白い蔓薔薇の有る風景





今日は白い蔓薔薇の紹介
1968年Cant of Colchester作出 イギリス


c0365716_21242565.jpg


さてどの薔薇か探してみましょう
その薔薇は扉を抜けて左奥
c0365716_21223668.jpg


きっともうお分かりですね(ビニポットはセプ子です)

c0365716_21210053.jpg



誰もが知る有名なツル薔薇と言えばピエールドロンサールやニュードーンが上がるだろう
そして白いツル薔薇と言えばフロリバンダのアイスバーグの枝変わりアイスバーグ クライミング
c0365716_21233658.jpg

白いクセのない美しい花と素晴らしい花付きはそのままによくシュートを伸ばすツルとなったのが
つるアイスバーグ、残念ながら超優秀な四季咲き性は失ってしまった
充実すれば少し返り咲きする事が有るらしいが我が家では一季咲き

c0365716_21205583.jpg







一昨年まではポール仕立てにしていたつるアイスバーグ
昨年はポール経由でシャラの木にも誘引する事にした

c0365716_21214940.jpg
ポール仕立てを辞めた理由としてはツル薔薇はせっかく伸びたツルが使い切れずポール仕立てでは勿体無いと感じたからである
村田氏の著書を後で見ると元々長く立ち上がってから開花するシュートを伸ばすクライミングはポール仕立てやアーチには向いてないと記載してあった
我が家のアイスバーグはポールからかなり離れた位置に植栽してあり、下の方は違う薔薇で隠れる上にシュートを引っ張ってポールの途中から巻いていたのでその点については大きな問題にはならなかったがこの有り余る樹勢を細いポールに巻きつけて抑えるのはいささかどうかと思ったのだ
ちなみに昨年の開花はこちら↓
これはこれでコンパクトに纏まっているのだがやはり広い面を使う方がクライミングには合っているだろう
元々はお隣のガレージを隠すために経界側に植栽しているアイスバーグだが、そこでは生育に問題が有ったのでポールを選んだのだったが
ポール仕立てはポールに収まり開花の得られやすいシュラブやモダンシュラブが適しているだろう(もちろんどれでも良いわけではない)
ちなみに村田氏によるとブルーマゼンタのようなランブラーも開花が得られやすいんだとか、ほぉ~ブルーマゼンタは近くに有るけどねえ~。



今年はFLの方のアイスバーグが前代未聞の不調で花付きがイマイチだったのが残念だった
しかしツルは昨年とは比べ物にならないくらい良い開花を見せてくれた、毎年何かしら上手くいかないことってあるものだ
c0365716_21225856.jpg


花を傷ませる雨も花弁を濡らすとの時はとても美しい
c0365716_21211877.jpg


アイスバーグは開花が進むとシベを見せるようになる
このシベがまた愛らしいのだが僕はシベが黒くなってくると花殻を摘んでいた
c0365716_21210960.jpg


しかし見上げる薔薇になった今は開花が終わり頃になってからに変わった
これは庭全体に言えることだがこればっかりは仕方のないこと

c0365716_21205583.jpg

またちょっと引きで見てみる
本当は扉の向こうに緑の棒のように見えるクレマチス アルバラグジュリアンスが無ければ奥はよく見えるのだが
敢えてそこに植栽し見えないようにしている(笑)
c0365716_21242565.jpg




よく見ると大きな白いツル薔薇が背景を飾っている、それでいい。
c0365716_21243597.jpg


あまり撮影しないが一番奥から撮影してみたところ
モーティマーサックラーが一番奥に有るのだが、昨年は傘のように仕立てて下を通るように誘引した
すると花が見えなくなってしまった。涙
c0365716_08475937.jpg


こちらもあまり載せない角度、アイスバーグや右に見えるロイヤルジュビリーは良いのだが
物置の壁面が未だ完成しない、他は遅咲きなので開花はこれから

c0365716_21225129.jpg


フロリバンダのアイスバーグとツルアイスバーグは枝変わりなので花は同じはずなのだが
樹勢のせいなのか少し違う花に僕は見えるのだ

c0365716_21243036.jpg


アイスバーグはほぼ満開を迎えているがアイスバーグの下のピエールオジェは開花が終わり
すぐ横のアランティッチマーシュ手前のジュビリーはこれから、一緒の方が良かったかな
c0365716_21235776.jpg

少し近寄った写真
アランと同時開花だと嬉しいんだが
c0365716_21242191.jpg


暗緑色の半照り葉と純白の花がとても美しいアイスバーグ
c0365716_21224551.jpg


アイスバーグはフロリバンダ、クライミング共にハーディネスゾーンは4bからの薔薇だが
株が若い頃は凍害が出ていたのであまり強い印象は無い
今はツルを寝かせて雪の中で越冬しているので充実してからの耐寒性は判らない、おそらく充実したツルならば札幌辺りなら無事に冬を越せるのだろう
しかし枝変わりのバーガンディは6bからになっており、はて?と思ったが枝変わりで耐寒性が変わるということも有るものなのか不思議に思った
c0365716_21210960.jpg



耐病性はフロリバンダもクライミングも同じなのだろうが花を何度も咲かせる分フロリバンダの方が消耗は激しい事だろう
クライミングは秋には気がついたら下葉が黒点病になっているが樹勢が強いのでおかまいなし
そもそも開花が終われば他のバラの成長のために誘引を外してシャラの木の後ろにツルを回すので消毒なんかまともに出来やしない


開花している箇所が団子のようになっているのでおそらくこれが満開の状態、開花してない蕾はあと僅かだろう
c0365716_21230462.jpg


満開を迎えた頃、花の寿命より先に雨と猛暑が訪れ
アイスバーグは強制終了となった
c0365716_21243912.jpg
写真だけであまり書かない記事にしようかと思ったら終えると結局ダラダラと色々書いていた(笑)
昨年はポール仕立てからスクリーンぽく変更したアイスバーグclだが
今年は更にアイスバーグの近辺の誘引を変えていこうと思っているので楽しみにしている。



記事をご覧くださり有難うございました
お帰りの際はバナーを押して頂けると記事を更新する励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたします。

 にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
[PR]
by tsukiiro2613 | 2018-03-10 12:53 | ツルアイスバーグ | Comments(9)
Commented by まぁこ at 2018-03-10 18:09 x
つきいろさん、こんばんは。
あ、とりあえず生ビール下さい(笑)

つるアイスバーグ、美しいですね〜…
アイスバーグはつきいろさんの仰る通りクセのない美しい白バラですね。
開き始めの頃の中心にほんの少しクリーム色が乗る感じとか大好きです。
つるも植えたい、咲かせたい!と思いますが、あの伸びっぷりを我が家で収める場所がないわ…と。
こんなに沢山の花を咲かせてくれるなんて夢みたいです。
いや、つきいろさんのお庭の世界は夢みたいですけどね(^^)
セプちゃんの後ろのベンチに腰掛けてバラに囲まれてみたいです〜(^^)
Commented by tsukiiro2613 at 2018-03-11 07:46
まぁこさん おはようございます。
はい、生一丁入りましたー!(^-^)
アイスバーグはここに来てやっとツルらしくなってきました、癖のない花で多くの人に愛される薔薇ですね!
確かに咲き始めにクリームっぽい色合いが乗るのも良いところですね(^-^)
おっしゃるようにツルはかなり伸びますから場所の確保が大変ですね、アイスバーグはFLとCLどちらも株が落ち着くとベーサルが発生しなくなるのでツルは足元が長く場所考えちゃいますしね(^-^)
そういえばモリスも最初に出したらシュート更新しなくなる薔薇ですね、なので最初に元気なシュートを出させたい薔薇ですね。
僕自身今現在の庭を見ているとこの景観は夢だったんじゃないか?と思ってしまいます。笑
薔薇の時期の序盤はまだいいですが、終盤になってくるとこのベンチ付近は蚊の餌食ですよ( ;´Д`)
春は庭仕事疲れると座ってボケーっとしてますけどね。笑
でもだいたいガーデナーって殆どじっとしてられないんですよね。
Commented by YAN at 2018-03-11 18:45 x
こんばんは(^^)/

やはり白薔薇はあると庭の雰囲気を変えますよね。とても綺麗です(^^)去年は開花の最盛期に高温と雨でうちも早く終わってしまいました。あんなに一生懸命育てたのに~(ToT)今年は咲いてる間だけでも程よい天気が続けばいいですね(^^)

仕事で八戸に来てます。今日は震災の日ですね。あの時は奥様の親友が青森から来ていて、帰れなくなった彼女を連れて一日中パニック状態の千歳空港で待ってました。時間が経つのは早いですね。

最近古いカメラ修理の達人と知り合って、フィルムカメラ熱が再燃してます。早速お願いしたので楽しみなんですが、直っても月末まで殆ど休みなしです(ToT)
Commented by tsukiiro2613 at 2018-03-12 21:10
> YANさん こんばんは。

そうですね、白はどの色とも合いますし有れば優しい印象にしてくれますね(^-^)
昨年は酷い天候でしたね、と言っても開花期に落ち着いた天候だったときは。。。無い気がします。笑

八戸ですか、そちらは暖かいんですかね〜(^-^)
震災は忘れる事が出来ない大変な日でしたね、その後も更に大変になりましたし
お友達も大変でしたね、何より無事でいて良かったと思いますが。
震災の日の昨日実は父の三回忌でした、月日が経つのは早いものですね。

銀塩ですか、と言っても僕はデジイチからなので全然知らないですけどね^^;
お仕事頑張ってくださいね(^-^)
Commented by ももちゃん at 2018-03-15 15:58 x
つきいろさん
初めまして(*´∀`)
札幌で 以前から お庭づくりを 楽しんでいるのですが 昨年から いよいよ💦敷居の高い💦❓バラも始めた初心者です💦

つきいろさん のブログが 私の教科書です
この冬は☺もくもくとブログを読んでます
図鑑より詳しく✨ 分かりやすく 中身が濃い(*´∀`)
そして楽しいブログですね
夢中で拝見しております

気になったバラがありました✨✨✨✨

オリビアオースチン
クィーンオブスウェーデン
セプタードアイル
庭には すでに沢山の花があり スペースとの格闘です(笑)
ブログに トゲが少ないと書かれている クィーンオブスウェーデンは とても気になりますが 花びらの 落かたが大変とか❓💦
トゲが少なめは魅力です☺
なるべく 背丈が
コンパクトなのも助かります💦

私には 恐れ多いのですが💦つきいろ大先生に質問するなど( ノД`)…

しかしながら ぜひとも❗
アドバイスを くださいませんでしょうかm(._.)m
この3つからだと どれが おすすめ でしょうか☺
昨年 定番のピエールさんを植えました
日当たりがよく特等席でしたので
グングン伸びて焦っております(笑)💦
幅が2メートル 高さ160くらいのフェンス 絶対に足りないですよね💦😰どうしよう😱💧
つる性ではない❓❓と言われて買った
アイスバーグも 調子にのり 2つ植えました

つる性ではないから 管理しやすいと❓言われたような❓
アイスバーグで調べたら つきいろ大図鑑(勝手に そう呼ばせていただいてます☺)にも やはり ツルバラのようですね💦

つきいろ先生✨✨✨✨ぜひ💦
3つのバラ 初心者には どうでしょう🍀
アドバイスいただけますでしょうか
(クィーンオブスウェーデン他2つ ☺ )
よろしく お願い致します☺
Commented by tsukiiro2613 at 2018-03-16 21:27
> ももちゃんさん

初めましてようこそおいでくださいました
薔薇栽培を始められたんですね、薔薇栽培者が増える事はとても嬉しいです
今育てている方もみな始めは初心者だったので思っているよりも敷居は高くないんですよ(^ω^)

ただ教科書や先生はちょっと言い過ぎですよ、ぼくはプロでは無いですし中級者程度です
図鑑よりは詳しく書いてますが育て方は栽培本を読まれるのが一番です(^ω^)
ただ品種ごとの説明だと栽培本よりも品種について書いているかも知れませんね。

でも僕で判ることで良ければご質問にお答えしますね
まずアイスバーグですが判りにくいですが僕のブログのカテゴリにも実はアイスバーグは二つ有ります、アイスバーグにはフロリバンダ(中輪の木立)とツルの二種類が有ります
フロリバンダの突然変異で生まれたのがツル性になったつるアイスバーグでほとんど一季咲きでフロリバンダのアイスバーグは四季咲きです
お店の方がつるでは無いと言っていたのならフロリバンダのアイスバーグだと思います
つるはタグにつるアイスバーグとちゃんと書いてありますよ(^ω^)

そしてピエールドロンサールについて
とても美しく絵に書いたような素晴らしく咲いた感動の高い薔薇ですね
幅2m高さ1.6mのフェンスですか、確かに少し狭いかも知れませんがピエールは切っても咲きますし十分沢山咲かせられると思いますよ、ツル薔薇の誘引を画像検索して頂ければツル薔薇のツルをどのように使うのかが何となく解ると思います、ツルバラはまっすぐではなく横に倒してグニャグニャと横に横に這わせて紐で括っておくと沢山咲くので、伸びたツルを今年は何となくでも横に這わせてみると理解できてくると思いますよ(^ω^)
ただピエールは雪の上で越冬すると寒さで露出した部分が枯れることが多いので株自体は枯れませんが高さは2m程度で限界かと思います

最後にERですが
ももちゃんはクイーンオブスウェーデンが一番気になっているのでは無いですか?(^ω^)
気になるのなら一番好きだと思った品種を選ぶことを僕は進めます
この三種なら実はどれも強健で初心者でもオススメできる品種です
ただそれぞれに特徴は有ります、一番手間が掛からないのは一番新しいオリビアローズオースチンだと思います
それなりに香りが有り四季咲きで耐病性がとても高いです、そしてあまり大きくならない
Commented by tsukiiro2613 at 2018-03-17 08:30
ももちゃん

途中で文字制限がかかりコメントが切れていたので続きを書きます。
クイーンオブスウェーデンは弱い返り咲きです、春は沢山咲くけど夏秋はあまり咲きません
しかし樹勢が有って安心感のある品種です(^-^)
まっすぐに伸びるので手入れもしやすいです

そしてセプタードアイル、挙げられた三種なら僕はこれを選びます、ただの好みです(^-^)
ミルラの強香でとてもイングリッシュローズらしい品種です、四季咲き性も良い方です
オリビア以外は多少病気になりますが気になる程ではないと思います

僕はどれを迎えても育てやすく後悔は無い品種だと思います、それぞれに育ち方と容姿が違うので好みですね
フワッと小さめのオリビア、フワッと大きめセプタードアイル、まっすぐ大きめクイーンオブスウェーデンって感じでしょうか、剪定によりある程度調整は可能ですが。

この三種とは別の話になりますが、もしお待ちで無いのならダマスクかフルーツ系の強香品種を一つ入れる事をお勧めします
薔薇はやはり香りに出会った時が運命の出会いになる事が多いからです(^-^)
薔薇の美しさと香りを同時に楽しんだ時、香りを部屋に連れ帰った時、幸福に包まれ虜になります。
どうぞこれからも薔薇を楽しんでください。
Commented by ももちゃん at 2018-03-19 17:03 x
つきいろさん
こんにちは

なんども コメントで お礼を言いたく 打ち込むのですが

エキサイトブログで禁止されてるワードがふくまれてますと はじかれてしまい💦

どうみても 禁止ワードなど無さそうなのですが💦
お礼を言えていなくて気になるので
状況だけでも 💦送りたいと
メールしました
Commented by tsukiiro2613 at 2018-03-20 20:26
> ももちゃん こんばんは。

わざわざお礼に来てくださって有難うございました
コメントが入れられず何度もチャレンジしてくださったのですね(^ω^)
放送禁止用語を多様されていたのでしょうかってそんな訳ないですね(笑)
エキサイトの禁止ワードならエキサイトブログあほ!とかでしょうか?
冗談はこのくらいにして時たまそういう事が起こるようです、他のブログサービスを利用しているブロ友さんも何度もチャレンジして結局簡単にコメントして終わりという事が何度か有ったようです
それとついこの間の土日は丁度エキサイト側の調子が悪かったようで僕すらアクセス出来ない時間が長く続いていました、勝手にログアウト状態になったりでどうしていいのか解らない状態だったのでおそらくももちゃんもその時間帯に運悪く当たってしまったのではないでしょうか。

今回何度かチャレンジしてくださったコメントはちゃんと読ませていただいたのでこれから返信しますね、有難うございます(^ω^)

<< かけがえのない薔薇 癒しのブルーのクレマチス >>