0365716_18201081.jpg
外で撮影すると黄色っぽいが黄色~アプリコットの美しい薔薇
昔知人が琥珀色と言っていたが本当にその通りの美しい色合い
そしてこの品種を迎えたのにはもう一つ理由が
美しいムスク香が備わっている、これは実際に香りを確かめたことが有ってとても気に入っていたのだった
シュートがわりとゴツゴツと暴れ無骨な感じに伸びるらしいがまあ大丈夫だろう・・たぶん。汗

c0365716_18202885.jpg
最近摘み取った最後のバフビューティは中央上の薔薇、色々な咲き方をするようだがどれも魅力的だ




僕はアプリコットが多いのであまり増やしたくないと思っていた、正直アプリコットってそんなに好きな色ではない
・・・いや待てよ、だからってピンクが好きかというと別にそんなこともない
黄色やオレンジなんて全然好きじゃない、むしろ嫌いな方かも・・・紫も別に好きではない
僕が好きなのは色で言えばグリーンやブルー
c0365716_18203328.jpg
しかしどうだろう何とも言えないこの琥珀色の優しい色合い
黄色のグラハムトーマスだって物凄く美しい黄色の繊細な花を咲かせる
オレンジのレディオブシャーロットやレディエマハミルトンなんかも最高に美しい
結局は色合いがどうのよりも生きた花弁が光と結ばれる事で醸し出す繊細な色が見る人を魅了するのであって
自分の好きな色合いなどどうでも良かったのだった、あとは景観に合うかどうかを考えるだけ




c0365716_18203902.jpg
ずっと迎えたくて迷っていた品種だったがこの薔薇は本当に迎えて良かったと思っている



冒頭で紹介した写真は10月前半のものだが
庭でも実際にこの二種を合わせようと思っている
c0365716_18201780.jpg
ちなみに7月8月に良い状態の大苗を送ってくれるといえばバラの家
どちらもバラの家で頼んだ大苗
オールドは最近姫野さんで頼むようにしていたが大きめの苗が無いようなので纏めてバラの家で頼むことにした
夏に頼むとバラの家の凄さがよく解る、僕がブログを始めた頃は色々と叩かれていたのを見たが
もしかして前店長のニックネームが悪かったんじゃないの?とちょっと思ってしまったが(これは冗談)
今は色々対策対応を考えている事だろう、僕は優良な業者さんだと思っている
実はこの時期に5株も頼んでしまったのだった。汗

たった二ヶ月有るか無いかの生育期間だったが二種ともそれなりによく伸びてくれた
景観として使えるまでにはなってないが来年の開花を楽しみにしている二種



記事をご覧くださり有難うございました
お帰りの際はバナーを押して頂けると記事を更新する励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたします。

 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by tsukiiro2613 | 2017-10-26 19:34
<< 漆黒と銀杏黄葉 咲くアメシスト >>