早い根雪




昨日一昨日と降雪が多く庭には20cm程度の雪が積もった
三日に紹介した時は5cm程度の積雪でプラス気温だったためかなり溶けたが
庭の雪が完全に無くならず今回の積雪、今後は雪を溶かすほど気温が上がらず寒い日が続く、完全な根雪になるだろう
根雪とは地面の雪が溶ける事なく降り積もってゆく事を言う、根雪になると冬も本番になったんだと思う

開花宣言とか流氷初日なんて言葉を聞くが色々と基準が有るらしく、根雪にも根雪初日と根雪終日なんて日が有るらしい
それには判断基準があるらしく、今年の雪に当てはめると実は今年は11月の大雪の日が根雪初日で史上二番目に早い年だったんだとか
実際に我が家の辺りでは12月3日の雪が根雪だと思った、それでも例年は12月半ばからクリスマス頃に根雪になっていたので
今年はとても根雪が早い年だった、11月からもう12月になったのか?と思うほど本当に寒い年だ


下は今日の庭の状態
c0365716_16153346.jpg

そして下の画像が日曜
横倒しになっている薔薇の周りを見ると積雪量の違いが判りやすい

c0365716_12212160.jpg
サラッと軽い雪にはジョンバで雪かき、薄っぺらいプラスチックで出来た雪かきスコップの事だが
サラサラで少ない雪だとこの華奢なゆえの軽さが役に立つ、柄が長くテコの力で遠くまで雪を飛ばして雪かきが出来る
しかし量が多かったり除雪車が家の前に置いていった雪にはママさんダンプが役に立つ
今回の雪は量が多く湿っていたのでママさんダンプが今季初出動
札幌辺りだと乾いた雪、と呼ばれる水分の少ない軽い雪が降ることが多かった、吹雪の時は粒子の細かい砂のように重い雪が吹き溜る事もある
しかし湿った雪は水分が多く重い、雪は同じ量でも水分の含有量で全く重さが違う
湿った雪はたまにしか降らなかったが最近は湿った雪もよく降り積もるので雪かきが大変になってきた
雪が降ると常に湿った雪が多く降る地域は本当に大変だろうと思う
もちろんジョンバやママさんダンプの他にも冬季間には他にも数種類の道具を駆使して雪かきを行う
今回の雪でとうとうこの時期がやってきたなと雪との戦いを覚悟したのだった(笑)





奥に見える横倒しにしている薔薇の下に更に鉢植えを倒して養生している

c0365716_12195261.jpg

今回の積雪で鉢植えの姿が完全に見えなくなった
c0365716_16153081.jpg

これまでの冷え込みでの庭土が凍結していた
月曜の日中までは庭土が露出している部分が多く植物の傷みが心配だったがこれで根を寒さから守れる事だろう
雪は人間にとって時に災害と思う事もあるが、厳寒地の植物達にとっては吹き付ける寒風から身を守り安らかな眠りにつける暖かい布団のようなもの
雪が多くなると生活が大変になるがこの積雪でちょっとホッと出来たのだった
最終的には雪で殆ど見えなくなるこの庭、庭仕事も終わり春の訪れを待ち続ける冬が始まった。



記事をご覧下さり有難うございました
お帰りの際はバナーを押して頂けると記事を更新する励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたします。

 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by tsukiiro2613 | 2017-12-06 19:47 | 2017年の庭
<< シャローカップの乙女 真冬の苗 12月3日の庭 >>