人気ブログランキング |

イングリッシュのようなフレンチローズ





ソニア・リキエル 1995年に作出されたギヨーの薔薇
イングリッシュのようなフレンチローズ_c0365716_18083408.jpg

イングリッシュのようなフレンチローズ_c0365716_14093104.jpg


フレンチローズだがどことなくイングリッシュローズっぽい淑やかさも有る薔薇で見るなり心を奪われた
それもそのはず交配にはイングリッシュローズが使われている

イングリッシュのようなフレンチローズ_c0365716_14090426.jpg


この薔薇の交配はちょっと複雑でバラの家の情報によると

(Yellow Cushion × Aloha) × [(Chaucer × Aloha) × (Iceberg × 実生)] 

となっている
Aloha×Yellow Cushion ん?何処かで見た交配パターンなような?と思ったらアブラハムダービーの交配と一緒である
ただ左右名前が逆に記載されているので雄蕊と雌蕊が逆に交配されているのだろう
ソニアはイエロークッション×アロハを交配した個体の雌蕊に
イングリッシュのチョーサー×アロハ そして アイスバーグ×実生を掛け合わせた個体の雄蕊を使って交配が行われている
ちょっとややこしいが容姿がイングリッシュのようだとしても頷ける交配である、どうりで欲しくなったわけだ(笑)
ちなみにシュートはモダンローズらしい大きく規則正しい刺が沢山付いている

イングリッシュのようなフレンチローズ_c0365716_14090795.jpg


アブラハムダービー同様強香種で必ずよく香る薔薇だ
それに花容もとても美しい

イングリッシュのようなフレンチローズ_c0365716_14091554.jpg



雨に濡れるソニア
イングリッシュのようなフレンチローズ_c0365716_14091906.jpg


強香種なので雨で傷む事は有るが俯いて咲く事が多いので外側の花弁が傷む程度でボーリングしてしまうことは無い
イングリッシュのようなフレンチローズ_c0365716_14093104.jpg


花弁の奥に忍ばせたアプリコットが複雑な交配を思わせるがそれが後で良い効果が出てくる
イングリッシュのようなフレンチローズ_c0365716_14092762.jpg



アブラハムの記事の時に書いたが玄関から出るとアブラハムが香り
そこから曲がるとソニアが香るその時期はここを通るのがとても幸せだ
イングリッシュのようなフレンチローズ_c0365716_14094830.jpg
イングリッシュのようなフレンチローズ_c0365716_18083850.jpg




花付き良く樹勢も良い、耐病性は普通だが気になった時に散布する程度で問題ない
ハーディネスゾーンは6bで当地で長く伸ばす場合には倒して雪の中に埋めるなど防寒が必要

イングリッシュのようなフレンチローズ_c0365716_14093978.jpg



下の画像は全景
バロンジロードランとマダムルグラドサンジェルマンは早咲きなので終わり気味だが
ソニアは早咲きと遅咲きの中間辺りに開花する
イングリッシュのようなフレンチローズ_c0365716_14124536.jpg



昨年はバロンが鉄砲虫の被害に遭い多くのシュートを失ったので本来ならもう少し小さく収めるはずのソニアを無理に広く誘引した
元々ステムの長いソニアだが太いシュートと細めのシュートを縦横混ぜて使わざるを得なかった
その為に短めのステムと突き出したステムが入り混じって乱れてしまった
ソニアはシュラブだがショートクライマー程度の伸び方で伸びるには伸びるが急に誘引する範囲が増えたのは予定外だった
この薔薇は自立させても使えるのだろうがシュートが柔らかいのでオベリスクやトレリスなどに這わせて使うのに向いているだろう

イングリッシュのようなフレンチローズ_c0365716_14100956.jpg


ソニアの良いところは花の中心がアプリコットで外側の花弁がピンク色に色付くところだろうか
特に開花終わり頃にこの現象が多く出るがこの色分けが絶妙である
イングリッシュのようなフレンチローズ_c0365716_14100604.jpg


すべての花にこの色分けの現象が起こるわけではないがソニアの一つの特徴だろう
咲いた花は白っぽく褪色して終わる
イングリッシュのようなフレンチローズ_c0365716_14095714.jpg


香りは少しアブラハムと似た強いフルーツ香
イングリッシュのようなフレンチローズ_c0365716_14100037.jpg
華やかさとイングリッシュのような淑やかさを兼ね備えた香り高きソニアリキエル
今年の開花も楽しみな品種


記事をご覧下さり有難うございました
ランキングに参加しています、お帰りの際はバナーをポチっとお願いいたします

 ブログランキング・にほんブログ村へ
by tsukiiro2613 | 2018-01-30 14:58 | ソニアリキエル
<< さあ春が始まる 庭から蜂がいなくなる日 >>