2015年 06月 22日 ( 1 )

薔薇園へ





薔薇園へ行ってきました
札幌に有るロイズコンフェクトのローズガーデンに
北海道土産、生チョコやポテトチップスの片側にチョコが付いていたりする例のお菓子のROYCE'です

北海道ではイングリッシュローズを主体としたローズガーデンが多いが
ここはおそらく京成バラ園芸取り扱いのバラをメインに植栽しているガーデンだとおもう
確か出向いたのは三回目くらいだが、よく見るとオールドローズが結構植栽されいる事に気がつき今年それをメインに見に行くことにした

ここはわりと開花が遅く、今早咲きが開花している感じだった
ちなみに遅咲きの頃行くと京成バラ園芸の主力品種のアンジェラ・ピエール・ルージュピエールなどが咲き誇っている
特にアンジェラとピエールの植栽本数の多さに驚く、そしてバラの他に宿根草も多く植栽されているが
その密植具合にも驚く、わが家なんか比にならない密植具合で迷路のように植栽されている
でもこれもまた面白い見せ方なのかも知れない

今回は初めて早咲き種が開花する頃に出向いたが
その中で気になったものを紹介したいと思う


まずは初めてみたアルバローズ


アルバセミプレナ

c0365716_20285424.jpg

柔らかい印象のとても良い香りのするバラだった
アーチは薔薇園なのに小型のものが多いがこんもり茂っていた

c0365716_20290630.jpg


コンテ・ド・シャンボールはまだ蕾

c0365716_20292849.jpg




下の写真の薔薇は何という品種か考えていたが
葉の特徴、そして花をよーく見るとルイーズ・オディエだった(汗)
わが家のと印象が違うので判らなかった(ネームプレートは無し)
写真よりも紫がかってない、大きめの花でローズピンクだった
日当たりと肥料のせいか、それとも切り詰めているせいなのか・・・
株はよく茂っているが1.5mくらいだと思う

c0365716_20293873.jpg


ジャクリーヌ・デュ・プレが居た
午後から見たのだが、出来ればこの薔薇は午前中に見たかった

c0365716_20292042.jpg


宿根草も沢山植栽されているので品種選定に役立つ
この宿根草は見たことない物だった
c0365716_20313607.jpg


葉に毛が生えていて全体が柔らかな印象の気になる宿根草だった(宿根なのかは不明)

c0365716_20312753.jpg


このローズガーデンで特に美しいと思ったのは

ダマスクローズのレダ


c0365716_20301275.jpg

非常に透明感の有る花弁で、蕾の色が開花しても花弁に残る品種だ
ただこの日見たレダは殆ど真っ白だった
以前からカタログなんかでこんなバラがダマスクに有るのは知っていた
ロサオリエンティスのパリスを見たとき、あ、レダ!と思った、のは僕だけじゃないはず(笑)
まあよく見るとパリスはもっと華やかだし、花弁の並びも全然ちがう

c0365716_20302367.jpg


ここのレダは花が大きく10センチ以上有ったと思う
同じダマスクのマダムアルディもよく見る品種だが、レダと甲乙付けがたい
いや、この真っ白いレダを見るとこちらの方が美しいのでは?
と思う程透明感が有り美しかった、見た時期が良かったのかな、それ以前比べるのもおかしいか(笑)

c0365716_20303673.jpg


ほんのりピンク、いや赤紫が残った状態の花
横から天使でも舞い降りてくるんじゃないかと思うくらい清らかな美しい花だった

c0365716_20304144.jpg



その全てがボタンアイで咲く、こんなに整った花を付けるとは思ってもみなかった(偏見が有りすぎ。汗)
このバラ園ではオールドはそれほど品種数は無いがレダはかなり多く植栽されていた
残念ながら昼過ぎだったので香りはあまり残ってなかった

c0365716_20305130.jpg


ランブラーも少ないが植栽されていた
やはりランブラーやオールドは強健で寒冷地では耐寒性の面で有効なのだろう
この薔薇はメイクイーンかな?
c0365716_21323770.jpg



そしてこんな薔薇も

c0365716_20311343.jpg




日差しを受ける姿が綺麗だった
広い庭ならこんな薔薇も景観に入れてみたいと思った

c0365716_20311987.jpg
オールドばかりで申し訳ないが、京成バラ園芸で取り扱っている他の薔薇でも気になったのは
スタンダードのハイディクルムローズ
スタンダードだからではなく、花は濃い紫色をしていたが花が強い日差しを受けても日焼けせず美しく開花していた
確かタンタウのフロリバンダで強香種だった、非常に美しく出来の良い薔薇という感じ。


このバラ園の見頃はまだまだこれからだったので、あと二週間くらいは楽しめるのではないだろうか





記事にお付き合い頂き有難うございました
お帰りの際はバナーを押してくださると嬉しいです
記事を書く励みになりますのでどうぞよろしくお願いいたします。



 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by tsukiiro2613 | 2015-06-22 21:47 | Comments(6)