さあ春が始まる


2月4日立春
さあ春が始まる!
c0365716_19135861.jpg


北海道での二月、辺りはそれまでと変わらない寒さと銀世界

しかし立春になれば日差しの高さと長さが春への思いを高揚させこれまでとは違うと感じさせてくれる
見た目には変わらずとも春は確実に始まっているのだ

c0365716_19162921.jpg




雪が溶け小川を作り流れる音
寒さを耐え抜いた植物が顔を出す
そして辺りが春の匂いで一杯になる

c0365716_19145920.jpg



木漏れ日
c0365716_19133530.jpg



爽やかな風
c0365716_19133239.jpg

植物が好きだと期待の高まる春が一番好きな季節になるように思う

 立春の頃には日差しに春を感じるが見た目に実際の春を感じるのは北海道では雪解けの頃からだろう
北海道では薔薇の施肥や誘引、植え込み移植など全てを春に行うことが殆どだろう
桜の咲く前後になると園芸店の売り出しが始まる、自分の庭から業者まで全て春に集約されているので忙しいったらない
まるで春は園芸祭りだ
今でこそ夏でも苗を売っているが一昔前は春に一気に売り出したら後は売り切りみたいな事が殆どだった
まあ北海道の園芸シーズンは短いからな・・・

しかし春はいい、長い冬を終え待ちに待った春というのも勿論有るが
園芸の春はほぼ全ての始まりの季節という初々しい感じがいい
夏になると春の開花を終えた植物がくたびれたようになる事も有るが春は皆その先を目指しているという姿に感動する
そうそうつい植物主体になってしまうが人間も春は始まりの時期だった(笑)


ここのところ朝晩の冷え込みは厳しく連日マイナス10度、庭は依然銀世界のまま
しかし晴れ空の日には春を感じずにはいられない立春の頃だった





最近少し忙しいので記事の更新頻度が落ちているが次に紹介する薔薇はこれ↓です
c0365716_19165086.jpg

ランキングに参加しています
更新の励みになりますのでポチッとお願いいたします

 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by tsukiiro2613 | 2018-02-04 00:00
<< Young Lycidas 2017 イングリッシュのようなフレンチローズ >>