白い蔓薔薇の有る風景





今日は白い蔓薔薇の紹介
1968年Cant of Colchester作出 イギリス


c0365716_21242565.jpg


さてどの薔薇か探してみましょう
その薔薇は扉を抜けて左奥
c0365716_21223668.jpg


きっともうお分かりですね(ビニポットはセプ子です)

c0365716_21210053.jpg



誰もが知る有名なツル薔薇と言えばピエールドロンサールやニュードーンが上がるだろう
そして白いツル薔薇と言えばフロリバンダのアイスバーグの枝変わりアイスバーグ クライミング
c0365716_21233658.jpg

白いクセのない美しい花と素晴らしい花付きはそのままによくシュートを伸ばすツルとなったのが
つるアイスバーグ、残念ながら超優秀な四季咲き性は失ってしまった
充実すれば少し返り咲きする事が有るらしいが我が家では一季咲き

c0365716_21205583.jpg







一昨年まではポール仕立てにしていたつるアイスバーグ
昨年はポール経由でシャラの木にも誘引する事にした

c0365716_21214940.jpg
ポール仕立てを辞めた理由としてはツル薔薇はせっかく伸びたツルが使い切れずポール仕立てでは勿体無いと感じたからである
村田氏の著書を後で見ると元々長く立ち上がってから開花するシュートを伸ばすクライミングはポール仕立てやアーチには向いてないと記載してあった
我が家のアイスバーグはポールからかなり離れた位置に植栽してあり、下の方は違う薔薇で隠れる上にシュートを引っ張ってポールの途中から巻いていたのでその点については大きな問題にはならなかったがこの有り余る樹勢を細いポールに巻きつけて抑えるのはいささかどうかと思ったのだ
ちなみに昨年の開花はこちら↓
これはこれでコンパクトに纏まっているのだがやはり広い面を使う方がクライミングには合っているだろう
元々はお隣のガレージを隠すために経界側に植栽しているアイスバーグだが、そこでは生育に問題が有ったのでポールを選んだのだったが
ポール仕立てはポールに収まり開花の得られやすいシュラブやモダンシュラブが適しているだろう(もちろんどれでも良いわけではない)
ちなみに村田氏によるとブルーマゼンタのようなランブラーも開花が得られやすいんだとか、ほぉ~ブルーマゼンタは近くに有るけどねえ~。



今年はFLの方のアイスバーグが前代未聞の不調で花付きがイマイチだったのが残念だった
しかしツルは昨年とは比べ物にならないくらい良い開花を見せてくれた、毎年何かしら上手くいかないことってあるものだ
c0365716_21225856.jpg


花を傷ませる雨も花弁を濡らすとの時はとても美しい
c0365716_21211877.jpg


アイスバーグは開花が進むとシベを見せるようになる
このシベがまた愛らしいのだが僕はシベが黒くなってくると花殻を摘んでいた
c0365716_21210960.jpg


しかし見上げる薔薇になった今は開花が終わり頃になってからに変わった
これは庭全体に言えることだがこればっかりは仕方のないこと

c0365716_21205583.jpg

またちょっと引きで見てみる
本当は扉の向こうに緑の棒のように見えるクレマチス アルバラグジュリアンスが無ければ奥はよく見えるのだが
敢えてそこに植栽し見えないようにしている(笑)
c0365716_21242565.jpg




よく見ると大きな白いツル薔薇が背景を飾っている、それでいい。
c0365716_21243597.jpg


あまり撮影しないが一番奥から撮影してみたところ
モーティマーサックラーが一番奥に有るのだが、昨年は傘のように仕立てて下を通るように誘引した
すると花が見えなくなってしまった。涙
c0365716_08475937.jpg


こちらもあまり載せない角度、アイスバーグや右に見えるロイヤルジュビリーは良いのだが
物置の壁面が未だ完成しない、他は遅咲きなので開花はこれから

c0365716_21225129.jpg


フロリバンダのアイスバーグとツルアイスバーグは枝変わりなので花は同じはずなのだが
樹勢のせいなのか少し違う花に僕は見えるのだ

c0365716_21243036.jpg


アイスバーグはほぼ満開を迎えているがアイスバーグの下のピエールオジェは開花が終わり
すぐ横のアランティッチマーシュ手前のジュビリーはこれから、一緒の方が良かったかな
c0365716_21235776.jpg

少し近寄った写真
アランと同時開花だと嬉しいんだが
c0365716_21242191.jpg


暗緑色の半照り葉と純白の花がとても美しいアイスバーグ
c0365716_21224551.jpg


アイスバーグはフロリバンダ、クライミング共にハーディネスゾーンは4bからの薔薇だが
株が若い頃は凍害が出ていたのであまり強い印象は無い
今はツルを寝かせて雪の中で越冬しているので充実してからの耐寒性は判らない、おそらく充実したツルならば札幌辺りなら無事に冬を越せるのだろう
しかし枝変わりのバーガンディは6bからになっており、はて?と思ったが枝変わりで耐寒性が変わるということも有るものなのか不思議に思った
c0365716_21210960.jpg



耐病性はフロリバンダもクライミングも同じなのだろうが花を何度も咲かせる分フロリバンダの方が消耗は激しい事だろう
クライミングは秋には気がついたら下葉が黒点病になっているが樹勢が強いのでおかまいなし
そもそも開花が終われば他のバラの成長のために誘引を外してシャラの木の後ろにツルを回すので消毒なんかまともに出来やしない


開花している箇所が団子のようになっているのでおそらくこれが満開の状態、開花してない蕾はあと僅かだろう
c0365716_21230462.jpg


満開を迎えた頃、花の寿命より先に雨と猛暑が訪れ
アイスバーグは強制終了となった
c0365716_21243912.jpg
写真だけであまり書かない記事にしようかと思ったら終えると結局ダラダラと色々書いていた(笑)
昨年はポール仕立てからスクリーンぽく変更したアイスバーグclだが
今年は更にアイスバーグの近辺の誘引を変えていこうと思っているので楽しみにしている。



記事をご覧くださり有難うございました
お帰りの際はバナーを押して頂けると記事を更新する励みになりますので
どうぞよろしくお願いいたします。

 にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
[PR]
by tsukiiro2613 | 2018-03-10 12:53 | ツルアイスバーグ
<< かけがえのない薔薇 癒しのブルーのクレマチス >>