Christmas Eveには男前の薔薇を





今日はクリスマスイヴ
クリスマスの似合う薔薇と考えるとジロー男爵がよく似合っているように思う
クリスマスのカラーと言われて思い浮かべるのがやはり赤とグリーン(笑)
・・前回の記事の続きじゃないか!なんて言わないでくださいね。。
ちなみに23日の記事はこちら↓


では男爵の開花の紹介を
c0365716_13143749.jpg


バロンは開き始めコロンとしたカップのクリムゾンレッドの薔薇、鮮やかな赤色の薔薇だ

c0365716_13133237.jpg


赤と紫を同時に忠実に再現するのは写真では難しいので開き始めの色合いはもっと鮮明な赤を想像した方が良いだろう
c0365716_13133860.jpg


花弁が緩んでくると独特な男前の姿を道行く人に見せつける
c0365716_13122750.jpg


今年は鉄砲虫で冬から春に一回弱ってシュートを失い、回復した順に開花しているので
一斉開花にはならず残念だったが赤と紫色の開花には毎年見とれる
c0365716_13121082.jpg




咲き始めは中輪花で6~7cm程度の花だと思うが
花弁を大きく広げ中大輪の10cmくらいの大きさになる
c0365716_13125252.jpg


今年男爵に面白い変化が起こった
c0365716_13134626.jpg

急に斑入りの葉が出るシュートが一本だけ出たのだ
c0365716_13134246.jpg
秋まで観察していたが伸びる枝にはシーズンが終わるまで斑入りの葉が出ていたのでこれは枝変わりなのだろう
挿し木しようかずっと迷っていたが今年はそのまま冬囲いしてしまった、来年また出たら挿し木して増やそうと思う



男爵は道路に面した場所に植栽している
開花中は男前男爵が道行く人を誘惑し続ける
c0365716_13142771.jpg
バロンジロードランはマットな明るいグリーンの葉だが、株が充実する前はさらに明るいグリーンだった
ちなみにツヤツヤの葉はルージュピエールの葉(挿し木)


c0365716_13142091.jpg
男爵は強い香水は付けてないが大人の男性らしく近くを通るとほんのり良い香りが漂う
その香りと眼差しに女性達はウットリ男爵に釘付けになる



c0365716_13141210.jpg
さあ、こちらにおいで
夢の世界を見せてあげるから

・・・怖い(笑)



c0365716_13143202.jpg




雨の日でも男爵は美しく咲く
まさに水も滴る良い男(笑)
c0365716_13140743.jpg


開花も最盛期を過ぎると花の様子がちょっと変わってくる
c0365716_13140347.jpg


花弁に締まりが無くなりルーズな咲き方に、しかし男爵は老いても男前に咲く
c0365716_13135510.jpg
ただ開花期までは緊張感の有った男爵は自分を美しく見せようと努力をていたが
開花期が終わると気が抜けてしまったかビュンビュンシュートを伸ばしシュートの先の葉はうどん粉まみれ
他のバラをエスコートでもしそうな男前の薔薇は他のバラの迷惑も顧みずうどん粉を撒き散らすKYなバラになってしまう

あんなに男前だった男爵も一緒に過ごす時間が長くなるとすっかりただの汚いオッサンになってしまうのだった(笑)


クリスマスの似合う薔薇として紹介したバロンジロードランだが
とても気に入っている薔薇である、今年は鉄砲虫の被害から回復し以前より大きく成長した
来年会えるのを楽しみにしている薔薇
c0365716_13143749.jpg
Merry Christmas


記事をご覧下さり有難うございました
お帰りの際はバナーを押して頂けると記事を更新する励みになりますのでよろしくお願いいたします

 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by tsukiiro2613 | 2017-12-24 11:01 | バロンジロードゥラン
<< #2017お気に入りフォト フ... 復活した男爵 >>