夢心地


今日の紹介はイングリッシュローズの名花 シャリファ・アスマ
1989年作出のイングリッシュローズ

c0365716_18001058.jpg


超が付く強香種として知られるシャリファアスマ
素晴らしい香りを備えた美しい薔薇
c0365716_18003824.jpg
葉で顔を隠し照れているようなのでもう一度ちゃんと登場してもらおう(笑)

中心がピンクで外側に向かって色が淡くなるグラデーションの薔薇
葉脈がはっきりと浮き出た特徴の有る葉を持つ、少しゴワゴワした感じを受ける葉だが印象は良い
c0365716_18001795.jpg


イングリッシュローズの中でもファンの多い薔薇だと思う
香りはもちろんの事、花弁の形や重ねなど花容も素晴らしい
c0365716_18004844.jpg



我が家のシャリファは初めは勢い良く伸びて大きく伸びすぎた為強剪定したがその後あまり調子が上がらない薔薇でもある
房咲きはわりと花弁がしっかりとしており日差しでも持ちこたえるが一輪咲きの花は花弁が繊細で
雨や日差しで傷んでしまうことが多い薔薇でもある

c0365716_18003250.jpg


美しくイングリッシュとしては人気の高い薔薇、と思っていたが
残念な事にDA社では取り扱いを辞めてしまったらしい
最近は僕のお気に入り品種が次々姿を消す自体に困惑している、スペアを作っておこうかな・・
きっと手に入れたくても叶わず涙を飲んでいる方も居ることだろう
僕ももしこの株がダメになったらもう手に入れられないと思うととても辛い
c0365716_18002664.jpg


こんなに美しい薔薇なのに
c0365716_18005429.jpg


咲けば美しさに目を奪われると共に素晴らしい香りに包まれる
まるで夢の世界に居るような気分にさせてくれる薔薇
c0365716_18010261.jpg


大輪だが大き過ぎず良いサイズ
c0365716_18011472.jpg
雨に濡れる姿も非常に美しい



植栽場所はというと下の写真でみると枕木の間を抜け正面下の白っぽいピンクに見える薔薇がシャリファだ
c0365716_16404390.jpg


株はまあまあの成長、株は調子を取り戻してきたが花付きはボチボチ
ここ二年程寒肥は秋に施肥していたがブッシュの花付きを見て春の方が良いのかも?と思うようになった
つるバラやオールドは秋に寒肥を施しても良いと思ったが何度も分けて施肥してはいられない
また寒肥は春に戻して様子を見る事にしてみた・・と言ってもまだまだ先の作業だが(笑)
c0365716_16401532.jpg



シャリファアスマ、来年も夢心地にさせてくれるのを楽しみにしている薔薇である
c0365716_18010836.jpg


記事をご覧くださり有難うございました
お帰りの際はバナーを押して頂けると記事を更新する励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたします。

 ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by tsukiiro2613 | 2017-12-20 20:48 | シャリファアスマ
<< スワッグなるものを作ってみた 父の愛した薔薇 >>